この記事で紹介されている商品
柔軟剤入り洗剤のおすすめ商品を知りたい!メリット・デメリットも解説

柔軟剤入り洗剤のおすすめ商品を知りたい!メリット・デメリットも解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

柔軟剤入り洗剤は、洗濯用の洗剤の中にあらかじめ柔軟剤が組み合わせられたとても便利なアイテムです。一つで洗浄成分と柔軟剤成分を両方備えており、ラボンやボールドなどといった洗浄力がある商品が販売されています。今回は、この柔軟剤入り洗剤の選び方やメリット・デメリット、おすすめ商品について解説していきます。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

柔軟剤入り洗剤の選び方

柔軟剤入り洗剤を選ぶ際には、どのような基準で選ぶと良いのでしょうか。

メーカー、洗浄力、タイプ別で選ぶと、お好みの洗剤を見つけることができるでしょう。

メーカーで選ぶ

柔軟剤入り洗剤を販売しているメーカーはいくつかありますが、日本で販売されている柔軟剤入り洗剤の中でも代表的なメーカーをいくつかご紹介しましょう。

まず1つ目はライオンです。

ライオンはトップとブランドで有名なメーカーです。コンパクトタイプの洗濯洗剤を多く取り扱っているため、省スペースを叶えることができます

2つ目はP&Gです。ボールドと呼ばれるブランドを取り扱っていて、ジェルボールタイプの柔軟剤入り洗剤が有名です。

3つ目にご紹介するのは花王です。花王はニュービーズと呼ばれるブランドを販売しています。粉末タイプ、液体タイプの洗剤を扱っているほかに、すすぎ1回で洗濯できる濃縮タイプの洗剤を販売しています。

4つ目に紹介するのはネイチャーラボです。ラボンというブランドの商品を取り扱っており、植物由来の成分を使った洗剤ということで、赤ちゃんなど小さなお子様を持つご家庭にも選ばれています。

洗浄力で選ぶ

やはり洗濯をするなら、洗浄力をこだわりたい方も多いのではないでしょうか。特に近年は共働きである場合が多いため、洗濯も時短を求めている方が多いはずです。

せっかく洗濯をしたのに汚れが落とし切れていなかったら、また洗濯をする羽目になるのも大変です。そこで、洗浄力の高いものを選ぶというのも選択肢の一つになります。

洗浄力の高い洗剤は、弱アルカリ性のものを選ぶと良いでしょう。

洗濯量が多いご家庭や、食べこぼしの多い小さなお子様がいるご家庭なら、1回の洗濯で一度にスッキリ汚れを落とせる点です。食べこぼし、皮脂汚れ、油汚れというのは酸性の汚れなため、弱アルカリ性のものを使うことで落としやすくなっているのです。

また、洗濯物の雑菌の繁殖を防ぎたい方や汚れをよりしっかり落としたい方は、漂白剤入りの洗剤を使うとより汚れ落ちが良くなりますし、雑菌も繁殖しにくくなるでしょう。

タイプで選ぶ

柔軟剤入り洗剤には、タイプとして粉末タイプのものと液体タイプのもの、ジェルボールタイプのものに分かれています。とにかく手間をかけずに洗濯を済ませたいという方におすすめなのが、ジェルボールタイプの洗剤です。というのも、ジェルボールタイプは、ジェルがボールの中に密閉されている状態なので、空気に触れることがなく、劣化する恐れもない点が魅力となっています。

また、粉末や液体の洗剤であれば計量する必要がありますが、ジェルボールは計量する必要がなく、洗濯機の中にポンと投入するだけなので、誰でも気軽に使用できて、失敗も少ないのが魅力です。

ただし、洗剤の分量が調整できないため、一人暮らしの方など普段の洗濯の量が少ない方にとってはコスパが悪いと言えるかもしれません。

次に液体タイプの洗剤は、粉末のように溶け残りするリスクがなく、洗剤が全体にしっかり行き渡る点が魅力です。また、すすぎが1回で済む商品が多く、水道代を節約できます。さらに、色落ちもしにくいので、色柄物の洗濯にも最適と言えます。柔軟剤入り洗剤の中でもダントツで液体タイプの商品はバリエーションが多いため、気に入ったものを見つけやすいでしょう。

そして、粉末タイプの洗剤は、洗浄力にこだわりたい方におすすめの洗剤です。弱アルカリ性で作られている商品が多いことから、洗浄力が高い点が大きな魅力となっています。油汚れや皮脂汚れにも強いので、育ち盛りのお子様をお持ちのご家庭にはおすすめです。さらに、粉末タイプの洗剤は漂白剤が配合されている商品もあるため、頑固な泥汚れなども落としやすいといった魅力もあります。

ただ、粉末タイプの洗剤は、ほかの洗剤に比べると水に溶けにくい性質を持っており、溶け残りがある可能性が高いです。

ジェルボールや液体洗剤はすすぎ1回でも問題ない商品が多いですが、粉末はすすぎ2回の商品も多いので、水道代を節約したいという方には不向きかもしれません。

柔軟剤入り洗剤のメリット

柔軟剤入り洗剤の洗剤は、それだけで洗濯洗剤と柔軟剤の効果を得られることから、2つの商品を同時に使うという手間を省くことができる点でコストパフォーマンスもタイムパフォーマンスも優れている商品です。

また、柔軟剤と洗濯洗剤は、置いておく分にも2つ分の商品スペースがこれまで必要になりましたが、柔軟剤入り洗剤であれば1つのスペースで済むため収納スペースもその分少なくなり、省スペースというメリットもあります。

さらには、柔軟剤入り洗剤は柔軟剤が入っていることで、静電気防止効果も期待できます。

静電気の起きやすい乾燥する秋冬の時期におすすめです。

柔軟剤入り洗剤のデメリット

一方で、柔軟剤入り洗剤は、柔軟剤と洗剤が一緒になっていることから、どうしても従来のように洗濯洗剤で洗浄するよりも洗浄力が劣る可能性が無きにしも非ずです。

汚れがひどい洗濯物については、あらかじめ汚れを手洗いでもみ洗いし、浸け置き洗いなどしてある程度汚れを落としておくと心配ないでしょう。

また、柔軟剤が同時導入されているため、柔軟剤が入るタイミングも通常の洗濯と異なります。

たとえば、ドラム式洗濯機の場合は、すすぎの際に柔軟剤が自動で投入されるようになっているため、柔軟剤の効果や柔軟剤特有の香りは多少落ちてしまうのは否定できないでしょう。

柔軟剤入り洗剤おすすめ4選

ここで、柔軟剤入り洗剤の中でおすすめの商品4選をピックアップしてご紹介しましょう。

ラボン 柔軟剤入り洗剤 シャイニームーン
4.1

Amazonカスタマーレビュー(31件)

商品情報

ブランド ラボン(Lavons)
商品の形状 粉末
ユニット数 1 個
香り シャイニームーン

こちらの商品は、弱アルカリ性の液体タイプの柔軟剤入り洗剤であるラボンシャイニームーンですラボンは、植物由来の成分が多く配合されているため、肌に優しく使うことが可能です。赤ちゃんや肌に弱い方にもぴったりの洗剤で、多くの方に選ばれています。

また、香水のような香りでトップノート、ミドルノート、ラストノートで香りを3段階楽しむことができる点も魅力となっています。弱アルカリ性の洗剤のため、汚れ落ちも優れていると好評です。抗菌力が高く、48時間抗菌できるため部屋干しでも雑菌が繁殖しにくくおすすめです。シャイニームーンはほんのりした甘さのあるフローラルグリーンの香りで、嫌味のない香りなので家族で使うのに適しているでしょう。

香りつづくトップ 柔軟剤入り洗剤
4.4

Amazonカスタマーレビュー(565件)

商品情報

ブランド トップ
商品の形状 液体 
香り 無,カモミール

こちらは、液体タイプの柔軟剤入り洗剤である香りがつづくトップ フレッシュカモミールです。

ネーミング通り、洗濯後も洗い立ての香りがしばらく香りが続く点が特徴で、香りにこだわりたい方にぴったりの商品と言えるでしょう。

さらに、商品に消臭イオンが配合されており、臭いの元となる皮脂、汗の汚れをしっかりと落とすことができます。

また蛍光剤は使われておらず、色柄物にも問題なく使えるでしょう。

フレッシュカモミールは爽やかなハーブ系の香りなので、男性も気兼ねなく使えます。

こちらは、洗浄力にこだわりたい方におすすめのアタック高浸透リセットパワーです。

粉末タイプで弱アルカリ性のため、汚れも嫌な臭いもしっかり落とすことができます。ワイドハイターEXパワーと共同開発された商品であり、臭いの元となる雑菌を99%除菌できるメリットもあり、部屋干しなどにも最適な商品です。

また、浸け置き洗いをすることによって、なかなか落とすことができないしつこい汚れもきれいに落とせる点も魅力です。

ボールド 洗濯洗剤 液体
4.2

Amazonカスタマーレビュー(96件)

商品情報

ブランド ボールド
商品の形状 液体
製法タイプ 高効率
商品用途・使用方法 部屋干し
肌タイプ 全て

こちらは、レノアの消臭効果が高い柔軟剤が配合された柔軟剤入り洗剤です。

洗濯の後はしっかり芳香させたいという方にもおすすめで、普段からよく運動する方や汗が気になる季節でも消臭成分が働くためイヤな匂いが発生する心配もないでしょう。

漂白剤などが入っていない商品ではあるものの、洗浄力の高さで非常に定評があります。

全4商品

おすすめ商品比較表

ラボン 柔軟剤入り洗剤 シャイニームーン

香りつづくトップ 柔軟剤入り洗剤

アタック 洗濯洗剤 粉末 高浸透リセットパワー 900g

ボールド 洗濯洗剤 液体

Amazonカスタマーレビュー
4.131
4.4565
3.9494
4.296
最安値
タイムセール
¥1,740-9%
参考価格¥1,910
購入リンク

柔軟剤入り洗剤でより効率的な洗濯を!

柔軟剤入り洗剤は、柔軟剤と洗剤それぞれを洗濯機に投入する必要がなく、手軽に効率良く洗濯ができる洗剤です。

柔軟剤を入れずとも衣類をふんわりさせることや静電気を防ぐことができるため、今回ご紹介したおすすめの柔軟剤入り洗剤の中で気になるものがあれば、ぜひお使いになってみてください。

香りや使いやすさで選ぶことや消臭ケアなどの付加価値がプラスされたものを選ぶなど、本記事でご紹介した選び方を意識してみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー