この記事で紹介されている商品

「ヨガマット」どう選ぶ?お気に入りが見つかる選び方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ヨガマットは、ヨガを快適に行うための必須アイテムです。しかし、ヨガマットには素材(TPEやPVCなど)、厚み、サイズなどが違うさまざまな種類があるので、選び方も難しいですよね。この記事では、ヨガマットのおすすめの選び方、メリット、お手入れ方法などをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヨガマットの選ぶポイント

ヨガマットはさまざまな種類があります。選ぶときには、「厚み」「素材」「サイズ」「滑り止め加工の有無」「自分好みのデザインやカラー」の5つのポイントに注目することをおすすめします。

選び方を参考に、自分にぴったりのヨガマットを見つけてくださいね!下記では、詳しい内容を解説します。

①厚みで選ぶ

ヨガマットはさまざまあり、厚みによって特徴も変わります。自宅、ヨガスタジオ、旅行先など、シーンに合わせて選ぶのがおすすめですよ!

本記事では、おおよその目安から「薄手(5㎜未満)」「標準(5㎜以上~10㎜未満)」「厚手(10㎜以上)」として、それぞれの特徴や人気のヨガマットをご紹介します。

薄手(5㎜未満)

薄手(5㎜未満)のヨガマットは、コンパクトに折りたためるのがメリットです。ヨガのレッスン、旅行先、出張先など、外部へ持ち運びしたいときにおすすめですよ!

しかし薄手のため、1枚使いよりはじゅうたんのようなやわらかい場所に敷いたり、レンタルマットがある場合はその上に敷いたりして使用するほうが衝撃をカバーできます。

PR
リーボック(Reebok) ヨガマット 4mm 滑り止め加工 RAYG-11022

商品情報

サイズ : 173cm×61cm×0.4cm
重量 : 1kg
素材 : PVC、ポリエスター
ポーズを維持できる滑り防止マット
優れたクッション性で固い床でも快適
※商品の仕様・規格・デザイン・カラーは予告なく変更する場合がございます
部門名: ユニセックス

リバーシブルタイプのヨガマットは、どちらの面を使っても滑りにくく、使い勝手が抜群です。厚みが薄く軽量設計なので、持ち運びも楽々! 旅行先やヨガ合宿など、さまざまなシーンで活躍しますよ。

標準(5㎜以上)

標準(5㎜以上~10㎜未満)のヨガマットは、初心者の方におすすめです。安定性、クッション性、重さなど、多方面でバランスが取れているので、使いやすいでしょう。

やや厚みはありますが、丸めて収納しやすいのもうれしいポイント! 種類も豊富なため、ぜひチェックしてみてくださいね!

PR
【Amazon.co.jp限定】 プリマソーレ(Primasole) ヨガマット 6mm

商品情報

軽量で持ち運びに便利、持ち運びやすい収納バッグ付きヨガマット。
地球に優しいエコ素材、TPE(熱可塑性エラストマー)を使用。再形成しやすい素材なので100%リサイクル可能で、燃やしても有害物質が発生しない地球に優しい素材です。SDGsの環境問題への取り組みにも貢献します。

環境に優しい素材を使ったヨガマットです。ニオイも少なく、快適にヨガを行えます。マットの両面に、滑り止め加工が付いているのもおすすめポイント! ズレの心配がないので、安心してヨガを楽しめますよ。

厚手(10㎜以上)

厚手(10㎜以上)のヨガマットは、体への負担を抑えたい方に最適です。厚みや重さがあるため、安定性が増し動作の衝撃を和らげてくれます。特に、動きの多いヨガを行う場合は、厚手のヨガマットを選んでおくと快適に行えますよ。

しかし、厚みや重さがある分、持ち運びには向かないデメリットも。自宅専用で使うのがおすすめです。

PR
[ JOYme ] ヨガマット トレーニングマット/エクササイズ/ストレッチ/筋トレ/防音/水洗い可能

商品情報

商品の寸法 183L x 61W x 1Th cm
【厚さ10mmの高密度素材ヨガマット】厚さ10mmでクッション性・防音性に優れ、グリップ力も非常に高いため滑りにくく、安心してご使用頂けるjoymeの厚手ヨガマットです。

クッション性とリバウンド性の優れたヨガマットです。厚みがあるので、防音にも役立つでしょう。保管に便利なおしゃれな収納バッグもついているのもいいですね。水洗いや水拭きもでき、お手入れも簡単に行えますよ!

②素材で選ぶ

ヨガマットはさまざまな素材があり、特徴が異なります。

下記では、「TPE(熱可塑性エラストマー)」や「EVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)」といった近年人気の素材ほか、「PVC(ポリ塩化ビニール)」「天然ゴム」のヨガマットをご紹介するので、自分に合った素材を見つけてくださいね!

軽量でお手入れ簡単な「TPE」「EVA」

TPEやEVAはリサイクルもしやすく環境への配慮がされたエコな素材で、人気を集めています。

軽くて持ち運びしやすく、ニオイも少ないのが特徴。また、水洗いもでき、お手入れも簡単に行えるのが魅力です!しかし、PVCよりも価格は高い傾向があります。リーズナブルなヨガマットが欲しい方には、不向きかもしれません。

安価で手に取りやすい「PVC」

PVCは旧来からある素材で軽くて、安定性やクッション性のバランスも取れています。価格も比較的安いので、初めてヨガマットを購入する方にもぴったりです。

しかし、クッション性に関しては、素材をやわらかくする可塑剤の量によって大きく変わります。クッション性が気になる方は、直接店舗に行ってやわらかさを確かめてみましょう。ネット通販で購入する場合は、口コミを確認したり、メーカーに問い合わせてみたりするのがおすすめですよ。

またPVCは、水に弱いデメリットも。水洗いはできないので、少しお手入れに手間がかかります。

すべりにくい「天然ゴム」

天然ゴムは、安定したクッション性があります。重さもあるので滑りにくく、本格的にヨガを行いたい方におすすめです。また、天然ゴムの木の樹液から作られており、環境に優しいのもうれしいポイント!

しかし天然ゴムは、水に弱いデメリットも。水洗いはできないので、少しお手入れに手間がかかります。また、ゴムアレルギーの方は使用を控えましょう。

③体に合ったサイズをチェック

ヨガマットは、体のサイズに合わせて選ぶのが大切!一般的なヨガマットの長さは約180cm、幅は約60cmです。標準身長の方は、一般的なサイズを選んでおくと間違いないでしょう。

ほかにも、コンパクトなものや大きめなものなど、ヨガマットは幅広くサイズ展開しています。動作の多い本格的なヨガを行う方は、少し大きいサイズのヨガマットを選んでおくのがおすすめですよ。


また、スタジオの場合はスペースの関係上、ヨガマットの大きさに制限がある場合も。購入を失敗したくない方は、事前にチェックしておいてくださいね。

④滑り止め加工の有無

ヨガマットを選ぶときは、滑り止め加工の有無をチェックしておきましょう。

ヨガにはさまざまなポーズがあり、中級者以上になると体重移動をするような動作も増えていきます。その際に、滑り止め加工が施されたヨガマットを選んでおくと、動作をスムーズに行えますよ!

ポーズの安定性を高めたい方は、滑り止め加工の有無を確認しておいてくださいね。

⑤自分好みのデザインやカラー

ヨガマットはカラーバリエーションが豊富で、デザインも多種多様です。自分好みのデザインやカラーを選ぶと、よりヨガを楽しく行えますよ。

例えば、おうちのインテリアの雰囲気と合わせたり、ヨガウェアのカラーと合わせたりと、さまざまな選び方を考えてみてくださいね。

また、直感でセレクトするのもおすすめです。ヨガマットは、ヨガをする際の自分の領域となるスペースでもあるので、デザインやカラーも楽しんで選ぶとよいですよ。

ヨガマットを素材別にご紹介

ここでは、おすすめのヨガマットを素材別にご紹介します!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

TPE・EVA素材

TPEやEVA素材のおすすめ商品は、下記の通りです。

PR
Bemega ヨガマット トレーニングマット 6mm

商品情報

【耐久性&クッション性】ヨガマットは高密度TPE素材なので、他の素材より裂けにくく、摩擦に耐え、耐久性に優れて、使用頻度が高い方も安心して使っています。ふかふかし過ぎないちょうど良い厚み6mmだけど、クッション性と反発性に優れ、運動衝撃を吸収し、床に接触する脊柱、膝や肘の痛みを軽減できます。長183cm、幅61cm、厚さ6mm、身長やポーズ問わず、男女兼用で初心者にも上級者にも最適します。

軽くて使い勝手のよいヨガマットで丸めて収納できるケース付きなので、持ち運びする際にも便利です。高密度のTPE素材を使用しているから耐久性がよく、長く使っても劣化しにくいのが魅力。また、防音性も優れているので、マンションや集合住宅の方でも使いやすいですよ!

PR
adidas(アディダス) ヨガマット

商品情報

【サイズ】176 (L) x 61 (W) x 0.5 (H) センチ 【重量】530グラム
【素材】TPE、EVA
【マット加工】安定性を向上させグリップ性の高いテクスチャ仕上げ
ヨガやピラティスにおすすめ
商品の仕様・規格・デザイン・カラーは予告なく変更する場合がございます

軽量で丈夫なTPEとEVA素材を使った、ヨガマットです。グリップ力がよく静止摩擦がかかるので、ポーズの安定性が高まります。また吸水性もよく、タオル地の表面が汗をしっかり吸い取りますよ。

PVC素材

PVC素材のおすすめ商品は、下記の通りです。

PR
【Amazon.co.jp限定】 プリマソーレ(primasole) ヨガマット 4mm~10mm

商品情報


primasoleのヨガマットはエンボス加工したクッション性に富み肌触りの良い素材なので、色んなヨガポーズをしても安定して使えます。
カラーは女性に人気の4色をご用意。
マット本体は軽量なので、通気性が良い専用ケースを使えば持ち運びも簡単。
【サイズ】長さ173cm×幅61cm×厚み4mm
【重量】約900g
【材質】PVC

オリジナルロゴの入ったおしゃれなヨガマットです。クッション性がよく、さまざまなヨガポーズをしても安定して使えますよ。カラーバリエーションが豊富なので、お好みの色味を選んでくださいね。

PR
créer(クレエ) ヨガマット 折りたたみ

商品情報

【 可愛いカラバリが豊富 】可愛いフィットネスが推しのcréerよりヨガマットが登場!折りたたみタイプのストレッチマットです。 優しいパステルカラーをはじめ、インテリアに馴染むと人気な「グレージュ」今トレンドのくすみカラーも取り揃えております。 ピラティス・ヨガ教室・フィットネスジム・トレーニング・運動系ゲームなどどこにでも持っていけるこだわりの ストレッチマット です。

コンパクトな折りたたみ式のヨガマットです。専用の収納バッグ付きなので、持ち運びする際にも便利です!マットには折り目ラインが付いており、体や姿勢の平行チェックもできますよ。また、体に優しい素材を使っているのもうれしいポイントです。

天然ゴム素材

天然ゴム素材のおすすめ商品は、下記の通りです。

PR
Jade ハーモニープロフェッショナル 3/16インチ ヨガマット

商品情報

オープンセル天然ゴム製プレミアム3/16インチヨガマット。
汗をかいているときも優れた滑り止め効果を発揮。
卓越した弾力とクッション性。
オゾン層を傷つける物質やPVCは使用していません。
石鹸と水で簡単に洗浄が可能、長さ68インチまたは74インチ。

吸水性のよい天然ゴムのヨガマットです。汗をしっかり吸収するので、集中してヨガを行えます。また、弾力やクッション性もよいため、動作の増えるヨガ中級者以上の方にもおすすめですよ!

PR
YUREN ヨガマット 5mm

商品情報


スタイリッシュなマンダラの花がデザインされたヨガマットです。耐久性やクッション性の優れた天然ゴムの素材は、長く愛用できるのが魅力!また、マットには中心線が入っているので、手の距離や体のバランスを取りやすいですよ。

ヨガマットのメリット

ヨガを行うのに便利なヨガマットですが、どのようなメリットがあるのか気になりますよね。下記ではヨガマットのメリットを5つ解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

衝撃を抑える

床の上で直接ヨガを行うと、体がこすれたり骨が当たったりして痛みが出やすくなります。しかし、ヨガマットを敷くと動作の衝撃を抑えられるので、体に負担がかかりにくくなります。

硬さや冷たさのある床から身を守る

ヨガマットを敷くと、床の硬さや冷たさが感じにくくなるので、ヨガを集中して行えます。

足元が滑りにくい

床の上で直にヨガを行うと滑りやすく、ヨガのポーズが安定しづらくなります。また、床に汗が落ちると滑りやすくなるので注意が必要です。その点、ヨガマットは滑りにくい加工が施されているため、ヨガマットを使えば足元が安定し、ヨガのポーズがきれいに安定しますよ!

音や振動を軽減する

自宅でヨガを行う場合、マンションや集合住宅に住んでいる方は音や振動が気になりますよね。ヨガマットを使うと音や振動を抑えられるので、気兼ねなくヨガを行えますよ。

リラックスできる

ヨガマットを敷くとポーズもとりやすくヨガを快適に行えるので、リラックスした状態で始められます。また、これからヨガを始めるという心構えが生まれて、より集中力も高まりやすくなるでしょう。

ヨガマットのお手入れ方法

ヨガマットは汚れがつきやすく、使用後のお手入れは必須です。そのままにしておくと劣化の原因にもなるので、しっかりお手入れを行いましょう!

下記では、デイリーケアから月1回目安のスペシャルケアまで、おすすめのお手入れ方法をご紹介するので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

レッスン後

レッスン後は、ウェットティッシュや濡れたタオルなどでヨガマットを拭き上げます。

また自宅でケアする場合は、中性洗剤1に対して水3で割った溶液に浸した布で水拭きを行い、乾いた布で拭き上げると、いっそうよいでしょう。お手入れ後は、風通しのよい日陰で乾燥してください。

スペシャルケア

スペシャルケアを行う際は、専用のヨガマットスプレーをマットに吹きかけましょう。

次に、やわらかい布かスポンジを使って丁寧に拭きます。水を使っても大丈夫な素材(TPEやEVA)の場合は、シャワーで洗い流ししてから、乾いた布で水分を拭き取りましょう。一方、水に弱い素材(PVCや天然ゴム)の場合は洗い流しは行わず、乾いた布で拭き上げてくださいね。

拭き取りが終わったら、風通しのよい日陰で乾燥させましょう。月1回くらいの間隔でスペシャルケアを行うと、ヨガマットのニオイ取りが期待できますよ!ぜひ取り入れてみてくださいね。

ニオイが気になるときは

ニオイが気になるときは、自作のアロマオイルスプレーを使うのもおすすめです。

まず、スプレー容器、無水エタノール10ml、精製水30ml、好みの精油8滴を準備しましょう。スプレー容器に無水エタノール、精製水、精油を入れ、よく溶かしたら完成です。スプレーを吹きかけるときは、よく振ってから使ってくださいね。

自分好みの香りの精油を使うと気分が上がって、よりリラックスしながらヨガを行えますよ。

お気に入りのヨガマットを見つけよう!

ヨガマットはTPEやEVA、PVC、天然ゴムなど、さまざまな素材があります。それぞれ特徴が違うので、自分に合った素材を選んでください。また、素材によってお手入れ方法も変わるので、注意しましょう。お気に入りのヨガマットを見つけて、楽しくヨガを行ってくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー