この記事で紹介されている商品
【2024年】Androidタブレットのおすすめ9選!動画視聴やゲームなどに

【2024年】Androidタブレットのおすすめ9選!動画視聴やゲームなどに

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Androidのタブレットが欲しいと思っても、機種が多くてどれを選べばいいか迷いますよね。 そこでこの記事では、Androidタブレットのおすすめ9選についてご紹介します。タブレットを選ぶ際にチェックするとよいポイントや、動画視聴やゲームなどに使える機種も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Androidタブレットとは?

Androidタブレットとは、Googleが開発した「Android OS」を搭載したタブレット端末のことです。

Android OSはオープンソースなので、公開されているアプリの種類が多く、カスタマイズ性が高い特徴があります。国内外の多くのメーカーで採用されており、韓国や中国、台湾製のAndroidタブレットも販売されています。

数万円から買える低価格でコスパのよいものから10万円を超える高価格なものまで販売されているので、自分の目的や好みに合ったタブレットが選べますよ。

iPadとどっちがいい?

タブレット選びの際、AndroidタブレットとiPadのどちらがいいか迷う人は多いでしょう。

結論からいうとAndroidタブレットとiPadはどちらがいいとは一概に言えません。 どちらも優れた商品なので好みのものを選ぶといいですよ。

iPadと相性が良い人は 「Appleが好きな人」「Apple製品を使っている人」「高い処理性能を求める人」「高品質なアプリを求める人」です。

対して「Apple製品にこだわらない人」「独自のカスタマイズを楽しみたい人」「コスパ重視の人」はAndroidがおすすめです。

ここからはAndroidダブレットの選び方について詳しく解説していくので、自分に合った方を選んでくださいね!

Androidタブレットの選び方

Androidタブレットを選ぶときのポイントを具体的に4つご紹介します。

Androidタブレットを選ぶときのポイント
  • 画面サイズ
  • スペック
  • 通信規格
  • 防水機能

Androidタブレット選びに迷ったときは、上記4つのポイント参考に選んでみてください。

それでは、詳しく解説していきます。

1.使用用途に合わせて画面サイズで選ぶ

まずは、Androidタブレットをどのような用途で使うのかを考えてみましょう。

動画の視聴がメインなのか、持ち運びがメインなのか、ノートPC代わりに使いたいのかによって適した画面サイズが決まります。

たとえば、お仕事でノートPC代わりに使いたいのにスマホ程度の画面の大きさだと、表示される情報量が少なくて使いにくいですよね。

使用用途をチェックして、適した画面サイズのものを選ぶようにしましょう!

用途ごとに適した画面のサイズについて解説していきますね。

動画視聴するなら「10インチ以上」

動画視聴のために使いたいなら10インチ以上のタブレットを選びましょう。

10インチの画面サイズは、大きすぎず小さすぎずで持ちやすく、適度に画面が大きいので視認性も問題ありません。

画面が大きいほど動画を視聴するときに没入感を味わえますが、大きくなるほど手で持ったときに腕への負担が大きくなってしまいます。逆に画面が小さいとスマホで視聴するのとあまり変わらなくなり、タブレットを使う意味がありません。

10インチ以上の画面サイズであれば手に持ちやすく、ある程度の没入感を得られるので動画視聴におすすめですよ。

持ち運ぶなら「7~8インチ」

タブレットを持ち運んで使いたいなら 7インチ〜8インチの画面サイズがおすすめです。

7インチ〜8インチは書籍と同じぐらいのサイズなので、手に持ちやすくカバンにもスッポリ収まります。

読みたい漫画や小説をタブレットの電子書籍で入れておけば、 カバンの中にたくさんの本を入れる必要がなく、タブレット1つで好きな本を好きなときに読めますよ。

持ち運びを考えている人には7インチ〜8インチのタブレットがおすすめです。

ノートPC代わりに「11インチ以上」

タブレットをノートPC代わりに使いたい人には11インチ以上の画面サイズがおすすめです。

11インチ以上の画面サイズであれば、画面が大きい分一度で多くの情報が表示できます。そのため、小さい画面サイズのタブレットより作業効率をあげられますよ。

たとえば仕事でエクセルを使って表計算をしたいとき、小さな画面で表示すると文字が小さくなりすぎて見えなかったり、拡大すると情報量が少なくて上下左右に移動する手間がかかったりしてしまいます。

効率よく作業するためにも、ノートPC代わりに使いたい人には11インチ以上の画面サイズがおすすめです。

2.スペックをチェックしよう

使用用途によって必要な画面サイズが決まったら、タブレットのスペックをチェックしましょう。

タブレットのスペックでチェックするとよいポイントは「OSのバージョン」「メモリ・ストレージ容量」「CPU」「ディスプレイ」です。

各ポイントについて解説しますね。

OSのバージョン

タブレットを選ぶ際は、OSのバージョンを確認しましょう。

型式の古いタブレットは最新のOSに対応していない場合があります。

OSのバージョンが古いと、気になる新しいアプリがあってダウンロードしてもOSが古くて動作しない場合があります。また、セキュリティ更新が止まってしまうので、ウィルスに感染してしまうリスクも高くなります。

さまざまなリスクがあるので、購入を検討しているタブレットのOSは最新のバージョンに対応しているか、事前に確認しておきましょう。

メモリ・ストレージ容量

タブレット選びでメモリとストレージ容量はとても重要です。

メモリはタブレットの動作の軽快さを、ストレージは保存できる容量に影響するからです。 メモリが大きくなるほどサクサク画面が動き、ストレージが大きくなるほど多くの動画や写真・アプリなどを保存できますよ。

たくさんアプリを同時に開くと動作が遅くなりますが、メモリが大きくなるほど動作の遅延が少なくなります。また、ストレージが小さければすぐ容量がいっぱいになり、何かを削除しなければ新しいアプリや写真が保存できなくなります。

タブレット選びの際はメモリとストレージを忘れずチェックしましょう。ゲームをする場合は4GB以上のものを選ぶと快適に遊べますよ。

CPU

CPUは中央処理装置(Central Processing Unit)のことで 、制御や計算を行います。CPUを通して動作指示を出すことから、よく人間の脳にたとえられることも。

動作がカクカクしたり、アプリがなかなか開かなかったりすることがありますが、主な原因はCPUの性能不足かメモリ不足です。

CPUの性能が高いほどサクサク快適に動作しますが、そのぶん端末の価格も高くなるので予算とのバランスを見て検討する必要があります。

ゲームがしたいならコア数の高いものを選びましょう。4コア〜8コアのものであれば快適にゲームができますよ。

ディスプレイ

きれいな映像で楽しみたいなら、ディスプレイの性能をチェックしましょう。液晶の解像度や種類によって鮮明さやみやすさが変わります。

映像のきれいさを決めるのが解像度です。数字が高くなるほど高画質になり、1920×1080画素のフルHD以上であれば細部まで鮮明な映像が楽しめます。より高画質なものを求める場合は有機ELディスプレイのものを選びましょう。

また、1人だけでなく誰かと一緒に見たい場合は広視野角のIPSパネル採用の有無もチェックするといいでしょう。通常のディスプレイだと見る角度によって画面が暗くなってしまう場合があります。

きれいな映像で見るために、解像度と液晶の種類は要チェックです。

3.通信規格で選ぶ

タブレット端末にはWi-Fiモデルとセルラーモデルの2つの通信規格があり、自分の使用用途にあった方を選びましょう。

セルラーモデルはスマホと同じように、キャリアの電波があればどこでも使えます。一方、Wi-Fiモデルよりも値段が高く、月々の通信費がかかるデメリットがあります。

対して、Wi-FiモデルはWi-Fi電波がある場所でしか使えません。外で使いたい場合はテザリング機能やポケットWi-Fiでカバーしましょう。セルラーモデルより値段が安く月々の通信費がかからないので、一度購入すれば維持費がかかりません。

費用はかかるけど外でも快適に使いたい人はセルラーモデル、価格をおさえて自宅やWi-Fiスポットのみで使いたい人はWi-Fiモデルがおすすめです。

4.キッチンで使うなら防水機能をチェック

キッチンで料理のレシピの確認に使いたいなら、防水機能をチェックしましょう。

キッチンでは水を扱うので、タブレットに濡れた手で触ったり水滴が飛んだりする場合があります。防水機能がないタブレットは水没して故障するかもしれません。

そのため、キッチンで使う場合は防水機能がついたものを選びましょう。

スペックにIP52などの記載がされており、「5:防じん」「2:防水等級」の意味です。IP68が最高等級で、数字が大きいほど性能があがります。

Androidタブレットのおすすめ9選

Androidタブレットのおすすめ9選をご紹介します。

動画視聴やゲームにおすすめの機種もピックアップしているので、ぜひ自分に合ったものを選んでくださいね。

前項で解説したAndroidタブレットの選び方を参考にすると、よりピッタリのものが選べますよ。

有名メーカーのAndroidタブレット

まずは有名メーカーのタブレットからご紹介します。

有名メーカーのものから選べば、品質や補償がしっかりしているので安心して使えますよ。

それでは、おすすめのAndroidタブレットを8機種を見ていきましょう。

Lenovo Tab P12 タブレット

商品情報

色 グレー
ブランド Lenovo
モデル名 Lenovo Tab P12
スタイル 【ハイパフォーマンス】12.7インチ
商品寸法 (長さx幅x高さ)

Lenovo Tab P12は12.7インチの大画面で、ノートPC代わり使えるAndroidタブレットです。CPUは「MediaTek Dimensity 7050 プロセッサー」搭載とスペックが高く8コア。メモリも8GBあるのでゲームも快適に動作します。AndroidOS 13に対応しており、ストレージが128GBあるのでさまざまなアプリをダウンロードして楽しめますよ。

Xiaomi タブレット Redmi Pad SE

商品情報

OS Android
画面サイズ 11インチ
通信方式 Wi-Fi
CPU 2.4GHz 8コア
メモリ容量 4GB
ストレージ容量 128GB
解像度 1920×1200

Redmi Pad SEは11インチディスプレイでノートPC代わりに使えるAndroidタブレットです。ディスプレイ解像度が1,920×1,200でフルHDに対応。メモリは4GBと標準でCPUは8コアと高スペックです。ストレージは128GBが標準搭載ですが、microSDを使えば1TBまで拡張できます。Dolby Atmos対応のクアッドステレオスピーカーを搭載しているので、臨場感あるサウンドが楽しむことができ、さらにハイレゾ対応なので音楽を高音質で楽しみたい方にもおすすめです。

Galaxy Tab S6 Lite

商品情報

ブランド Galaxy
モデル名 Galaxy Tab S6 Lite
メモリストレージ容量 64 GB
画面サイズ 10.4 インチ
ディスプレイ最大解像度 2000×1200

メリット

  • 10.4インチかつ軽量で持ち運びしやすい
  • 使いやすいSペンが付属

デメリット

  • デフォルトのストレージ容量は64GB

Galaxy Tab S6 Liteは10.4インチの画面サイズで、没入感のある動画視聴ができるAndroidタブレットです。ディスプレイは2000×1200と高解像度で、付属品としてSペンが付いてくるので手書きのメモや絵を描くのにおすすめ。CPUは「Snapdragon 720G」搭載で8コアと高スペックですが、メモリは4GBと標準的。ストレージは64GBと少なめですが、MicroSDカードで1TBまで拡張できます。OSはAndroid13なので、最新のアプリにも対応していますよ。また、Gyalaxyスマホとならクイック共有機能で簡単に情報を送信し合えます。

NEC LAVIE T10 タブレット

商品情報

ブランド LAVIE
モデル名 T10
メモリストレージ容量 32 GB
画面サイズ 10.1 インチ
ディスプレイ最大解像度 1920_x_1200 Pixels

LAVIEのT10は10.1インチの画面サイズで、動画視聴におすすめなAndroidタブレットです。1,920X1,200の解像度で鮮明な映像を楽しめます。また、CPUは「Unisoc」で8コアプロセッサを採用しているので、スムーズな操作を行えます。顔認証機能があるのも嬉しいポイント。しかしメモリは3GB、ストレージは32GBと小さいので、使用アプリによってはやや動作と容量に不安が残ります。OSはAndroid 11なので、最新のOSにアップロードできるか要チェックです。

Fire HD 10 タブレット

商品情報

ブランド Amazon
モデル名 Fire HD 10 タブレット
メモリストレージ容量 32/64 GB
画面サイズ 10.1インチ 1080p フルHD
ディスプレイ最大解像度 1920 x 1200 (224ppi)

Fire HD 10はAmazonのサービスを楽しみたい、コスパ重視の人におすすめなタブレットです。

10.1インチの画面サイズで動画視聴に向いており、1920 x 1200の解像度でプライムビデオを高画質で楽しめます。CPUは8コアと高スペックですが、メモリは3GB、ストレージは32GB/64GBと少なめです。OSはAmazon独自のFire OS 8を搭載しており、利用できるアプリが少ないのがやや難点です。

Google Pixel Tablet Porcelain

商品情報

ブランド Google(グーグル)
モデル名 Google Pixel Tablet
メモリストレージ容量 128 GB
画面サイズ 10.95 インチ
ディスプレイ最大解像度 2560×1600

Google Pixel Tabletは画面サイズが10.95インチのPC代わりの使用や動画視聴におすすめのタブレットです。2,560×1,600と高解像度でクアッドスピーカー搭載なので、迫力ある動画とサウンドを楽しめます。メモリは8GB、ストレージは128GBあるので、快適な動作で多くの情報をタブレットに保存できます。充電ホルダーはスピーカーにもなり、Googleホームアプリを使えばスマートホームデバイスを簡単に操作できますよ。

OPPO Pad Air タブレット

商品情報

ブランド OPPO
モデル名 OPPO Pad Air
メモリストレージ容量 64 GB
画面サイズ 10.3 インチ
ディスプレイ最大解像度 2000×1200

OPPO Pad Airは10.3インチの画面サイズ、2,000X1,200の高解像度、クアッドステレオスピーカー搭載で動画視聴に適したAndroidタブレットです。ストレージは64GBとやや少なめの容量ですが、CPUは「Qualcomm Snapdragon 680」の8コア、メモリは4GBあるのでゲームも快適に行えますよ。

一万円台!安いAndroidタブレット

動画視聴やゲームに使えるタブレットはどうしても価格が高くなりがちです。

そこでタブレットにそこまでお金をかけられない人のために、一万円台の格安タブレットをご紹介します。

子供向けのプレゼントや、まずは一台タブレットを使ってみたいという人 には以下でご紹介するものがおすすめですよ。

Amazon Fire HD 8 キッズモデル

商品情報

ブランド Amazon
モデル名 Fire HD 8 キッズモデル
ストレージ容量 32 GB
画面サイズ 8インチ HD
解像度 1280×800

Fire HD 8 キッズモデルはAmazonから発売されている子供向けタブレットです。CPUは6コアと割と高スペックですが、メモリは2GBと少なめ。キッズコンテンツが1年間使い放題で、2年間の補償が付いているのも嬉しいポイント。通常のFireタブレットとしても使えるので、値段の割に優秀なタブレットです。

TCL 9132X TCL TAB 8

商品情報

OS Android
画面サイズ 8インチ
通信方式 Wi-Fi
CPU 2.0GHz 4コア
メモリ容量 3GB
ストレージ容量 32GB
解像度 1280×800

TCLから販売されているTABは、画面サイズ8インチなので持ち運びに便利なサイズのタブレットです。ストレージは32GBと少ないですが、microSDを使えば512GBまで拡張できます。スペックは高くなくメモリは3GB、CPUは「Media Tek MT8766」と書籍をメインで読む人におすすめなモデルです。

全9商品

おすすめ商品比較表

Lenovo Tab P12 タブレット

Xiaomi タブレット Redmi Pad SE

Galaxy Tab S6 Lite

NEC LAVIE T10 タブレット

Fire HD 10 タブレット

Google Pixel Tablet Porcelain

OPPO Pad Air タブレット

Amazon Fire HD 8 キッズモデル

TCL 9132X TCL TAB 8

Amazonカスタマーレビュー
-
4.3515
4.4193
4.1386
4.21,916
4.171
4.4328
4.41,403
3.99
最安値

-

¥21,800
¥48,800
タイムセール
¥34,980-11%
参考価格¥39,480
¥19,980
タイムセール
¥67,111-16%
参考価格¥79,800
タイムセール
¥30,100-20%
参考価格¥37,800
¥17,980
タイムセール
¥16,480-12%
参考価格¥18,800
購入リンク

使用用途とスペックから自分に合ったAndroidタブレットをみつけよう!

この記事では、Androidタブレットの選び方からおすすめの機種の9選までご紹介しました。

使用用途から画面サイズと必要なスペックをチェックして、自分に合ったAndroidタブレットを選びましょう!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のパソコン・周辺機器カテゴリー

新着記事

カテゴリー