この記事で紹介されている商品

スキレットのおすすめ13選!おしゃれにおいしく!手入れが簡単なものなど選び方もご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

食材をおいしく調理できると話題の「スキレット」。おしゃれな見た目も人気を集め、直火からIH対応のものまでさまざまな製品があります。しかし、フライパンとは素材や扱い方が異なることもあり、どのように選べばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか?この記事では、スキレットの特徴やおすすめの選び方をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スキレットとは?魅力や特徴をチェック

スキレットとは、熱伝導率や保温性の高い素材で作られた厚みのあるフライパンのことです。

主に鋳鉄など熱伝導率の高い素材で作られているため、スキレット全体に熱が早く伝わり、食材の加熱ムラが少なくなります。料理が時短できるだけでなく、食材に均一に火が通り、食材の油分や水分・旨みをしっかり閉じ込めながら調理できるのが魅力です。ステーキやハンバーグなど、厚みのある食材もふっくらジューシーに仕上がりますよ。

スキレットは保温性にも優れているため、余熱調理ができるのもポイント。食材にある程度火を入れてから止めると、スキレットの中でゆっくり余熱が加わるため、加熱し過ぎるのを防ぎふっくらやわらかく仕上がります。おしゃれな見た目の製品も多いため、スキレットで調理したものをそのまま食卓に出すことも可能です。

スキレットは、焼く・炒める・揚げる調理のほか他、蓋をつければ煮る・蒸す・茹でるなどの調理もできるため、ひとつあると調理の幅が広がる優れもの!自宅はもちろん、アウトドアでの使用にも適しているため、キャンプで使いたいときにも便利ですよ。

ここからは、そんな魅力いっぱいのスキレットの選び方をご紹介します!

スキレットの選び方

スキレットを選ぶときは、次の4つに注目して選びましょう。

・素材 ・サイズ ・深さ ・持ち手の長さ、仕様

スキレットは、使いやすさやデザイン性、重量感などに違いがあります。ここからは、それぞれの特徴について詳しく解説しますね。

素材で選ぶ

スキレットの素材には、主に「鋳鉄製」「耐熱陶器製」「ホーロー製」の3つがあります。

熱伝導性や保温性に大きな違いはないものの、素材によって使いやすさやお手入れ方法などが異なるため、それぞれの特徴に注目して使いやすいものを選ぶことが大切です。

アウトドアにおすすめ!鋳鉄製

鋳鉄製は、熱伝導と保温性に優れているため、厚みのある食材や余熱調理に使いたい方におすすめです。見た目も重厚感があり丈夫で耐久性が高いため、アウトドアでの使用にも適しています。

ただし、鋳鉄製はサビやすいため、使用前にはシーズニングと呼ばれる油ならしが必要です。なかにはシーズニング済みのスキレットもあるので、すぐに使いたい方は注目してみてくださいね。ほかにも、食器用洗剤を使わない・水分を残さない・風通しの良い場所で保管するなど、鋳鉄製はお手入れや保管方法に注意が必要ですが、正しく扱えば長く愛用できるのが魅力です。

LODGE「スキレット 8インチ」

PR
LODGE(ロッジ) スキレット L5SK3 8インチ

商品情報

深さ : 4.3cm
仕様 : 慣らし済み(大豆油)
厚み : 5mm
対応調理器具 : 直火、IHクッキングヒーター、ハロゲンヒーター、オーブン、食器洗浄機
サイズ : 20.2φcm

シーズニング済みの鋳鉄製スキレットです。直火やオーブンの他、キャンプファイヤーでも使用でき、アウトドアでも活躍してくれる1枚となっています。使えば使うほど油が馴染み、料理の仕上がりもよくなっていくため、長く愛用したい方におすすめです。

お手入れラクラクな耐熱陶器製

耐熱陶器製は、鋳鉄製よりも熱伝導や保温性はやや劣るものの、電子レンジで使用できるタイプも多く、洗剤で洗えるため使いやすいのが魅力です。お手入れが簡単なので、手軽にスキレットを使いたい方におすすめですよ。

耐熱陶器製は、鋳鉄製よりも軽いため扱いやすいですが、強い衝撃が加わるとヒビ割れしてしまう可能性があります。使用するときは、強くぶつけたり落としたりしないよう注意しましょう。

カクセー「スキレット 16cm」

PR
カクセー スキレット 16cm グレイスラミック GC-08

商品情報

商品サイズ:24.5×16.2×4.3mm 満水容量:600ml 重量:450g
素材:耐熱陶器
カラー:黒

直火のほか、電子レンジ・オーブン・トースターなどでも使用できる耐熱陶器製のスキレットです。深さがあるので、煮込み料理や厚焼きパンなどを作りたいときにも活躍してくれます。調理済みのものを温めたいときも、電子レンジで手軽に温め直しができて便利です。450gと軽量なため、軽くて使いやすいスキレットを探している方におすすめの1枚ですよ。

カラフルでおしゃれなホーロー製

ホーロー製は、鋳鉄製のスキレットに釉薬を塗って仕上げているため、さらに熱伝導や保温性に優れているのが特徴です。赤や白、オレンジ、水色など、さまざまなカラーがあるため、食卓に並べると華やかさがアップしますよ。

また、 ホーロー製はにおい移りにしくく洗剤で洗えるため、鋳鉄製よりお手入れが簡単なのもポイント。好きなカラーを選びたい方や、お手入れの手間が少ないスキレットを使いたい方におすすめです。 ただし、ホーロー製は焦げつきやすいため、強火での調理は控えるようにしてくださいね。

パール金属「ルージュスキレット ホーロー加工」

PR
パール金属 ルージュ スキレット ホーロー加工 HB-2635

商品情報

製品サイズ:(約)全長35.5×幅21.5×高さ5.5cm、皿の縁の高さ4cm
材質:鉄鋳物製(ほうろう加工)

鋳鉄製にホーロー加工したスキレットで、左右に注ぎ口がついているため、肉汁やソースなどもこぼさずかけられます。食材にムラなく火を通し、やわらかく焼き上げられますよ。外側の赤と内側の白の組み合わせがおしゃれで、食卓にそのまま出せば、その場がパッと華やかになりますね。

サイズで選ぶ

スキレットは鋳鉄や陶器など、重量のある素材で作られているため、小さいものでも重みがあります。

大きいものほど重量が増すため、何人分作るかだけでなく、持ち上げたり運んだりする際に負担がかからないかにも注目することが重要です。

1人用なら15㎝程度がおすすめ

1人分の調理なら、15㎝程度のサイズがおすすめです。オーブンや電子レンジにも入れやすく、目玉焼きやパンケーキなど、1人分のおしゃれなカフェ風ご飯を作りたいときにも重宝します。

重さは、鋳鉄製なら800gから1㎏前後、耐熱陶器製なら500g前後のものが多いため、調理の際に負担を感じることも少ないでしょう。

和平フレイズ「鉄スキレット」

PR
和平フレイズ 鉄スキレット IH対応 HR-7965

商品情報

商品サイズ:約 幅26.6×奥行16.7×高さ4.4cm、重量:約910g
鍋の高さ:3.9cm
材質:鉄、表面加工:油焼き(焼付塗装)、底の厚さ:4.5mm

こちらのスキレットは、15cmサイズで重さ910gなので、1人分の調理にぴったりな商品です。スキレットのまま料理を食べれば、熱々を楽しめるだけでなく洗い物も少なくなりますよ。ただし、シーズニングはされていないため、使用前には油ならしをする必要があります。

3~4人用なら22~25㎝程度がおすすめ

3~4人分の調理に使うなら、22~25㎝程度がおすすめです。大きめのお肉を焼くときや、ピザ・パエリアなどの大皿料理を作りたいときにも役立ちますよ。

しかし、鋳鉄製のもので2㎏前後の重さになるため、メニューによってはさらに重量感が増す可能性も。また、オーブンや電子レンジに入らないこともあるため、重さだけでなく作りたいメニューが作れるかどうかも考慮して選びましょう。

ロッジ「LOGICスキレット」

PR
ロッジ ロジック スキレット L10SK3

商品情報

メーカー名:LODGE(ロッジ) サイズ:φ30.5cm 全長:45.5cm 深さ:5.2cm 重量:3.6kg シーズニング(慣らし)済み IH対応

サイズ30.5㎝、重さ3.5㎏の大型スキレットです。重量があるため振ったり動かしたりする調理は難しいですが、ステーキやピザ・パエリアなど大人数分の料理をしたいときに適しています。パーティーなどで、メインの大皿料理を作ってそのまま食卓にだせば、華やかな存在感で気分を盛り上げてくれますよ。

深さで選ぶ

スキレットの深さには、2~3㎝程度の「浅型」と、4~6センチ程度の「深型」があります。調理方法によって使いやすい深さが異なるため、作りたいメニューに合わせて選ぶことが大切です。

炒める・焼く調理なら「浅型」がおすすめ

炒める・焼くなどの基本的な調理に使うなら浅型がおすすめです。野菜をソテーしたり、目玉焼きやパンケーキなどを焼くのに使いやすいですよ。

グッドプラス「スキレット18 (木製台付)」

PR
グッドプラス (GoodPlus+) スキレット18 (木製台付)18㎝

商品情報

●本体サイズ:約W31×D20×高さ4.7cm、●内径:約18×深さ3.8cm 、●木製台サイズ:約18.8×18.8×1.4cm、●材質:本体/鉄鋳物、木製台/竹 、表面加工:シリコン焼付け塗装

深さ3.8㎝の浅型スキレットは、浅すぎず適度な深さがあるため、ステーキやハンバーグ、オムレツやアヒージョなど幅広いメニューに使えます。表面はシリコン系樹脂による焼付け塗装で、錆びにくく加工されているのもうれしいポイントです。木製の置台つきなので、できたてを食卓に並べる際もおしゃれ感がアップしますよ。

煮る・蒸す・茹でる調理なら「深型」がおすすめ

煮る・蒸す・茹でるなどの調理なら深型がおすすめです。カレーやシチューなどを煮込んだり、野菜を茹でたりするほか、油を多く使用するアヒージョも楽しめます。ただし、深型は収納時に場所を取るため、しまうスペースがあるかも考慮して選びましょう。

キャプテンスタッグ「深型スキレット」

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 深型 スキレット 18cm UG-3044

商品情報

サイズ(約):185×295×高さ60mm
重量(約):1.2kg
材質:鉄
カラー:ブラック

深さ6㎝の深型スキレット。しっかりと深さがあり食材や油が飛びにくいため、揚げ物をするのにも使えます。同じシリーズのスキレットを重ねれば、コンボクッカーとしても使用可能です。網を使えば、キャンプなどのアウトドアで燻製調理も楽しめますよ。

持ち手の長さ・仕様で選ぶ

スキレットは片手で持つタイプが一般的ですが、両手で持つタイプもあります。片手で持つタイプは持ち手の長さが製品によって異なるため、持ちやすさに注目しましょう。両手で持つタイプはしっかりと持てるため、安定感があります。

持ち手の長さや持ち手の仕様によって、持ちやすさや安定感が変わるため、使いやすいものを選ぶことが大切です。

片手タイプは持ちやすい持ち手の長いものを

スキレットは持ち手部分も同じ素材で作られているためおり、加熱すると持ち手も熱くなります。片手タイプを選ぶ場合は、比較的持ちやすく、やけどの危険を軽減できる、長いものを選ぶのがおすすめです。また、持つ際は取っ手カバーやミトンを使用するのも忘れないようにしてくださいね。

ただし、オーブンや電子レンジで使用したい場合は、持ち手が長いと入らないこともあるため、大きいサイズのスキレットを選ぶ際は入れられるかどうか確認が必要です。持ち手が取り外しできるタイプもあるので、オーブンや電子レンジで使用したい方は注目してみてください。

Ncolor「スキレット ハンドル付き」

PR
Ncolor スキレット 20㎝

商品情報

ハンドル部分が取り外し可能で、手袋を付けず料理を持ち運びできるので、便利です。サイズ、直径約22㎝×高2.6㎝

持ち手が取り外しできるタイプのスキレットです。なお、持ち手は加熱しても熱くならない素材でできているため、カバーやミトンなしで持つことができます。持ち手を取り外せるのでオーブンでも使いやすく、コンパクトに収納できますよ。

大きいサイズ・重量がある場合は両手タイプがおすすめ

スキレットには、両手で持つタイプもあります。持ち手は短いですが、両手で持てるため安定感が増すのがポイントです。

特に、大きいサイズのスキレットは重みがあるものが多いため、片手で持つと持ちにくかったり、不安定になったりすることもあります。スキレットが大きく重量がある場合は、しっかり持てる両手タイプも検討してみてくださいね。

staub「両手フライパン チェリー 20cm」

PR
staub ストウブ 「 両手フライパン チェリー 20cm 」 スキレット Pan 40511-661

商品情報

IHコンロ対応
ガスコンロ対応
オーブン対応

こちらの両手持ちスキレットは持ち手が握りやすい形状になっているため、食材でスキレットが重くなってもしっかり持つことができます。深さが5㎝あるため、スープや厚みのあるステーキなど、幅広いメニューに使えますよ。鮮やかなチェリー色で、食卓を華やかに演出してくれます。

その他のチェックポイントにも注目

より使いやすいスキレットを選びたい方は、底の厚さや蓋の有無などもチェックして選ぶのがおすすめです。

ここからは、スキレットを選ぶ際に注目したいこだわりポイントをご紹介します。

底が厚いものほど食材にじっくり熱が伝わる

スキレットは、底が厚いものほど保温性が高く、熱がゆっくり均一に伝わる傾向にあります。そのため、ステーキやハンバーグなど、食材にしっかり熱を通しながらふっくら仕上げたい場合は、底の厚いスキレットを選ぶのがおすすめです。

一方底が薄いものは熱が素早く伝わるため、食材をさっと炒めたり焼いたりするのに適しています。ただし、食材を焦がしやすいため、火力に注意して使用しましょう。

岩鋳「フライパン21 黒焼付 内径21cm」

PR
岩鋳 フライパン 内径21cm

商品情報

・サイズ(cm):37×24×(H)6 内径21cm 深4.5cm
・材質:鋳鉄(黒焼付加工)

職人が一つ一つ丁寧に作り上げた、南部鉄器のスキレットです。南部鉄器は厚みがあり、蓄熱性に優れているのがポイント。蓄えた熱が効率よく食材に伝わることで、素材の味が引き出されます。お手入れが大変なイメージがあるスキレットですが、こちらの商品は焼き面に細かい凹凸があり、油馴染みが良く焦げ付きにくいのもうれしいですね。

蓋つきだと料理の幅が広がる

スキレットには、蓋つきのものもあります。蓋があると、焼く・炒める以外にも、煮る・蒸す・茹でるなどの調理ができるため、調理の幅が広がりますよ。蒸し煮や無水調理などのほか、深型スキレットに網をつければ燻製調理にも使えます。既にスキレットを持っていて蓋をつけたい場合は、同じサイズで蓋のみ揃えることも可能です。

スケーター「取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット」

PR
スケーター(Skater) 取っ手の取れる2WAY蓋付きスキレット INFW16-A

商品情報

サイズ:幅20×奥行17.5×高さ4cm(フタを含む・ハンドル含まず)、本体底面約14×深さ3cm
素材・材質:本体・フタ=鋳鉄 ハンドル=フェノール樹脂・ステンレス鋼

蓋として使用するのはもちろん、蓋の裏面をフライパンとしても使える2WAYスキレットです。持ち手を取り外せるため、自宅での収納する際や、アウトドアで使う際もコンパクトに持ち運びできます。深さは5.8㎝で、幅広いメニューが楽しめますよ。

IH対応の有無をチェック

スキレットは、直火対応のものが一般的です。自宅がIHで、カセットコンロなどを使わずIHで使用したい場合は、IH対応可かどうかも確認しておきましょう。

staub「スキレット16cm IH対応」

PR
staub ストウブ 「 スキレット リネン 16cm 」 Skillet 40505-363

商品情報

商品サイズ:(縦×横×高さ)300×167×42mm
商品重量:1.06kg
満水容量:0.65L
材質:本体=鋳鉄(ほうろう加工)、ツマミ=真鍮

直火やオーブンのほか、IHでも使用できるスキレットです。やわ柔らかい色合いで、肉や魚などの料理はもちろんスイーツを作っても可愛らしく仕上がります。独自のオットエマイユ加工により、食材をカリッとさせ焦げつきも防いでくれるのがうれしいですね。

四角型や注ぎ口つきなど様々な形状も

スキレットの多くは丸型ですが、なかには四角型のタイプもあります。

四角型は卵焼きを作るときや、食材を並べて調理したいとき、調理したものを均等に分けたいときなどに便利です。また、四角型は四隅に角があるため、肉汁やソースを料理にかけやすいメリットもあります。

丸型スキレットを選ぶ際も、注ぎ口つきのものを選ぶと調理した肉汁やソースがこぼれにくくなるため、形や注ぎ口の形状にも注目して選んでみてくださいね。

ロッジ「スクエアスキレット」

PR
ロッジ(Lodge) スクエアスキレット L8SQ3

商品情報

対応可能調理器:コンロ,グリル,IH調理器,キャンプ・お手入れ方法 : 手洗い,乾燥,クッキングオイル塗布
重量 : 2.8Kg

鋳鉄製の四角型のスキレットです。スクエア型に焼けるので、丸型で作ると分けにくいキッシュやパンなども、1人分ずつ同じサイズできれいに分けられますし、餃子などを並べて焼きたいときにも四角型は大活躍します。直径は約26.7㎝で、4人家族で使うのにも十分なサイズです。卵焼きはもちろん、四角いピザやパンケーキなどをいつもと違う形で作って食卓にだせば、食事が一層楽しくなりますね。

使いやすいスキレットで料理を楽しもう!

スキレットは、素材やサイズ、深さなどによってさまざまな種類があります。選ぶときは、使いやすさはもちろん、作りたい料理に合わせて選ぶことが大切です。

スキレットは熱伝導や保温性の高さから、いつもの料理をよりおいしく仕上げることができる便利アイテム。さまざまな調理方法で使えるため、ご自身に合ったスキレットを使えば料理がより楽しくなりますよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー