目次

楽天の「偽メール」の見分け方は?詐欺メールの特徴や対処法をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

企業からの公式メールを装った巧妙なメール詐欺が増加しています。楽天についても例外ではありません。楽天からのメールかと思ったら、実はユーザーの情報を盗もうとする詐欺メールだったというケースが日々発生しているのです。このような状況で、いかにしてメール詐欺を見抜き、被害を回避する対策を講じることができるでしょうか。

楽天を騙った詐欺メールの特徴

楽天を装って届く偽メールは、楽天のロゴが使われるなど、一見、本物と区別が付きません。だからこそ非常に厄介なのですが、まず、メール詐欺の内容に共通する特徴をいくつか押さえておきましょう。

ユーザーの不安を煽る内容

楽天を装ったメール詐欺の最も一般的な内容は、ユーザーの不安を煽るような内容です。「警告」などと大きな文字で強調し、危険性を強調することでユーザーを慌てさせます。

たとえば「あなたのアカウントに不審なログイン試行がありました。ただちにアカウントを確認してください」といった警告文が典型的です。同様に「ご本人の利用かを確認したい取引がありましたので、サービスのご利用を一部制限しております。」といった警告も見受けられます。

このように、ユーザーのセキュリティに関する心配を利用して、詐欺師にとって都合の良い行動を促すのがメール詐欺の常套手段です。ユーザーが冷静な判断を失うよう、わざと不安を煽るような言葉が使われています。不安になる気持ちは当然ですが、こうした文面のメールを受け取ったときは特に注意が必要です。

メール内の記載のURLをクリックさせようとする

楽天を装ったメール詐欺のもう一つの顕著な特徴は、ユーザーを偽のウェブサイトに誘導するURLが含まれていることです。

これらのメールは、ユーザーに対して何らかのアクションを促すために、見た目は楽天の公式ページを模したリンクを使います。しかし、これらのリンクはセキュリティ上の重大な警告と受け取ってください。クリックすべきではありません。

たとえば「お客様のアカウント情報が期限切れになっています。アカウントを保持するためには、以下のリンクから更新してください」といったメッセージとともに、偽の楽天ページへのリンクが送られてくることがあります。これらのURLは、見た目は正規のものに酷似しているものの、実際にはユーザーの個人情報や金融情報を窃取するために設計されたウェブサイトに誘導するためのものです。

もし楽天から届いたメールにURLが記載されていたら、すぐにクリックするのではなく、まずは本物のURLかどうか確認する習慣をつけましょう。セキュリティのために、疑わしいリンクのクリックは避けるべきですね。

本物と偽のメールの見分け方

楽天を装った偽メールの特徴がわかれば、本物と偽物を見分けることも難しくありません。加えて、以下の手順に従ってメールを確認することで、メール詐欺かどうかを確実に見分けられるようになるでしょう。

楽天に登録済みのメールアドレス宛に送られていることを確認

メールが本物か偽物かを見分けるには、まず、受信したメールがあなたが楽天に登録しているメールアドレス宛に送られてきているかどうかを確認することです。

楽天からの正規の通知は、常にユーザーがアカウントに登録したメールアドレスにのみ送信されます。もしメールが楽天に登録していないアドレス宛に届いた場合、それは詐欺の可能性が高いと言えるでしょう。

メール本文の誤字脱字をチェック

メール本文の誤字や脱字を確認することも有効な回避法です。楽天などの大手企業からの公式メールは、言語的な誤りがほとんどありません。一方、詐欺メールは、海外の詐欺師が送信している例も多いので、日本語の文法に誤りがあったり、誤りとは言えなくても不自然な表現が含まれていたりすることが多いです。

ですので、文章を読んで不自然に感じられるメールには注意してくださいね。

楽天の公式サイトで履歴を確認

メールが本物か偽物か迷う場合は、楽天の公式サイトで直接アカウントの履歴を確認するのが有効な対策です。

メールに記載されている問題や操作を求める内容が本当に自分のアカウントに関連していることなら、楽天の公式サイトやアプリで直接確認できるはずです。たとえば、メールで支払いの催促を受けた場合、楽天のサイトで購入履歴や支払い状況を確認してみましょう。購入履歴がないにもかかわらず請求された場合、それは明らかにメール詐欺でしょう。

大切なのは、メール1通だけで決めつけないことです。「おかしいな」と感じたときは、メールに直接返信するのではなく、必ず公式サイトで確認することが詐欺被害を回避する有効な対策となります。

楽天を装うメールを含む迷惑メール全般の対処法

楽天を装った詐欺メールに限らず、迷惑メール全般に対して有効な対策をお伝えします。

不審なメールは絶対に開かずに削除する

迷惑メールに対する最も確実で簡単な対処法は、そのメールを開かずに削除することです。

楽天を装ったメール詐欺に見られるような、不審なメールには特に注意が必要です。メールによっては、開くだけでセキュリティリスクを高めるものもあります。また、返信も絶対しないようにしてください。返信することで、詐欺師に有効なメールアドレスであることを知らせてしまう恐れがあるからです。

疑わしいメールを受け取ったら、開いて本文に目を通す必要もありません。開く前からすでに不審なメールは、すぐに削除してください。

また、迷惑メールとして報告することも今後の同様のメールを回避する対策として有効です。通常、メールサービスには迷惑メールを報告する機能が備わっています。メール内の「迷惑メールとして報告」や「スパムとして報告」ボタンをクリックするだけで、サービスプロバイダにその旨を報告できるのでぜひやっておきましょう。これを繰り返すことで、メールフィルタが向上して、同様の迷惑メールが届くのを防ぐことにつながります。

メール中のURLは絶対クリックしない

迷惑メールに含まれるURLには、特に警戒が必要です。こうしたURLのなかには、クリックするだけで、フィッシングサイトやマルウェアに感染させるページにユーザーを誘導するものもあります。セキュリティを守るためには、いかなる状況下でもこれらのリンクをクリックしないことが大切です。

URLはあるけれど公式からのメールに見える場合は、ブラウザから直接楽天の公式サイトにアクセスし、必要な情報を確認するとよいでしょう。偽のリンクに誘導されるリスクを回避できます。

楽天を装う迷惑メールが後を絶たない理由

楽天などの有名企業を装う迷惑メールが後を絶たない理由は、企業の名前が世間に広く認知されており、それだけで信頼性があると多くの人に認識されやすいからです。

楽天は多数の顧客を抱えており、そのブランド名も日本中幅広い層に認知されています。詐欺師たちはこのような有名企業の名前を利用することで、メールの受信者が警戒心を緩め、メールの内容に信頼を寄せやすくなることを狙っているのです。

また、これらの企業が提供するサービスの多様性も理由の一部です。楽天であれば、電子商取引、金融サービス、通信サービスなど、ECサイト以外にもさまざまな分野でサービスを展開していますよね。詐欺師たちにとっては、ターゲットが多くなるだけに狙いやすいのです。多様なサービスに関連するさまざまな偽メールを作成し、支払いの催促、アカウントの確認、個人情報の更新などの多岐にわたる手口でユーザーを騙そうとしています。

加えて、電子メールの低コストで大量に送信できるという特性も大きいです。詐欺師たちにとって、少ない労力とコストで広範囲の受信者にアプローチできるわけですから、迷惑メールが後を絶たないのも不思議ではないでしょう。たとえ大多数の人は騙されなくても、わずかでも信じる人がいれば、詐欺師にとっては十分なのです。

楽天に限らず多発する迷惑メール被害を回避する対策

以下の対策を講じることにより、楽天だけでなく、迷惑メール全般から身を守ることができます。

まず、メールのセキュリティ設定を強化することです。ほとんどのメールサービスには、迷惑メールを自動的にフィルタリングし、スパムフォルダに振り分ける機能が備わっています。この設定を最適化し、常に最新の状態に保つことを意識してください。

次に、パスワードを定期的に変更することです。その際、パスワードは覚えやすいものではなく、より強固なものに変更しましょう。複雑で予測困難なパスワードを使用し、それを定期的に更新することで、アカウントの安全性が高まります。これだけやっておくだけでけば、アカウントの不正利用を防ぐことにつながります。

メール詐欺に騙されないために

楽天などの企業名を騙る詐欺メールは、一般の人にとって判断が難しいものです。しかし、このようなメールに対して冷静かつ賢明な対応を取ることが、自分の身を守る鍵となります。重要なのは、不審なメールが届いても焦らず正しい対応を取ることです。特に「警告」などという言葉には惑わされず、メールの真偽を慎重に確かめてくださいね。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天ショッピングの困ったを解決!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー