この記事で紹介されている商品

プロも使うソムリエナイフって?おすすめの選び方や初心者でも使いやすい商品を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ワインを抜栓するときに欠かせない「ソムリエナイフ」。高級品や安いもの、プロ向け、日本製などさまざまなタイプがあるので、どれを選ぼうか迷う方も多いかもしれません。今回はソムリエナイフの選び方に加え、詳しい違いや特徴について解説します。おすすめの1本もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ソムリエナイフとは?

「ソムリエナイフ」とはワインオープナーの一種で、コルクを開けるときに使う折りたたみ式ナイフのこと。以下の4つのパーツでできており、テコの原理を利用してコルクをスムーズに引き抜くための道具です。

ナイフ:キャップシールを剥がす

スクリュー:コルクに差し込む

フック:ボトルの縁にかけて支点にする

ハンドル:持ち手にして引きあげる

近年はスクリューキャップのワインが増えていますが、高級ワインやヴィンテージワインはコルクを使用していることが多く、抜栓の際はワインオープナーが必要になります。ソムリエナイフは、コツをつかめば簡単にコルクを引き抜くことができるうえ、コンパクトに折りたたむこともできます。栓抜きや缶切りがついているものも多いので、ワインをよく飲む方はもちろん、飲みなれていない方も1本あると便利ですよ!

ソムリエナイフの選び方は?

ソムリエナイフを選ぶ際のポイントは、主にフックの数、材質、ハンドルの厚さ、スクリューの長さの4つです。

ソムリエナイフは、フックの数によって使い方が、材質によって質感や価格が、ハンドルの厚さやスクリューの長さで使いやすさが異なるので、自身の使用シーンや好みに合わせたものを選ぶことが重要です。また、ソムリエナイフは右利き用に作られていることが多いので、左利きの方はレフトハンドルタイプを選ぶとよいでしょう。

それでは、ソムリエナイフの選び方と、それぞれの特徴や違いを詳しく見ていきましょう!

フックの数で選ぶ

ソムリエナイフは、ボトルの縁にかけるフックの数によって2種類に分けられています。フックが2つのものはダブルアクション、1つのものはシングルアクションと呼ばれており、それぞれ使い方やメリットが異なります。

ダブルアクション

ダブルアクションは、コルクを抜くときのフックが2つあるタイプです。その使い方は、まずは根元側のフックをボトルの縁にかけ、コルクを少し引き上げてから、端側のフックに変えて一気に引き抜きます。コルクを2段階に分けて引き抜くため、支点が安定しやすく、長いコルクもきれいに引き抜くことができます。初心者の方や腕力がない方は、まずはダブルアクションを選んでみるとよいでしょう。

PR
Daniel Chambertin ソムリエナイフ ワイン オープナー ダブルアクション

商品情報

材質 木材
色 Brown
ブランド Chambertin
商品寸法 (長さx幅x高さ)

初心者の方でも扱いやすい、ダブルアクションのソムリエナイフです。スクリューが長めなので、ヴィンテージワインのコルクも簡単に引き抜くことができますよ。ノコギリ型のナイフは切れ味がよく、キャップシールを剥がしやすいのも魅力のひとつ。比較的リーズナブルなので、初めての1本におすすめです。

シングルアクション

シングルアクションは、コルクを抜くときのフックが1つのタイプです。スクリューをコルクに刺し込み、ひとつのフックで一気に引き抜くため、抜栓をスマートに行うことができます。手元をエレガントに見せることができますが、コルクをまっすぐに引き上げるためには少しコツが必要です。慣れていないとコルクを折ってしまうこともあるので、主にプロのソムリエや上級者の方が使うことが多いです。

PR
下村工業 キッチンバー ソムリエナイフ

商品情報

材質 アクリロニトリルブタジエンスチレン
色 ブラック
仕上げタイプ 塗装
ブランド 下村工業(Shimomura Kougyou)
商品の重量 88 グラム

新潟・三条の刃物鍛冶屋が手がける、シングルアクションのソムリエナイフです。すっきりとしたデザインでありながらも、カット、抜栓、栓抜きと3つの用途に使うことができます。ステンレスにシリコン塗装を施しているので、滑りにくいうえ耐久性が高いのもうれしいポイント。ご家庭用はもちろん、抜栓の練習にもおすすめですよ。

材質で選ぶ

ソムリエナイフの材質は、ステンレスもしくはスチールが一般的です。ステンレスは軽くて錆びにくいうえ、美しい光沢があるので高級ブランドで使われることが多いです。一方で、スチールは比較的リーズナブルですが、少し重みがあり錆びやすいので、水や汚れがついたらすぐに拭き取る必要があります。

また、ハンドル部分はステンレス、シリコン、木製、牛や水牛の角など、さまざまな種類があります。耐久性で選ぶならステンレス、高級感や握りやすさで選ぶなら天然木や水牛の角など、価格も確認しながらお好みのものを選びましょう。

ハンドルの厚さで選ぶ

ソムリエナイフは、ハンドルの握りやすさで選ぶことも大切です。抜栓は意外と力が必要になることもあるので、自身の手にフィットしやすいものを選ぶようにしましょう。

ハンドルは十分な厚みがあり、緩やかなカーブや凸凹が施されているものが手にフィットしやすいです。また、素材は固い金属よりも、やわらかい木製の方が力を入れやすく、指を傷めずに抜栓することができます。ただし、手の大きさや指の長さには個人差があるので、実際に握りやすさを確かめてから購入することをおすすめします。

PR
CORKAS ソムリエナイフ ワインオープナー コルク抜き

商品情報


材質 バラ
色 5バラの木製(ビッグサイズ)
仕上げタイプ 抛光
ブランド CORKAS
商品の重量 8 オンス

手に馴染みやすい、緩やかなカーブのソムリエナイフです。ハンドルは程よい厚み・大きさ・重みがあり、使い心地がよいのが魅力です。高級感のあるバラの木製のハンドルは、耐久性に優れているのでプロの方や長く使いたい方におすすめですよ。

スクリューの長さで選ぶ

ソムリエナイフを選ぶ際は、スクリューの長さ・形状・材質を確認することも大切です。

高級ワインやヴィンテージワインは、長めのコルクが使われることが多いので、スクリューは長めのものがおすすめですよ。素材は金属製が多いですが、表面に溝が施されているものも。さらにテフロン加工されているものは、摩擦が少ないのでコルクに差し込みやすいというメリットがあります。

また、スクリューの先端部分が中心にあることも確認しておきましょう先端部分が中心からずれていると刺し込みにくいうえ、コルクが割れてボロボロになってしまうことがあります。

PR
ル・クルーゼ(Le Creuset) ワイン アクセサリー

商品情報

材質 アクリロニトリルブタジエンスチレン
色 パープル
ブランド ル・クルーゼ(Le Creuset)
商品の重量 0.08 キログラム
商品寸法 (長さx幅x高さ) 20 x 152 x 38 mm

普段使いにぴったりな、ポップな色合いのソムリエナイフです。ダブルアクションのフックと長めのスクリュー、ノコギリ型のナイフは、初心者の方でも扱いやすい設計になっています。栓抜きと缶切りもついているので、1本あると重宝すること間違いありませんよ!

自身にぴったりな1本を見つけよう!

今回は、ソムリエナイフの選び方と詳しい違いや特徴、おすすめのソムリエナイフなどをご紹介しました。ソムリエナイフとは、ワインオープナーの一種であり、使い方をマスターすればコルクをスムーズに引き抜くことができるアイテムです。プロが使うイメージが強いですが、初心者の方でも扱いやすいものもあるので、ぜひ好みのものを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー