この記事で紹介されている商品

スカートハンガーのメリットとおすすめ9選!素材やタイプなど選び方も

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

スカートを洗濯して干すときやクローゼットに省スペースで収納するときに便利な「スカートハンガー」。跡がつかない形状のものや強力なクリップで固定するタイプなど、豊富な商品が展開されています。本記事では、スカートハンガーの選び方やおすすめ商品をご紹介。お財布にやさしい商品もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スカートハンガーを利用するメリット

スカートを一般的なハンガーで干す場合は、スカートを折りたたんで掛ける必要があります。スカートに折りじわや跡が付きやすく、型崩れしてしまうのが気になる方も多いですよね。そんな悩みを解決するのがスカートハンガー。まずは、スカートハンガーがどんなときに役立つのかメリットを見ていきましょう。

スカートに跡がつかない

スカートハンガーには、スカートをクリップで挟んで吊るすタイプやスカートのウエストを引っかけて吊るすバータイプなどがあり、スカートを折りたたまなくてもそのまま吊るして収納できるのが特徴です。干したり収納したりするときに折りたたむ必要がないので、真ん中に折りじわが付きにくいのがメリット。プリーツなどスカートに加工が入っているデザインのものでも、スカートハンガーなら型を崩さずに収納できますよ。

アイテム次第で省スペース収納が可能

スカートを1枚ずつ折りたたんで収納すると意外とかさばってしまいますよね。スカートハンガーを使えば必要なスペースはハンガーの厚さ分だけで済むので、収納場所の省スペース化にも役立ちます。また、1つのハンガーで複数のスカートを吊るすことができる「連結タイプ」のスカートハンガーなら、よりコンパクトにたくさんのスカートを収納できるので便利ですよ。

その日のスカートが選びやすい

スカートをたたんで収納していると「どこに何のスカートがあるか把握できず、お出かけ前の1着が決められない」というケースもあるでしょう。スカートハンガーでスカートを吊るしておくと、スカートの全体が見えやすく、トップスやアウターと合わせてコーディネートを組みやすくなります。

タイプによっては干した後にそのまま収納可能

スカートを洗濯して干した後、わざわざ別のハンガーに付け替えるのは少し面倒という方も多いのではないでしょうか。耐水性のあるプラスチック素材のスカートハンガーを選べば、洗濯スカートを干して乾いたらそのままクローゼットに収納することができます。

アルミ素材やステンレス素材もプラスチックと同様さびにくく、洗濯用に向いています。逆にスチール素材だとさびやすく、スカートを汚してしまう可能性があるので、洗濯用には向きません。

100均でもスカートハンガーは買える?

  スカートハンガーは100均で安く購入できます。ダイソーではスカートやスラックスを1枚だけ吊るせるシンプルなタイプをはじめとし、1つのハンガーに4つのクリップが付いている商品や、複数のハンガーを繋げて使える「連結タイプ」の商品などさまざまな種類の取り扱いがあります。なるべく安くスカートハンガーを買いたい人は100均の商品をチェックしてみてくださいね。

※商品は価格変動、販売終了、在庫切れとなる場合がありますため、詳しくは各公式サイトでご確認ください。  

1.素材で選ぶ

スカートハンガーを購入するときは、自宅での使用用途に合わせて適切な素材を選ぶ必要があります。素材によって本体の軽さや耐久性・耐水性、そしてデザインが変わってくるので自分の好みに合った商品を選びましょう。

プラスチック製

プラスチック製は耐水性に優れているのが特徴です。濡れた洗濯物を干すのにも向いているため、スカートを洗濯して干したものをそのまま収納することもできますよ。スカートを引っかけても折り曲がらない強度があるのにもかかわらず、比較的リーズナブルな価格で購入できるのもうれしいですね。本体が軽いのも魅力なので、使い勝手のいいスカートハンガーを探している方はプラスチック素材のものを選んでみてくださいね。

木製

見た目のおしゃれさにこだわって選びたい方は木製のスカートハンガーがおすすめです。インテリアとしても魅力的なデザインなので、外から見えるところにスカートを吊るすなら木製のものにこだわって選ぶのもよいかもしれません。木製は少しハンガーに厚みが出るのがデメリットですが、部屋との統一感やおしゃれさを重視するのであればぴったりですよ。ただし、木製は水や紫外線に弱いため、収納専用として使うようにしてください。

金属製

耐久性があり長く使えるスカートハンガーを探している方には、金属製のものがおすすめです。壊れにくいのが特徴なので、少し重いスカートをかけても問題ありません。また、金属製のスカートハンガーはスリムで場所を取らず、クローゼットにたくさんの洋服をかけることができます。収納用だけではなく洗濯用にも使いたい場合は、アルミ・ステンレス・スチール・クロムメッキなどサビ防止加工がされたものを選ぶといいでしょう。

2.スカートのかけ方のタイプで選ぶ

スカートハンガーには、大きく分けて「クリップタイプ」「かけるタイプ」「ばねタイプ」の3種類があります。それぞれ特徴や使い方に違いがあるので、使用用途に合わせて好みのタイプ選んでみてくださいね。

クリップタイプ

「クリップタイプ」はハンガーの両端にクリップがついていて、スカートをクリップで挟んで吊るすスカートハンガーです。薄い生地のものから厚手のものまで、スカートの厚みに限らずしっかり挟んで固定することができます。ハンガーからスカートが滑り落ちることも少ないので、日頃のイライラを軽減できそうですね。

かけるタイプ

薄手のスカートやシフォン生地といった繊細な素材のスカートは、ハンガーにかけるときもより丁寧に扱う必要があります。スカートのウエスト部分に引っかけて使うタイプであればクリップの跡が付かず、スカートに折り目がつくこともないので便利です。重みのあるスカートだとずり落ちやすいため軽い素材のスカートに向いています。自分のファッションスタイルやよく着るスカートの素材に合わせてスカートハンガーの種類を選ぶとよいでしょう。

バネタイプ

「バネタイプ」は「かけるタイプ」のバーの部分がバネになっており、色々なスカートの大きさに合わせて優しく固定できます。よりスカートの型崩れを防ぎながら収納することができますよ。ただし、重い生地のスカートをかけるクリップ式よりもスカートがずれ落ちやすい点には注意が必要です。型崩れさせたくないお気に入りの服をかけたり、頻繁に着ないスカートを長期間収納したりしておくのに便利ですよ。スリムで収納スペースの幅をとらないのもうれしいポイントですね。

3.収納性・機能性で選ぶ

クローゼットが狭い場合や洋服が好きな方だと、洋服をかけるスペースに困ることがありますよね。選ぶスカートハンガーの種類次第では、省スペースを叶えながらスカートをきれいに収納できます。ここでは収納性に優れた連結タイプのスカートハンガーと、使い勝手のよい便利な機能が付いたスカートハンガーの特徴をご紹介します。

連結タイプ

たくさんスカートを収納したい方は「連結タイプ」のスカートハンガーがおすすめです。ハンガーを連結させることで、狭いクローゼットでも縦の空間を活用し複数のスカートを収納できます。しかし、重いスカートをかけすぎると落下してしまったりハンガーが曲がってしまったりする恐れがあるので、事前にハンガーの耐久荷をチェックしておきましょう。上下にずらして収納することでスカートが見えやすく、着たい服をすぐにみつけやすいのもメリットです。

滑り止めつき・滑り落ちにくい強力タイプ

つるつるした素材のスカートや重いロングスカートをかける場合は滑り止めがついているタイプのスカートハンガーを購入するのがおすすめです。干している途中でスカートがずれ落ちてしまうと、しわやほこりが付いてしまう原因にもなるため、滑り止めがついていると便利ですよ。クリップに滑り止めがついているものやハンガー本体に滑り止め加工がされているものがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ジャケット用と併用できるタイプ

スーツやセットアップを一緒に収納しておきたいなら、肩掛け用のハンガーにスカートを引っかけるクリップがついているものを選びましょう。セットで収納しておけば、出かける前に、着たいスカートを探す手間も省けますよ。肩掛け用の部分が少し幅をとるため、クローゼットに余裕のある場合に使うとよいでしょう。使用用途に合わせてスカートハンガーを選んでみてくださいね。

プラスチック製のスカートハンガー4選

軽量で扱いやすいだけではなく、優れた耐水性で洗濯用にも使えるプラスチック製のスカートハンガーをご紹介します。比較的安く購入できるので、価格も併せてチェックしてみてくださいね。

PR
サワフジ デイズボトム

商品情報

5本セット
サイズ:約150×325×23mm
本体重量:57g
材質:ポリスチレン・スチール・エラストマー

スカートやズボンの収納に便利なクリップ式ハンガーは、クリップでウエスト部分をしっかりホールドするので洋服がずり落ちるのを防ぐことができます。クリップの先端には滑り止めがついていおり滑りやすい素材のスカートでも使用しやすいですよ。

PR
チチロバ スカートハンガー

商品情報

10本セット
製品サイズ:2.51×34×14 cm/重量:610 g
素材:アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)

クリップ部分をスカートのウエストに合わせて移動させられるので、いろいろなサイズのスカートに使うことができます。単独でも使えますが、ハンガー同士を連結でき、省スペースで収納するのにも便利です。

PR
サワフジ ハンガー スカート SS-04C-2P

商品情報

色: ブラック
ブランド: サワフジ
商品の寸法: 30W x 3.5H cm
特徴: 個
商品の推奨用途: スカート

ひとつのハンガーに4組のクリップがついている多段式のスカートハンガーです。省スペースを叶えながらたくさんのスカートを掛けることができるので狭い収納場所でも使えます。かけたスカートが見えやすいので服を選びやすいのも嬉しいポイントです。

PR
HOSUR ズボンハンガー クリップハンガー

商品情報

色: ピンク 10本セット
ブランド: ホスール(HOSUR)
材質: プラスチック
商品の寸法: 34.5W x 15H cm

ハンガーのフック部分が360度回転するタイプで、向きを気にせずに洋服をかけたり干したりすることができます。ポリプロピレン素材なので軽くて扱いやすく、耐水性にも優れているので洗濯用に使ってそのまま収納できるのが便利ポイントですね。

木製のスカートハンガーのおすすめ2選

見た目がおしゃれな木製のスカートハンガーはデザインを重視して選びたい方におすすめです。ハンガーもインテリアの一部として活用できるので、部屋を木製で統一している方は雰囲気づくりのためにハンガーにもこだわって選びましょう。

PR
KEYUCA (ケユカ) 天然木ピンチハンガー パンツ・スカート用

商品情報

色: ナチュラル
ブランド: ケユカ
商品の推奨用途: パンツ
個数: 1
商品の個数: 1

天然木を使用したスカートハンガーはインテリアに馴染むナチュラルな雰囲気が魅力です。天然木ならではの風合いもおしゃれですよね。クリップの強度がしっかりしているのでスカートが落下しにくく、使いやすさにもこだわった商品です。

PR
タマトシ 木製 ハンガー

商品情報

色: ナチュラル
ブランド: TAMATOSHI(タマトシ)
材質: 木材
個数: 20
商品の個数: 20

あたたかみのある天然木と耐久性に優れたスチールで作られています。頑丈なクリップ部分は可動式になっているので、サイズに合わせてスカートをきれいな状態で収納できますよ。クリップは滑り止めつきで、スカートがずれ落ちないようになっています。

金属製のスカートハンガーのおすすめ3選

耐久性に優れた金属製のスカートハンガーは、重みのある生地でもしっかりスカートを支えてくれます。滑り止めが付いていて機能性に優れた頑丈なモデルもあるので、長く愛用したいという方におすすめですよ。

PR
HOSUR ズボンハンガー パンツハンガー

商品情報

色: グレー
ブランド: ホスール(HOSUR)
材質: ポリ塩化ビニル(PVC), 合金鋼
商品の寸法: 36W x 14H cm

ハンガーの片側が開いており、そこからスカートを引っかけるタイプのハンガーです。ハンガーに掛けたままクローゼットからスカートの出し入れがしやすいのが便利なポイント。スカートだけではなく冬用のストールやスラックスの収納にも使えますよ。

PR
ホスール(HOSUR) ズボンハンガー スカートハンガー

商品情報

色: ブラック
ブランド: ホスール(HOSUR)
商品の寸法: 30.5W x 12H cm
個数: 20
商品の個数: 1

クリップの先端には特殊な加工がなされており固定する力が強いので、濡れた衣類でも滑り落ちる心配がありません。水がついてもさびにくいように表面が加工されているので洗濯用にもぴったりですよ。

PR
【1510-15】ドイツ・マワ(MAWA)ドイツ・マワハンガー スカート

商品情報

色: シルバー,ホワイト
ブランド: マワ(MAWA)
商品の推奨用途: スカート
個数: 10
商品の個数: 10

スカートを引っかけて吊るすタイプのスカートハンガーで、バーの部分がバネになっているので薄い生地のスカートでも型崩れしにくいのが特徴です。ワンタッチで簡単にスカートを掛けて収納できるので、初めてでも使いやすいですよ。

スカートハンガーですっきり収納しよう

スカートハンガーはスカートを省スペースで収納するのに便利なアイテムです。跡が付きにくく型崩れしにくいのは、スカートをきれいに保存したい方にとってもうれしいですよね。ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしていただき、ご自身にぴったりなスカートハンガーを購入してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー