この記事で紹介されている商品
揚げ物鍋のおすすめ13選!少ない油で揚げる・はねないなど選ぶポイントを紹介

揚げ物鍋のおすすめ13選!少ない油で揚げる・はねないなど選ぶポイントを紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

揚げ物をカラッとおいしく仕上げるときにあると便利な「揚げ物鍋」。油がはねない構造になったものや、少ない油で揚げられる使い勝手の良いものを使えば、格段にフライ調理が楽になりますよ!この記事では揚げ物鍋を選ぶポイントや、素材による仕上がりの違いについても紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

揚げ物鍋ってどんな鍋?

唐揚げや天ぷらなど、揚げる調理をするときに適したフライ用の鍋が「揚げ物鍋」です。揚げ物鍋の大きな特徴は、油にしっかりと食材が浸るよう深型のものが多いこと、そして熱伝導率のよい材質が使われていること。食材を入れても油の温度が下がりにくいので、天ぷらやフライをサクッと揚げられます。

揚げ物鍋にはホーロー製や鉄製など、さまざまな素材の商品があります。最近はIHクッキングヒーターをお使いの家庭も多いので、IHを使用している方はIHに対応しているものを選ぶようにしましょう。ほとんどの製品がIHに対応していますが、銅製品は対応品がないのでご注意ください。

揚げ物専用の鍋が必要なのはなぜ?

深型のフライパンでももちろん揚げ物は作れますし、浅型のフライパンで少量の油で調理することも可能ですよね。では、どうして揚げ物専用の鍋が必要なのかというと、「油の温度を保つ」という点が大きく異なるからです。蓄熱性が低い鍋で揚げ物をすると、油の温度が安定せず、べチャッとした仕上がりになってしまうことが多くあります。

また、「本格的な揚げ物はハードルが高い」と思われがちですが、温度計が付いているものや油はね防止のガードが付いているものなど、揚げ物専用の鍋こそ揚げ物のハードルを低くしてくれます。「もっと簡単に揚げ物がしたい」「揚げ物のクオリティを上げたい」という方は、ぜひ揚げ物専用の鍋を使ってみてくださいね!

揚げ物鍋を選ぶポイント

揚げ物鍋は、使い勝手や仕上がりにこだわったさまざまな製品が販売されています。どれを選べばいいか分からないという方は、以下の4つのポイントに着目して選んでみてください。

  • サイズ
  • 素材 
  • 形状 
  • 使い勝手

ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説していきます!

サイズで選ぶ

まずは、使用する揚げ物鍋のサイズを決めましょう!家族が多い場合、小さい鍋で人数分のおかずを揚げるとなるとかなり時間がかかってしまいますよね。かと言って、大きすぎても油が無駄になってしまいます。

1~2人分の調理をするなら直径16~20cm、3~4人分なら直径21~24cmを選ぶときの目安にしてみてください。

16~20cm|少人数分の調理に便利な小さめサイズ

小さめの揚げ物鍋は、1~2人分の調理をするだけでなく、副菜用に食材をさっと揚げる時など、1つあればなにかと重宝します。カレーなどに素揚げのナスやレンコンをトッピングするのもいいですね!

収納スペースに限りがある場合も、コンパクトな小さい鍋がおすすめ。オイルポットと一体型になっているタイプなら、さらに収納スペースを減らすことができて便利です。

スタイリッシュな見た目と抜群の使いやすさ
栗原はるみ IH対応ダブルフライヤー 20cm

商品情報

サイズ:直径20.8cm×ハンドル含む幅41×高9cm 
重量:約1643g
容量:2800ml

ステンレス鋼の2つの鍋と濾し網、揚げ網がセットになった揚げ物鍋です。同じ形状の鍋がセットになっているので、もう一つは油を濾して保存するオイルポットとして使用可能。次はオイルポットにした鍋を調理用にするなど、鍋を交互に使いまわせて便利です。濾し網は油はねガードとして使うこともできますよ。 14cm・16cm・20cmと3つのサイズ展開ですが、14cmのみIH非対応なのでご注意ください。

和平フレイズ 天ぷら鍋 20cm AR-7003

商品情報

ブランド:和平フレイズ(Wahei freiz)
商品サイズ:約 幅28.5×奥行20.8×高さ8.9cm
重量:約590g
材質:鉄(シリコン樹脂塗装)、底の厚さ:約0.7mm、アミ:鉄(クロムメッキ)
満水容量:約2.4L
適正油量:約1.3L

この天ぷら鍋は、保温性に優れた鉄製で、素材を入れても油の温度が下がりにくく、揚げ物をおいしく仕上げることができます。油がきれいに切れるアミ付きで、使用後の油の処理も簡単。また、油の移し替えをスムーズに行える注ぎ口が付いており、使い勝手がよいのが特徴です。天ぷらはもちろん、野菜の素揚げやコロッケ、とんかつ、唐揚げ、フライドチキンなど、幅広い揚げ物料理に対応する専用鍋です。

24cm以上|ファミリー向けの大きめサイズ

家族の人数が多いご家庭は、大きめの揚げ物鍋があると便利!小さいもので何度も揚げていると時間がかかりますし、油もどんどん汚れてしまいます。4~5人分を揚げるなら、24cm以上のものがおすすめですよ。

24cmと大人数の揚げ物に対応した揚げ物鍋です。満水時の容量は3.2Lなのでたっぷりと揚げられます。鉄製なので熱伝導率が高く、食材を入れた時にも温度が下がりにくいです。また、底に施された打ち出し加工によって、熱を均一に伝えてくれるのが特徴。油切りができる網が付いていてIH(200V)やガスコンロ、シーズヒーターといった6種類の熱源に対応しています。

ヒロショウ よこやま 燕熟の技 天ぷら鍋 24cm

商品情報

ブランド:ヒロショウ(Hirosho)
商品の寸法:奥行き24.8 x 幅30.8x 高さ11 cm
商品の重量:900 g
容量:3.3 L

熱効率と保温性に優れた鉄製で、食材をカラッと揚げることができます。揚げ物の適温が一目でわかる温度計付きで、調理の手間を省くことも。また、油切りに便利な半月アミが付属しており、揚げたての天ぷらやフライをサクサクの状態で提供できます。家庭での揚げ物料理がより簡単になること間違いなしですよ。

素材で選ぶ

ある程度鍋の大きさを決めたら、次は鍋の素材に注目!素材によってお手入れのしやすさや仕上がりに違いが出ます。揚げ物鍋に使われているのは、ホーローや鉄、ステンレスや銅など。それぞれの素材の特徴について、紹介していきますね。

蓄熱性に優れたホーロー製

「キッチンアイテムは見た目にもこだわりたい」という方におすすめなのがホーロー製の揚げ物鍋。もちろん見た目だけでなく、蓄熱性が高いので食材を入れた時にも温度が下がりにくいといった特徴があります。焦げ付きにくく汚れが落としやすい上に、匂いが付きにくいのもメリットです。油が劣化しにくいので、使用後の油を濾して次の揚げ物に使うこともできますね。

重さがあり衝撃に弱いので、ぶつけたり落としたりしないよう注意して使う必要があります。ホーロー鍋には揚げ物に対応していない製品もあるので、必ず揚げ物ができるか確認してから選びましょう。

ビビットカラーで料理も映えて気分も上がる
高木金属 洗いが楽なフライ&フォンデュ鍋 20cm HT-20RW

商品情報

サイズ(約):21.8×28.0×8.5cm
本体重量(約):690g
満水容量:2.1L

揚げ物だけでなく、卓上でチーズフォンデュなどもできるホーロー製の鍋です。熱源はガス火、卓上IH(100V、200V)に対応。鍋の内側が白くなっていることで、揚げ物の揚がり具合や油の汚れ具合がわかりやすいのがうれしいポイントです!

プロの味を目指すなら銅製

熱伝導率が最も高いのが銅製の揚げ物鍋。天ぷら屋さんなどプロも多く愛用しています。短時間で油の温度を上げてくれるので、てんぷらもサクッと仕上がりますよ。

ただし、ホーロー製に比べると油が劣化しやすいので、油を再利用するのには不向きでしょう。揚げ物が終わった後は錆び防止のためすぐに汚れを落とす必要があるなど、家庭用としてはやや使いにくい点もあります。

食材にムラなく火が通り美味しく仕上がる
和平フレイズ 日本製 純銅 揚げ鍋 20cm ガス火専用 CS-026 千歳

商品情報

サイズ:約27×20.3×9.8cm
満水容量:2.3L
重量:‎0.81 kg

純銅製の揚げ物鍋。熱伝導率が高いので、食材を入れても油の温度が下がらずカラッと揚げられるのがうれしいポイント。ムラにならず食材の芯まで火が通るので、ジューシーさを失わずに揚げ物をおいしく仕上げてくれます。使い込むとあめ色に変化していき、味わい深さを楽しめますよ。IHには非対応で、ガスコンロ専用となっています。

仕上がりを重視するなら鉄製

「扱いやすさと仕上がり両方こだわりたい」という方におすすめなのが鉄製品です。銅に次いで熱伝導率が高いので、高温で早く揚がりサクッと仕上がります。

錆びやすい材質なので、洗った後はしっかりと乾燥させてから保存してくださいね。また、油を酸化させやすい性質があるので、使用後の油を何度も再利用するのは控えましょう。

温度計付きで慣れない揚げ物も失敗知らず
和平フレイズ 焼付塗装 天ぷら鍋 燕三条発いいもの小路 鉄製 IH対応 TM-9467

商品情報

商品サイズ: 約 幅28.7×奥行22.8×高さ13.2cm(鍋の高さ:約8cm)
容量 2.2L
重量:約1333g

IH対応の鉄製の揚げ物鍋です。蓋の部分が油切りとしても使えるので省スペースで揚げ物ができますね。油はね防止ガードや温度計が付いているのもうれしいポイント!初めて使う方や揚げ物が苦手な方でも使いやすい鍋になっています。

お手入れのしやすさも考慮するならステンレス製

お手入れの手間を省きたいなら、ステンレス製の揚げ物鍋も選択肢に入れてみましょう。錆びにくく耐久性も高いので、お手入れのしやすさで選ぶならステンレス製がおすすめです。

鉄製やホーロー製に比べると熱伝導率は低いので油の温度が上がるまで時間はかかりますが、蓄熱性は高いので温度を一定に保ってくれますよ。

油切りに便利なアミ付きで使いやすい
ヨシカワ 天ぷら鍋 20cm

商品情報

サイズ 全幅25.8cm×全長20.5cm×全高7.8cm(鍋高6.9cm)
容量 700 ml
本体重量(約):500g

直径約20cmのステンレス製天ぷら鍋です。シンプルなつくりですが、便利な揚げアミや注ぎ口がついていて使いやすさは抜群!熱源はガス火やIHのほか、シーズヒーター、ハロゲンヒーターなどにも対応しています。油の汚れ具合がわかりやすいのもうれしいポイントです。

形で選ぶ

揚げ物鍋と言えば丸型のイメージがありますが、最近では四角い形タイプも販売されています。四角形なら長細い食材も揚げやすいので、アスパラガスやエビフライ、串揚げなどを揚げたい方におすすめですよ!

少量の油で揚げたいなら「四角い揚げ物鍋」がおすすめ

四角い形の揚げ物鍋は、細長い食材を揚げるのに向いているだけでなく、少ない油で調理できるのもメリットです。さらにコンパクトに収納できるのもうれしいポイントで、バットや網がセットになっているものも多く、すぐに揚げ物を始められますよ。

キッチンを明るくしてくれるピンク色がかわいい、ホーロー製の四角い揚げ物鍋です。揚げ網やバット、温度計がセットになっており、重ねてコンパクトに収納できます。IHやガスコンロ、オーブンなどさまざまな熱源に対応。角の部分を使えば、オイルポットにも注ぎやすく後始末も簡単です。

使い勝手で選ぶ

素材や大きさ、形を選んだら、あとは使い勝手の良さがポイントになってきます。使いやすさで揚げ物鍋を選ぶなら、お手入れのしやすさだけでなく、使う油の量や油のはねにくさなども考慮したいですよね。

温度計がついているものであれば、温度調節がしやすく調理が楽になります。使い勝手の良さで揚げ物鍋を選ぶポイントについて、もう少し詳しく解説していきます。

もう揚げ物が怖くない!油がはねない設計の鍋

「油がはねるのが怖い」という方は、鍋のフチに油の飛散を防止するガードが付いているものがおすすめ!全くはねないわけではないですが、横へ飛び散るのが減るだけでも思わぬやけどを防げるでしょう。

鍋の間口が狭くなるので食材は少し投入しにくくなりますが、とんかつなど大きめの食材を調理する時にはガードを取り外すことができますよ。

汚れが落ちやすく油が跳ねにくい
富士ホーロー 天ぷら鍋 24cm IH対応 TP-24

商品情報

材質 金属
サイズ「本体+取っ手」32 × 「最大径」26.5 × 「高さ」10.5cm
容量  満水容量 2.8L、適正油量 1.0L
重量 1,220g

ホーロー製の揚げ物鍋です。24cmと大型なので、複数人の調理をするときにも頼りになります。フチに油はね防止ガードが付いているので、油がはねる心配も軽減してくれますよ!油はねガードには温度計をセットできるので、油の温度を確認しながら調理できます。IH(200V)に対応。キッチンにそのまま置いてあってもおしゃれなデザインです。

深型なら少量の油で調理可能!

少量の油で揚げたいなら、先ほど紹介した四角い揚げ物鍋のほかに深型になっているものがおすすめ。口径が小さいので少量の油でも高さが出ます。深型なので油がはねても手に当たりにくいですが、一度にたくさんは揚げられません。

コンパクトだからさまざまなシーンで大活躍
ティファール マルチポット 16cm G74683

商品情報

商品サイズ:幅27.4×奥行17.4×高さ13.6cm(ふた込)
容量 2.6L
重量:1080g(フタ込)

調理アイテムを増やしすぎたくないという方には、「マルチポット」という選択肢も!これ1台で煮る・炊く・揚げる・炒めるなど何役もこなしてくれます。こちらのマルチポットは底面が3層構造になっており、熱伝導が優れています。素早く均一に食材に火が通るため、ムラのない仕上がりが期待できます。独自のコーティングで汚れもこびりつきにくく、お手入れも楽々。IHに対応しています。

温度計付きで火加減楽々!

揚げ物の調理で苦労するのが、油の温度の管理ですよね。温度が高すぎると食材の中心部まで火が通る前に表面が焦げてしまいますし、低すぎるとべチャッとした仕上がりになってしまいます。

それを防ぐために導入したいのが温度計!温度計がセットになっている揚げ物鍋なら、調理の際に邪魔になりにくく便利です。油の量が少なすぎると温度計が油にしっかりと触れず正しい温度が測れないので、温度計の先が油に浸かっているか確認しながら調理してくださいね。

手ごろなサイズで毎日使いやすい
パール金属 天ぷら鍋 20cm オンリーワン・ステージ HB-6150

商品情報

製品サイズ:(約)幅29×奥行21×高さ10.5cm
容量 2.4L
重量:(約)0.72kg

温度計付きの揚げ物鍋です。油はねガードに温度計が設置できるタイプなので、調理の際に邪魔になりいくいメリットがあります!鉄製なので熱伝導率もよく、カラッとした揚げ物が楽しめるでしょう。油はねガードには食材ごとの適性温度が書かれていますので、迷うことなく調理ができますね。かわいいツートンカラーで調理が楽しくなりますよ!IHにも対応しています。

貝印 両手 天ぷら鍋 20cm

商品情報

ブランド:貝印(Kai Corporation)
商品のサイズ:285×213×105mm
商品の重量:724g
素材・材質:フード/鉄(アクリル樹脂)、取っ手/鉄(クロムメッキ)、温度計/バイメタル式

この20cmサイズの天ぷら鍋は、IH200V・100Vに対応し、油の温度が一目で分かる温度計付きです。油の飛び散りを防ぐフード付きで、キッチンを清潔に保ちながら揚げ物を楽しむことができます。油量目盛りと注ぎ口が付いているため、油の量を正確に測り、使用後の油の処理も簡単ですよ。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは揚げ物鍋の種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらに揚げ物鍋を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

全13商品

おすすめ商品比較表

栗原はるみ IH対応ダブルフライヤー 20cm

和平フレイズ 天ぷら鍋 20cm AR-7003

ヨシカワ 本職の鉄製打ち出し天ぷら鍋 24cm (アミ付) SH9160

ヒロショウ よこやま 燕熟の技 天ぷら鍋 24cm

高木金属 洗いが楽なフライ&フォンデュ鍋 20cm HT-20RW

和平フレイズ 日本製 純銅 揚げ鍋 20cm ガス火専用 CS-026 千歳

和平フレイズ 焼付塗装 天ぷら鍋 燕三条発いいもの小路 鉄製 IH対応 TM-9467

ヨシカワ 天ぷら鍋 20cm

富士ホーロー 角型 天ぷら鍋 ピンク IH対応

富士ホーロー 天ぷら鍋 24cm IH対応 TP-24

ティファール マルチポット 16cm G74683

パール金属 天ぷら鍋 20cm オンリーワン・ステージ HB-6150

貝印 両手 天ぷら鍋 20cm

Amazonカスタマーレビュー
4.714
3.7250
4.12,124
-
3.937
4.064
4.31,334
4.12,124
4.4119
4.2314
4.41,061
3.848
4.2471
最安値
タイムセール
¥827-58%
参考価格¥1,980
タイムセール
¥1,793-18%
参考価格¥2,200
タイムセール
¥2,391-7%
参考価格¥2,564
タイムセール
¥4,609-12%
参考価格¥5,250
タイムセール
¥1,573-28%
参考価格¥2,200
購入リンク

気軽に美味しく揚げ物を楽しもう!

揚げ物鍋は熱伝導率が良い素材が使われているので、食材を入れた時に油の温度が下がらずカラッとした仕上がりになります。 油はねガードや温度計が付いているものなら、やけどの心配や温度管理の難しさも減るので、気軽に揚げ物が楽しめるようになりますよ!お気に入りの揚げ物鍋を見つけてサクサクの揚げ物を味わってください。

こちらもチェック!
天ぷら鍋のおすすめ10選!IH対応・小さいサイズなどのアイテムをご紹介

揚げ物がカラッとおいしく仕上がる「天ぷら鍋」。さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、天ぷら鍋のおすすめの選び方について解説します。鉄やホーローなどの素材、温度計や揚げ網などの付属品など、チェックすべきポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
天ぷら鍋の小さいアイテムおすすめ10選!ih対応や日本製などコンパクトで人気なものをご紹介

少量の揚げ物料理を作りたい際に活躍する「小さい天ぷら鍋」。丸型から四角型までさまざまな種類があるため選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで今回は、小さい天ぷら鍋の選び方とおすすめの商品をご紹介します。IH対応のものや、日本製でリーズナブルな価格帯のものを紹介していますのでぜひ購入の参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー