この記事で紹介されている商品

キャンプ用のコンパクトチェアおすすめ12選!子供が使えるものやコンパクトタイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

アウトドアシーンやスポーツ観戦など、多彩なシーンで便利に使える「キャンプ用の椅子」。コンパクトに持ち運べる折り畳みタイプや軽量タイプ、リクライニングできるタイプ、子供サイズのものなどさまざまなものが販売されています。そこで今回は、キャンプ用コンパクトチェアの選び方をご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

キャンプ用コンパクト椅子を選ぶ時のポイント

ネット通販やアウトドアショップに行くと、コンパクトチェアがたくさん売られていますよね。サイズも仕様もいろいろなものがあるので、何を選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、アウトドア用のコンパクトな椅子を選ぶ際にチェックしておきたい、4つのポイントをご紹介します!

  • 重さ
  • 組み立て方法
  • 耐重量や高さ
  • 使う場所


それぞれのポイントについて詳しく解説していきますので、これからアウトドア用チェアを購入しようと思っている方は参考にしてみてくださいね。

1.重さ

コンパクトチェアは、レジャシーンなどで持ち運ぶ機会が多いですよね。持ち運びやすいのは重さ1kg前後のものか、それ以下の軽量タイプです。

チェアの重さは、使用されている素材によって異なりますが、軽さ重視で選ぶならアルミ製のフレームが最適!価格はやや高めですが、非常に軽くてスムーズに持ち運びできるだけでなく、サビにも強いためお手入れしやすいですよ。

木製のチェアは温もりがありスチール製のチェアは頑丈なのが魅力ですが、どちらもアルミに比べると重たいのがデメリット。車で移動するなら重さはあまり気になりませんが、バックパックに入れて運ぶ場合や、持ち運び距離が長い場合にはちょっと大変かもしれませんね。

2.組み立て方

アウトドア用コンパクトチェアの組み立て方は、大きく分けて「組み立て式」「折り畳み式」「収束式」の3種類があります。各タイプのメリット・デメリットについて解説していきますね!

「組み立て式」はコンパクトで持ち運びやすいのが魅力。リュックに取り付けられるタイプもあり、ソロキャンプや登山など荷物に制限がある場合にもおすすめです。ただし、組み立てに時間がかかるのはデメリットでしょう。

「折り畳み式」はサッと広げるだけで使えるのが特徴です。布地がしっかりしていて座り心地がよく、背もたれがあるタイプが多いので、くつろいだり食事をしたりするときも快適。ただし、折り畳んだ際のサイズが大きくかさばりがちなので、複数のチェアを持ち運ぶ際はちょっと大変かもしれませんね。

「収束式」は組み立てやすさを重視する方におすすめで、なかにはわずか数秒で組み立てられるタイプもありますよ。ほかの2種類と比べると重量感のある商品が多いので、長い距離を持ち運ぶのには向いていないでしょう。

3.耐重量や高さ

アウトドア用のチェアを選ぶ際は、耐重量も重要なチェックポイントです。耐重量とはどれくらいの重さまで耐えられるかを示した数値のこと。子どもを抱っこしたまま座ったり勢いよく座ったりした場合にはかなりの負荷がかかってしまうので、耐重量が少ないチェアだと破損してしまう恐れがありますよ。

一般的なアウトドア用チェアの耐重量は、およそ60kg〜150kgと大きな差があります。耐重量が大きいチェアほどフレームが太く、重さも重くなるので耐重量とのバランスを考えて選びましょう。耐重量は、体重+10kgくらいを目安にするとよいですよ。

また、アウトドア用チェアは高さもさまざま。座面の高さが30cmほどのローチェアは近年のトレンドで、自然との一体感を感じられるのが魅力です。脚を伸ばしてリラックスしながら焚火などを楽しむのに最適とされていますよ。

一方、座面の高さが40cmほどあるハイチェアは、一般的なダイニングチェアと同程度の高さ。テーブルの高さと合わせやすいので、食事しやすいのが魅力です。立ち座りの動作もラクに行えますね。

4.使う場所や用途

アウトドア用コンパクトチェアはサイズや仕様がさまざまなので、使う場所や用途に合わせて選ぶ必要がありますよ。

たとえば、家族や仲間とバーベキューやキャンプを楽しむときには、座り心地のよい折り畳み式のアウトドアチェアがうってつけです。背もたれ付きで耐荷重の大きい頑丈なタイプなら、子供も大人も長時間ゆったりとくつろげますね。

また、フェスの待ち時間や登山、野営の休憩時に使うなら、組み立て式や収束式のチェアがおすすめ。タイプが数多く販売されており、開くだけで手軽に設置できるので使いやすさも抜群!

コンパクトになるのでリュックにすっきりと収納でき、持ち運び時の負担を軽減できるのも魅力です。コンパクトで軽量なチェアは、荷物を少なくしたいソロキャンプやツーリングにも最適でしょう。

持ち運びに便利なコンパクト軽量タイプ4選!

持ち運びやすいアウトドアチェアを選ぶなら、コンパクトさと軽さを重視しましょう。

収納時の長さや幅などサイズをチェックして、持ち運ぶときにかさばらないか確認しておくとよいですよ。また、移動に使う車やバイク、バックパックなどにすっきり収納できるかどうかも重要です。

ここからは、おすすめのコンパクトかつ軽量なアウトドア用チェアをご紹介していきます!

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ホルン レジャーチェア

商品情報

ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
色 マリンブルー

背もたれ付きで、座り心地のよいコンパクトチェアです。折りたたみ式なので野外ライブや子供の運動会、屋外での花火大会などにも気軽に持って行きやすいですね。小さめながら標準耐荷重は約60kgで安定感があります。

PR
ジージーエヌ(G.G.N.) アウトドア チェア

商品情報


ブランド ジージーエヌ(G.G.N.)
色 ブラック/グリーン
材質 アルミニウム
商品の寸法 61D x 56W x 63H cm
サイズ 約 幅56×奥行61×高さ63cm

軽量コンパクトで持ち運びやすい、組み立て式のアウトドア用チェア。身体全体が包み込まれるような快適な座り心地で、長い時間でもゆっくりくつろげます。素材はアルミ合金の中でも高い強度を持つA7075ジュラルミンポール。シンプルな構造ですが耐荷重は80kgです。

PR
アイリスオーヤマ キャンプチェア ロータイプ

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
色 カーキ
材質 ポリエステル, ポリプロピレン
商品の寸法 40D x 10W x 20H cm
サイズ ローチェア

組み立て式ながら、安定感のある座り心地を目指したローチェア。背面生地に張りを持たせることで、身体全体で深くゆったり座れるように設計されています。ローチェアには珍しいサイドテーブルとドリンクホルダー付き。

サイドは通気性に優れたメッシュ素材のため、暑い時期に長時間座ってもムレにくく快適ですよ。重さは約1.5kgと軽量ですが、耐荷重は120kgを実現しています。

PR
アイリスオーヤマ キャンプチェア ハイタイプミニ

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
色 カーキ
材質 ポリエステル
サイズ ハイチェア
フレームの素材 合金鋼

キッズサイズの折り畳み式アウトドア用チェアです。座面が低いので転倒しにくいほか、座面が固定されるロック機能や、指を挟みにくいフレームなど、子供が安心して座れるよう工夫されています。80kgまで耐えられる安定感のある作りなので、子供が勢いよく座ってもしっかり支えてくれますよ。

低めの高さで安定!子供も座りやすいアイテム3選

アウトドアシーンでゆったりとリラックスしたいなら、座面が低いロータイプのチェアがおすすめです。

ローチェアは座面高さが30cm以下で重心が低いため、転倒しにくいのがメリット。小さな子供も座りやすいですよ。また、背もたれに体を預け、足を前に伸ばした楽な体勢でくつろげるのも魅力です。ただし座面が低い分、立ち座りがちょっと大変に感じる方もいるかもしれませんね。

テーブルとセットで使う場合は、テーブルもロータイプを選ぶようにしましょう。

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ジュール ロースタイル イージーチェア

商品情報

ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
色 【Amazon.co.jp 限定】ブラック
材質 その他
商品の寸法 72D x 57W x 61H cm
サイズ 組立サイズ:(約)幅570×奥行720×高さ610mm、座面の高さ150mm


脚を伸ばしてリラックスできる、アウトドア用のローチェア。座面の高さは約150mmと低いので、背もたれにゆったりと身を任せてくつろぎながら焚火やバーベキューを楽しめます。折り畳むと高さ780×幅150×奥行き140mmとコンパクトに。持ち手付きのキャリーバッグに入れてラクに持ち運べますよ。

PR
BUNDOK(バンドック) ローチェア

商品情報


ブランド BUNDOK(バンドック)
色 B.カーキ
材質 ポリエステル・スチール
商品の寸法 45D x 44.5W x 51H cm
サイズ 普通

キャンプやレジャーシーンで重宝する、折り畳んで持ち運べるコンパクトなアウトドア用チェア。座面の高さ約190mmのロータイプは、子供が座りやすい点も魅力です。畳んだ時のサイズは約510×130×130mmなので、運ぶ際もかさばりにくく、省スペースに収納できますよ。

PR
ヴァストランド(VASTLAND) クッションカバー付きディレクターズチェア ロータイプ

商品情報


材質 チェア本体:アルミ合金、スチール、ポリエステル(PVCコーティング)/クッションカバー:ポリエステル、キャンバス/サイドテーブル:アルミ合金、メラミン化粧板
商品の重量 3 キログラム
特徴 折りたたみ

ゆったりと焚火を楽しむシーンにおすすめしたい、サイドテーブル付きローチェア。取り外しできるクッションカバーは、火の粉に強い帆布生地と、通気性のあるメッシュ生地の2WAY仕様です。肘部分にもアームクッションが付いているので、長時間快適に座れますよ。

使用時の注意点

小さな子供は頭部が重いので、立ち座りの際にバランスを崩しやすいものですよね。また、椅子の上で立つ、椅子に飛び乗る、2人で1つの椅子に座るなど、予想以上にアクティブな動きをするので安定感のないアウトドア用チェアだと転倒する可能性が高まります。

子供が座る用としては、重心の低いロータイプのアウトドア用チェアが最適です。軽くてコンパクトなチェアは持ち運びやすい一方で安定感がない場合もあるので、子供が座る際にはよく注意してあげてくださいね。

広げるだけですぐに座れる!設置が簡単な4選

登山やハイキングなどに持って行きやすいのは、コンパクトで設置が簡単なチェアです。背もたれがなく、座面と脚だけのスツールタイプなら、リュックやバックパックにすっきり収納できます。広げるだけでサッと座れるのも魅力です。

キャンプなどではハイタイプのアウトドア用チェアのオットマンとしての使用も可能。足を伸ばしてリラックスできますよ。

また、音楽フェスや運動会の観戦時、テーマパークでの待ち時間など、いろいろなシーンで活用できるのもよいですね!

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS 三脚チェア

商品情報

収納サイズ(約)/80×80×長さ520mm
耐荷重(約)/70kg
重量(約)/1kg
材質/構造部材:鋼(エポキシ樹脂塗装)、張り材:ポリエステル

サッと簡単に組み立てられる三脚チェアです。重さは1kgと軽く、収納時はマジックバンドで固定すると8×8×長さ52cmとコンパクトになるのが魅力。荷物を増やしたくない登山やハイキングでも活用できます。長さ調節可能なショルダーベルト付きなので、持ち運びにも便利ですよ。

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー マイクロイージーチェア

商品情報

商品の寸法 20D x 20W x 23H cm
材質 構造部材:アルミニウム(表面加工:アルマイト)、張り材:ポリエステル、樹脂部:ABS樹脂
フレームの素材 合金鋼
スタイル コンパクト

軽くて丈夫なジュラルミン素材を採用したアウトドア用チェアです。約300gという軽さで、収納時には65×65×長さ290mmのサイズに。コンパクトなのでトレッキングや釣り、ツーリングのほか、お花見、行列待ちの際にも気軽に持って行けますね。

いざというときのために車に積んでおいても邪魔にならないでしょう。収納バッグ付きなので、使わない時にすっきり収納できるのもよいですね。

PR
ロゴス(LOGOS) 7075キュービックチェア

商品情報

ブランド ロゴス(LOGOS)
色 レッド
材質 ポリエステル, アルミニウム
商品の寸法 20.5D x 20.5W x 21H cm
サイズ (約)20.5×20.5×21cm

広げるだけで簡単に設置でき、畳めば片手でつかめるほどスリムなサイズ感が魅力のチェア。フレームには、航空機の素材としても使われるほど軽くて丈夫な7075超々ジュラルミンを採用しています。座面の強度を高めるために、四隅にステンレス製パーツを使用しているのも特徴。ブランドのロゴ入り収納袋付きです。

PR
Coleman(コールマン) コンパクトトレッキングスツール

商品情報

商品の寸法 26D x 26W x 26H cm
色 ブラック
フレームの素材 アルミニウム
シート材質タイプ ポリエステル
ブランド コールマン(Coleman)

超軽量のジュラルミンフレームを採用した折り畳み式のスツールです。重さは約375gと軽量ですが、耐荷重は約80kgを実現。軽い上にサイズもコンパクトなので、キャンプなどのアウトドアシーンのほか、スポーツ観戦や音楽フェスのような移動の多いシーンでも重宝しますよ。専用の収納ケース付きなので、すっきりと持ち運べるのもポイントです。

より快適に座れる!リクライニングタイプで選ぶ4選

アウトドア用チェアには、背もたれの角度を変えられるリクライニングタイプもありますよ!座面の高さが20cm程度のロータイプだけでなくハイタイプにもリクライニングできるタイプがあるので、シーンに合わせて選びましょう。

ただし、リクライニングできるチェアは収納時のサイズがかさばりがちで、重量もあるため持ち運びにくいのもデメリットです。駐車場からの移動距離が長い場合はキャリーカートを使うと楽に運べますよ。

なお、リクライニングチェアはキャンプなどで使うほか、自宅のベランダや庭でくつろぎたいときにも最適です。

PR
Amazonベーシック ゼログラビティーチェア

商品情報

ブランド Amazonベーシック(Amazon Basics)
色 ブラック
材質 テクスティレーン布付きのスチールフレーム
商品の寸法 80D x 66W x 86.1H cm
サイズ 66cm W

「ゼログラビティ」という商品名の通り、無重力感を楽しめるチェアです。後ろにもたれかかるだけで、簡単にリクライニングできます。通気性のよいメッシュ素材のシートや、腕に沿うようカーブさせたアームレストなど、ストレスフリーな座り心地を追求した設計を実現。パッド付きの枕は、位置調整ができ取り外しも可能です。

PR
コールマン(Coleman) インフィニティチェア

商品情報


ブランド コールマン(Coleman)
色 ベージュ
材質 ポリエステル
商品の寸法 92D x 69W x 110H cm
サイズ 使用時サイズ:約92×69×110(h)cm(通常時)、約166×69×76(h)cm(リクライニング最大時)

リラックスできる椅子を追究した、贅沢感のあるアウトドア用チェア。ストレスの少ない座り心地を叶えてくれる1脚です。アームレスト部分にあるロックレバーで調整する仕様なので、座ったままで好みの角度にリクライニングができますよ。収納時はコンパクトになる折り畳み式で、持ち運びに便利な取っ手付きです。

PR
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS オートリクライニングチェア

商品情報


ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
色 グリーン
材質 ポリエステル
商品の寸法 73D x 90W x 97H cm
サイズ (約):幅900×奥行1,350×高さ820mm

収束式なのでコンパクトに収納できるリクライニングチェア。背もたれに体重をかけるとリクライニングができます。サイドにはカップホルダーが2個付いているので、ペットボトル入りの飲み物のほか、タオルやサングラスといった小物類を入れておけるのもうれしいポイント。

畳んだ時のサイズは230×200×長さ980mmと小さく、付属のキャリーバッグに入れればラクに持ち運べますよ。

PR
コールマン(Coleman) インフィニティチェア

商品情報

ブランド コールマン(Coleman)
色 ベージュ
材質 合金鋼
商品の寸法 85D x 165W x 65H cm
サイズ ワンサイズ

アウトドアでのリラックスタイムにぴったりのリクライニングチェア。角度調整ができるサンシェード付きなので、日差しを避けてくつろぎたいときにもうれしいですね。ヘッドレストとフット部分には、厚みのあるクッションを採用しています。コンパクトに折り畳めるタイプで、持ち運びに便利な持ち手付きです。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまではキャンプ用コンパクトチェアの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにキャンプ用コンパクトチェアを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

持ち運びやすいキャンプ用コンパクトチェアを見つけよう!

軽くて持ち運びやすいキャンプ用コンパクトチェアは、サイズや仕様、機能もさまざま。キャンプやピクニックのほか、登山・ツーリング・庭でのバーベキュー・子供の運動会など、目的や用途に合うチェアを選びましょう!

こちらもチェック!
キャンプ用テーブルのおすすめ18選!折り畳みやコンパクトタイプ、おしゃれな木製も

キャンプや釣りなどアウトドアレジャーの定番アイテムである「キャンプ用テーブル」は、調理や食事をする際に重宝します。コンパクトで持ち運びしやすい折り畳み式のほか、アルミ製や木製など素材もさまざまなのでどれを選ぶか迷ってしまいますよね。そこで、キャンプ用テーブルの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
【2023年】おすすめのアウトドアチェア10選!キャンプや焚き火で大活躍!ベンチやローチェアなど、タイプ別に紹介

キャンプやバーベキュー、ピクニック、釣り、海水浴など、野外でのアクティビティで活躍するアウトドアチェア。用途や特徴が異なるさまざまな製品が販売されているので、どれを選べば良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、アウトドアチェアの種類や選び方のポイントを解説した上で、おすすめの商品をタイプ別に紹介します。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー