この記事で紹介されている商品
【2024年】8インチのおすすめタブレット9選!メリット・デメリットも解説

【2024年】8インチのおすすめタブレット9選!メリット・デメリットも解説

携帯性と機能性を両立した「8インチのタブレット」。7インチと迷っている方も多いことでしょう。本記事では、サイズを含めた選び方のポイントを徹底解説。WindowsやAndroidといったOSの特徴、Wi-FiとSIMフリーの違いも詳しく説明します。おすすめ商品もご紹介するので参考にしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

8インチのタブレットの魅力とは?

タブレットを選ぶにあたり、一番悩むのサイズではないでしょうか。そこで、8インチならではの魅力を詳しく解説します。

サイズがコンパクトで携帯性が高い!

8インチタブレットの大きさは、A5用紙とほぼ同じです。タブレットの中ではコンパクトなので、バッグの隙間にも入れやすく気軽に携帯できるでしょう。

軽量なモデルが多く、スマホのようにサッと取り出して片手で持ちながら操作できるのもポイント。単行本と似た画面サイズでスマホよりも文字が大きいので、電車やバスでの移動中に電子書籍を読むのにもぴったりですよ。

低価格で購入しやすい

価格の安さも、8インチタブレットの見逃せない魅力です。2万円前後で購入できるモデルが多く、中には1万円を切るものもありますよ。

ハイスペックで高価格なモデルもいくつかありますが、動画・書籍・ウェブサイトを見る程度なら2万円前後のモデルでも十分。スペックが必要な作業はパソコンに任せ、低価格で購入しやすいタブレットを選ぶのも一つの手です。

8インチでも大きいなら7インチをチェック

タブレットは7インチサイズから展開されています。手が小さめの方やお子さんなど、8インチでも大きく感じる方なら一つ下の7インチを選択してもよいでしょう。具体的な画面サイズは下表のとおりです。

縦横比「4:3」8インチ7インチ
対角線(cm)20.317.8
高さ(cm)16.314.2
横幅(cm)12.210.7

7インチは価格帯も1万円前後が主流になるので、より気軽に購入できますね。

8インチのタブレットのデメリット

便利な8インチタブレットにもマイナス面はあります。購入してから後悔しないよう、デメリットについても解説します。

細かな資料は見にくい

8インチタブレットはコンパクトで携行性が高い反面、細かい文字を読むのに十分な大きさとはいえません。タブレットでExcelの細かい表や文字の小さい資料を見る予定があるなら、10インチ以上のタブレットを検討してもよいでしょう。

動画視聴には画面が小さく感じやすい

8インチでも動画視聴はできますが、今までパソコンで楽しんでいた場合は画面が小さく感じる可能性があります。字幕の小さな文字が見えるか心配な方は、標準サイズといわれる10インチのほうが向いているかもしれません。

ビジネス活用もするならHDMI端子付きを

前述のとおり8インチはタブレットの中でも小さめなので、ビジネスシーンで単体で使うのは無理があります。

仕事でもタブレットを使いたい方には、モニターやパソコンに接続できるHDMI端子搭載モデルがおすすめです。Excelのデータ処理や大量の資料作りが大画面でできるので、仕事の効率がアップしますよ。

8インチのタブレットの選び方

ここからは、8インチのタブレットを選ぶ際に押さえておきたいポイントを解説します。OS・通信方法・メモリやストレージなど具体的に説明するので、どんな機能・仕様が必要かチェックしてみてくださいね。

1.対応OSで選ぶ

まずは、タブレットに搭載されているOS(オペレーティングシステム)です。OSによって使えるアプリや仕様が大きく異なり、スマホやパソコンとの同期にも影響しますよ。Windows、iOSとiPad OS、Android、FireOSの順に解説します。

Windows

「Windows」は、Microsoft(マイクロソフト)が提供するOSです。搭載しているタブレットの機種は、WindowsのSurfaceや富士通のFMVなど。 WordやExcelといったパソコンで使用しているオフィスソフトをタブレットでもそのまま使えますよ。

iOSやAndroidと比較するとダウンロードできるアプリは少なめですが、Windowsパソコンを使い慣れている方なら、違和感なく扱えるでしょう。

iPad OS・iOS

「iPad OS」は、Apple社が自社のiPadシリーズに搭載しているOSです。古い世代のiPadには「iOS」が搭載されていましたが、現在はiPadはiPad OS、iPhoneはiOSと使い分けられています。

操作がシンプルで直感的に扱えるのが特徴で、iPhoneユーザーならスマホと同じ感覚で使えるでしょう。同じApple製品であるiPhone・Macと簡単にデータ連携できますよ。

Android

「Android」はGoogleが提供するOSです。無料で使用できるオープンソースを採用しているため、NECやアイリスオーヤマ、レノボなど多くのメーカーがAndroid搭載のタブレットを販売しています。

Androidタブレットの最大の魅力は、全体的に価格が低めなこと。購入費用を抑えたい方や子どもに与えるタブレットを探している方にぴったりですよ。また、メーカーによって仕様が異なり、商品選びの選択肢が豊富な点もポイントです。

FireOS

「FireOS」はAmazonが開発したOSで、Amazon製の「Fire」シリーズに搭載されています。 Androidをベースに開発しているため、Androidタブレットと操作方法が似ているのが特徴。アプリはAmazonストアから購入します。スペックのわりに価格が安いので、コスパのよいタブレットがほしい方は要チェックです。

2.通信方式を確認して選ぶ

インターネットに接続する通信方法も必ずチェックしておきたいポイントです。Wi-FiモデルとSIMフリー(LTE)モデルについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットを説明します。

Wi-Fiモデル

Wi-Fiモデルは、Wi-Fiを利用してインターネットに接続します。Wi-Fi環境の整っている自宅やオフィスでタブレットを使うなら、月額利用料金のかからないWi-Fiモデルがおすすめ。公共施設やカフェのフリーWi-Fiも利用できますよ。

ただし、Wi-Fiが安定していない場所では接続しにくいことがあります。場所を問わず快適に使用したいなら、モバイルWi-Fiやスマホのデザリング機能を使いましょう。

SIMフリー(LTE)モデル

SIMフリー(LTE)モデルは、携帯電話会社が提供する回線を利用してインターネットに接続します。回線を利用するには本体に挿入するSIMカードが必要で、利用料金を毎月払ってSIMカードを使う仕組みです。

コスト面ではWi-Fiモデルにかないませんが、Wi-Fi環境のない場所でも安定して使える点は見逃せません。月々の利用料金を抑えたい方は、格安SIMや通信プランの切り替えを検討してみてくださいね。

3.メモリ容量・ストレージ容量で選ぶ

メモリ容量・ストレージ容量は、タブレットの操作性やデータ保存量に直結する重要なポイントです。

メモリは、起動中のデータを一時的に保管するスペースのこと。メモリの大きさは机の広さに例えられることも多く、メモリの容量が大きくなるほど複数のタスクを効率よくこなせます。容量の目安は、Webサイトの閲覧程度なら2GB。動画視聴やゲームをするなら4GB、動画編集やイラスト制作には8GBあるとよいでしょう。ただし、メモリ容量と価格は比例する点は注意が必要です。

ストレージは、アプリやゲーム、画像といったタブレット内のデータを保存するスペースです。ストレージ容量も大きくなるほどたくさんのデータを保存できます。一般的には32GBあれば足りますが、アプリや音楽データなどを大量に保存したいなら64~128GBがおすすめです。

4.CPUもチェック

CPUはプロセッサとも呼ばれ、タブレットの頭脳の役割を担っています。CPUの性能を判断するポイントは、クロック周波数とコア数。クロック周波数はCPUが1秒間で計算できる処理量を示し、GHz(ギガヘルツ)の単位で表示されます。価格に影響するため、購入コストを抑えたい方には1.4GHz、アプリやゲームを快適にプレイしたい方には1.8GHz以上がおすすめです。

コアは処理を担当するCPUの中核で、コア数が多いほど処理速度が速く、ゲームもサクサク動くようになりますよ。ただし、コア数も増えると価格がアップする点は要注意。重たいアプリを動かすなら8コアか6コア、軽いアプリなら4コアが適しているでしょう。

5.解像度もチェック

解像度は画素の密度を示す値で、数値が高くなるほど画質が美しく繊細になります。8インチタブレットで採用されている解像度は、主に3種類。下表にまとめたので参考にしてみてください。

名称解像度特徴
WXGA1280×800価格を抑えられる。画質にこだわらない方向き
WUXGA1920×1200フルHD程度のキレイな画質を楽しめる
WQXGA2560×1600フルHD並みの鮮明な画質を楽しめる

6.機能性もチェック

タブレットをより快適に使える、プラスαの機能性もチェックしておきましょう。USB機能・防水機能の順に解説します。

USBホスト機能

タブレットの中には「ホスト機能」を搭載したモデルがあります。タブレットのUSBポートにUSBメモリなどを接続できる機能で、接続するとタブレットを親、USBメモリを子と認識する仕組みです。タブレットと接続デバイスのUSB規格が合わない場合は、変換ケーブルを利用しましょう。

防水機能

防水もあるとうれしい機能です。タブレットを外でも気楽に使いやすいうえ、室内でもうっかり飲み物をこぼしてしまったときに焦らずに済みますよね。

防水機能のレベルはIPコード(保護コード)で表示されます。「IP65」のように記載され、左側の数字が防塵性能を、右側の数字が防水性能を示していますよ。高い耐水性を求めるなら右側が8、一般的な使い方なら4~7のモデルがおすすめです。

8インチのタブレットのおすすめ9選

ここからは、おすすめの8インチのタブレットを9商品ご紹介します。購入しやすい2万円前後のモデルを厳選したので、自分好みの1台を探してみてください。

Fire HD 8 タブレット - 8インチHD ディスプレイ 32GB ブラック (2022年発売)

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(2,711件)

>

商品情報

【前世代機から最大30%高速化】2GB RAM、6コアプロセッサ搭載。
【最大13時間稼働バッテリー】同梱の5W USB-C (2.0)充電アダプタで、フル充電まで約5時間。
【OS】Fire OS 8(Android 11、APIレベル30)
【CPU】2.0GHz 6コア
【メモリ】2GB
【ストレージ】32GB

Fire HD 8 タブレットは、Amazonのオリジナルモデルです。Amazonストアからアプリをダウンロードでき、Prime VideoやNetflix、ディズニープラスなどコンテンツも充実しています。フル充電に必要な時間は約5時間で、最大13時間まで使用可能。Alexaを搭載しているので、話しかけるだけで天気やニュースの確認、音楽再生などができますよ。

アイリスオーヤマ タブレット 8インチ

Amazonカスタマーレビュー

3.5

Amazonカスタマーレビュー

(219件)

>
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥18,250-8%
参考価格¥19,800
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥18,250-8%
参考価格¥19,800

商品情報

画面サイズ:8インチ / OS:Android(TM)12(Go edition) / CPU:Mediatek(C)MT8766 4コア(4×A53 2.0GHz) / GPU:PowerVR GE8320
内蔵RAM容量:2GB / 内蔵ストレージ容量:32GB / バッテリー容量:4080mAh / 解像度:800×1200ピクセル / カメラ:[アウトカメラ]約500万画素[インカメラ]約200万画素 / スピーカー(出力):1W×1 / 端子:Type-C 3.5mm / Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac / Bluetooth(R):5.0 / microSD(※別売):Class10 256GBまで(UHS-II非対応)
サイズ(mm):幅約197×奥行約124.8×高さ約8.85(※突起部除く) / 重量:約295g
付属品:充電器、USBケーブル、カードスロットピン、クイックスタートガイド、保証書

アイリスオーヤマのLUCA tablet TE082M2N1は、重さ295g・厚さ約8.85mmの軽量薄型タイプです。バッグの隙間に入れて気軽に持ち歩けますよ。OSはAndroidで、4コアプロセッサを搭載。どの位置から見ても色の変化が少ない液晶を採用しているので、電子書籍や動画を快適に見られるでしょう。

Fire HD 8 Plus タブレット

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(1,621件)

>

商品情報

ディスプレイ:8インチ HD
解像度:1280 x 800 (189ppi)
重量:342g
サイズ:202 x 137 x 9.6mm
RAM:3GB
CPU:2.0GHz 6コア
容量:32/64GB
バッテリー:最大13時間
充電時間(同封のアダプター使用時):約3時間
スピーカー:Dolby Atmosデュアルステレオスピーカー
カメラ:2メガピクセルフロントカメラ、5メガピクセルリアカメラ

Fire HD 8 Plusは、前出のFire HDの上位モデルです。Fire HDよりも2時間も短い約3時間でフル充電できますよ。一度設定しておけば、横向きに置くだけで自動的にShowモードがスタートする設計。本や動画といったコンテンツを楽しんだり、Alexaやzoomを使って友達と会話したりと活躍しますよ。

HUAWEI MatePad T 8 2022

Amazonカスタマーレビュー

3.4

Amazonカスタマーレビュー

(98件)

>

商品情報

OS HUAWEI EMUI 10.1
画面サイズ 8インチ
通信方式 Wi-Fi
CPU 2.0GHz 8コア
メモリ容量 2GB
ストレージ容量 16GB
解像度 1280×800  

約80%の画面占有率を実現した、HUAWEIのMatePad T 8 2022。モードを変更するだけで、読書に適したコントラストや明るさに自動調整する機能を備えています。子どもに適切なコンテンツ・アプリのみに制限する機能もあり、読書が好きな方にはもちろん、子ども用のタブレットにもぴったり。アプリはHUAWEI AppGalleryからダウンロードできます。

Lenovo Tab M8 4th Gen タブレット ZABU0171JP

Amazonカスタマーレビュー

4.0

Amazonカスタマーレビュー

(127件)

>
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥19,800-13%
参考価格¥22,880
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥19,800-13%
参考価格¥22,880

商品情報

【OS】Android 12 Go Edition
【CPU】MediaTek Helio A22 クアッドコア プロセッサー、4コア
【メモリ】3GB LPDDR4x
【フラッシュメモリー】32GB

最大16時間使用できるバッテリーを搭載した、LenovoのTab M8 4th Gen。充電の手間を減らせるうえ、薄型で320gと軽量なので長時間の外出時も使いやすいでしょう。目に優しく使えるよう、独自のアイケアモードを搭載しているのもポイント。広い視野角でクリアな映像を楽しめますよ。

アイワマーケティング aiwa tab AB8

Amazonカスタマーレビュー

3.2

Amazonカスタマーレビュー

(67件)

>
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥17,145-14%
参考価格¥19,998
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥17,145-14%
参考価格¥19,998

商品情報

OS Android
画面サイズ 8インチ
通信方式 Wi-Fi
CPU 2.0GHz 8コア
メモリ容量 1096MB
ストレージ容量 64GB
解像度 1280×800

8コアプロセッサーと4GBメモリーを搭載した、aiwaのTAB0802。重たいゲームもサクサク動かせるでしょう。ストレージ容量も64GBと十分ですが、microSDメモリカードスロットを備えているので拡張もできますよ。2万円以内とは思えないスペックを備えたコスパの高い一品。画像を大量に保存したい方やゲームをたっぷり楽しみたい方にもおすすめです。

TCL 9132X TCL TAB 8

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(9件)

>

商品情報

OS Android
画面サイズ 8インチ
通信方式 Wi-Fi
CPU 2.0GHz 4コア
メモリ容量 3GB
ストレージ容量 32GB
解像度 1280×800

295gと超軽量な、TCLのTAB 8 9132X。外さずに充電できる専用ケースが付属し、タブレットスタンドとして使えるのもポイントです。ストレージ容量が32GBと十分にあるうえ、micro SDカードを挿入すれば最大512GBまで拡張できますよ。HD ディスプレイで鮮やかな色彩を楽しめますが、画面がモノトーン調になる読書モードも搭載しています。

Orbic TAB 8 4G

Amazonカスタマーレビュー

2.9

Amazonカスタマーレビュー

(16件)

>
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥23,773-14%
参考価格¥27,800
出典:Amazon
タイムセール
最安値-amazon
¥23,773-14%
参考価格¥27,800

商品情報

画面サイズ(インチ) ‎8 インチ
容量 3072 MB
バッテリー容量 (mAh) 4300
製品型番 ‎ORB8L1TB-RW/JP
発売年 ‎2023
付属品 ‎クイックマニュアル, チャージャー, 本体
対応OS ‎Android
接続方式 SIMフリー、USB、‎Bluetooth 5.0
CPU型番 ‎Qualcomm Snapdragon680
ディスプレイタイプ TFT液晶
製品サイズ 12.8 x 20.58 x 0.92 cm; 416 g
商品重量 0.42 キログラム

SIMフリーの8インチタブレットがほしい方は、OrbicのTAB 8 4G ORB8L1TB-RW/JPをチェックしてみてください。Wi-Fiにも対応しているので、室内ではWi-Fi接続、屋外ではSIMを挿して4G接続と使い分けできますよ。高いレベルではないものの、IP52の防水機能を備えているのもうれしいところです。

Amazon Fire HD 8 キッズモデル

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(1,411件)

>

商品情報

対象年齢:3歳から
ディスプレイ:8インチ HD
サイズ:222 x 180 x 27mm
重量:518g
カバー:キッズ向け保護カバー (ブルー、パープルまたはレッド) ※本体はブラック
RAM:2GB
CPU:2.0GHz 6コア
容量:32GB
バッテリー:最大13時間
充電時間 (同封のアダプター使用時):約5時間
USBポート:USB-C (2.0)

小さなお子さんの学習や遊びに使えるタブレットを探している方には、AmazonのFire HD 8 キッズモデルがぴったり。対象年齢3歳以上の子ども用タブレットで、数千点のキッズ向けコンテンツが1年間使い放題になる特典が付いています。持ち手がスタンドにもなる専用カバーは、レッド・ブルー・パープルの3色から選べますよ。

こちらもチェック!7インチのタブレット

最後に、ひと回り小さい7インチのタブレットも1点ご紹介します。軽さを重視する方や「8インチは持ちにくいかも?」と心配な方は必見です。

Amazon Fire 7 タブレット

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(2,145件)

>

商品情報

OS Fire OS
画面サイズ 7インチ
通信方式 Wi-Fi
CPU 2.0GHz 4コア
メモリ容量 2GB
ストレージ容量 16GB
解像度 1024x600

Fire 7 タブレットは、4コアプロセッサ・2GBメモリ搭載のベーシックなモデルです。サイズが181×118×9.7mm、重さはわずか282と軽くコンパクトなので、片手でもラクに持てるでしょう。ストレージは少なめの16GBですが、micro SDカードで拡張してもOK。スマホより少し大きければ十分という方におすすめです。

全10商品

おすすめ商品比較表

Fire HD 8 タブレット - 8インチHD ディスプレイ 32GB ブラック (2022年発売)

アイリスオーヤマ タブレット 8インチ

Fire HD 8 Plus タブレット

HUAWEI MatePad T 8 2022

Lenovo Tab M8 4th Gen タブレット ZABU0171JP

アイワマーケティング aiwa tab AB8

TCL 9132X TCL TAB 8

Orbic TAB 8 4G

Amazon Fire HD 8 キッズモデル

Amazon Fire 7 タブレット

Amazonカスタマーレビュー
4.12,711
3.5219
4.11,621
3.498
4.0127
3.267
3.99
2.916
4.41,411
3.92,145
最安値
タイムセール
¥13,970-0.0786782%
参考価格¥13,981
タイムセール
¥18,250-8%
参考価格¥19,800
¥15,980
¥14,980
タイムセール
¥19,800-13%
参考価格¥22,880
タイムセール
¥17,145-14%
参考価格¥19,998
¥19,200
タイムセール
¥23,773-14%
参考価格¥27,800
¥17,980
購入リンク

8インチのタブレットで移動時間を充実させよう!

今回は8インチのタブレットの選び方のポイントを解説し、おすすめの商品も9点ご紹介しました。8インチのタブレットがあれば、移動中の読書もwebサイトやSNSのチェックもラクラク。本記事を参考に、自分に合うモデルを見つけて移動時間も楽しんでくださいね。

こちらもチェック!
お風呂でタブレットを使える防水ケースおすすめ14選!便利な機能搭載の商品をご紹介

「タブレット用防水ケース」は、お風呂などでタブレット端末を使える優れものです。しかし、スタンドの付いたものや壁掛けできるものなどさまざまな種類があり、どれを買えばいいのか悩んでしまいますよね。 今回は、防水タブレットケースの選び方とおすすめ商品をご紹介します。使いやすいアイテムを見つけて、タブレットを便利に活用してください。

こちらもチェック!
【2024】タブレットおすすめ10選|iPad、アンドロイドほか選び方のポイントを解説

自宅のリビングでちょっと動画を見たかったり、外出先のカフェで隙間時間に少しだけ仕事をしたい。そんなとき、スマホより画面が大きくてPCより小回りが効くタブレットが欲しくなりますよね。ただ、iPad、Andoroid(アンドロイド)タブレット、Windowsタブレット、Fireタブレットなどありどれを選べばいいかが悩ましいですよね。そこで、タブレット端末に関する連載を持つイラストレーターに、選び方のコツを聞いてきました!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のパソコン・周辺機器カテゴリー

新着記事

カテゴリー