この記事で紹介されている商品
【2024年】マザーズバッグのおすすめ14選!トート型やリュック型などおしゃれで機能性も抜群な人気アイテムをご紹介

【2024年】マザーズバッグのおすすめ14選!トート型やリュック型などおしゃれで機能性も抜群な人気アイテムをご紹介

子どもとのお出かけに活躍する「マザーズバッグ」。ミルクやおむつなどをすっきり収納して持ち歩くのに便利なアイテムです。しかし、トート型やショルダー型、リュック型などさまざまな種類があるため選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで今回は、マザーズバッグの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

マザーズバッグとは?普通のバッグとの違い

マザーズバッグは、普通のバッグに比べて収納力の高さがあるのが特徴です。いくつものポケットや仕切りが付いていて、大きく開いて中身がひと目で分かり出し入れのしやすさがあります。

おむつ専用ポーチ哺乳瓶を入れる空間、さらに汚れにくい素材でつくられているなど、マザーズバッグならではの工夫が凝らされているのも魅力。

普通のバッグをマザーズバッグとして使っても問題はありませんが、マザーズバッグとして販売されているものはコンパクトな見た目でたっぷり収納できるうえ、軽量で持ち運びしやすい設計になっているため、子育て中のご家庭はひとつ持っていると便利ですよ。

マザーズバッグはいつまで使える?

マザーズバッグは赤ちゃんが生まれてすぐに使いはじめるのがおすすめで、離乳食が完了してからおむつが外れるまでの3歳頃に普通のバッグに戻すママが多いようです。

マザーズバッグの使用は子どもの月齢に大きく左右されることや、おむつが外れて着替えが不要になるなど子どもの成長度合いによって個人差があります。いつまでしか使えないということはないので、子どもの成長やシーンに合わせて使い続けることができますよ。

また、子ども自身がリュックを背負えるようになるタイミングを目安にするのもよいでしょう。

マザーズバッグの選び方

マザーズバッグはあると便利だなと感じたときが使いどき。より使いやすいものを選ぶために、チェックしたいポイントは主に以下の4つです。

  • バッグの種類
  • 容量
  • 素材

以下では、それぞれのポイントについておすすめ商品を交えながら詳しく解説します。

1.バッグの種類で選ぶ

マザーズバッグにはおもに、リュックトートバッグショルダーバッグの3種類があります。

それぞれかたちによって特徴が異なり収納力も違うため、子どもの月齢や抱っこするのかベビーカーを使うのかといったスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

リュック

リュックは両手をフリーにできるのがメリット。両肩にベルトをかけるので、ショルダーバッグに比べて片方の肩にかかる負担を分散させられます。

大容量なものが多く、できるだけひとつに荷物をまとめたいときにぴったり。乳児期から幼児期まで長く使えるのもうれしいポイントです。

荷物の出し入れの際は肩から降ろさなければいけないのがデメリットですが、近年は背負ったまま出し入れできる便利なポケットが付いた商品も販売されています。

ベーシックモデルに便利な機能を追加した「プレミアモデル」が登場!
Ponbaby マザーズリュック プレミアモデル

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(254件)

>

商品情報

サイズ:高さ43×幅27×厚み20cm
重量:約850g
容量:23L
素材:ポリエステル(内側素材:防水ナイロン)

ベーシックモデルユーザーの声から生まれた、機能的で大容量なプレミアモデルのマザーズリュック。16個のポケット付きで整理しながら収納できるのはもちろんのこと、リュックを下ろさずに出し入れできる背面ポケットがサイズアップして、より使いやすくなりました。伸びるキーチェーンやワンタッチバックル、USBポートなどあるとうれしい機能もついていますよ。

コーディネートと合わせやすい、おしゃれなデザインのマザーズリュック。なかは3層に分かれた収納スペースがあり、メッシュとファスナーポケットに加えて、ボトルフォルダーやセーフティーポケットなど大小合わせて14個のポケットが付いています。ファスナーは左右のどちらからも開け閉めすることができ、ハンドバッグとしても持てるしっかりとした持ち手付きです。マチが18cmあるので、乳幼児期から幼児期まで必要に応じた荷物をたっぷり収納できますよ。

ユニセックスで使える、便利な機能がぎゅっと詰まったマザーズリュックです。20Lの大容量で、背面にはメインルームに繋がる大きいポケットと独立した小さめのポケットが付いています。そのほかにも、防水仕様の底面ポケットや、保冷保温効果のあるアルミポケット、PCも入れられるクッション付きポケットなど、用途別のポケットが充実!抱っこ紐をしたまま着脱できる設計になっているのもうれしいポイントです。

トートバッグ

トートバッグは大きく広げて出し入れすることができるので、抱っこ紐を着用したまま荷物を楽に取り出せます。ファスナーやマグネット式ボタンが付いたものがある一方、子どもが小さいうちは開口部を開けたまま使用しても違和感ありません。

大容量でサッと取り出せる外ポケットが付いているものが豊富にそろっていて、荷物が多くなりがちな0~1歳頃の子どもとのお出かけにおすすめ。

ただし、動いたときに肩掛けがズレやすいのがデメリットです。

綿100%のやさしい肌触りで、中綿が入ったキルティング生地の「イブル」を使用したマザーズバッグ。ぽこぽことした質感とやさしい色合い、刺繍が特徴的で、おしゃれでかわいいバッグを探している方におすすめです。付属のショルダーベルトやベビーカーストラップを使えば、ショルダーバッグやベビーカーバッグとしても使用可能!A4サイズも入る大容量で、内側にはポケットが1つ付いています。

ショルダーバッグ

ショルダーバッグは肩からかけられるので、リュックと同様に両手をフリーにすることができます。比較的コンパクトなものが多いため、荷物の量が減りはじめる2歳以上の子どもとの短時間のお出かけにおすすめです。

抱っこ紐を着用したままでは使いづらいのがデメリットで、長時間使う場合は肩に負担がかかるのでベルトにクッションがあるとよいでしょう。

便利な機能がぎゅっと詰まったコンパクトなショルダーバッグ
Kiitos ママカル ショルダーバッグ

商品情報

サイズ:高さ15.5cm×横幅25cm×マチ7cm
重量:270g
容量:ー
素材:ポリエステル

こちらの商品は、普通のショルダーバッグとは違い、撥水加工や抗菌防臭加工、10ポケットやカードポケット、軽量設計など、便利な機能が充実しています。産前から産後まで使えるデザインで、シンプルなカラーバリエーションも魅力的。さらに、ショルダー紐を外せばバッグインバッグとしても使え、プレゼントにも最適ですよ。

2.使いやすさで選ぶ

マザーズバッグを選ぶときは、使いやすい設計であるかどうかも忘れずにチェックしておきたいところ。ここでは、収納の多さ取り出しやすさに注目してご紹介します。

収納の多さ

マザーズバッグ選びにおいて収納の多さは外せません。子どもを連れて外出する際はとにかく荷物が多く、子どもの月齢が小さいほどミルク・おむつ・離乳食・着替えなどが必要になります。

ポケットの数が多ければ多いほどアイテム別にきれいに収納できるため、8~10個程度のポケットがあると使いやすいです。哺乳瓶用のホルダー中身が見えるメッシュポケットに、汚れた着替えが入るポーチなどもあるとよいでしょう。

収納のプロ監修!18ポケット付きの大容量リュック
Annekor マザーズリュック

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(45件)

>

商品情報

サイズ:縦42cm×幅28cm×奥行20cm(拡張時は約27cm)
重量:700g
容量:20L(拡張後23L)
素材:高機能ポリエステル(撥水機能付)

普段はスタイリッシュで、必要な時にはサイズアップする拡張機能が特徴のマザーズバッグです。18個のポケットがあり、濡れたガーゼや哺乳瓶、水筒などの収納に便利ですよ。また、肩ひもずれ防止バックルやワンタッチバックルなど、あると嬉しい機能が満載です。

キルティングがおしゃれなボストン型のトートバッグ
Gratante マルチ収納2wayマザーズバッグ

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(79件)

>

商品情報

サイズ:高さ28cm×幅40cm×マチ19cm
重量:約720g
容量:ー
素材:ナイロン

高級感のあるキルティング生地が目を引くマザーズバッグです。しっかりとマチのあるボストン型のバッグには全部で17のポケットがついており、収納力抜群!メイン収納はファスナー、ちょっとした収納はゴム口など、用途に合わせた使いやすさも考慮して設計されています。豊富なカラーバリエーションとシンプルなデザインはパパでも使いやすいのがうれしいですね。

取り出しやすさ

マザーズバッグを選ぶ際に見落としがちなのが、バッグの開口部の広さやマチの大きさです。

上から見たときに中身の荷物全体が見えやすいかがポイントで、ひと目でどこに何が収納されているのかが分かるので取り出しやすくなります。マチが広いものは荷物を重ねず横幅に広げて収納できるため、こちらもポイントにして選ぶとよいでしょう。

現役ママがミニマルにこだわりを持って開発した、マザーズリュックです。シンプルかつコンパクトですが、必要なものはしっかり収納できて機能性も十分!マチが広めで高さは低めかつ、大開口のファスナーでガバッと開くので、荷物の場所がひと目でわかります。さらに、自立型なので出し入れもスムーズに行えますよ。洗濯機で洗うことができ、速乾性もよいのでお手入れが簡単なのも魅力です。

機能的な11ポケット付きでたくさんの荷物もスッキリ収納
RIVERLAND マザーズバッグ

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(425件)

>

商品情報

ブランド:Riverland(リバーランド)
商品のサイズ:約W35.0cm × H40.0cm× D16.0cm
商品の重量:コットン素材:約600g、ナイロン素材:520g

こちらのマザーズバッグは、スタイリッシュなデザインなので普段使いにもぴったりです。週末のお出かけや小旅行にも最適で、B4サイズの雑誌も楽々収納できます。また、内外に計11個の機能的なポケットがあり、保温断熱ポケットやドリンクホルダー、ペンホルダーなど、便利な機能が満載。3WAYで使える自由自在なスタイルは、さまざまなシーンで活躍しますよ。

3.容量で選ぶ

マザーズバッグに必要な容量は子どもの月齢によって異なります。離乳食がはじまる5か月頃~3歳頃までは、授乳やおむつ替えがあり荷物が多い傾向です。

早い子どもは2歳前後で授乳を卒業しますが、おむつを卒業するタイミングは個人差があるため、完全に外せるようになるまでは変えのおむつやトレーニングパンツは必須。そのため大容量を収納できる15Lと長時間持っても疲れにくい500gを目安に選ぶとよいでしょう。

荷物をひとまとめにできる「大容量タイプ」

荷物が多い場合は、15L以上の大容量のマザーズバッグがおすすめです。ひとつのバッグにまとめて収納できるので、複数バッグを用意する必要がありません。

生後すぐの乳幼児期から荷物が最大になる幼児期まで使えるため、壊れた場合を除けばコストも抑えられます。万が一、外出先で余計な荷物が増えてしまった際にも対応できるので安心です。

背面ポケットから直接出し入れできる、便利なチャック付きのマザーズリュックです。断熱保温可能な防水ポケットや大容量のサイドポケットがあり、おむつや着替えなどをきれいに収納できます。また、伸びるキーチェーンやUSBポートも付いており、機能性に優れているところもうれしいですね。

軽量のナイロン素材でジッパーの引手がレザー調につくられていて、高見えするデザインのマザーズバッグ。中は3層式になっていて、大きな開口部でサッと収納してひと目で何が入っているのか把握できるのが特徴です。ショルダーベルト付きなので肩掛けに変更もできて便利!容量30LのLサイズのほかに、15LのMサイズ、40LのXLサイズも販売されています。

分けて使うなら「コンパクトタイプ」

マザーズバッグの荷物は、必ずしもひとつのバッグに収納しなくても大丈夫。

身軽に動きたいという方は大容量のマザーズバッグにひとまとめにするのではなく、貴重品の入った通常のバッグと子どもの荷物を収納したコンパクトなショルダーバッグなどに分けて使うのもおすすめですよ。

この3wayショルダーバッグは、母子手帳ケース、おむつポーチ、そしてサコッシュとして使える便利なデザインです。底面のスナップボタンを外せばマチ幅が広がり、たくさんの荷物が収納できます。また、丸洗いが可能なはっ水生地を使用しており、汚れがついても気軽に洗濯できますよ。

4.素材で選ぶ

マザーズバッグに使われている素材は、主にナイロンや布があります。それぞれ肌触りや耐久性やお手入れのしやすさが異なるので、特徴を理解したうえで使いやすい素材を選ぶようにしましょう。

お手入れしやすく軽量な「ナイロン製」

ナイロンは水着やジャケットなどに使われている素材で、軽量、速乾性がある、摩擦に強い、型崩れしにくいといった特徴があります。燃えにくく害虫を寄せ付けない性質で長期の保管も安心。

撥水性や速乾性に優れているため、汚れてもお手入れしやすいのがうれしいポイント。発色がよくデザインのバリエーションも豊富なので、見た目も重視したい方にもおすすめです。

大容量なのに軽量&コンパクトに畳めて使いやすい
HUGmeee マザーズバッグ

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(38件)

>

商品情報

サイズ:幅39cm×縦30cm×マチ12cm(Mサイズ)
重量:480g(Mサイズ)
容量:ー
素材:ナイロン

この大容量のマザーズバッグは、バッグ口が大きく開くので、荷物の出し入れがスムーズで使いやすいのが特徴です。また、耐久性と防水性がありながらわずか480gと軽量なのも魅力。幅広いファッションにマッチするシンプルなデザインで、カジュアルからきれいめまで幅広いスタイルに合わせやすいですよ。

ナチュラルな風合いの「布製」

布製のバッグは、木綿(コットン)や麻などの繊維を薄く織って加工していて、素材によって質感や肌触りが異なります。

麻は放熱性と放湿性がありナチュラルな風合いが魅力的ですが、シワになりやすいというデメリットも。木綿(コットン)は軽量でやわらかなのに強度があり、静電気が起きにくいといった性質があります。

それぞれの素材が持つメリットとデメリットをよく調べてから選ぶのが失敗しないコツです。

A3サイズも入る大容量なトートバッグ
Bahati マザーズバッグ

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(147件)

>

商品情報

サイズ:横44cm×縦35cm×底マチ16cm
重量:約570g
容量:ー
素材:キャンバス生地

麻や木綿を使ったキャンバス生地でつくられたマザーズトートバッグです。太い糸を平織にしていて、布でありながら強度が高く自立するので型崩れしにくい特徴があります。マチがありA4やA3サイズがすんなり入る大容量で570gと軽量。お出かけの際に肩掛けしやすい丈夫な持ち手で、マザーズバッグとして使う他には、仕事や旅行にもおすすめですよ。フロント・サイド・内側にそれぞれポケットが付いていて、ミルクやおむつや着替えもたっぷり収納可能。布製なので汚れても気軽に洗濯できるのもポイントです。

全14商品

おすすめ商品比較表

Ponbaby マザーズリュック プレミアモデル

e.x.p.japon マザーズリュック

神戸レタス 大容量多機能マザーズリュック

mugyu マザーズバッグ

Kiitos ママカル ショルダーバッグ

Annekor マザーズリュック

Gratante マルチ収納2wayマザーズバッグ

kerätä ミニマリュック

RIVERLAND マザーズバッグ

Ponbaby ツインズマザーズリュック

Annekor マザーズバッグ Lサイズ

kerätä マザーズサコッシュ

HUGmeee マザーズバッグ

Bahati マザーズバッグ

Amazonカスタマーレビュー
4.5254
3.913
4.452
4.4125
-
4.245
4.579
4.3384
4.3425
4.287
4.2863
4.0123
4.338
4.1147
最安値
タイムセール
¥2,180-21.5827%
参考価格¥2,780
タイムセール
¥4,080-18%
参考価格¥4,980

-

購入リンク

自分にぴったりのマザーズバッグを見つけよう

マザーズバッグは子どもの月齢に合わせて選ぶのがおすすめですが、自分が使いやすいと思えるかも大切なポイントです。軽量で収納できる箇所が多いものを選ぶことで使い勝手がよくなり重宝します。素材やかたちも考慮しながら便利に使えるものを見つけてみてくださいね。

こちらもチェック!
マザーズバッグはおすすめ?赤ちゃんとのお出かけに便利なアイテム10選

育児グッズの持ち運びに便利な「マザーズバッグ」。トート・ショルダー・リュックなどさまざまな形状やサイズが展開していますが、必要性に疑問を感じる方も多いのでは?今回はマザーズバッグを使うメリットや選び方をご紹介。安いものや軽いもの、おしゃれなブランドなどおすすめのアイテムも参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
抱っこ紐のおすすめ8選!新生児や首すわり前から使えるものなどタイプ別に人気のアイテムをご紹介

赤ちゃんを安全に抱っこできる「抱っこ紐」。お出かけはもちろん自宅であやす際にも活躍するアイテムです。新生児期から使えるものや前向き抱っこができるタイプのほか、通気性の良いメッシュ生地、洗濯機で洗えるものまでその種類は実にさまざま!そこで今回は、抱っこ紐の選び方を詳しく解説します。おすすめ商品もご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー