この記事で紹介されている商品
チアシードのおすすめ16選!食べ方について解説!人気のアイテムもご紹介

チアシードのおすすめ16選!食べ方について解説!人気のアイテムもご紹介

健康への関心が高まる中、栄養を豊富に含んだ「チアシード」が注目を集めています。試してみたいけれど、さまざまな商品が販売されていて選べないという人も多いでしょう。この記事では、チアシードを選ぶポイントやおすすめ商品をご紹介します。ぜひ選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

チアシードとは?

チアシードとは、メキシコやグアテマラなどの南米で栽培されるシソ科の植物「チア」の種子のことを指します。小さな粒ながらオメガ3系脂肪酸やミネラル、食物繊維などが豊富に含まれており、その栄養価の高さからスーパーフードと呼ばれています。

チアシードの主な種類は黒色のブラックチアシードと白色のホワイトチアシード、ホワイトチアシードを改良した高品質のサルバチアシードの3種類です。どれも水で戻すとこんにゃくのような弾力が出るので、少量でも満腹感を得られやすいという特徴もあります。料理はもちろん、ドリンクやデザートの食材として幅広く使えますよ。

チアシードの食べ方

チアシードは、生のままで食べる方法と水で戻して食べる方法の2通りがあります。生のまま食べる場合は、すりつぶしてサラダや冷ややっこ、ヨーグルトなどにかけたり、パンやクッキーの生地に混ぜて焼いたりすると簡単に食べられますよ。オリーブオイルやお酢と混ぜて、ドレッシングを手づくりするのもおすすめです。

水で戻す場合は、チアシードの10倍の量にあたる水に浸してやわらかくすると、シチューやカレーのとろみづけとして使えます。水に限らず、フルーツジュースやスムージーに入れて戻し、そのままドリンクとして飲む方法も手軽でよいですね。

チアシードを選ぶ時のポイント

チアシードを試したいと思っても、たくさんの商品があってどれを選んだらよいか迷いますよね。自分に合ったチアシードを購入するには、選ぶポイントの優先順位を先に決めておくのがおすすめです。チアシードを選ぶときの大切なポイントを2つご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.栄養素が気になる場合は成分表示があるもの

チアシードを選ぶ際は、商品パッケージに記載されている成分表示を確認しましょう。チアシードに含まれている栄養素や添加物、原産地などを確認できるので、安心して食べられます。ネット通販の場合は、成分表示の画像や商品説明文でチェックできることが多いです。

成分表示がきちんと記載されていない、内容が分かりにくい商品はたとえ評判がよくても信頼しにくいもの。100%安心して食べられない商品は避けた方がよいでしょう。

2.容量とコストパフォーマンス

チアシードの高い栄養価を十分に摂取するには、毎日続けてチアシードを食べる必要があります。最初は、お試しとして少量パックのタイプでもよいですが、継続を前提にして選ぶなら、大容量タイプを選びましょう。

また、価格が高い商品だと続けにくいため、コストパフォーマンスがよい商品を選ぶのがおすすめです。1回あたりのチアシード平均摂取量である10gあたりの価格相場は10円~80円程度が目安。価格が安すぎる商品は、安全性や含まれる栄養価が低い可能性があるので、成分表示がきちんと記載されているかをよく確認してください。そのうえで、価格とのバランスが取れている商品を選ぶと安心ですね。

オーガニックタイプのチアシードおすすめ5選

チアシードの栄養をしっかり取り入れるには、チアシード本体の品質が保証されている商品を選ぶことが大切です。農薬や化学肥料、遺伝子組換え技術などを使わずに生産された証明である有機JASマークがついている商品は毎日食べる食品として安心ですよ。

ここではおすすめしたいオーガニックタイプのチアシードをご紹介します。

メキシコやパラグアイで有機栽培されたホワイトチアシードを国内有機認定工場で丁寧に検品しているので、安心して食べられます。殺菌処理をしていないので、収穫時そのままの食感を楽しめますよ。クセが少ない味で、ドリンクに入れたりヨーグルトなどにかけたりとアレンジしやすいのもうれしいですね。

品質にこだわって生産されたチアシードです。有機JAS認証を受けているのに加え、残留農薬検査にも合格しているため、品質の安全性を求める人にはぴったり。栄養価が高く希少価値が高い有機ホワイトチアシードを、国内で最終検品し袋詰めしています。添加物は一切使用しておらず、無味無臭のためさまざまなレシピに使えますよ。

フュージョンマーケティング オーガニックホワイトチアシード

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(250件)

>

商品情報

原材料:オーガニックホワイトチアシード
内容量:1kg

アルゼンチン産で有機JAS認証を受けており、国内工場で選別し殺菌しているオーガニックタイプなので毎日安心して摂取できます。栄養価が高いホワイトチアシードが約1kgも入っているので、さまざまな料理にたっぷり使えますよ。天然の発がん性物質と言われるアフトラキシン検査を行いB1、B2、G1、G2いずれも検出されていないため安心して食べられますね。

ペルー原産のチアシードを加熱殺菌処理し、販売国であるオーストラリアのオーガニック認証を取得しています。有機JAS認定も受けているうえ、残留農薬検査やアフラトキシン検査にも合格している安全性の高い商品です。そのほか、食品品質衛生管理規格BRCやHACCPも取得しているので、品質にこだわって選びたい人におすすめですよ。

レインフォレストハーブ オーガニック ブラック チアシード

ペルー産のブラックチアシードの250gパックで使い切りやすい容量です。チアシードを初めて食べる人や複数の種類の商品を食べ比べしている人には使いやすい商品ではないでしょうか。有機JAS認証を受けており、品質にも定評があります。ペルーのアンデス地方の農園で栽培され、袋詰めは国内で行われている商品なので、安心して毎日食べられますよ。

コスパ良し!大容量のチアシードおすすめ7選

チアシードは栄養価が高く、毎日食べることでより効果を発揮すると言われています。初めて試すときは少量パックが便利ですが、お気に入りの商品を大容量パックでストックしておくと、何度も購入する手間を省けますよね。使い切るまでの保存方法さえ注意していれば、10gあたりの単価も安くなり経済的です。

大容量でコストパフォーマンスに優れたチアシードをご紹介します。

LOHAStyle 有機ホワイトチアシード

有機JASやアメリカ・ヨーロッパのオーガニック認証を取得したホワイトチアシードを使っています。チャック付きのアルミパッケージなので、長期保存もしやすいですよ。かさばらない250gサイズでまとめ買いしても保管スペースを取りません。アフラトキシンなどの菌数をしっかり管理しているので、安心して食べられますよ。

ABSOLUTE ORGANIC オーガニックチアシード

パラグアイ原産のチアシードです。1.5kgも入った大容量パックで、毎日続けて食べたい人におすすめです。有機JAS認証に加えてAustralian Certifire Organic 認証も受けており、徹底した品質管理がされているのもうれしいですね。ふた付き容器に密封されているので長期保存が可能です。

ヘルシーカンパニー チアシード

商品情報

原材料名:チアの種子
原産国:メキシコ
内容量:1.5kg 

メキシコ産のチアシードを大手メーカーによる生産管理によって栽培し、収穫後のクリーニングや微生物検査、国内での残留農薬検査、アフラトキシン検査実施を経て商品化しています。1.5kgの大容量サイズで、チャック付きパッケージなので開封後も楽に保管できますよ。

BEAR NAKED NUTRITION チアシード

1㎏サイズのボトル入りブラックチアシードです。オーストラリアから直帰便で空輸されており、品質のダメージを最小限に抑えています。国内の検査機関で、工場ロット毎に250種類の残留農薬抽出検査や総アフラトキシン検査を行っているので、安全性にも優れていますよ。キャップ付きボトルで密封状態にて保管できるうえ、計量スプーンを中に入れておけるのが便利ポイントです。

ニチガ チアシード

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(508件)

>

商品情報

原材料名:チアの種子
原産国:ボリビア、エクアドル、アルゼンチン、メキシコ、パラグアイ
内容量:900g

ボリビアやエクアドル、アルゼンチン、メキシコ、パラグアイの中南米各国で生産されたチアシードを国内で殺菌処理しています。さらに残留農薬検査も行っているので安心して食べられますよ。900g分の天然チアシードをパッケージしており、着色料や香料は使われていません。

栄養価の高いメキシコ産のホワイトチアシードです。毎日食べても長期間楽しめる900gサイズなので、普段の食習慣として続けたい人にぴったり。ブラックチアシードだった従来品とは違い、栄養価の高いホワイトチアシードだけを選別しているため、クセのない味で見た目も白色が多くなっています。

南米で現地の日本人農家から受け継いだ方法で栽培されたブラックチアシードは、国内で殺菌処理を行ってから製品化されています。契約農家から直接買い付けるのでコスパも抜群。劣化を防ぐチャックがついたシンプルなエコ包装によって 、高い品質を維持しながらコストを抑えている商品です。

その他のおすすめチアシード4選

原産国や輸入メーカー、種類、容量など、さまざまなタイプが販売されているチアシード。選ぶときは、食べる頻度や好みの種類を考えて絞り込むと、失敗も少なくなります。

また、気軽に毎日続けたいなら価格のチェックも重要です。食べ方によって1回あたりの消費量が変わるため、「チアシードをどのように取り入れるか」を決めておくと、選びやすくなりますね。ここまで挙げてきた商品以外でおすすめのチアシードをご紹介します。

アルゼンチンやパラグアイ原産のチアシードです。健康食品やサプリメントの開発・販売実績を持つ企業から販売されており、商品に関する高い安全度や安心度を誇ります。チャック付きのパッケージにたっぷり300gをセット。吸水率が高いチアシードは、水に入れると膨脹してもちもちとした食感を楽しめますよ。

長年品種改良を重ねたサルビア・ヒスパニカの種子のみを使っています。直径約2mm前後とやや小粒なので食べやすく、ドリンクに混ぜたりヨーグルトにかけたりとさまざまなレシピを楽しめますよ。120gと使い切りやすいサイズなので、毎日のおやつを体によい食材でつくりたい人にはぴったりです。

粉末タイプで食材に混ぜやすいため、パンやクッキーの生地に練りこんだりスムージーの具材として使ったりすると手軽に食べられますよ。200gパックと容量が大きいので毎日食べ続けたい人におすすめです。チャック付きパッケージで長期保存しやすく、災害時の非常食としても重宝します。

商品管理が徹底されたチアシードです。原産地との独自ネットワークによって工場や仕入れ先を定期的に確認しているトレーサブルなチアシードで、殺菌処理や残留薬検査は国内で実施しているため安心して続けられます。チアシードは、やや大きめの粒で食べごたえも十分。パスタにトッピングしたり、ヨーグルトと混ぜたりするとおいしいですよ。

適切な量でチアシードを楽しもう

チアシードは栄養価が高くカロリーもほどほどにあるため、摂りすぎると栄養素の過剰摂取につながり、かえって体調管理が難しくなる場合もあります。水分を吸収して膨らむ性質から、腸内で膨張して便秘になってしまったり、豊富な食物繊維によってお腹を下し気味になってしまうことも。健康な体を維持するためにも、1日の推奨摂取量を守り、食べすぎないよう注意しましょう。

全12商品

おすすめ商品比較表

ナチュラルキッチン オーガニックホワイトチアシード

ハンズ オーガニックマウンテン ホワイトチアシード

フュージョンマーケティング オーガニックホワイトチアシード

シェフズチョイス オーガニックチアシード

ヘルシーカンパニー チアシード

ニチガ チアシード

SOMA FOODS ホワイトチアシード

SUPER FOODS JAPAN チアシード ブラック

ファイン チアシード

コーワリミテッド ホワイトチアシード

サンヘルス ホワイトチアシード

健康大陸 チアシード

Amazonカスタマーレビュー
4.2130
3.569
4.4250
4.5558
-
4.3508
4.3550
4.5115
4.3979
4.04
4.67
3.8661
最安値

-

-

タイムセール
¥980-42%
参考価格¥1,703
購入リンク

栄養たっぷりのチアシードでさらに充実した食生活を!

さまざまな栄養素を含むチアシードは、健康に関心のある人からの注目度が高い食材です。チアシード本体に味や香りはないため、好きな食材に混ぜたり添えたりしてアレンジすると年代を問わず食べやすくなります。毎日食べ続けることで栄養素をしっかり摂取できるので、好みに合わせていろいろ試してみるのもおすすめですよ。今回ご紹介した内容を参考にしていただき、お気に入りのチアシードを探してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー