楽天市場に置き配サービスはある?利用方法や注意点をまとめて解説

楽天市場に置き配サービスはある?利用方法や注意点をまとめて解説

楽天市場での買い物は日々の暮らしに欠かせない楽しみの一つですが、忙しい日常のなかで荷物の受け取りに頭を悩ませることはあるのではないでしょうか。そんなときにあるとうれしいサービスが「置き配」です。

本記事では、楽天市場での置き配のオプションやその安全な利用方法を詳しく解説していきます。置き配を利用する際の注意点やデメリットについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

置き配とはそもそもどんなサービス?

置き配は、宅配便の新しい受け取り方法として近年注目を集めているサービスです。このサービスでは、配送業者が事前に指定された場所に荷物を置いていくことで、受取人が自宅にいない場合でも荷物を受け取ることが可能になります。

忙しい日中に家を空けがちな人や配達の人と直接顔を合わせたくない人、受け渡しのための待ち時間をなくしたいと考える人にとってメリットのあるサービスです。

こちらもチェック!
Amazon「置き配」の設定方法 - 盗難されたら補償はある?

Amazonには、「置き配」を設定できることをご存知でしょうか?商品を配達する場所を購入時に指定することのできるオプションです。 この記事では、置き配の設定方法をはじめ、万が一盗難にあってしまった場合の対処法について解説します。置き配の利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

置き配のサービス内容と利用方法

置き配サービスの具体的な内容は、配送業者が荷物を受取人が指定した場所に置くというものです。利用方法としては、オンラインの荷物追跡アプリなどを使用して配達先住所の登録時に配送方法を「置き配」に設定します。

その際、荷物を置く場所の詳細や置かれた後の荷物の保管方法など具体的なことまで指示しておく必要があるので注意しましょう。指定後、荷物が予定された場所に確実に届けられ受取人は自分の都合に合わせて荷物を回収できます。

楽天市場にはかつてあった置き配サービスがなくなってしまった

楽天市場では、かつて「Rakuten EXPRESS」という独自の配送サービスを提供していました。このサービスを通じて置き配も利用可能だったのですが、2021年5月にRakuten EXPRESSが終了したことに伴い、置き配サービスもなくなってしまいました

そのため、楽天市場や楽天ビック、楽天24、楽天ファッションなど同サービスが担っていたオンラインショッピングサイトでは置き配が現在も利用できません。

ただし、楽天ブックスについては引き続き現在も置き配のオプションが利用可能です。

楽天市場で置き配を利用したい場合は各ショップの配送業者を確認

楽天市場自体では置き配サービスを提供していないものの、楽天市場内の各ショップが利用する配送業者次第では、置き配のオプションが利用可能な場合があります

置き配を利用したい場合は、商品の購入を検討しているショップがどの配送業者を利用しているのか、配送業者が置き配を行っているかを確認することが重要です。

置き配情報はショップの概要欄や商品ページの情報欄に記載されていることもありますが、すべてのショップが明記しているわけではありません。そのため、購入前に直接ショップに問い合わせることが、置き配を利用するための最も確実な方法となります。

置き配サービスのメリットと利用が向いている人

置き配サービスの最大のメリットは、何と言っても受け取りの柔軟性です。サービスを利用することで、荷物の受け取りのために家にいる必要がなくなり、仕事や外出の予定に合わせて自由に日程を調整できます。

また、直接の受け取りが難しい場合でも、指定した場所に荷物が配送されるため受け取れないという心配がありません。

配達の際にプライバシーが保たれる点も大きなメリットです。通常の配送では、荷物を受け取る際に配達員と対面する必要がありますが、置き配ではその必要がありません。

このようなメリットから、置き配は特に時間に制約のあるビジネスパーソンや家を空けることが多い人、プライバシーを重視する人にとって理想的なサービスです。

置き配の利用で注意しておきたいデメリット

置き配サービスの利便性には多くの魅力がありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。最も重要な注意点としては荷物の安全性です。荷物が屋外の指定された場所に置かれると、監視されていない環境での放置となるため、盗難に遭うリスクが通常の宅配ボックスよりも高まります。

次に、天候による損傷のリスクも考慮する必要があります。雨や雪、強風などの悪天候の際には、屋外に置かれた荷物が濡れたり汚れたりする可能性も考慮しなければなりません。特に電子製品や衣類、書籍など水濡れに敏感な商品の場合は大きな問題となります。

荷物の受け取り確認の遅れもデメリットの一つです。通常の宅配サービスでは荷物を直接受け取るのでその場で確認できますが、置き配のために受け取りが遅れると、商品に破損や不具合があった場合、気づくのが遅れてしまいます。

盗難や荷物の損傷に対するリスクが高い場合、受け取った荷物をすぐに確認しなければならないような場合は、置き配よりも受け取り方法の方が適切なこともあるでしょう。

置き配サービスを利用する際の注意点とリスク対策

置き配を利用する際には、便利さの裏に潜むリスクにも注意が必要です。特に盗難や悪天候による荷物の損傷は、置き配サービスを利用する際の最大の注意点です。

これらのリスクを軽減するためにも事前の対策と問題が生じた場合の対処法を知っておきましょう。

盗難・天候・誤配・受け取り遅れのリスク

盗難を防止するためには配送業者に対して、荷物をできるだけ目立たない場所に置いてもらうよう指示することが効果的です。たとえば、家の裏口や門扉の後ろなど、通行人から見えにくい場所は比較的安全でしょう。

また、隣人や管理人など信頼できる人がいる場合は、荷物の到着を監視してもらうことも一つの方法です。

悪天候による荷物の損傷を防ぐためには、防水カバーや専用ボックスが有効です。雨や雪が直接荷物に触れるのを防ぎ、損傷を最小限に抑えられます。荷物が濡れる可能性がある場合は、事前に防水性の高い梱包をショップにリクエストするのも良い方法です。

盗難や天候以外にもいくつか注意点があります。たとえば、荷物が誤配されるリスクも考慮しておきましょう。指定された場所に別の人の荷物が置かれることがあり、特に共有スペースや複数の住戸が近接している場所で発生しやすいです。

誤配を避けるためには、明確で詳細な配送指示を配送業者に提供するようにしましょう。家の目立つ特徴や目印を指示に含めることで、配送業者が正確な場所を容易に特定できるようにします。

商品が到着した後にすぐに受け取れない場合、荷物が長時間放置されたことによる損傷や劣化のリスクもあります。特に食品や生鮮品のように温度や湿度に敏感な商品では、衛生と安全性に特に注意が必要です。荷物の配達予定日時を事前に確認し、できるだけ早めに荷物を受け取るようにしましょう。

置き配の利用には準備と注意が必要

楽天市場で置き配を利用したい場合は、各ショップの配送オプションや条件を事前に確認し、必要に応じて直接問い合わせてください。

置き配は受け取りの柔軟性やプライバシーの保護といったメリットがあるものの、盗難や天候による荷物の損傷などいくつか注意しておきたいリスクもあります。

安全に利用するためにもしっかりと準備と注意をしたうえで活用してくださいね。

こちらもチェック!
楽天会員になるとお得がいっぱい?登録方法から使い方、メリットまでわかりやすく解説

楽天ポイントはオンライン・オフライン問わず、さまざまな場面で貯められる便利なポイントシステムです。 この記事では「楽天ポイントをこれから貯めていきたい」という方に向けて、楽天会員の登録方法、楽天ポイントの貯め方、上手に利用するコツをまとめて紹介します。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ショッピングの困ったを解決!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー