この記事で紹介されている商品

Amazonでおすすめの購入方法は?コンビニ払いやギフト券の使い方をご紹介!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonはいろいろな購入方法を利用できますが、どの方法がおすすめなのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Amazonでおすすめの購入方法について解説します。ギフト券やコンビニ払いの方法や、購入方法の変更の仕方についてもあわせて解説します。自分に合った購入方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Amazonで商品を購入するために必要なこと

Amazonで利用できる主な購入方法は以下のとおりです

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い
  • 代金引換
  • Amazonギフト券
  • あと払いペイディ
  • PayPay
  • 携帯決済

購入方法によっては手数料がかかるので注意しましょう。具体的な商品の購入方法は以下を参考にしてください。

Amazonのアカウントを作成する

Amazonで商品を購入するには、Amazonアカウントの作成が必要です。アカウント自体は無料で簡単に作成できます。

Amazonのページで「アカウント作成画面」を開き、氏名・携帯電話番号またはメールアドレス・任意のパスワードを入力して「メールアドレスを確認/携帯番号を確認」を押します。

登録した携帯電話番号またはメールアドレスに送られる数字6桁の「確認コード」を登録すれば、アカウント作成は完了です。

なお、パスワードを設定する際は、名前や生年月日など第三者に推測されやすいワードは避けましょう。念のため、二段階認証や生体認証も設定しておくとより安心です。

支払い方法を登録する

アカウントの作成が完了したら、次に支払い方法を登録します。

スマホアプリの場合は、ログインした状態で右下のメニューボタンをタップします。次に「アカウントサービス」を選択し「お客様の支払い方法」をタップします。

続いて「カード&アカウント」の見出しの横にある「+追加」ボタンを押し、利用したい支払い方法を入力すれば登録完了です。

パソコンブラウザ版の場合は、ログインした状態で画面右上の「アカウント&リスト」にカーソルを合わせます。メニューの中から「アカウントサービス」をクリックします。「お客様の支払い方法」をクリックし、利用したい支払い方法を入力すれば完了です。

Amazonでおすすめな購入方法は?

Amazonはたくさんの購入方法を利用できます。「購入方法」と「手数料」「おすすめしたい人」を一覧でまとめましたので、自分に合った購入方法を選択する際の参考にしてください。

支払方法手数料こんな人におすすめ
クレジットカードなし ・なるべく早く商品を受け取りたい人
・ポイントを貯めたい人
・定期購入やお急ぎ便などを利用したい人
コンビニ払いなし・クレジットカードを使わずに買い物したい人
・よくコンビニを利用する人
ATM払い金融機関によって異なる・クレジットカードを使わずに買い物したい人
ネットバンキング払い金融機関によって異なる・クレジットカードを使わずに買い物したい人
・銀行窓口に行かず、振り込みを済ませたい人
電子マネー払いなし・チャージした金額内で買い物したい人
・ポイントを貯めたい人
代金引換1回の発送にあたり330円(税込)・クレジットカードを使わずに買い物したい人

Amazonギフト券なし・クレジットカードを使わずに買い物したい人
・定期購入やお急ぎ便などを利用したい人
あと払いペイディ口座振替であれば無料
(コンビニ払い・銀行振込は手数料が発生)
・購入した分を翌月にまとめて支払いたい人
・お急ぎ便を利用したい人
PayPayなし  ・チャージした金額内で買い物したい人
・お急ぎ便を利用したい人
・ポイントを貯めたい人
携帯決済なし ・スマホ利用料とまとめて支払いたい人
・お急ぎ便を利用したい人

Amazonの購入方法には、手数料がかかるものがあるので注意しましょう。また「コンビニ払い」「ATM払い」「ネットバンキング」「電子マネー払い」は、支払いが確認できてから商品が発送される前払い式です。急いで商品を受け取りたい場合は、「クレジットカード払い」「代金引換」などの後払い式を選ぶとよいでしょう。

Amazonギフト券とは

Amazonギフト券とは、Amazonのお買い物に使用できる商品券のことです。クレジットカードを持っていない人も利用でき、自分のお買い物用にも大変便利です

Amazonアカウントにチャージするタイプのものから、店頭で購入するプリペイド式のものまで、いろいろな種類がありますが、使い方は共通です。以下で詳しく説明していきます。

Amazonギフト券の使い方

Amazonギフト券を使用するには、自分のAmazonアカウントに「ギフト券番号」を登録する必要があります。ギフト券番号とは、ギフト券の券面に記載されている16桁~17桁の英数字のことです。

登録の手順としては、ログインした状態で「アカウントサービス」を選択し、「Amazonギフトカード」をクリックします。次に「Amazonギフトカードを登録する」ボタンを押し、次の画面でギフト券番号を入力すれば、登録完了です。

あらかじめギフト券番号を登録しておけば、商品を購入する際に支払いをスムーズに行えますが、商品を購入するタイミングに番号を登録することも可能です。

こちらもチェック!
Amazonギフト券とは?種類や使い方、お得なキャンペーンまで解説

コンビニやオンラインでのチャージもでき、Amazonでの買い物すべてに使える「Amazonギフト券」。登録残高の有効期限は10年と長くて使い切りやすく、ポイント還元キャンペーンもありお得に買い物できる点も魅力です。この記事ではAmazonギフト券の種類や使い方を解説します。本記事を参考に、自分や相手にぴったりのギフト券を選んでくださいね。

Amazonギフト券の購入方法

Amazonギフト券で使える購入方法は、ギフト券のタイプによって異なります。一覧でまとめたので、参考にしてください。

ギフト券のタイプ使える購入方法
Eメールタイプ・クレジットカード払い
印刷タイプ・クレジットカード払い
配送タイプ・クレジットカード払い
・コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネ―払い
・代金引換  
カードタイプ・店頭で購入する場合:現金払い(一部電子マネーが使える店舗もある)
・Amazonサイトで購入する場合:クレジットカード払い
チャージタイプ・クレジットカード払い
・コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネ―払い  

Eメールタイプと印刷タイプはクレジットカード払いのみ利用できます。カードタイプは購入する方法によって使える購入方法が異なるので注意しましょう。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券にはいくつか種類があります。それぞれの特徴と料金についてまとめました。

 特徴料金
Eメールタイプ指定したメールアドレスや電話番号に、メールやショートメッセージでギフトコードを送って使用する 15円から200,000円の範囲で金額を1円単位で指定できる
印刷タイプ指定したメールアドレスに、PDF形式でギフトコードが送られる
自宅で印刷し、プレゼントとしても使用できる
 15円から200,000円の範囲で金額を1円単位で指定できる
配送タイプ相手の住所に直接配送してくれる
「ボックスタイプ」「封筒タイプ」「商品券タイプ」「カタログギフトタイプ」など、さまざまな形式がある
 ・ボックスタイプ:3,000円から50,000円の範囲で金額を1円単位で指定できる
・商品券タイプ:1枚1,000円で10枚セット
・封筒タイプ:1,500円から50,000円の範囲で金額を1円単位で指定できる
カードタイプコンビニや量販店などの店頭で購入できるプリペイド式のギフトカード
以下2つの種類がある
・ 額面が決まっているもの
(3,000円、5,000円、10,000円、20,000円)
・1,500円から50,000円の範囲内で金額を1円単位で指定できるもの
チャージタイプ自分のAmazonアカウントに金額を直接チャージして使用する 100円から500,000円の範囲内で金額を1円単位で指定できる

一部のタイプを除き、Amazonギフト券は1円単位で任意の金額を指定できます。指定できる金額には上限と下限があるので注意しましょう。

PR
Amazonギフトカード(Eメールタイプ) テキストメッセージにも送信可

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカード(デジタルタイプ)。Eメールやショートメッセージで送信できます。
Amazonで数億種の商品・サービスに利用できます。
お届けは注文完了から通常5分以内ですが、 場合により5分以上かかることがあります。
有効期限は発行から10年です。
PR
Amazonギフトカード- 印刷タイプ(PDF)

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカード(デジタルタイプ)です。
Eメールやショートメッセージで送信できます。
PDF形式のギフトカードリンクが送付されます。
PR
Amazonギフトカード(グリーティングカードタイプ)

商品情報

Amazon.co.jpで使えるギフトカードです。
数億種の商品・サービスに利用できます。 ※Amazonギフトカードなど、細則に基づき一部制限あり
PR
Amazonギフトカード チャージタイプ

商品情報

※直接アカウントに残高追加するタイプです。

Amazonギフト券を使う際の注意点

Amazonギフト券を使用するには注意点があります。

1つ目は有効期限です。Amazonギフト券の有効期限は、どのタイプでも「発行後10年」です。期限内に買い物に使用しないと失効してしまいます。忘れないうちに使用しておきましょう。

2つ目は、Amazonギフト券で「新たなAmazonギフト券」の購入はできないということです。ショッピングカートにAmazonギフト券を追加した時点で、支払い方法に「Amazonギフト券」を選択できなくなります。その場合はほかの支払い方法を選択してください。
以上の注意点を押さえて、Amazonギフト券を快適に利用しましょう。

Amazonの商品をコンビニで購入する方法

コンビニ払いは、時間や場所を選ばずに購入代金の支払いができる大変便利なサービスです。手数料もかかりません。

コンビニ払いの方法は、まず商品を購入する際、支払い方法に「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択します。注文確定後、Amazonから「お支払い番号」と「支払期限」が記載されたメールが届きます。

必ず期限内にコンビニで支払い手続きを済ませましょう。支払いが確認できた後、Amazonから商品が発送されます。

店頭での支払い方法は、利用するコンビニによって異なります。以下のブロックでまとめていますので、参考にしてください。

こちらもチェック!
Amazonのコンビニ支払いをする方法!できない場合と対処のポイントも解説

Amazonで購入した商品代金は、コンビニで前払いできます。商品代金は現金で支払えるので、クレジットカードを使いたくない方や持っていない方におすすめの支払い方法です。 本記事では、Amazonでコンビニ支払いにする方法や、コンビニ支払いできない原因・対処法について解説していきます。

Amazonの商品をセブンイレブンで購入する場合

セブンイレブンで支払いをする場合は、メールに記載されている「お支払い番号」とは別の番号またはバーコードが必要になります。Amazonから届いたメールに記載された「お支払い方法別の手順」のURLをクリックし、「店頭レジ」を選択します。

次に「セブンイレブンでのお支払い」をクリックすると、「インターネットショッピング払込票」が表示されます。払込票にバーコードと13桁の番号が記載されているか確認しましょう。レジで払込票を提示し、支払いを行えば完了です。

なお、支払いは現金またはnanacoのみです。クレジットカードや電子マネーでは支払いできないので注意しましょう。

Amazonの商品をファミリーマートで購入する場合

ファミリーマートで支払いをする際は、マルチコピー機を使用します。手順としては、マルチコピー機のトップメニューから「代金支払い/チャージ」を選択し、「お客様番号」と「確認番号」を入力します。

支払い内容や方法をご確認後「確認」を押すと、「Mコピーサービス申込券」が発行されます。レジで申込券を提示し、支払いを行えば完了です。

マルチコピー機の詳しい操作方法はこちら

Amazonの商品をローソン・ミニストップで購入する場合

ローソン・ミニストップで支払いする際は、「 LoPPi(ロッピー)」という端末を操作します。手順としては、Loppiのトップメニューから「各種番号お持ちの方」をタップします。Amazonから送られた支払番号を入力します。入力が完了すると「申し込み券が」発行されます。レジで申込券を提示し、支払いを行えば完了です。

Loppiの詳しい操作方法はこちら

Amazonの商品をコンビニで購入する際に知っておきたいこと

Amazonの商品をコンビニで購入する際、以下の3点を知っておくとスムーズです。

  • 注文内容によってコンビニで購入できない場合がある
  • 購入した商品が発送されていなければキャンセルできる
  • 購入した商品をコンビニで受け取れる

一部の商品では、コンビニ払いを選択できないので注意しましょう。またコンビニ払いを行った後も、商品の発送前であればキャンセルが可能です。コンビニ払いのほか、「コンビニ受け取り」という便利なサービスもあるので知っておくとよいでしょう。詳細は以下のブロックで解説していきます。

こちらもチェック!
Amazonでコンビニ受け取りする方法!設定や受け取りの流れ、保管期限などを解説

Amazonのコンビニ受け取りは、保管期限内であればいつでも好きなタイミングで商品を受け取りに行けて非常に便利です。本記事では、Amazonでコンビニ受け取りするための設定方法や受け取りの流れ、保管期限や受け取りに必要なメールがこない場合の対処法などについて解説していきます。

注文内容によってコンビニで購入できない場合がある

以下の商品を購入する場合、コンビニ払いを選択できないので注意しましょう。

  • Amazonマーケットプレイス出品者が販売および発送する一部の商品
  • お急ぎ便やお届け日時指定便利用の注文
  • Amazon定期おトク便の注文
  • Amazonフレッシュでの注文
  • 支払い方法に制限を設けている商品
  • Amazonギフト券(チャージタイプ以外)
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ(Kindle電子書籍、デジタルミュージック、Androidアプリやアプリ内課金アイテム、Amazon Prime Video、デジタルゲーム、ダウンロードソフトウェアなど)
  • 合計金額が500,001円以上のご注文
  • 高額な時計
  • 登録した住所に送付されるほしい物リストの商品

コンビニ払いは前払い式になります。特性上、お急ぎ便や日時指定便、定期購入の商品は利用できません。また高額な商品やデジタルコンテンツも利用不可になります。上記に当てはまる商品を購入する場合は、ほかの購入方法を選択するようにしましょう。

購入した商品が発送されていなければキャンセルできる

Amazonでは購入した商品がまだ発送されていなければ、購入をキャンセルできる場合があります。

キャンセルの手順としては、Amazonにログインし、注文履歴を確認します。キャンセルしたい商品に「商品をキャンセル」ボタンが表示されているか確認しましょう。

表示されている場合はキャンセル可能です。「商品をキャンセル」ボタンを押し、キャンセル理由をプルダウンから選択して完了です。

また、コンビニ払いには支払期限があります。支払期限が切れると注文は自動的にキャンセルされます。商品をキャンセルしたい場合は、支払いをしないというのもひとつのやり方です

購入した商品をコンビニで受け取れる

コンビニの「店頭受け取りサービス」を利用すれば、Amazonで購入した商品を、自宅ではなくコンビニで受け取れます。

コンビニ受け取りを希望する場合は、受け取りたいコンビニの店舗を配送先に指定して注文します。商品がコンビニに到着後、Amazonからメールが届きます。指定された期限までに店舗に行き、支払いを行いましょう。

注意したいのが、購入方法方法と受取先の両方にコンビニを指定しても、2回コンビニに行く必要があるという点です。コンビニ払いは前払い式なので、代金引換のように支払いと受け取りを一度に済ませることができません。

Amazonの購入方法を変更する方法

Amazonでは、初回のお買い物に「クレジットカード払い」を使用した場合、それ以降もクレジットカード払いがデフォルトで登録されます。それ以外の方法で支払いたい場合は、注文のタイミングで支払い方法の追加や変更が必要です。

ここからは以下3つの場合に分けて、購入方法の変更の仕方を解説していきます。

  • 注文前に購入方法を変更する場合
  • 注文時に購入方法を変更する場合
  • 注文後に購入方法を変更する場合

なお、支払い方法の追加・変更は、なるべく商品の注文前や注文時に行うようにしましょう。注文後に変更できる場合もありますが、商品が「出荷準備中」「発送済み」のステータスになってしまうと、支払い方法の変更は一切できないため、注意しましょう。

注文前に購入方法を変更する場合

商品を注文する前であれば、あらかじめ「アカウントサービス」から支払方法を追加しておき、注文時に選択できるようしておくのがおすすめです。

手順としては、ログインした状態で「アカウントサービス」を選択し、「お客様の支払い方法」をクリックします。

「カード&アカウント」の下にある「支払い方法の追加」を選択し、使用したい支払い方法を設定しておけば、次回の注文から使用できます。

こちらもチェック!
Amazonで支払い方法変更をする方法!できないタイミングや条件も解説

amazonで買い物をするときに必ず設定をする支払方法ですが、支払い方法の変更メールが来たり、対応をしようと思ったら上手くできないなんてことはありませんか?今回は、カード以外のPayPayやコンビニ支払いについてやデフォルトの変更方法など、利用シーンに合わせて解説しますのでぜひ参考にしてくださいね。

注文時に購入方法を変更する場合

商品を注文するときに購入方法を変更する手順としては、購入したい商品を選択し「レジに進む」ボタンを押します。

注文画面ではデフォルトの支払い方法が表示されているので「お支払方法」の横にある「変更」をクリックし、使用したい支払い方法を選択しましょう。「この支払方法を使う」ボタンを押して、変更完了です。

なお、注文時に「今すぐ購入」ボタンをクリックすると、デフォルトの支払い方法で決済されてしまうので、支払い方法の変更ができません。購入方法を変更したい場合は、商品をカートに入れて「レジに進む」という手順で操作するようにしましょう。

注文後に購入方法を変更する場合

商品を注文した後に購入方法の変更が必要になった場合や、「今すぐ購入」をクリックしてしまうなどして注文時に購入方法を変更できなかった場合もあるでしょう。そういった場合は、注文後に支払方法を変更できます。

変更できるかどうかは「注文履歴」から商品のステータスを確認します。「出荷準備前」であれば変更できるので、「注文内容の表示と変更」をクリックし、「お支払い方法の変更」を選択します。支払い方法を変更すれば完了です。

商品のステータスが「出荷準備中」「発送済み」の場合は、支払い方法の変更はできません。

自分に合った購入方法を選択して、Amazonでのお買い物を楽しもう!

ここまでAmazonのおすすめな購入方法について解説してきました。Amazonの支払い方法には、コンビニ払いなどの「前払い方式」と、クレジットカード払いや代金引換などの「後払い方式」があります。

前払い方式は、支払い確認後に商品が発送される仕組みのため、後払い式よりも商品の受け取りに時間がかかりることがあります。商品をいつまでに受け取りたいかによって支払い方法を決めるのもよいでしょう。

また、支払い方法によっては手数料がかかるものもあるので、手数料の有無を基準に選ぶのもありです。それぞれの支払い方法の特徴を押さえて、Amazonでのお買い物をより楽しんでください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー