この記事で紹介されている商品

味噌保存容器のおすすめ10選!使い勝手のよいガラス製やホーロー製などもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

味噌を買ってきた容器のまま保管していませんか?味噌は「保存容器」に移し替えて保管することで、おいしさをキープすることができるんです。この記事では、おすすめの味噌の保存容器をご紹介します。ホーローやプラスチック、ガラスなどさまざまな素材の商品をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

保存容器で味噌をおいしく保管しよう

味噌は菌が生きている発酵食品なので、時間の経過とともに色や風味が変化していきます。しっかりと密封できる保存容器を使うことで、空気に触れにくくなり、乾燥や酸化を抑える効果が期待できますよ。

味噌はプラスチックの容器や袋に入って売られていることがほとんどですが、そのまま保管すると、冷蔵庫の中が汚れてしまったり、味噌を取り出しにくいといったプチストレスも。保存容器に移すことで使いやすくなり、汚れも最小限にすることができますよ。

味噌用保存容器の種類

味噌用の保存容器は、素材によって下記の4種類に分けられます。

  • ホーロー製
  • プラスチック製
  • ガラス製
  • 陶器製  

それぞれの素材によって特徴がありますので、違いを知っておくとぴったりの保存容器を選ぶことができます。色やニオイ移りのしにくさ、重さ、中身の見やすさ、お手入れのしやすさなどに着目してみてくださいね。以下でそれぞれ詳しく見ていきましょう!

色やニオイが移りしにくい「ホーロー製」

ホーローは色移りやニオイ移りがしにくい素材なので、味噌の保存に適しています。味噌はその商品によって風味が異なるため、違う種類の味噌を入れ替えて使いたいという方におすすめです。キムチや梅干しなどのニオイの強いものを保存するのにも向いている素材なので、味噌の保存以外にも幅広い用途で使うことができますよ。

ただし重さがあるので、詰め替えた直後で味噌がたくさん入っている状態では持ち運びしにくいと感じるかもしれません。また、表面がガラス質なので衝撃に弱く、ぶつけたりするとひび割れすることがあるので取り扱いには少し注意が必要です。

PR
シンプルな見た目で置く場所を選ばない
野田琺瑯 ラウンドストッカー 18cm

商品情報

色:白
容量:4.5L
サイズ:約25.5×21×18.5cm
重量:1.35kg
材質:ホーロー・金属

白一色で丸みのある見た目がかわいらしい、ホーロー製の保存容器です。内蓋としてシール蓋がついた二重蓋になっており、密封性が高くニオイ漏れの心配が少ないのがポイント。味噌以外にも、お米や梅干しなどの保存に幅広く使えますよ。4.5Lの大容量なので、家庭で味噌を仕込む方にもおすすめです。

軽量で扱いやすい「プラスチック製」

プラスチックは軽い素材なので扱いやすく、手軽に使えるのが魅力です。軽くて持ち運びも楽なので、たっぷりの量の味噌を入れても冷蔵庫から取り出しやすいでしょう。価格も比較的お手頃なので、はじめて味噌の保存容器を使う方にもおすすめです。

ただし、ニオイや色が移りやすい点には注意が必要です。食洗機の使用や煮沸消毒が可能であれば清潔に保ちやすいので、耐熱温度をチェックしてみましょう。また、傷がつきやすいので定期的な買い替えが必要になる場合もあります。

PR
ワンタッチオープンだから調理中でも楽々
マーナ 保存容器 ワイドトール

商品情報

【いつでも開封したてのおいしさ】二つのパッキンでしっかり閉まって湿気を防ぎ、ワンタッチで開く保存容器。小麦粉1㎏が袋ごとピッタリ入るサイズです。

こちらの保存容器は、蓋に二つのパッキンがついているのでしっかりと閉まり、ワンタッチで簡単に開けることができます。口が広いので中身を取り出しやすく、ストレスフリーで使うことができますよ。本体とパッキンを分解して洗えるので、清潔を保ちやすいのもポイント。スタッキングできるので、サイズ違いで揃えて使うのもおすすめです。

PR
味噌じゃなく、ぬか漬け作りにもぴったり
ウィルマックス フードコンテナ 角型 3.5L

商品情報

ブランド ウィルマックス(Wilmax)
色 クリア
材質 ポリプロピレン(エンバランス加工)、フタ/ポリエチレン(エンバランス加工)

こちらはプラスチック製のシンプルな保存容器ですが、独自の加工を施した「エンバラス加工」で食材の新鮮さを長く保つことができます。シール蓋で簡単に開閉できるのもポイント。味噌の保存のほか、ぬか漬けを作るのにもおすすめですよ。

中身を確認しやすい「ガラス製」

ガラスは透明で中が見えやすい素材なので、味噌の残量を確認しやすいのがポイント。本体部分は煮沸消毒や食洗機の使用が可能な商品が多いので、清潔に保ちやすいのもうれしいですね。色移りやニオイ移りもしにくいので、種類の違う味噌を入れ替えて使いたい方にもおすすめです。

ただし、衝撃に弱く割れやすいので、慎重に取り扱う必要があります。また、透明で光の影響を受けやすいため、冷暗所での保存が必須になります。

PR
本体は食洗機対応だからお手入れも簡単
iwaki パック&レンジ 角型 1.0L

商品情報

サイズ(約):15.6×15.6×高さ8cm、満水容量:1.0L
本体重量(約):700g

こちらは耐熱ガラスでできた保存容器です。クリアな素材なので中身が見やすく、残量が一目で確認できます。本体は食洗機の使用が可能で、お手入れも簡単。シンプルな作りなので汎用性が高く、味噌の保存だけでなくさまざまなシーンで使えるのが魅力です。

PR
4点ロックで密閉するからしっかり酸化を防ぐ
アデリア クックロック レクタングル 1000ml

商品情報

本体サイズ:最大約20.5-15.3、高さ約6.9cm
本体重量:約720g

こちらの保存容器は、4点ロックの蓋と脱気弁でしっかりと密閉できるので、味噌の保存にぴったり。ニオイ移りを防いで衛生的に使えますよ。角型で冷蔵庫の中にすっきりと納まり、スタッキングも可能なので、スペースを有効に使うことができます。

耐久性に優れた「陶器製」

陶器は厚みがある素材なので温度変化の影響を受けにくく、味噌の仕込みや保存に適しています。傷がつきにくく、酸や塩に強く劣化しにくい素材なので、長く使うことができます。

注意したいのは、重量があるため持ち運びしづらいという点です。冷蔵庫に入るようなコンパクトなサイズのものを選ぶと使いやすくなりますよ。また、割れやすい素材なので、衝撃を与えないように丁寧に扱いましょう。

PR
雰囲気のあるデザインで見た目重視の人にもピッタリ
TAMAKI ミニカメ 2号

商品情報

サイズ:(約)8.8×H9.5cm
本体重量:(約) 405g
本体容量:(約) 240ml
素材・材質:陶器
生産国:日本

こちらの保存容器は、美濃焼伝統の色で仕上げた昔ながらの風合いが魅力です。コンパクトなサイズで、少量の味噌を保存したい場合にぴったり。ただし、蓋は上にのせるだけなので密閉性は無いため、長期保存には向きません。

密閉性の高さで選ぶ

味噌を保存するうえでもっとも重要なのが、密閉性です。味噌は空気に触れると乾燥や酸化がすすんで劣化してしまうため、鮮度を保つためには空気をなるべく遮断する必要があります。密閉性の有無は、蓋に着目してみましょう。隙間なくしっかりと閉められるシール蓋や、蓋にパッキンや空気を抜いて密封できるバルブがついているものがおすすめですよ。

ニオイ漏れも防げるパッキン付き

パッキンがついているタイプの蓋は、密閉性の高さに加えてニオイ漏れも防げるのがポイントです。冷蔵庫内でのニオイ移りの心配が無く、安心して使うことができますよ。汁漏れも防げるので味噌以外の保存にも適しており、幅広い用途での使用が可能です。

PR
手ごろな大きさの6個セットで使い勝手抜群
HARIO 耐熱ガラス製密閉保存容器・角250 6個セット

商品情報

サイズ(約)1個/幅10.8×奥行10.8×高さ4.7cm、満水容量250ml

こちらは、蓋にパッキンと空気弁がついているタイプの保存容器です。保存の際は、空気弁を下げるとしっかりと密封できます。本体は耐熱ガラス製で、蓋の空気弁を上げればそのまま電子レンジで使うことができますよ。煮沸消毒や食洗機の使用も可能なので、清潔に使えます。透明でシンプルなデザインなので、味噌の保存以外にもさまざまなシーンで活躍しますよ。

味噌の容量に応じたサイズを選ぶ

味噌の保存容器は、普段購入する味噌の内容量に応じて適切なサイズを選ぶのも重要なポイントです。市販の味噌は350~750g入りのものが多く、大容量であれば1kg入りの商品もあります。保存容器の容量が味噌の量に対して小さいと、すべて入りきらずに中途半端に余り、残った分の保存に困ってしまいます。反対に、容量が大きすぎると空気に触れやすくなり、酸化や乾燥がすすむ原因にもなります。

容量が大きくなるともちろんサイズも大きくなるため、冷蔵庫のスペースも考えて選んでみましょう。市販のパックをそのまま入れられるサイズの保存容器もあるので、詰め替えの手間を省きたい方におすすめですよ。

PR
味噌の容器ごと入れられてしっかり密閉
山崎実業 みそパックごと収納ハンドル付き密閉フードコンテナ タワー

商品情報

商品サイズ:約W13.6×D15.1×H11cm

こちらは市販の一般的なサイズの味噌がそのまま収納できるタイプの保存容器です。蓋には密閉バルブが付いているので、味噌の風味を保つことができますよ。幅を取らないコンパクトなハンドル付きで、冷蔵庫への出し入れがしやすいのもうれしいポイント。パーツはすべて分解でき、食洗機も使用可能なので衛生的に使えますよ。

PR
中身が見えるから詰め替え時期もわかりやすい
OXO ロックトップコンテナ 0.9L Sレクタングル

商品情報

液もれしにくい密閉容器
シンプルなデザイン
フタの白いフレームを上げ下げするだけで開閉

こちらの保存容器の容量は900mlで、750g程度までの味噌なら収まるサイズ感です。密閉力の高い構造の蓋でしっかりと閉まり、ワンアクションで開閉が可能。中身が見える透明の容器で残量の確認もしやすく、蓋は半透明なので上からも見やすいですよ。

冷蔵庫に収納しやすい形状を選ぶ

開封した味噌は、冷蔵庫での保存が基本となります。そのため、丸型や角型、高さがあるといった保存容器の形状は、冷蔵庫に収納しやすいかどうかで選ぶのもひとつの方法です。たとえば、低い棚に置くなら、高さのない横長タイプがぴったり。ある程度高さのある棚なら角型のタイプもおすすめです。ドアポケットに入れるなら、スリムで縦長のタイプが適しています。冷蔵庫のどの場所に保存するのかをイメージしておき、適した形状の保存容器をチョイスしてみましょう。

スムーズに出し入れできる取っ手付きも

冷蔵庫から出しやすくするには、取っ手付きの保存容器がおすすめです。味噌を入れると容器が重くなるため、取っ手がついていると滑りにくく、スムーズに出し入れしやすくなります。とくに、棚の少し高い位置や、奥のほうに保存したい場合に重宝しますよ
ただし、取っ手の分収納スペースの幅を取ることになるので、冷蔵庫のサイズなども考慮して選んでみてくださいね。

PR
ニオイ移りもしにくいからお手入れも簡単
富士ホーロー 角型みそポット

商品情報

本体重量:0.5Kg

サイズ:18.5×14.5×11.5cm

容量 1000ml

こちらの保存容器は、750gの味噌がパックごと入るサイズ設計がポイント。入れ替えの手間を省くことができるのがうれしいですね。しっかりと密閉できる蓋がついており、乾燥や酸化を抑えてくれます。大きめの取っ手で持ちやすく、冷蔵庫内からスムーズに取り出せますよ。

味噌の正しい保管方法は?

味噌のおいしさを保つには、正しい方法で保存することが大切です。移し替える際の注意点や適切な保存場所などを以下で詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね。

移し替えるときのポイント

味噌を保存容器に移し替える際には、注意したいポイントがあります。まず、保存容器に汚れや水分が残っていないか確認しましょう。汚れや水分は細菌の繁殖の原因となるため、味噌が傷んでしまう可能性があります。保存容器は、移し替える前にしっかりと洗い、完全に乾かしてから使用するようにしましょう。また、味噌を容器から取り出すときは、水分のついていない清潔なスプーンなどを使うように注意してくださいね。

味噌を袋のまま保管してもOK?

味噌を購入した袋のまま保管するのは、あまりおすすめできません。空気に触れやすくなるので、保存容器で保管するのに比べて酸化や乾燥が進みやすくなります。また、冷蔵庫内が汚れて不衛生になる可能性も。デメリットが多いので、保存容器での保管がおすすめですよ。

冷蔵庫または冷凍庫で保管しよう

味噌の保管場所は、未開封でも開封後でも冷蔵庫(5~8℃)が適しています。味噌は時間や温度、光などの影響を受けて色や風味が変化していきますが、冷蔵庫に保管することで温度と光による影響を減らすことができます。

冷蔵庫に入らない場合は、冷凍庫でも問題ありません。家庭用の冷凍庫の温度(-20℃)では、味噌は少しかたくなりますが、凍ることはありません。すぐに使わない未開封の味噌は、冷凍庫にストックするのがおすすめですよ。常温保存は温度の影響を受けやすいので、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

開封後の味噌は、使った後に表面を平らにし、ラップでぴったりと覆ってから保管するのがおすすめです。空気に触れないようにすることで、表面の乾燥や酸化を防ぐことができますよ。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは味噌の保存容器の種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらに味噌の保存容器を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

味噌は保存容器を使っておいしさをキープしよう

味噌は買ってきたパックや袋のまま保存するのではなく、保存容器を使って正しく保管することで、味噌の風味を保ちおいしさをキープすることができますよ。素材や形もさまざまなので、それぞれの特徴を知って用途に合った保存容器を選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
味噌のおすすめ8選!無添加や減塩タイプも!麹の種類や色、味の特徴を徹底解説

私たち日本人の食卓には欠かせない調味料の「味噌」。何となく選んでいるという方も多いかもしれませんが、味噌にはさまざまなタイプがあり、麹の種類や色味などで味わいも異なるんです。そこで今回は、おいしい味噌のおすすめの選び方について解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
味噌マドラーのおすすめ14選!選び方や魅力についても解説

適切な味噌の量を計量できる「味噌マドラー」。味噌ときしやすく、毎回同じ味のお味噌汁を作れるメリットがあります。この記事では味噌マドラーの選び方や魅力、使い勝手のよいおすすめの商品をご紹介します。ステンレス製やプラスチック製、食洗機対応の商品もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー