この記事で紹介されている商品

ハンガーを揃えるならどう選ぶ?衣類にあった選び方のコツとおすすめ13選

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

洋服を掛けて収納するのに欠かせない「ハンガー」。クローゼット内をスッキリ見せるためにハンガーの種類を揃えるなら、どんなデザイン・素材・サイズのものがよいのでしょうか。 本記事ではハンガーを揃えるメリットやおすすめの商品をご紹介します。衣類収納がぐちゃぐちゃで困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ハンガーを揃えるメリットは?

「洋服をハンガーに掛けて収納しているのに、なぜかクローゼット内が乱雑に見える」と感じる方も多いですよね。 その原因は、いろいろな種類のハンガーが混在しているからかもしれません。

クローゼットの衣類を使いやすく収納するコツは、ハンガーを一種類に統一すること。 そこでここからは、ハンガーを揃えるメリットをご紹介していきます。 

見た目にも統一感が出てスッキリする

クローゼット内のハンガーの種類を揃えると、見た目に統一感が出てスッキリとした印象になります。洋服がきれいに並んでいると気持ちも晴れやかになり、整頓された状態をキープしようというモチベーションアップにもつながりそうですね。

また、雨の日に衣類を部屋干しする際もハンガーが統一されていると、雑多な印象を軽減することができます。 すべてのハンガーを統一するのが難しい場合は、シャツやブラウスなど特定の衣類のハンガーを1種類に絞るだけでも十分スッキリして見えますよ。 

迷わずに洋服をかけられて作業効率もUP

いろいろなサイズのハンガーが混在していると、洋服を出し入れする際にハンガー同士が絡まってイライラしてしまいますよね。

同じ種類のハンガーなら高さや幅も揃うので、洋服を出し入れする作業がスムーズに。お目当ての洋服も見つけやすくなり、毎日のプチストレスを軽減できます。

また、ハンガーを揃える際は、洗濯物干し用のハンガーと兼用にするのもおすすめです。乾いた衣類をハンガーごとクローゼットにしまえるので、家事の手間を減らせて便利ですよ。 

ハンガーを揃える時の選び方

いざハンガーを揃えようと思っても、ネットショップや店頭にはいろいろな種類のハンガーがあるため、どれを選ぶべきか迷ってしまう方も多いですよね。

ここからは、ハンガーを揃えるときに着目しておきたい7つのポイントをご紹介します。

  • 1.サイズ選び
  • 2.収納しやすさ
  • 3.形状
  • 4.滑り止めの有無
  • 5.洗濯ハンガーと兼用するかどうか
  • 6.機能性
  • 7.デザイン

各ポイントについて解説するので、使いやすいハンガー選びの参考にしてみてくださいね。 

1.衣類の種類・サイズにあったタイプで選ぶ

ハンガーを揃える際は、衣類の種類やサイズに合わせて選ぶ必要があります。 特にシャツやニットなどのトップスは点数が多いので、薄型のハンガーで揃えると収納スペースがかなりスッキリしますよ。滑らない素材のハンガーを使えば衣類が落ちにくく、ストレスも軽減できそうですね。ニットやスウェットは掛け方を工夫したり厚みのあるハンガーを使ったりして型崩れを防ぎましょう。

ボトムス用のハンガーはいくつか種類があります。「クリップ式」は、パンツやスカートの両端を挟んで使うタイプで、折りジワがつきにくいのが特徴です。クリップが左右に動くので、サイズに合わせて調整できます。「ズボン吊り式」はスラックスの裾を挟んで吊るすタイプです。「バー式」は、二つ折りにしたスラックスをバーに掛けて使用します。高さがないクローゼットでも使いやすいのが魅力です。 ボトムス用には省スペースで収納できる2連・3連タイプもありますよ。

ジャケットやコート、スーツは、型崩れ防止のため肩先の厚みが3~5cmのものを選ぶのがおすすめです。スーツはスラックスを一緒に掛けられるタイプが便利ですよ。

2.クローゼットへの収納のしやすさで選ぶ

ベルトやスカーフ、ネクタイなどの小物類も、数が多い場合は、小物用ハンガーに掛けておくと出し入れがしやすくなります。ベルト専用、ネクタイ専用のものや、フックやバーが付いたものが販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ハンガーを選ぶ際は、収納のしやすさを考えることも大切です。 衣類が多く、薄型のハンガーを使ってもクローゼット内に余裕が生まれない場合は、連結できるタイプのハンガーを選んでみてはいかがでしょうか。

また、ハンガーを縦につなぐためのフック付き商品なら、2着分を約半分のスペースにしまうことが可能です。なかには、複数のハンガーが最初からつながっているタイプもあります。このタイプのハンガーは、物干しの際にピンチハンガーのようにも使え、クローゼット内では縦型の連結ハンガーに変形するので、数着分の洋服をスッキリしまえますよ。

そのほか、ハンガー同士を連結させるグッズも販売されているので、省スペースに収納したい方はチェックしてみてくださいね。 

3.形状で選ぶ

ハンガーの形状やサイズが衣類に合っていないと、お気に入りの洋服に変なシワが付いたり型崩れしてしまったりすることも。ジャケットには肩先に厚みのあるもの、ボトムスにはボトムス用というように、洋服の種類に合ったハンガーを選ぶことが重要です。

また、ハンガーのサイズの目安は、服の肩幅よりも2~4cm小さめがおすすめ。服の肩幅とは、後ろ身ごろにある肩先の縫い目を直線で測った長さから2~4cm引いた数値です。 服のサイズにもよりますが、メンズ服の場合43cm、レディス服なら38cmくらいが平均とされていますよ。 

4.滑り止めの有無で選ぶ

滑り止め付きのハンガーは、表面に特殊な加工が施されているため、衣類が滑り落ちにくいのが魅力です。

たとえば、摩擦力が大きいラバーやビニール素材でコーティングされたハンガーは、表面はつるっとしていますが、衣類が滑り落ちにくくしてくれます。 起毛加工を施されたハンガーは、表面がザラザラしているのが特徴。衣類を掛けたときの摩擦力が高く、滑り落ちることを防ぎます。

滑り止め付きのハンガーは、ポリエステルやシルクのような滑りやすい素材のシャツや、薄手のキャミソールなどを掛けるのに適しています。滑りやすく型崩れしやすいニット類は、肩部分がアーチ型になっている滑り止め付きハンガーがおすすめです。 

5.洗濯ハンガーと兼用できるかで選ぶ

衣類用ハンガーを揃える際に、洗濯用のハンガーとの兼用を考えてみてはいかがでしょうか。ハンガーに掛けて干したシャツやブラウスを取り込んだら、そのままクローゼットにしまえるので、洗濯物を畳む手間を省けます。

収納用と洗濯用を兼用する場合は、素材選びが大切です。 濡れた物を掛けるので耐水性があり、強い日差しにさらされても劣化しにくい素材が適しています。おすすめは、サビに強いステンレス製や軽くて丈夫なアルミ製のハンガーです。

滑り止め付きのハンガーなら、ラバーやビニールでコーティングされたものがよいでしょう。屋外で強風を受けても滑りにくいので、風に飛ばされるリスクを低減できますよ。 

6.機能性で選ぶ

使いやすい衣類ハンガーを選ぶなら、機能性も外せないポイントです。たとえば、衣類を型崩れさせない形状や、クローゼットの空いたスペースを有効活用できるハンガーなどがあります。厚みやデザインはさまざまなので、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

また、ハンガーの機能は素材によっても異なります。 プラスチック製は軽くて水に強いため、濡れた洗濯物を干すことも可能です。リーズナブルな価格帯なので、大量に購入して揃えやすいのもうれしいですね。

丈夫でサビにくいステンレス製のハンガーは、日光による劣化も少なく、洗濯物干し用としても重宝します。スチール製よりは割高ですが、大切に使えば長持ちするので、コスパも悪くありませんよ。

スチール製のハンガーは軽量で扱いやすいのが魅力。サビが気になる方は、ビニールでコーティングされたものを選びましょう。

木製のハンガーは肩先部分に厚みがあり、スーツやジャケットのような型崩れさせたくない洋服を掛けるのにぴったり。木材の種類によって色や価格は異なりますが、基本的に水への耐性が低いので、洗濯物干し用とは兼用できません。 

7.デザインで選ぶ

クローゼット内をすっきり見せるためには、ハンガーのデザイン選びも重要です。ハンガーのデザインがバラバラだと、どうしても見た目が雑然となってしまいます。

衣類の種類によってハンガーの形状を変えたり、省スペースにしまえる連結ハンガーを導入したりする場合は、なるべくハンガーの色や素材を揃えて、全体的な統一感を持たせるとよいでしょう。

また、部屋干しの際など、ハンガーをクローゼットの外に掛けることもあるので、部屋のインテリアに合うデザインやカラーを選ぶのもおすすめです。 

揃えるならどんなハンガー?おすすめ9選

衣類ハンガーを揃えるなら、どんなハンガーを選べばよいのでしょうか?ここからは、おすすめの使いやすいハンガーを厳選してご紹介します。 スーツ・ジャケット用のハンガーや滑りにくいハンガー、縦に連結できるハンガーなど、いろいろな種類のハンガーをピックアップしました。

各商品のデザインや形状、機能の特徴を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね! 

PR
Amazonベーシック ハンガー 30本組

商品情報

色: グレー
ブランド: Amazonベーシック(Amazon Basics)
材質: 金属
商品の寸法: 44.2W x 23.4H cm
商品の推奨用途: 衣類

クローゼット内でかさばらない薄型タイプながら、最大約4.5kgに耐えられる丈夫さが魅力。ベルベット製のコーティングを施すことで、衣類がズレ落ちるのを防ぎます。衣類が型崩れしにくいよう、肩部分は丸みのあるなだらかな形状に。両肩部分の切り込みに肩紐を掛け衣類を固定できます。

PR
水勘製簾所 くるくる首振りハンガー 10本組

商品情報

色: ブラック
ブランド: 水勘製簾所
材質: ポリプロピレン (PP)
商品の寸法: 39.3W x 19H cm
特徴: 回転可能

フック部分が回転する首振りハンガーは、カーテンレールや鴨居などにも掛けられる便利なタイプ。フックの下にネクタイ掛けスペースがあるほか、両肩にキャミソール掛け、バー部分にズボンストッパーをもうけるなど、いろいろな衣類や小物を掛けられるマルチなハンガーです。

PR
HOSUR 跡がつかないハンガー 20本組

商品情報

色: ブラック
ブランド: ホスール(HOSUR)
材質: 20本組
商品の寸法: 41.5W x 21H cm
特徴: 省スペース, スリム, 軽量, 高耐久性, エルゴノミク, 防滑

スチールにビニール素材のコーティングを施した、衣類が滑りにくいスリムハンガーです。シルクやポリエステルなどつるつると滑りやすい生地の衣類もしっかりホールドしてくれます。肩のラインがゆるやかにカーブしているので、型崩れしにくく美しい状態のまま衣類を保管することが可能ですよ。水に濡れても大丈夫なので洗濯用と兼用して使えます。

PR
MAWA すべり落ちないハンガー 10本組

商品情報

色: ブラック
ブランド: マワ(MAWA)
商品の寸法: 40W x 22H cm
特徴: 本
商品の推奨用途: キャミソール|ブラウス

衣類が滑り落ちにくいよう、PVC樹脂のコーティングを施したハンガーです。人体に近いカーブを再現した立体構造で、ズレ落ちやすいカーディガンや襟まわりが開いたニット、キャミソールなども型崩れさせずに収納できます。厚さ約1cmとスリムなので、限られたスペースにたくさんの衣類を掛けたい方におすすめですよ。

PR
HOSUR すべらないハンガー 20本組

商品情報

色: ホワイト
ブランド: ホスール(HOSUR)
商品の寸法: 40W x 20H cm
特徴: 滑り,滑りにくい
商品の推奨用途: ズボン|タンクトップ|キャミソール|ブラウス|スカート|ドレス|シャツ

ノンスリップ加工済みのハンガーは、シャツやブラウスのような薄手の衣類をしっかりキャッチし、滑り落ちるのを防げます。肩部分にはくぼみがあり、キャミソールやタンクトップなどを掛けることが可能です。フック部分には黒ずみや汚れを軽減できるよう、防サビ・メッキ加工を施しています。耐水性があるため、洗濯用ハンガーと兼用するのもおすすめです。

PR
KEYUCA 滑らないハンガー 30本組

商品情報

色: ニット・デリケート衣類用
ブランド: ケユカ
材質: ー
商品の寸法: 39W x 23.5H cm
特徴: 省スペース, スリム, 防滑

お気に入りの洋服を美しい形のままキープできる、滑りにくいハンガー。美しいグレーの光沢が、スタイリッシュな空間にマッチします。ズレを防ぐ特殊なコーティングを1本1本丁寧に施すことで、剥がれにくさと劣化しにくさを実現している優れものです。ハンガーを傾けても衣類が落ちにくいので、洋服の出し入れをスムーズに行えます。

PR
チチロバ 木製ハンガー 4本組

商品情報

色: スモークブラウン
ブランド: チチロバ(Titiroba)
材質: 木材, 合金鋼
商品の寸法: 44.5W x 23H cm
特徴: 回転

天然木ならではの美しい木目が特徴的なハンガーは、高級感のあるインテリアにぴったり。肩先に約5.5cmの厚みがあり、スーツやジャケットを型崩れさせずにしまえます。スラックスやスカートを掛けられるバー部分は滑り止め付きです。フックは360度回転する仕様で、鴨居やクローゼットの扉などにも掛けられます。

PR
トレードワン ノンスリップスリムハンガー12本

商品情報

色: ホワイト・ブラック・ブルー・レッド
ブランド: トレードワン(Trade One)
材質: 合金鋼
特徴: ノンスリップ,ノンスリップスリムハンガー
個数: 1

厚さ約0.5cmの超スリムなハンガーは、衣類が滑り落ちにくいノンスリップタイプ。くぼみに肩紐を引っ掛けられるほか、ダウンジャケットやカーディガンも落とさずに収納できます。バー部分に毛糸の手袋やマフラー、スカーフなど、小物を掛けるのもおすすめです。ハンガー表面はビニール樹脂製なので、洗濯用としても便利に使えますよ。

揃えるのにおすすめ!ズボンハンガー4選

ここからは、ズボンをスッキリ収納できるズボンハンガーのおすすめを4つご紹介します。

クリップでしっかり止められるタイプや、二つ折りにして掛けるだけのタイプなど、いろいろな種類があるので、使い勝手のよいものを選んでみてくださいね。 

PR
小久保工業所 スライドプレーンハンガー5本組

商品情報

ブランド: 小久保工業所
商品の寸法: 43W x 23H cm
個数: 5
商品の個数: 5
サイズ: ワンサイズ

両肩のアームを伸ばせるハンガーなので、いろいろなサイズの衣類に対応できます。洋服が崩れしにくく、洗濯の際は袖の下が乾きやすいですよ。ズボンやタオルのズレを防ぐクリップや、キャミソールやスカートが掛けられるフックなど、いろいろな使い方ができるよう工夫されたハンガーです。

PR
MAWA ボトムス用ハンガー 10本組

商品情報

色: ホワイト
ブランド: マワ(MAWA)
商品の寸法: 35W x 12.5H cm
商品の推奨用途: ズボン
個数: 10

特殊なノンスリップコーティングを施したズボンハンガーは、二つ折りにしたズボンを掛けるだけで簡単にしまえるのが魅力。丸みがあるデザインのため折りジワがつきにくく、お出かけ前にシワを伸ばす手間が省けます。丈夫なスチール素材で作られているため、デニムのような重い衣類を掛けても問題ありません。スラックスだけでなく、ロングスカートやマフラー、ストールの収納としても活躍します。

PR
チチロバ ズボンハンガー 10本組

商品情報

色: シルバー
ブランド: チチロバ(Titiroba)
材質: スチール(特殊塩化ビニールコーティング加工), スチール(クロームメッキ)
商品の寸法: 30W x 9H cm
特徴: 軽量

ボトムスをクリップで挟むだけでスッキリ収納できるズボンハンガーです。たたみジワや折りジワが付かず、ずり落ちる心配もありません。耐荷重5kgなので、重いデニムもしっかりホールドできます。2つのクリップは洋服の幅に合わせて位置を自由に調整可能。ズボンのほかスカートやマフラーの収納としても便利です。

PR
HOSUR ズボンハンガー 8本組

商品情報

色: グレー
ブランド: ホスール(HOSUR)
材質: ポリ塩化ビニル(PVC), 合金鋼
商品の寸法: 36W x 14H cm
特徴: 省スペース, 軽量, 高耐久性, 防滑

ハンガーの片側が開いている形状なので、ズボンをスムーズに掛け外しできます。特殊コーティングを施した本体は丈夫なスチール製で、変形しにくく、長く愛用できるのが魅力。厚さは約0.7cmと超スリムですが、重いデニムや長いストールなどを掛けることも可能です。表面は濡れても大丈夫な素材なので、洗濯用としても使え、乾いたらハンガーごとクローゼットへ。衣類をたたむ手間が省け、家事の時短にもなりますよ。

衣類ハンガーを揃えて、クローゼットをスッキリさせよう!

洋服を掛けるハンガーの色や形状を揃えると、ごちゃごちゃしがちなクローゼットがスッキリして、衣類の出し入れがしやすくなります。今回ご紹介したハンガーの選び方やおすすめ商品を参考にして、使いやすいハンガーを見つけてみませんか。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー