この記事で紹介されている商品

パスタ鍋のおすすめ12選!IH対応、湯切り付きなど調理しやすいアイテム

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

本格的なパスタ鍋調理には欠かせない「パスタ鍋」。お手頃価格のものから日本製でIH対応のものまで多様な商品が販売されており、どれを選ぶか迷いますよね。本記事では素材や素材といったパスタ鍋の選び方を解説すると共に、おすすめの商品をご紹介します。料理の幅を広げるためにも、ぜひお気に入りのパスタ鍋をさがしてみてくださいね。 

この記事で紹介されている商品
もっとみる

パスタ鍋は必要?パスタ鍋を使うメリット

パスタ鍋を使うと、麺がもちもちして歯ごたえがよい茹で上がりになります。麺が鍋の中で均等に茹でられるため、くっつきあったり一部分だけ固くなったりするといったトラブルを避けられるのもメリットです。

またパスタ鍋は湯切りしやすいものが多く、素早く麺の湯切りができるのもの見逃せないポイントと言えます。湯切りに時間がかかると、せっかくおいしく茹で上がったパスタも伸びてしまいますよね。そんなときにパスタ鍋を使えば、湯切りの適切なタイミングを逃さないので、おいしく茹で上げられますよ。

パスタ鍋の選び方

パスタ鍋にはさまざまな種類やサイズがあるので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。ここでは「サイズ」「素材」「形状」「対応熱源」「湯切りの有無と使いやすさ」「食洗機対応か」「価格はどうか」の7つの点からパスタ鍋の選び方について解説します。

1.サイズで選ぶ

パスタ鍋を選ぶときは、まず「どれくらいのサイズのものが必要か」を考えるのがポイントです。サイズを間違えてしまうと、せっかく購入しても思うようにパスタを茹でられない可能性もあります。ここでは、「何人分作るか」「収納性や扱いやすさはどうか」の2点に絞ってサイズの選び方をご説明します。

何人分作るかをイメージ

大人数のパスタを同時に作るかどうかによってサイズを考えるとよいでしょう。パスタ鍋に麺が入りきらないと十分に茹で上がらず、固くて食べられなくなってしまう可能性もあります。

パスタ鍋のサイズは2~3人前なら4.6L、4~6人前なら8.6Lが目安です。2人暮らしであればそれほど大きいものを購入する必要はありませんが、4人以上のパスタを用意することが多い場合は大きめのものを購入すると安心ですね。  

収納性や扱いやすさも考慮

パスタ鍋の中には、取っ手を取り外せるものもあります。取っ手を取り外せば省スペースで収納できるので、狭い場所でもしまいやすくなりますよ。台所のシンク下に収納するのであれば、他の鍋と重ねて収納できるサイズを選ぶのもおすすめです。

また洗いやすいサイズかどうかも考えておきましょう。あまりにも大きいと洗いにくく、取り扱いが難しくなってしまいます。構造によって洗いやすさが工夫されている商品もあるので、その点にも注目してみてくださいね。

2.素材で選ぶ

パスタ鍋選びでは、素材も大切にしたいポイントです。ここでは、パスタ鍋によく使われている「ステンレス」「アルミ」「ホーロー」の3種類の素材について解説します。

ステンレス製:お手入れが楽で耐久性も高い

ステンレス製のパスタ鍋は、耐久性が高いのが特徴です。サビにくく丈夫なので、比較的長く使い続けられます。硬くて変形しにくいという性質も持っているので、熱にも強いですよ。

特別なお手入れが必要なわけではないので、初心者でも簡単に使えるのがうれしいですね。少し重量があるのが難点ですが、重い分熱伝導率が高くなるのはメリットと言えるでしょう。

アルミ製:水切れも良く軽くて扱いやすい

アルミ鍋の大きなメリットは、他の素材より軽くて扱いやすいところです。鍋に大量のお湯を入れなければならないときに、軽い素材であるアルミ製なら比較的楽にひっくり返せます。中性洗剤だけできれいに洗えるだけでなく、水切れがよいので片づけの手間が短縮できるのもうれしいところです。

アルミは熱を通しやすく、鍋の中身を温めるスピードが速いので、なるべく短い時間でパスタを茹で上げたい人におすすめの素材ですよ。

ホーロー製:おしゃれで保温性も高い

ホーロー鍋は保温性が高いのでお湯を沸かしやすいのがメリットです。すぐに沸騰させて麺を入れられるので、時短調理につながります。硬度が高く汚れがつきにくいのも魅力で、清潔に使い続けられますよ。

またホーロー製は、デザイン性にこだわっているものが多いのが特徴です。フォルムや色合いのバリエーションが多く、見た目がおしゃれなパスタ鍋を探している方にぴったりですよ。

3.形状で選ぶ

パスタ鍋の形状は、自分にとっての「茹でやすさ」で選ぶのがおすすめです。ここでは、「縦型」と「横型」の2つの形状についてご説明します。

定番で品数も多い「縦型」

パスタ鍋と聞いてイメージしやすいのは、寸胴の縦型タイプでしょう。たっぷりのお湯を入れ、麺を立てて茹でるのが特徴です。

麺は冷えている状態で鍋に投入するので、麺の温度でお湯が冷えてしまうことがあります。お湯の温度が低いと茹で上がった麺がくっついておいしくなくなってしまいますが、大量のお湯を使える縦型のパスタ鍋を使えば、温かいままおいしく茹で上げられますよ。

少ない水で調理可能「横型」

横型のパスタ鍋は、麺を横向きに寝かせて茹でるタイプです。鍋に深さがないので、使う水が少なくてすむのがメリット。重い鍋を持ち上げるのが大変な人や湯を沸かす時間を減らしたい人におすすめの形状です。

場所を取らずコンパクトなので収納もしやすく、シンク下や棚の中でスペースをとらないのも魅力的なポイントですよ。取り扱いやすいパスタ鍋を探している人は、横型のものを手に取ってみてはいかがでしょうか。

4.直火・IH?対応熱源で選ぶ

直火やIHヒーターなど、使いたい熱源によってパスタ鍋を選ぶのも大切です。IHヒーターで使いたいのに非対応タイプの鍋を購入うと、もちろん使用することはできません。

最近販売されている商品では、直火にもIHヒーターにも対応しているものが多くあります。どちらにも対応しているものであれば、コンロを交換したときにも使い続けられるので便利ですよ。パスタ鍋を購入する際は、できるだけ多くの熱源に対応している商品を選ぶのをおすすめします。

5.湯切りの有無・使いやすさで選ぶ

麺をどのように湯切りするかも選ぶ際に重視したいポイントです。湯切りをするときの手間が省けるものを選ぶと、時短にも繋がりますよ。ここでは「フタをしたままできる」ものと「中かごでできる」ものに分けて解説します。

フタをしたまま湯切りできるタイプ

パスタ鍋のフタの側面にスリットが入っているものは、傾けるだけで湯切りできます。フタを開ける必要がなく、ザルを別途用意しなくてもすぐに湯切りできるのは便利ですね。フタをしたままなので茹で上がり時の熱を逃がさないのも大きなメリットです。

手間を省いてすぐに湯切りをしたい人やザルをしまうスペースが確保できない人には、スペースをとらないこちらのタイプがおすすめですよ。十分に湯切りするために、スリットからお湯を出し切るように注意しましょう。

中かごで湯切りできるタイプ

パスタ鍋に中かごがついていると、中かごを持ち上げるだけで簡単に湯切りができます。熱湯が大量に入っている重い鍋を持ち上げて移し替えなくて済むので、安全に湯切りできるのが大きなメリットです。

しかし中かご式は、中かごと鍋を別に洗わなければいけないのがデメリットです。使い勝手はいいですが、洗い物を増やしたくない人には向いていないでしょう。

6.食洗機対応かをチェック

パスタ鍋を購入する場合は、食洗機で洗えるかどうかもチェックしておきましょう。食洗機対応であればお手入れの手間を省けるので、ストレスを感じにくくなりますよ。

たとえばステンレス製で食洗機に対応しているものなら、より取り扱いが楽になります。素材が持つ特徴とあわせて考えるのもおすすめです。

7.価格で選ぶ

パスタ鍋の価格幅は広く、安価なものでは2000円程度ですが、高価なものでは20000円近いものもあります。鍋のセット数が多いほど価格は高くなる傾向にありますが、ひとつで十分なら安価なものでも問題ないでしょう。利便性を重視したり、一定以上の数が必要だったりする場合には、高価なものを選んで品質を確保するのがおすすめです。

調理を快適に!おすすめのパスタ鍋12選

パスタ鍋の選び方を把握したところで、ここからはおすすめのパスタ鍋12選をご紹介します。それぞれの特徴を知っておくと、選ぶ参考にしやすいですよ。

PR
パール金属 マルチクック 両手鍋

商品情報

型番:HB-4918
材質 アルミニウム
仕上げタイプ 焼付塗装
ブランド パール金属(PEARL METAL)
色 ブラック
容量 5.7 L

フッ素樹脂加工でこびりにくい両手鍋です。鍋のフタにスリットが入っており、湯切りしやすいよう設計されています。フタをスライドさせるとロックがかかるので、スムーズかつ安全に湯切りできますよ。IHヒーターとガスコンロの両方で使えますが、食洗機には対応していないので注意してください。パスタを茹でるだけでなく、煮込み料理にも使えます。

PR
ヨシカワ クックルックII パスタポット

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ 焼付塗装
ブランド ヨシカワ(Yoshikawa)
色 シルバー
容量 6.5 L
型番:SJ2187

素早くムラなく熱を伝えられる三層構造のパスタ鍋で、耐久性に優れているのが大きな特徴です。取っ手と本体はワイヤー金具で繋がっているので、熱がこもりにくく安全性が高いという特徴を持っています。ガラスフタなので料理中に鍋の中が見えるのも使いやすいポイントですよ。200V熱源など、さまざまな熱源に対応しています。

PR
和平フレイズ ローザー パスタ鍋 22cm

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ 研磨
ブランド 和平フレイズ(Wahei freiz)
色 シルバー
容量 6.2 L
型番:RB-2319

丈夫で長持ちするステンレス製のパスタ鍋です。冷めにくくサビにくいステンレスの特徴と、熱伝導がよいアルミニウムの特徴を兼ね備えたアルミ圧着三層底が、パスタをしっかり茹で上げてくれます。底面が丈夫なので、安定して料理できるのがいいところですね。料理がしやすいガラス窓付きのフタも便利です。

PR
ヨシカワ トスカーナ パスタポット

商品情報

材質 ステンレス鋼
ブランド ヨシカワ(Yoshikawa)
色 ステンレス
容量 2.5 gallons
商品の寸法 24奥行き x 32幅 x 27.3高さ cm
型番:SJ3120

ヨシカワトスカーナパスタポットは中子が付いているので湯切りが簡単です。200Vハイパワー熱源のようなIHヒーターのほか、ガスコンロでも使えます。中子を外せば深型の鍋としても使えるので、パスタを茹でるだけでなく煮込み料理を作りたいという人にもおすすめですよ。

PR
バッラリーニ パスタポット

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ ノンスティック
ブランド バッラリーニ(Ballarini)
色 シルバー
容量 8 L
型番:75003-033

1つの鍋の中に2つのカゴが入っているので、パスタを茹でながら別の食材を茹でられる優れものです。カゴのハンドルは取り外せるので、収納もらくちん。1つのカゴに250gのパスタを投入できるので、2.5人前相当の量が一度に茹でられますよ。カゴを外せば4~5人前相当の量を茹でることも可能で、一度に大人数分の調理ができます。

PR
宮崎製作所 ジオ パスタポット

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ ペイント
ブランド 宮崎製作所(Miyazaki Seisakusho)
色 年保証
容量 6.8 L
型番:GEO-21P

保温性の高さを利用し、余熱調理で麺を茹でるパスタ鍋です。全面7層構造で、熱伝導性が高いアルミニウムをステンレスで挟んでいます。ムラなく熱が伝わり、調理時間の短縮に繋がります。ガス、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、IHヒーター、オーブンに対応するというオールマイティーさも魅力ですよ。

PR
WMF ミニパスタポット

商品情報

材質 ステンレス鋼
ブランド ヴェーエムエフ(WMF)
色 シルバー
容量 3 L
商品の寸法 23奥行き x 25.5幅 x 20高さ cm
型番:W0718826040

WMFミニパスタポットは小さくて使いやすいミニサイズのパスタ鍋です。底面が三層構造になっており、内側に向かって少しへこんでいる形状です。この部分が熱されると膨張して平らになり、熱を均等に分散させる効果を持っています。ミニサイズながらも工夫が凝らされており、普段使いやサイドディッシュづくりにぴったりの商品です。

PR
和平フレイズ スティージー パスタ鍋 20cm

商品情報

ブランド 和平フレイズ(Wahei freiz)
色 ステンレス
容量 4 L
商品の重量 1.25 キログラム
コーティングの説明 ステンレス
型番:MA-9675

IHヒーター200Vに対応しているパスタ鍋です。湯切りに便利な中子付きなので、鍋から移し替える手間を省けます。料理中に中が見えるガラスフタは立てて置ける仕様なので、邪魔にならないのがうれしいですね。20cmと小さめサイズなところも使いやすさのポイントです。

PR
柳宗理 ステンレスパスタパン

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ ペイント
ブランド 柳宗理(Yanagi Sori)
色 パスタパン
容量 6 L

沸騰した気泡の対流を妨げない深さなので、しっかり麺を茹でられます。中子は1枚のステンレスを加工したもので、目が細かく水切れがよいのが特徴です。また汚れがつきにくいのでお手入れしやすく、鋼よりも軽く頑丈でほどけたりもつれたりしにくいですよ。頑丈なものを探している人におすすめです。

PR
ツヴィリング ツインスペシャル パスタ&ベジタブルクッカー

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ 研磨
ブランド ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels)
色 シルバー
容量 4.5 L
型番:40990-005

ステンレススチール製の中子付きのパスタ鍋です。中子の中に麺や野菜をそのまま入れ、茹で上がったら引き上げるだけという簡単設計。底面はカプセル三層構造になっており、熱伝導性に優れています。少ない水で料理できるので、節約にもつながりそうですね。スリムデザインが特徴的で、収納力も抜群です。

PR
タマハシ 落合務 IH200V対応スチーム&パスタポット20cm

商品情報

材質 ステンレス鋼
仕上げタイプ 焼付塗装
ブランド タマハシ(Tamahashi)
色 シルバー
容量 16.9 Fluid Ounces

ステンレス製なのでお手入れしやすく、清潔に使用できます。中子を使えば湯切りが簡単なので、毎日使ってもストレスフリーですよ。重ねて収納できるのでシンク下や棚でスペースを取りません。ガスコンロとIHヒート100V・200Vに対応しています。

PR
ベストコ イタリアーノ パスタ&マルチクックポット

商品情報

材質 アルミニウム
仕上げタイプ セラミック塗膜加工
ブランド ベストコ(Bestco)
色 レッド
容量 3 L
型番:ND-8179

パスタを寝かせて茹でる横型のパスタ鍋です。少ない水で沸騰できるので、時短につながります。内面は熱効率に優れているセラミック加工が施されています。遠赤外線効果で、よりいっそう料理をおいしく仕上げられますよ。鍋のフタには大小2種類の湯切り穴が付いているので、さまざまな太さの麺の湯切りが可能です。

パスタ鍋を活用しておいしいパスタ料理を楽しもう

パスタ鍋を使うと、簡単に本格的なパスタ料理を作れます。さまざまなパスタ鍋が販売されているので、サイズや価格などを吟味して自分にぴったりのものを選んでくださいね。

こちらもチェック!
電子レンジパスタ調理器のおすすめ10選!容器タイプごとに人気のアイテムをご紹介

電子レンジで加熱するだけで簡単にパスタを作れる「電子レンジパスタ調理器」。100均のダイソーや無印良品などでも販売されており、調理の時短アイテムとして人気です。そこで今回は、電子レンジパスタ調理器のメリットや選び方を徹底解説!タイプ別におすすめ商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
パスタのおすすめ11選!種類や太さの違いなどそれぞれの特徴に合わせてご紹介!

パスタというと、細長い麺状の「スパゲッティ」を思い浮かべる方が多いと思いますが、じつはそれ以外にもたくさんの種類があることをご存知ですか?太さや形状が異なるパスタを使い分けることで、いつものメニューも簡単にアレンジすることができます。そこで今回は、パスタの種類とその特徴を詳しく解説します!おすすめ商品もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー