この記事で紹介されている商品

【2023年】寝袋の冬用おすすめ10選!メーカー人気アイテムや初心者向けもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

冬のアウトドア活動やキャンプに欠かせない寝袋(シュラフ)。冬用の寝袋は寒さから身を守り、快適な睡眠環境を提供してくれます。しかし寝袋といってもさまざまな素材や種類があるため選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで今回は、冬用寝袋の選び方を解説します。素材や機能性、シーン別におすすめの商品もご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

冬用寝袋のメリット

冬用寝袋は厚みのある素材や特殊な填充材により、寒冷な環境下でも体全体を包み込んで保温できるのがメリットです。また、防風性にも優れており特殊な素材やデザインにより、風の影響を最小限に抑えます。これにより、寒風が直接体に当たることを防ぐ役目もあります。ひとつ持っておくとテントの中だけでなく、災害時や車中泊でも活躍しますよ。
寝袋のなかにはコンパクトにしまえるものもあり、職場などで動けなくなったときの備えとして活用している方も増えています。冬用寝袋は、さまざまな形で活用できるアウトドアグッズです。

冬用寝袋の選ぶポイント

冬用寝袋は、「中綿素材」「使用人数」「衛生面」「機能性」の4つのポイントに注目して探すとより好みに合った寝袋を選べますよ。

それぞれ特徴があり、ひとつの要素に絞り込んで選ぶよりも、ポイントごとに優先順位をつけた方が選びやすいです。それぞれの特徴を解説しますので、自分はどの要素を優先するか考えながらご覧ください。

1.中綿素材で選ぶ

冬用寝袋は、中綿の素材で寝心地や防寒性が変化します。代表的な素材は、「化学繊維」「ポリエステル中空わた」「ダウン」の3つです。

化学繊維は、一般的にコストが低く、高い耐久性と速乾性に優れています。保温性や防寒性は高くはありませんが、軽量で速乾性があり、比較的お手入れが簡単です。
ポリエステル中空わたは、繊維の中がマカロニのように空いているものを差し、軽量性と保温性が両立した素材です。湿気の多い環境でも快適な使用が可能です。
ダウンは天然素材の一種で、水鳥の羽毛から取れる軽くて柔らかい繊維のことを指し、最も優れた保温性を持つ素材。軽くフワフワとした寝心地と高い保温性が特徴です。
同じ寝袋でも、中綿によりそれぞれ扱い方や特徴が異なります。中綿に注目して選ぶときは、素材ごとの違いをチェックしましょう。

「科学繊維」

化学繊維は耐久性が高く、濡れてもすぐに乾きます。そのため、洗濯できるタイプの寝袋によく採用されています。すぐに洗える分、水や汚れを気にせず使えるのが利点です。手軽に使いたいならおすすめの素材といえます。
また、リーズナブルなのも魅力のひとつ。安価に購入できるため、初心者でも気軽に購入できます。使いやすいメリットが多い化学繊維ですが、保温性を確保しようとするとどうしても分厚くなってしまいます。保温性を重視すると、分厚くかさばりがちなので注意してくださいね。

PR
Coleman Extreme WHEATHER Mummy

商品情報


ブランド コールマン(Coleman)
色 グリーン
占有率 1人用

ポリエステル製の寝袋です。高い保温性が特徴で、氷点下のキャンプや車中泊でも比較的、温かい状態をキープできます。寒い中でも快適な寝心地を楽しめる製品です。落ち着いたカーキ色で、使う場所を選びません。
保温性の高い冬用寝袋を探しているなら、おすすめです。車内やオフィスに置いて、いざというときの備えにもできます。

「ポリエステル中空わた」

ポリエステルは、化学繊維の一種です。この中空わたは、繊維の中がマカロニのように穴が開いており、繊維自体は綿状になっており、保温性に優れています。フワフワとした寝心地も特徴のひとつです。
通常、綿などの天然素材だと、きちんと手入れしないとダニやカビが湧いてしまいます。しかし、ポリエステル中空わたならその心配がありません。汚れたらすぐ洗えるため、衛生的に管理できます。
メリットが多いですが、使い続けているとわたの弾力性が失われてしまいます。また、ほかの化学繊維に比べ吸湿性があるため、湿気に注意が必要です。寝心地よりも、清潔さや手入れの簡単さを優先したい方向けといえます。

PR
イスカ(ISUKA) 寝袋 スーパースノートレック1500 ロイヤルブルー

商品情報

生地 : 表ナイロン100%、裏ポリエステル100%
中わた量 : 1500g(ポリエステル中空わた)

ポリエステル中空わたが使われた冬用寝袋で、-15度の寒さにも対応できます。冷気が入り込みがちなジッパーの内側に中綿の詰まったチューブが搭載されているため、寒い空気が入り込みにくい設計です。
奥行きと横幅に余裕があり、ゆったりとした寝心地を楽しめます。寝袋が体にぴったりしていると寝にくい方におすすめです。

「ダウン」

ダウンは水鳥の羽毛で、アヒルやガチョウの羽が一般的に使われています。繊維のように芯がないため、フワフワな寝心地と軽さが特徴です。コンパクトにしまえるため、アウトドアや車内などの荷物や収納スペースが限られている環境でも使えます。
保温性が高く、使いやすいですが水に弱いためメンテナンスの際は注意が必要です。また、価格も高価な傾向にあります。

PR
Tooge 寝袋 冬用 ダウン シュラフ 【最低温度-25℃】

商品情報

【もっと暖かくて軽い】本製品は2021年中旬によりよいダウンを変更して、2.3kg寝袋は改良版でございます。

高級アヒル羽毛を使った寝袋で、保温性に優れています。ふかふかした寝心地を楽しめます。収納時はコンパクトに立ためる優れものです。水に負けないよう撥水加工がされています。
胸えりにもダウンが入っており、首元が冷える心配がありません。顔の部分も絞りを使って密閉できるため、温かさが逃げにくい設計です。保温性に優れた冬用寝袋を探しているなら、おすすめの製品といえます。

2.人数に合わせて選ぶ

寝袋は、形状により使用人数が異なります。ひとりで使用したい場合は「マミー型」、複数人で使用したい場合は「封筒型」がおすすめです。
マミー型は、ちょうどミイラの棺桶のような形をしたタイプです。一人用のため、複数人で使いたい方には向きません。保温性が高く軽量な製品が多い傾向にあります。
封筒型は、四角型で丁度布団のように使える寝袋です。ひとり用だけでなく、ふたり用もあります。サイズにより、子どもであれば3人分にもなるサイズも。圧迫感がないのが特徴です。
冬用寝袋を選ぶときは、使う人数についてもよく考えたうえで購入しましょう。また、形状ごとのメリットも含めて考えてみてくださいね。

一人用「マミー型」キャンプや登山に最適

マミー型はひとり用です。複数人での利用はできませんが頭からつま先まで体をきちんと包めるため、保温性に優れています。また、軽量でコンパクトにたたみやすい製品が多いです。冬場のキャンプや登山に適しています。
ソロキャンプや登山などが目的なら、おすすめの形状です。また、仮眠や緊急時用の布団替わりなどにも活用できます。

PR
Defence 4 Carinthia 寝袋 シュラフ 冬用 マミー型

商品情報

ブランド Carinthia
色 オリーブ
形状 マミー

ポリエステル製の冬用寝袋。中綿が動きにくいファイバーロック構造で、いつでもやわらかい寝心地を楽しめます。幅広なので、ゆったりと眠れる寝袋です。冬用寝袋ですが、ファスナーを開けてタオルケットなどをかけるようにすれば、春や夏でも使えます。
ゆったりと眠れる寝袋や、使い方を工夫すれば通年使い続けられる寝袋を探している方におすすめです。

一人~二人用「封筒型」車での使用に最適

封筒型は長方形の形状で、L字型のファスナーが付いています。1枚の布団として使えるほか、製品により2枚の寝袋を重ねて使うこともできます。使い勝手に優れているのが特徴です。布団と同じような、ゆったりとした寝心地を楽しめます。
使用人数はひとりまたはふたり用があります。つなげて使える寝袋をうまく使えば、ふたり以上の人数に対応も可能です。便利ですが、マミー型に比べると重量があり、かさばりがちなため、テントなどで使うよりは車での使用に適しています。

PR
【Coleman コールマン】寝袋(封筒型)スリーピングバック

商品情報

ブランド コールマン(Coleman)
色 ネイビー
形状 長方形
温度定格 -6.6℃~4.4℃

ポリエステル製の冬用寝袋。中綿が動きにくいファイバーロック構造で、いつでもやわらかい寝心地を楽しめます。幅広なので、ゆったりと眠れる寝袋です。冬用寝袋ですが、ファスナーを開けてタオルケットなどをかけるようにすれば、春や夏でも使えます。
ゆったりと眠れる寝袋や、使い方を工夫すれば通年使い続けられる寝袋を探している方におすすめです。

3.衛生面で選ぶ

寝袋は寝汗や皮脂が付くため、使ったまま放置すると不衛生です。臭いや汚れを防ぎたいなら、衛生管理ができるタイプを選びましょう。洗濯機で丸洗いできるタイプや、防臭加工できるタイプは、汚れや臭いに強く使いやすいです。
寝袋は、基本的に陰干しして乾かします。洗濯機が使えるタイプの中でも特に便利なのが、ループハンガーが付いているタイプです。干すときにハンガーを用意する手間がかかりません。ほかの寝袋よりも干す手間が少ない分、衛生的に管理できます。

洗濯機で丸洗い

寝袋のなかには、丸洗いできるタイプがあります。化学繊維製の寝袋に多いタイプです。洗濯機でそのまま丸洗いできます。洗う手間がかからないため、衛生管理も簡単です。
洗濯機が使えるタイプで注意したいのが、洗濯表示。洗濯機を使うときのモードや使える洗剤があらかじめ記載されています。表示の内容を守らないと、故障や変色につながります。必ず確認してから洗うようにしてください。

PR
コールマン(Coleman) 寝袋 タスマンキャンピングマミー L-15

商品情報

生産国:中国
サイズ:使用時/約83×203cm、収納時/約直径31×49cm
重量:約3.4kg

洗濯機で丸洗いできるマミー型冬用寝袋。足元がゆったりしており、マミー型ですが中で寝返りが打てます。人の形に合わせた形状で、保温性に優れています。毛布のような、ふかふかした寝心地が特徴です。
汚れても丸洗いできるため、管理の手間をかけたくない方に適しています。また、保温性の高さはほしいけど、ゆったりとした寝心地も捨てがたいと悩んでいる方にもおすすめしたい冬用寝袋です。

抗菌加工

寝袋の臭いは、汗や皮脂をエサに雑菌が繁殖するために起こっています。臭いを防止するには、汗や皮脂だけでなく雑菌の繁殖も防がなくてはなりません。そこで役立つのが、抗菌加工です。
菌が繁殖しないようにされた寝袋なら、臭いが気になることもほとんどありません。汚れや臭いが付きにくい工夫も、衛生管理に役立ちます。

PR
ロゴス(LOGOS) 抗菌防臭 丸洗いウォーマーシュラフ・-4

商品情報

適合胸囲:(約)102cm まで
サッカー日本代表オフィシャルライセンスグッズ

表面と肌面に抗菌加工素材が使われています。洗濯機での丸洗いもできるため、衛生的に管理できる冬用寝袋です。保温性にも優れており、首元を温め枕替わりにもなるネックウォーマーが付いています。
連結しても使えるため、複数購入しておいて家族全員で使うことも可能。寝袋の汚れや臭いが気になる方や、家族で寝袋を使いたい場合に便利です。

ハンガーループ付き

洗濯後の寝袋は、陰干しします。このとき、ハンガーやロープを通せるハンガーループがあると、干すときに洗濯ばさみなどを用意する手間がかかりません。陰干しするときにとても便利です。
水を吸った寝袋はいつもより重たい状態のため、少しでも干す手間を軽減できる機能が付いていると扱いやすくなります。ほかの特徴に比べると地味に感じるかもしれませんが、意外と役立つ機能です。

PR
ロゴス 寝袋 ミニバンぴったり寝袋・-2(冬用)[最低使用温度-2度]

商品情報

総重量:(約)3.6kg
適正温度目安:-2℃まで 適合胸囲:(約)91cmまで(1pcs)
サイズ:(約)142×190cm クッション時:(約)60×58×24cm×2pcs 収納サイズ:(約)49×24×36cm

ミニバンのサイズにピッタリな大きさの冬用寝袋です。表面材には汚れにくく丸洗いもできる素材を使っています。肌が触れる部分は通気性に優れたポリエステルを、中綿は繊維同士が独立するシリコン素材を活用してかさ高をキープするなど、複数の化学繊維を使って快適な状態を作り出しています。
大型洗濯機で丸洗いできるうえに、ハンガープールが付いているので干す手間も軽減できる優れもの。寝袋はきれいに保ちたいけど、洗うときの手間を減らしたいと考えている方におすすめです。

4.機能性で選ぶ

ここまで冬用寝袋の機能についていろいろ解説しましたが、これまでの内容にはない機能もたくさんあります。使いやすさにこだわりたいなら、機能性を重視しましょう。機能に優れた寝袋のなかには、収納のしやすさにこだわったコンパクトタイプや、枕が付いているタイプなどがあります。
明確に欲しい機能があるなら、その機能を搭載した寝袋があるか探してみるとよいでしょう。ここでは、冬用寝袋によくある機能について取り上げます。

収納しやすい

アウトドア派荷物が制限されがちです。重たいものやかさばるものがあると、その分動きにくくなります。このような事態を防ぐために、寝袋のなかには収納のしやすさに特化したタイプがあります。
収納しやすいタイプは、中綿が軽いダウンや、コンパクト化しやすいマミー型に多い特徴でもあります。持ち運びの手間を減らしたいなら、これらの特徴を備えているタイプの中から、収納しやすい機能を搭載した寝袋を選んでくださいね。

PR
KingCamp 寝袋 ダウン シュラフ 羽毛 600FP+

商品情報

【寝袋・封筒型】使用時サイズ:(190 + 30) × 80 cm。収納時サイズ:42×φ28cm。快適使用温度:-4℃~1℃;最低使用温度:-20℃。冬季の使用をおすすめ。

ダウンとポリエステルを合わせた中綿を採用した、マミー型寝袋です。軽量タイプで、防水加工された収納袋が付いています。コンパクトにしまえるため、動きを邪魔しません。
裏地にはコットンが使われており、サラサラとした感触を楽しめます。保温性と通気性に優れているため、冬場だけでなく通年使える寝袋です。コンパクトに持ち運びしやすい寝袋を探しているなら、迷わずおすすめしたい製品です。

枕付き

寝袋用の枕があらかじめついていると、別に購入する手間が省けます。寝るときには枕がないと眠れない方は、枕付き寝袋を選びましょう。寝袋用枕は、寝袋と一体になっているタイプと、別々になっているタイプがあります。使いやすい方を選んでください。

PR
【fieldsahara】 寝袋 シュラフ 人工ダウン 210T 封筒型

商品情報

210Tは繊維の目が細かくバランス良く織られておりますのですべてすべての耐久性が上がります。そのため内部の温もり逃さず暖かくより快適にお使いいただけます。

付属品として枕が付いている寝袋です。寝袋と一体にはなっていないため、持ち運びの際は収納袋に入れ忘れないようにしましょう。羽毛のような化学繊維を採用しており、布団のような寝心地を楽しめます。
耐久性と保温性に優れた生地を採用しているのも魅力です。枕付き寝袋を探している方なら十分満足できるでしょう。リーズナブルでもあり、寝袋の価格が気になる方にもおすすめです。

使うシーンに合わせて寝袋を選ぼう

冬用寝袋はさまざまな特徴から選べます。まずはどの特徴を優先するかを考えましょう。使うシーンや人数なども頭に入れながら選んでください。特徴や使用シーンを先に細かく決定してから選ぶと、似た機能の寝袋がたくさんあっても自分に合ったものを選べます。迷わないためにも、自分に必要な冬用寝袋の特徴をまとめておいてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー