この記事で紹介されている商品

ヒップシートおすすめ14選!折りたたみ可能なコンパクトタイプや20kg対応モデルも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ヒップシートは、幼児を抱っこする際に便利な育児グッズのひとつです。しかし、数多くのヒップシート商品が市場に出回っているため、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、本記事では、ヒップシート選びで失敗しないためのポイントや、おすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヒップシートとは?抱っこ紐との違いも説明

ヒップシートと抱っこ紐の違いは、使える時期と負担のかかる場所です。 ヒップシートは、まだ長時間一人で歩くことのできない、歩きはじめた頃の赤ちゃんを抱っこする時に便利なアイテムです。着脱の簡単なタイプや、ずっと腰につけておけるウエストポーチタイプもあります。抱っこをしていると、腰に負担がかかるものが多いのも特徴です。

一方、抱っこ紐は新生児期から使用でき、保護者との密着度も高めです。多くが対面式になっていて、しっかりと赤ちゃんを支えることができます。両手が空くので、家事や買い物などの際にも便利です。それぞれに利点があるので、自分が使いやすい方を選ぶようにしましょう。

ヒップシート選びのポイント

ヒップシートを選ぶには、いくつかのポイントがあります。さまざまなタイプのものがあるので、目的や用途に合ったもの選ぶことが重要です。対象年齢にも多少の幅があるため、いつから使用したいのかを考慮する必要があります。そして何よりも、安全性に考慮して適切な商品を選ばなければなりません。お尻の部分にすべり止めや落下防止ベルトなどが備わった安全な商品を選ぶといいでしょう。

種類で選ぶ

ヒップシートを選ぶ際には、用途を確認することが大切です。ヒップシートは、大きくわけて3タイプあります。着脱が簡単な「腰巻きタイプ」。腰への負担を軽減する「ショルダーベルトタイプ」。赤ちゃんのうちから使える「抱っこ紐一体型タイプ」。それぞれ特徴がありますので、実際の商品を紹介しながら詳しく見ていきましょう。

着脱が簡単な腰巻きタイプ

腰に巻いて固定するタイプは、着脱がスムーズな点が1番のメリットです。台座に子どもを乗せるだけで、縦抱っこ、前向き抱っこ、横向き抱っこなど好みの抱き方が素早くでき、乗り下ろしもスムーズです。子どもも自由な体制で乗ることができるので、抱っこを嫌がる子にもおすすめです。ただし、台座のみで他に支えるものがないので、つねに片手で子どもを支えなければいけないのがデメリットといえます。

PR
Bebamour たためるヒップシート

商品情報

ブランド Bebamour
ストラップタイプ 調節可能
最小推奨体重 3 キログラム
推奨最大重量 14.9 キログラム
留め具タイプ 面ファスナー

赤ちゃんが安定して座れるよう、アルミフレームが内蔵されたヒップシートです。アルミフレームを折り畳めば、コンパクトに持ち運ぶことができます。台座の部分は空洞になっているので、オムツやおしりふき、ベビーマグ、財布などの日常必需品はすべて収納可能です。スーパーや近所へのお散歩におすすめですよ。

PR
POLBAN ADVANCE ヒップシート

商品情報

色 リップストップネイビー
材質 ナイロン100%
ブランド POLBAN
ストラップタイプ 調節可能
商品のお手入れ方法 洗濯機洗い
最小推奨体重 6 キログラム

付けていて違和感ないサイズ感や装着時の手軽さ、耐荷重分散、収納性など、保護者の声をもとに開発されたヒップシートです。ウエストのクッション性を高くすることによって、1番荷重がかかる下腹部への負担を軽減しています。また、赤ちゃんの座る台座にはすべり落ち防止のメッシュクッションを採用しており、抱っこの快適さを高めるこだわりも感じられるアイテムです。

PR
kerätä ダイヤルヒップシート

商品情報

色 グレー
ブランド kerätä(ケラッタ)
ストラップタイプ 調節可能
商品のお手入れ方法 <手洗い推奨>製品の品質を保ってお使いいただくために洗濯機は使用せず、手洗いをしてください(洗濯機を使用すると劣化が早まる可能性があります)。洗う前にシート座面のプラスチックを取り出してください。乾かすときは日陰でつり干しをしてください。
推奨最大重量 15 キログラム

腰に心地よくフィットするヒップシートです。腰ベルトの両サイドについたダイヤルを回すことでシートが腰にぴったりフィット。赤ちゃんを抱っこしたり降ろしたりするうちにベルトがずり落ちてきてしまう問題から解放されますよ。 また、台座部分のウエストガードクッションがお腹にかかる負担を軽減してくれるのもうれしいポイント。痛みを感じにくく、お父さん・お母さんの身体にとことん配慮した作りになっています。

腰への負担が減るショルダーベルトタイプがおすすめ

ショルダータイプのヒップシートは、負担を腰と肩に分散させたい人におすすめ。 腰巻きタイプと比較して安定感があり、安心して使用することができます。用途に応じてショルダーベルトの取り外しができるタイプや、赤ちゃんを固定できるカバーが搭載されたタイプなど、工夫がこらされている商品が多いのも特徴のひとつです。ただし、ショルダーストラップをかけた片方の肩に負担が集中することが多いため、長時間使用する場合は注意が必要です。

PR
Coperta ヒップシート

商品情報

ブランド Coperta
ウエスト 約70cm〜115cm
推奨対象年齢 腰が座ってから〜約36ヶ月頃まで
推奨耐荷重 20kgまで

Copertaのヒップシートは、取り外し可能な落下防止ベルトが特徴です。このベルトがあることによってお子様の落下を防止できるのはもちろん、抱っこ時の肩への負担も軽減されるようになりました。台座クッションの形状や、抱っこ時に膝があたる部分にクッション生地を採用するなど、お子様の座り心地にもこだわり開発されています。紙おむつ4〜5枚と薄手の着替え一式入れても余裕があります。公園遊びなどで汚れてしまっても安心ですね。

PR
plaisiureux ヒップシート 2WAY

商品情報

色 ブラック
ブランド Plaisiureux
ストラップタイプ 調節可能
商品のお手入れ方法 洗濯機洗い
最小推奨体重 6 キログラム

安全性・耐荷重量試験に合格した商品です。赤ちゃんの腰回りを支える腰サポートクロスやショルダーベルトの2重ロック仕様など安心して使える機能が盛りだくさん。さらに腰ベルトもついて安定性がアップしていますよ。ボディバッグとしても使えるシンプルでスタイリッシュなデザインは、抱っこを卒業した後でも普段のお出かけ用として長く使えます。

PR
Lauce ヒップシート

商品情報

ブランド Lauce
ウエスト目安 約65cm〜115cm 
推奨対象年齢 新生児 乳児 〜36ヶ月頃まで
最小推奨体重 3 キログラム
推奨最大重量 20 キログラム

こちらのヒップシートは、腰にあたる部分に厚手のクッションが入っているのが特徴です。生地はメッシュ地を使用しているので、蒸れの軽減にも。子ども用補助ベルトはバックルと面テープの二重ロック。落下事故を防止し、安全にお子様を抱っこできます。フロントの収納ポーチの他にもサイドにはドリンクホルダーや小物を入れられるポケットが付いているので、いつものおでかけセットを入れておくと便利そうですね。

赤ちゃんに使うなら抱っこ紐一体タイプがおすすめ

抱っこ紐と兼用のタイプは、赤ちゃん期には肩部分を装着して抱っこ紐として、歩き始める頃には、腰巻きタイプと、形を変えながら長期間使用できるのが特徴です。抱っこをしている時に両手が空くため、荷物が増える買い物時などに便利ですね。赤ちゃん期から使うものなので、抱っこ紐の安全性に関する一定の基準をクリアした「SGマーク」取得したものを選ぶと良いでしょう。

PR
plaisiureux ヒップシート 4WAY

商品情報

色 ブラック
ブランド Plaisiureux
ストラップタイプ 調節可能、取り外し可能
商品のお手入れ方法 手洗いのみ
最小推奨体重 6 キログラム

シーンに合わせて使える抱っこ紐付きのヒップシートです。赤ちゃんの体を包み込んでくれる抱っこ紐つき。前向きや対面の抱っこだけでなくおんぶにも対応しており、バックルを外せばシンプルなヒップシートとしても使えます。ヒップシートの角度は、抱っこしやすく赤ちゃんも座りやすい30度に設計されています。肩・腰・腹部の3点に負担を分散してくれるので、長時間の抱っこも苦になりません。

PR
kerätä ヒップシート

商品情報

ブランド Kerätä(ケラッタ)
対象年齢 6カ月~36カ月まで
推奨 15kgまで
サイズ ウエスト最大100cmまでベルト調節可能

ケラッタのヒップシートは4WAYで使用することができるのが特徴。対面・前向き・おんぶ・ヒップシートとして使用することができるので、長く使いたい人におすすめです。また、使用時期の長さにたいしてリーズナブルな点も魅力のひとつ。抱っこをサポートするカバーにはメッシュ生地を使っているので、抱っこ時の蒸れを軽減。通気がよく熱もこもりにくいので、快適に抱っこすることができます。

PR
ベベフィット 折りたたみ式ヒップシートベビーキャリア

商品情報

ブランド Bebefit
最小推奨体重 6 キログラム
推奨最大重量 15 キログラム
推奨年齢 新生児~約36ヶ月

こちらのヒップシートは、肩や腰の負担を和らげてくれるのが特徴です。特許を取得した重心移動技術を採用しており、赤ちゃんを快適に抱っこすることができます。取り外し可能なヒップシート部分は、折り畳めばジャケットやコートのポケットに入るほどコンパクトに。お出かけ時の着脱ストレスが軽減されそうですね。また、新生児期やハイハイ期にはヒップシート部分を使わず、メインの抱っこ紐として使用することもできますよ。

対象年齢から選ぶ

ヒップシートを使用したい期間を考慮して、対象年齢をチェックしながら選ぶといいでしょう。赤ちゃんの頃から使用するなら対象年齢「0ヶ月~」と表記された新生児用の製品、生後3ヶ月が過ぎ、首がすわる時期から使用する場合には「3~36ヶ月(3歳)」、さらにその先の使用を考えているなら耐荷重をチェックし、体重15kg以上のタイプを選ぶのがおすすめです。

PR
Bebamour ヒップシート型抱っこひも

商品情報

ブランド Bebamour
最小推奨体重 14 キログラム
推奨最大重量 14.9 キログラム
対象年齢 0-36ヶ月 
腰回りの範囲 65cm~118cm

新生児はヒップシート単体で横抱っこ、首が座ってきたら抱っこ紐として使用することができるヒップシート型抱っこひもです。綿100%のよだれパッドが3枚付属します。お出かけ中に眠ってしまったときに便利な引っかけ式ベビーフードや、ヒップシートと抱っこ用フロントカバーの連結部は、マジックテープと自動閉鎖式ジッパーの二重連結システムが採用されているので、安全対策も十分です。使っていて気分が上がりそうな、カラフルなデザインもポイントです。

PR
Angelcare ヒップシート

商品情報

ブランド ANGEL CARE
耐荷重 約20kgまで
推奨対象年齢 3-36ヶ月
サイズ ウエスト幅目安 約65cm~115cm。

ウエストポーチのように腰に巻くだけで装着できるヒップシートです。耐荷重20kgまでであり、元気に走りまわる2歳児も乗せることができます。ウェストパッド部分には厚さ3cmのクッションが入っており、腰や腹部への負担を軽くする工夫がこらされています。台座には発泡スチロールが使用されており、シート自体が軽いのもポイントです。

機能性で選ぶ

ヒップシートを快適に使ううえで、機能性も気になるところですよね。中にはコンパクトに折りたたんで持ち運べるものや、収納ポケットがたくさんついてるものも販売されています。また、自宅で洗濯ができるかどうかも重要なポイントです。実際の付け心地や、快適性などにも注目してみるのもいいかもしれません。

コンパクトに持ち歩くなら折りたたみ可能タイプがおすすめ

ヒップシートには台座がついているので、持ち運び時にどうしてもかさばってしまいます。しかし、中には台座を折りたためるヒップシートもあるんですよ。小さくコンパクトになればカバンなどに収納することもできて便利ですね。使いたい時にサッと着脱できるのは嬉しいメリットです。また、ヒップシートにちょっとした収納ポケットが付いているものもあります。ウエストポーチ感覚で使用でき、腰につけっぱなしにしていても違和感がありません。ちょっとした公園遊びや、お買い物の際に利用することができて便利ですね。

PR
TeLasbaby ダッグワン

商品情報

ブランド TeLasbaby(テラスベビー)
推奨最大重量 20kg
対象 0ヶ月 ~ 48ヶ月

こちらのヒップシートは、とにかくコンパクトに折りたためるものを探している方におすすめです。バッグに入れておいてもかさばらず、折り畳んだ状態からでもすぐに取り出し簡単に着脱できるのもポイント。どんなコーディネートにも合う、シンプルなデザインも魅力です。下腹部と骨盤をサポートするパットが入っており、腰への負担を軽減しながら使えるのも嬉しいですね。

PR
Mughart だっこひも スリング サイドヒップシート

商品情報

ブランド Mughart
最小推奨体重 6 キログラム
推奨最大重量 20 キログラム
対象年齢 6ヵ月(腰が据わってから)~4歳ごろまで

肩に負担がかかりにくい、スリングタイプのヒップシートです。肩全体に負荷が分散するおうぎ形ショルダーパッドが特徴。シート部分も、しっかりとお尻を包み込む幅広ヒップシートになっているので安心です。バックルで長さを調節できるので、夫婦で兼用する際に便利ですね。座面ががっしりとしたヒップシートが苦手な方や、ヒップシートの使用頻度が少なくなってきた幼児期に使うのがおすすめです。

PR
napnapベビーキャリー たためるヒップシート

商品情報

ブランド Napnap(ナップナップ)
最小推奨体重 20 キログラム
推奨最大重量 20 キログラム

こちらのヒップシートは、一般的なタイプと比較して台座がひとまわり小さく、かさばらないように設計されています。ショルダーストラップを腰部分に収納できるので、抱っこしていない時も腰に巻いたまま、すっきりと持ち運べるのも嬉しいポイントです。赤ちゃんのお尻が小さい時は、付属のアジャストクッションで座面の大きさを調整できるので、月齢や成長に合わせて使い分けができるのも便利ですよね。

ヒップシートのお手入れ方法

ヒップシートは手洗いできるものが多いですが、汗やよだれ、吐き戻しなどで汚れることも多いので、できればしっかりと洗いたいですよね。そんな時に丸洗いができるかどうかは大きなポイントです。洗濯機が使用できるものであれば手洗いの手間が省けるほか、干すときはできるだけ陰干しをして、きちんと形を整えて干すようにしましょう。

親子で快適におでかけできるヒップシートを!

ヒップシートは種類によって負担のかかる場所が違ったり、機能性もさまざまです。お子様の月齢や使用シーンによっても選ぶ商品は変わってきます。各商品の月齢対象や使い心地などの特徴をチェックし、親子で快適に使用できるものを選びましょう。本記事で紹介したものを参考に、おでかけが楽しくなるようなヒップシートを見つけてくださいね。

こちらもチェック!
抱っこ紐のおすすめ8選!新生児や首すわり前から使えるものまでタイプ別に人気のアイテムをご紹介

赤ちゃんを安全に抱っこできるアイテム「抱っこ紐」。お出かけはもちろん、自宅であやす際にも活躍します。新生児期から使えるタイプや前向き抱っこができるもの、人気のキャリータイプや通気の良いメッシュ生地、洗濯機で洗えるものなど幅広い商品の中から、選び方のポイントやおすすめを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー