この記事で紹介されている商品
バスシューズおすすめ15選!お風呂で使えるブーツ・スリッパタイプをご紹介

バスシューズおすすめ15選!お風呂で使えるブーツ・スリッパタイプをご紹介

お風呂場を掃除する際に足元が濡れるのを防いでくれる「バスシューズ」。ブーツタイプやスリッパタイプ、裏面に滑らない加工が施されたものなどがあり、選ぶのに迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はバスシューズの選び方とおすすめの商品をご紹介します。大きいサイズもあるので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

バスシューズとは?

バスシューズとは、お風呂場を掃除する際に足元を濡らさないためのアイテムのことです。樹脂製素材を使用したものが多く、撥水性や防水性に優れているほかお手入れも簡単に行えます。

また、バスシューズは、水場での使用を想定して裏面に滑りにくい加工が施されているものがほとんどです。お風呂場で洗剤を使用している最中でも安全に使用できますよ。

バスシューズの選び方

バスシューズを選ぶ際は以下の5つのポイントに着目することが大切です。

  • タイプ
  • 滑りにくさ
  • サイズ
  • デザイン
  • 便利な特徴・機能

利用シーンはもちろん、使い勝手にこだわって選ぶと失敗もしにくいですよ。

1.シューズのタイプで選ぶ

バスシューズには、大きくブーツタイプ・スリッパタイプ・サンダルタイプの3種類があります。それぞれ履きやすさや履き心地が異なるため、タイプの違いを理解したうえで、利用シーンに合うタイプを選びましょう。

ブーツタイプ

ブーツタイプは、基本的に履き口が広くてワイドなものが多く、靴下のまますっぽり足を入れやすいのが特徴です。足全体を覆うように履くので、水濡れや水ハネを防げるといったメリットもありますよ。深型と浅型の2種類があるので、濡れにくさや脱ぎやすさを重視して選ぶとよいでしょう。

ただし、サイズが大きいものが多く、人によっては履き口が広いことで脱げやすくなったり、水が浸入しやすくなってしまうこともあります。

スリッパタイプ

スリッパタイプは簡単に着脱しやすいのが特徴です。足を滑らせるようにして脱ぎ履きするタイプで、通常の室内履きのスリッパと同様につま先を覆う形状になっています。水濡れを防ぎたいけれど、ブーツタイプほど大きいものは必要ないという方にもおすすめです。

ただし、ブーツタイプのようにかかとが覆われていないので水の侵入を完全に防ぐことはできません。大量の水を流してお風呂場の掃除を行う際は、足が濡れてしまう可能性があるので注意が必要です。

サンダルタイプ

かかとが開いた形状のサンダルタイプは、スムーズに脱ぎ履きできるのが特徴です。コンパクトサイズのものが多く、収納に場所を取らないのもポイントと言えます。ブーツタイプのように全体が覆われていない分、使用後に乾きやすいのも魅力です。

撥水性や防水性に優れているため、サンダルタイプはベランダ用のスリッパとしても使えて便利。ただし、甲部分が出ているタイプと覆われているタイプがあり、出ているタイプの場合は水濡れを完全に防げない難点もあります。脱着のしやすさ重視の方におすすめのタイプですよ。

2.滑りにくさで選ぶ

水場で使用することが多いバスシューズは、滑りにくさで選ぶことも重要なポイントです。水や泡で滑りやすいバスシューズを選んでしまうと、転倒したりケガをしたりする恐れもあります。

バスシューズは、本体も裏面もEVA樹脂素材でつくられたものがほとんどで、凸凹した形状の滑りにくい加工が施されたものが多い傾向にあります。凸凹せずにゴム素材が付いたものやメッシュ構造、ウェーブ状になったものなど、滑り止めの仕様は製品によって異なるので、比較して選ぶのがおすすめですよ。

3.サイズで選ぶ

バスシューズのサイズは、フリーサイズや26cm対応、28cm対応など、製品によって大きく異なるため、使用する人の足のサイズに合わせて選ぶのがポイントです。ぴったりサイズならスムーズに動きやすく、余裕のあるサイズなら脱ぎ履きしやすい魅力があります。ただし、あまりにもサイズの合わないものを使うと、水が浸入しやすくなったり脱げやすくなったりするので注意してくださいね。

4.デザインで選ぶ

バスシューズには、多彩なデザインやカラーの製品が揃っているため、好みや使用場所の雰囲気に合わせて選ぶのもおすすめです。特に、サンダルタイプはカラーバリエーションが豊富なので、自分好みのカラーを選べますよ。

全体に丸みがあるかわいらしい形状のものやスケルトン、花柄などさまざまなデザインをしたものが販売されています。二足合わせるとかかと部がひとつの絵柄になるものや、バスシューズのソールの内部にデザインを施したものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

5.そのほかの仕様・機能で選ぶ

バスシューズを選ぶ際は、シューズに付帯したそのほかの機能にも注目してみましょう。たとえば、フック穴の付いたものなら、使用後に引っ掛けて乾かせるので便利です。

ほかにも、サッと履きやすい両履きタイプや水はけのよい穴開き仕様など、利便性に優れた製品がたくさん!使いやすさにこだわりたい方は、ぜひ確認してみてくださいね。

収納しやすいフック穴付き

かかと部分にフック穴が付いたバスシューズは、お風呂場の掃除が終わった後でフックに引っ掛けて乾かせるので便利です。ハンガーやタオルバーに簡単に引っ掛けられるので、びしょ濡れになったシューズも素早く乾かせます。とくに、サイズの大きなブーツタイプは収納に場所を取るので、フック穴があると、省スペースでスッキリ収納できますよ。

サッと履きやすい両履きタイプ

バスシューズには、左右どちらの足でも履ける両履きタイプもあります。左右を気にする必要がないので、必要なときにサッと履きやすいのが魅力です。また、左右だけでなく前後を気にしなくていい製品もあります。履く際にわざわざ向きを揃える手間がないので、履きやすさを重視したい方におすすめですよ。

水はけがいい穴あき仕様

水はけがいい穴あき仕様のバスシューズは、内部に水が浸入しても溜まりにくいといったメリットがあります。濡れても乾きやすいため、お手入れもしやすいでしょう。アッパー部分に穴があいたものもあり、仮に水が浸入しても自然と抜けるので、足が濡れにくくて快適ですよ。

バスシューズおすすめ15選

ここからは、バスシューズのおすすめ商品15選をご紹介します。ブーツ・スリッパ・サンダルの3つのタイプがあるので、使いやすさや好みで選びましょう。デザインや機能性にも注目すると、より自宅に合った製品を探せますよ。

約24~26cmに対応したバスシューズです。お風呂マットにも使われているEVA樹脂を素材としており、厚底でやわらかな履き心地を実現しています。裏面には滑りにくい加工がされているため、お風呂内でも安心して履くことができますよ。かかと部には穴が開いており、使用後は引っ掛けて乾かすことも可能です。丸みのあるシルエットもかわいいですね。

足になじみやすいシリコーン素材でつくられたバスシューズです。履き口が外に反り返った形状になっているため、しっかり足にフィットしてくれます。柔軟性もあるので、収納の際に場所を取らないのもポイントですよ。裏面は波打つデザインで、滑りにくい工夫が凝らされているのも魅力ですね。

ふっくらとした丸みのあるシルエットが特徴のバスシューズ。厚底で滑りにくいクッション素材なので、お風呂場の床のヒヤッと感を軽減してくれます。ワイドな履き口で足を入れやすく、甲高設計で前からの水ハネをしっかりガードして濡れを防止するところも魅力。フックに掛けて干せる穴が開いているため、省スペースで乾かせるのもよいですね。

左右兼用のデザインで、履き口が大きくて足を入れやすいバスブーツです。アッパーを甲高にすることで前からの水ハネも防止してくれます。裏面はギザギザに加工されており、滑りにくいですよ。かかと部に穴が開いているので、フックやホルダーを使って収納できます。

脱着がしやすいソフトな履き心地で、寒い季節の使用でもヒヤッと感に耐えるしなやかな素材でつくられています。裏面には滑りにくいスポンジ底を採用しているのも特徴です。26cmサイズに対応しており、バスシューズの中でもスタンダードな設計なので、心地よくゆったりと使えますよ。

左右共通のサイズかつ28cmまで対応しているのでユニセックスに使えます。靴下のまますっぽりと足が入る履き口なので、脱ぎ履きがしやすいのもポイントです。また、裏面にはギザギザに加工されたスポンジが付いており、滑りにくくなっています。かかと部が平らな形状なので、使用後に立て掛けても倒れにくいのがうれしいですね。

やわらかな素材で履き心地がよいバスシューズです。裏面には滑りにくいように加工されているので、お風呂場掃除の際も安心して作業できます。また、かかとの上部にフックで引っ掛ける穴が開いているので、使用後に乾かしやすいのもうれしいですね。ソール内側の花柄デザインも、ワンポイントでかわいいですよ。

まるで靴下のように履けるシリコン製のバスシューズです。畳むと小さくなるので収納や乾燥がしやすく、バスシューズの置き場所に困っている方にも適しています。また、裏面が凸凹構造になっており、滑りにくい工夫が凝らされているのも特徴です。M・Lの選べる2サイズで、ピンクのほかに青・黒からも選べますよ。

ストリックスデザイン バスブーツ

Amazonカスタマーレビュー

4.0

Amazonカスタマーレビュー

(164件)

>

商品情報

対応サイズ:26cmまで
重量:(片足)0.172Kg、(パッケージ)0.373Kg
素材:(本体)EVA樹脂、(底面)EVA発砲スポンジ

ロングブーツタイプのバスシューズ。深めの構造にすることで、お風呂掃除中の水ハネを防止してくれます。EVA樹脂素材で撥水性と防水性に優れており、裏面はやわらかいEVA発砲スポンジを採用し、足への負担を軽減していますよ。滑りにくいギザギザ仕様も魅力です。

EVA樹脂を使ってつくられて造られており、裏面にもEVA発砲スポンジを使うことで水濡れやハネ、滑りなどを抑制してくれるのが特徴です。従来品よりも高さを短くしたことで、脱ぎ履きがしやすくなっています。かかと部が平らな形状なので、使用後は立て掛けて収納することも可能です。

おしゃれなクリアタイプのバスシューズです。足にやさしい履き心地のEVA樹脂発砲クッションを採用しており、滑りにくい工夫が施されています。履き口がワイドで、簡単に着脱できるのもおすすめポイントです。濡れたお風呂場やベランダの掃除に便利で、リーズナブルな価格なので気軽に買い替えられますよ。

底面が凸凹した穴の開いた構造になっており、水が溜まらないのが特徴です。内部が汚れた際もサッと水洗いできるため、衛生的に使えます。軽量なEVA樹脂素材でつく、やさしくて軽い履き心地も魅力ですよ。お風呂場の掃除はもちろん、ベランダのスリッパ代わりにもおすすめです。

ロングブーツタイプのバスシューズ。履き口が広いので、脱ぎ履きがしやすい仕様となっています。足首が長いので、前からの水ハネもしっかりガードして濡れを防いでくれますよ。底面にスポンジを採用することで、やさしい履き心地を実現しているのも特徴のひとつ。床からのヒヤッと感を軽減してくれるので、寒い季節の使用にもおすすめです。

底面の凸凹構造が特徴的なバスシューズです。スリッパのように履けるので、お風呂場の掃除以外のスリッパ代わりに履くこともできますよ。軽い履き心地で、滑りにくく濡れても水が溜まらない仕様もポイント。かかと部にはブランドのおしゃれなロゴが入っており、シンプルな設計なので性別を問わず使えるところもうれしいですね。

深型タイプなので水ハネで濡れることを防いでくれるのが特徴。左右共通のサイズで裏面には滑りにくい設計が施されているため、水場での使用の際も安心です。靴下のままでも足を入れやすいワイドな履き口もポイント。かかと部が平らな形状で、脱ぎ履きしやすいのでストレスフリーで使えます。

全15商品

おすすめ商品比較表

オーエ バスシューズ アイボリー

無印良品 シリコーンバススリッパ

アイメディア サンダル

コモライフ やわらかバスブーツ

ミツギロン バスブーツ

レック シンプル バスブーツ

ミツギロン バスシューズ

HDKBIG バスブーツ バスシューズ

ストリックスデザイン バスブーツ

アイセン工業 ショート丈で脱ぎ履きしやすい バスブーツ

アイセン バスブーツ

Fine 水のたまらないサンダル

アイセン やさしい履き心地 ロング バスブーツ

フレディレック サンダル

レック シンプル バスブーツ

Amazonカスタマーレビュー
4.3911
4.1257
4.01,663
4.1291
4.2425
4.2535
4.0154
3.447
4.0164
3.94
4.1398
3.311
4.229
4.3201
4.1390
最安値

-

タイムセール
¥568-14%
参考価格¥660

-

タイムセール
¥1,275-23%
参考価格¥1,650
タイムセール
¥812-26%
参考価格¥1,100
タイムセール
¥2,700-9%
参考価格¥2,970
タイムセール
¥648-9%
参考価格¥715
購入リンク

おすすめのバスシューズでお風呂掃除しよう

バスシューズは、お風呂場を掃除する際に足元が濡れるのを防いでくれる便利なアイテムです。床からの冷えも軽減してくれるので、寒い季節でも使用できます。

ブーツタイプやスリッパタイプなど多種多様な製品があるので、ぜひ使いやすいものを見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー