この記事で紹介されている商品
コンパクトなキャンプテーブルのおすすめ14選!軽量で折りたたみ可能なアイテムも

コンパクトなキャンプテーブルのおすすめ14選!軽量で折りたたみ可能なアイテムも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「コンパクトなキャンプテーブル」は、小さいながらもファミリーでのアウトドアシーンでも活躍するアイテムです。耐熱性に優れている物や、軽量で取り扱いやすい物、折りたたみが可能な物などが販売されています。本記事ではコンパクトなキャンプテーブルの選び方を解説し、おすすめの商品を14選ご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コンパクトなキャンプテーブルの魅力

コンパクトなキャンプテーブルは、軽くて持ち運びやすいのが大きな魅力です。バックパックに入れて持ち運べたり、設置した後でも簡単に移動しやすかったりというメリットもありますよ。また、大きなテーブルよりも比較的安価で手に入れられるコスト面のよさも見逃せない点です。

複数のテーブルを組み合わせられるのも、コンパクトサイズならではの楽しみ方ですね。コンパクトサイズのキャンプテーブルは、ソロキャンプの際に役立つ重要なアイテムですよ。

コンパクトなキャンプテーブルの選び方

コンパクトなキャンプテーブルを選ぶ時は、サイズだけではなく他の特徴についてもチェックしておくとよいでしょう。どのような特徴を持っているキャンプテーブルなら使いやすいか、自分の用途に合っているかということを確認しておくと選びやすくなりますね。

ここでは、以下の4つのポイントについて選び方を解説します。

  • 高さ
  • 携帯性
  • 天板のサイズ
  • 素材

1.高さで選ぶ

キャンプテーブルには、主に2種類の高さがあります。「ロースタイル」と「ハイスタイル」と呼ばれていて、それぞれ高さが異なることで使いやすさや用途に違いが生まれます。自分がどのような使い方をしたいかを考えて選ぶとよいでしょう。ここでは、それぞれのが持つ特徴について解説します。

ロースタイル

ロースタイルのキャンプテーブルは、高さが地面からおよそ30cm~40cm程度のものが多く展開されています。足が短く、コンパクトサイズのものを探している人にはぴったりですね。同時にチェアを使いたい場合は、併せて使うときに違和感がないか、使いやすい高さかどうかを確認するのも重要です。

ソロキャンプで使うのであれば軽さや持ち運びやすさを重視するのがオーソドックスな選び方ですよ。運搬性を高めたいときにはロースタイルのキャンプテーブルが活躍します。

ハイスタイル

物を置くだけでなく、調理台のようにテーブルの上で作業をしたい場合は地面から60cm~70cm程度のハイスタイルのキャンプテーブルがおすすめです。座面が高いため、座ったり立ったりといった動きや、食事をするときに便利な高さですよ。

ソロキャンプならロースタイルのキャンプテーブルが主流ですが、作業のしやすさを重視したい人はハイスタイルのキャンプテーブルを選ぶのもよいでしょう。用途によってどちらが使いやすいかを決めるのがおすすめですよ。

高さ調整ができるものも

ロースタイルは足を伸ばしてゆったりくつろいだり、焚火を楽しんだりするときに使いやすいタイプです。一方でハイスタイルは食事を作るときや複数人で交流を楽しむときに使いやすいという特徴を持っています。

どちらのシーンでも使いたいという場合は、ロースタイルとハイスタイルを使い分けられる、テーブルの高さを調整できるキャンプテーブルを選びましょう。1つ持っているだけでさまざまな使い方ができる、汎用性が高いアイテムですよ。

2.携帯性で選ぶ

コンパクトなキャンプテーブルを選ぶ時は、携帯性にも注目しましょう。コンパクトサイズでも、持ち運びにくければ扱いにくいと感じてしまいますよね。テーブルそのものの大きさだけではなく、より携帯しやすいかどうかという点も考えておきたいところです。

ここでは、以下の2点について解説します。

  • 重さ
  • コンパクトに収納できるか

重さをチェック

コンパクトサイズのキャンプテーブルなら、軽量のものの方が持ち運びやすいですよ。それほど大きさがないものだからこそ、重さにはこだわりたいところですね。軽ければ簡単に移動できますし、置き場所を簡単に変えられるというメリットもあります。

コンパクトなキャンプテーブルの中には、100g以下のアイテムもあります。天板の大きさや素材などによって重さは変化しますが、100g程度のものなら手で持ち上げた時やバックパックに入れて背負った時に、それほど負担を感じることはないでしょう。重くとも500g以下のものがおすすめですよ。

コンパクトに収納できるかチェック

キャンプテーブルには、折りたためるものも多くあります。特にロースタイルの場合は折りたたみ式のアイテムが多く、コンパクトに収納できますよ。開くだけですぐにテーブルとして使えるものや、脚を取り付けるとテーブルになるものもあります。

また、天板を外して丸められるタイプならよりコンパクトに収納できますよ。天板を丸めるロール式のキャンプテーブルは、持ち運びやすさが大きなメリットです。収納用の専用袋が付属しているとなお便利に使えますね。

3.使用人数にあわせて天板のサイズで選ぶ

ソロキャンプで使うのなら、天板のサイズは30~60cm程度が適しているでしょう。料理やランタンなどを置いてもスペースに余裕が生まれる程度の大きさが理想的です。使ってみたら意外と手狭で使いにくかったということがないように気をつけて、大きめのものを選ぶのがよいでしょう。

2人程度で使うなら、70cm~90cm程度の天板が必要です。料理を並べる際には、並べる食器の量も増えるため天板のサイズはソロキャンプ用のものより大きくしましょう。

コンパクトサイズのキャンプテーブルであれば、この程度の天板の大きさが適切だと言えます。

4.素材をチェック

利便性やデザイン性を考慮して、テーブルがどのような素材で作られているかについても確認しておきましょう。使いやすさや雰囲気など、素材が持つそれぞれの特徴を知っておくとよいですよ。

ここでは、以下の3つの素材が持つ特徴についてご紹介します。

  • スチール・ステンレス製
  • アルミ製
  • 木製

耐熱性に優れた「スチール・ステンレス製」

スチールやステンレスでできているキャンプテーブルは耐熱性や耐水性に優れています。熱による変形に強く、焚火の側でも使いやすいのがメリットです。料理をおこなっている近くでくつろぎたい人にはこれらの素材がおすすめですよ。

また、汚れを落としやすくお手入れが比較的簡単だという特徴もあります。頑丈なので長く使い続けやすいところも嬉しいポイントです。頻繁に買い替える予定がない人にとっては、非常に使いやすい素材だといえるでしょう。ただし、多少重さがあるというデメリットもあります。

軽さが魅力の「アルミ製」

アルミ製のキャンプテーブルは軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。また、錆つきにくいというメリットも持っていますよ。比較的安価で手に入るため、買い替えを視野に入れて購入する人にとっては使いやすい素材のキャンプテーブルとなるでしょう。

ただしアルミは熱伝導率が高く、テーブルが熱されやすいというデメリットがあります。熱した器具を置く場合は注意が必要です。また、ステンレスやスチールと比べると多少頑丈さは劣ります。極端にもろいわけではありませんが、そこまで丈夫な素材ではないという点も考慮しておきましょう。

あたたかみのある雰囲気の「木製」

木で作られているキャンプテーブルはあたたかみがあり自然な雰囲気を演出します。デザイン性が高く、キャンプテーブルとしてだけではなく、自宅の庭でバーベキューを楽しむときやバルコニーでくつろぐときなど、普段使いもできるというメリットがありますよ。

木製のキャンプテーブルの持つデメリットは、火の近くでは使えないということです。テーブルに火の粉が飛んで火事に繋がる可能性を考えると、火の近くでの使用は控えるべきでしょう。また、多少重みを感じるところも難点として挙げられます。

コンパクトなキャンプテーブルのおすすめ14選

コンパクトで使いやすいキャンプテーブルを購入する際には、どのような商品が販売されているかをチェックしておきましょう。ここでは、おすすめのキャンプテーブルを14選ご紹介します。お気に入りのアイテムを見つけるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

ロースタイルのコンパクトなキャンプテーブル

ここでは、ロースタイルのキャンプテーブルをご紹介します。ロースタイルは特にソロキャンプにおすすめのアイテムで、足を伸ばしてくつろぎたい人におすすめですよ。ゆっくりとした時間を過ごしたい人は、ぜひロースタイルのテーブルを検討してみてください。

CAPTAIN STAG アルミロールテーブル

商品情報

サイズ(約):【使用サイズ】幅40×奥行き29×高さ12cm 【収納サイズ】7×6×長さ40cm
重量:700g
材質:【甲板】アルミニウム(表面加工:アルマイト)、【脚部】鉄(エポキシ樹脂塗装)
耐荷重:30kg

持ち運びに便利に使える、折りたたみ収納ができるコンパクトサイズのテーブルです。天板はロール式になっており、丸めて収納できますよ。天板には耐食、耐摩耗性に優れているアルマイト加工が施されているアルミ素材が採用されています。キャリーバッグが付属していて持ち運びしやすいのも大きなメリットですね。

SOTO フィールドホッパー

商品情報

サイズ(約):【使用サイズ】幅29.7×奥行き21×高さ7.8cm 【収納サイズ】幅29.7×奥行き11×高さ1.9cm
重量(約):395g
材質:【天板】アルミニウム 【スタンド】ステンレス 【専用収納ケース本体・ひも】ナイロン 【ひも留め】樹脂
耐荷重(約):3kg

独自の構造を採用することでワンアクションだけで4本のスタンドが飛び出して、そのままテーブルとして設置できる優れものです。A4ハーフサイズに小さく折り畳めるのも便利なポイントですね。天板のフチ部分が立ち上がっており、物が滑り落ちるのを防止できます。付属の専用ケースに収納して持ち運べます。

BUNDOK バンブーテーブル

商品情報

サイズ(約):【使用サイズ】幅60×奥行き40×高さ21.5cm 【収納サイズ】幅60×奥行き40×高さ3.5cm
重量(約):2.2kg
材質:竹集成材 (ラッカー塗装 )、スチール
耐荷重(約):20kg

素材に竹を使用しているシンプルなデザインのローテーブルです。脚部を折りたたんでコンパクトに収納できますよ。軽量で持ち運びしやすく便利に扱えます。竹の風合いが自然とマッチするので、デザイン性やキャンプをしている最中の雰囲気を重視したい人にぴったりのアイテムですよ。

270gという超軽量で持ち運びしやすい、A4サイズのコンパクトなミニテーブルです。携帯性に優れているためキャンプ中に移動する際に便利に運べるうえ、セッティングも簡単におこなえますよ。脚部を取り外せるので、小さく収納できるのも魅力的ですね。

丈夫なスチール製の天板で、上に置いた物が転がり落ちないように1枚のトレー型になっています。細かい作業をしやすいのが便利なポイントですよ。脚部を折りたたんでコンパクトに収納でき、ワンタッチで開閉するので簡単にテーブルにできます。コンパクトながらも安定感に優れているテーブルです。

丈夫なスチール素材でできているので耐熱性に優れており、熱したダッヂオーブンやスキレットなども置けます。折りたたみ可能でコンパクトに収納でき、携帯もかんたんにできますよ。テーブルの両端には天然木が使われており、あたたかみや優しい風合いが感じられるところもポイントですね。

CAPTAIN STAG CSクラシックス コンパクトロールテーブル

本体がジャバラ式になっており、丸めてコンパクトに収納できるタイプのキャンプテーブルです。収納バッグが付属しており、すっぽり入れれば持ち運びもらくちんですよ。ソロキャンプにぴったりの大きさなので、ひとりでキャンプを楽しみたい人にぴったりのアイテムです。素材には天然木が使われています。

MOON LENCE アルミテーブル

商品情報

サイズ(約):【使用サイズ】幅56×奥行き40×高さ36cm 【収納サイズ】45×12cm
重量:1.6kg
材質:A6063ジュラルミン(アルミ合金天板)
耐荷重:30kg

天板は傷や熱に耐性があるアルミ製で、火の粉が飛んでもダメージを負いにくいというメリットがあります。また、テーブルの横にはランタンフックが付いており、ランタンやランプを吊るせるので夜間のキャンプでも役立ちますよ。テーブルの下部には小物を入れられる収納ネット棚が付いています。

ハイスタイルのコンパクトなキャンプテーブル

ここでは、料理や作業に向いているハイスタイルのキャンプテーブルをご紹介します。複数人で使うときにも便利なのがハイスタイルのよいところです。キャンプ中にアクティブに動きたい人におすめですよ。

onway イージーハイテーブル

商品情報

商品の寸法 45奥行き x 100幅 x 86高さ cm
色 グレー
形状 長方形
ブランド ONWAY(オンウェー)

腰を曲げずに調理や作業ができる高さ86cmのテーブルです。2段になっており、下段には鍋などの調理器具を置くときにも役立ちますよ。天板2枚とフレーム1つに分解できて、付属の収納袋に入れて簡単に持ち運べるのも大きなメリットですね。屋外で使うだけでなく、テント内に入れて使うこともできますよ。

CAPTAIN STAG CSクラシックス FDサイドテーブル

商品情報

商品の寸法 36奥行き x 50幅 x 60高さ cm
ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

あたたかい風合いと優しい雰囲気を醸し出す天然木素材でできているテーブルです。本体は50cm×60cmとソロキャンプや2人用程度のテーブルとして便利に使えるサイズですよ。使用しないときはコンパクトにたたんで収納できるので場所を取りません。

高さ調節可能のコンパクトなキャンプテーブル

ハイスタイルでもロースタイルでも使いたいという人には、高さの調節が可能なキャンプテーブルがおすすめです。どちらの使い方もできるため使い方の幅が広がりますよ。キャンプをより楽しむために役立つアイテムとなるでしょう。ここでは高さを調節できるキャンプテーブルをご紹介します。

耐水性と耐熱性に優れているのが特徴です。天板は金属製のメッシュ素材でできており、ダッチオーブンやバーベキューコンロのように熱したものもそのまま乗せられます。メインのテーブルとしてだけではなくサイドテーブルとしても使いやすいサイズ感ですよ。シーンによって2段階の高さ調節が可能です。

3段階の高さ調節が可能で、使うチェアやシーンに合わせて便利に使い分けられますよ。天板はアルミ製なので汚れをサッと拭き取るだけで綺麗に落とせて使いやすいのがよいところですね。耐熱性があるため熱いケトルや鍋をそのまま置いても、天板が傷みません。スクエアフレームを採用しており安定感にも優れています。

CAPTAIN STAG ラフォーレアルミツーウェイサイドテーブル

商品情報

商品の寸法 45奥行き x 60幅 x 60高さ cm
形状 長方形
ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

2段階の高さに調節でき、ハイスタイルとロースタイルを使い分けられますよ。ジョイントパイプを取り付けるだけでハイテーブルに変えられます。取り付けと取り外しはワンタッチジョイントで簡単におこなえます。天板の裏側にジョイントパイプを収納できるアタッチメントが付いており、使わないときには便利に収納しておけますよ。

高さ70cmと40cmの2段階に調節できる60cm幅のテーブルです。4方向から脚を入れて着席できる構造になっていますよ。天板には菌の繁殖を抑える抗菌加工が施されていて、スリムに折りたためます。フレームはアルミニウム製、天板はメラミン加工合板製です。

全13商品

おすすめ商品比較表

CAPTAIN STAG アルミロールテーブル

SOTO フィールドホッパー

BUNDOK バンブーテーブル

Snow Peak テーブル オゼン ライト

LOGOS ハードマイテーブル

BUNDOK IRテーブル S

MOON LENCE アルミテーブル

onway イージーハイテーブル

CAPTAIN STAG CSクラシックス FDサイドテーブル

キャンパーズコレクション 山善 メッシュテーブル

MOON LENCE コンパクト耐熱アルミテーブル

CAPTAIN STAG ラフォーレアルミツーウェイサイドテーブル

Coleman ナチュラルモザイクリビングテーブル

Amazonカスタマーレビュー
4.419,484
4.62,419
4.2327
4.4551
4.4491
4.146
4.37,444
4.048
4.1203
4.4709
4.0329
4.21,421
4.42,620
最安値
タイムセール
¥5,172-26%
参考価格¥6,985
タイムセール
¥4,000-48%
参考価格¥7,700
タイムセール
¥5,790-15%
参考価格¥6,820
タイムセール
¥2,232-25%
参考価格¥2,970
¥16,500
タイムセール
¥5,936-15%
参考価格¥6,980
タイムセール
¥3,999-20%
参考価格¥4,999
タイムセール
¥5,233-31%
参考価格¥7,590
購入リンク

コンパクトなキャンプテーブルでキャンプを楽しもう

コンパクトサイズのキャンプテーブルを使うと、ソロキャンプをより楽しめますよ。持ち運びやすかったり、小さく折りたためたりと、さまざまなメリットがあります。最低限の荷物で身軽にキャンプを楽しみたい人にぴったりのアイテムなので、ぜひ使ってみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー