この記事で紹介されている商品

天ぷら鍋のおすすめ10選!IH対応・小さいサイズなどのアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

揚げ物がカラッとおいしく仕上がる「天ぷら鍋」。さまざまな商品があるため、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、天ぷら鍋のおすすめの選び方について解説します。鉄やホーローなどの素材、温度計や揚げ網などの付属品など、チェックすべきポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

天ぷら鍋とは

天ぷらなどの揚げ物をおいしく作るコツは、揚げ油を適温に保ち、食材に素早く火を通すことです。天ぷら鍋は、熱伝導性と蓄熱性にすぐれた素材で作られています。冷たい食材を入れても油の温度が下がりにくく、揚げ油の温度を高温の状態で一定に保つことができます。

また、天ぷら鍋には深さがあるため、揚げ物に適した量の油を注いで、油の中で食材を泳がせながら火を通すことができます。そのため、食材に素早く油が行き渡り、短時間でカラッとした天ぷらを揚げられますよ。短時間で仕上げられれば調理の効率も上がるので、一石二鳥です。

天ぷら鍋の選び方

天ぷら鍋を選ぶ際には、いくつかチェックしたいポイントがあります。天ぷら鍋といってもさまざまな素材のものがあり、サイズや深さもバリエーションが豊富です。また、IH対応か、温度計がついているかなど、キッチンの環境にも左右されます。自分の家庭や料理スタイルに合う選び方をすることで、快適に使うことができますよ。ここからはそれぞれの特徴について詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね。

素材で選ぶ

天ぷら鍋には鉄やステンレスなどさまざまな素材があり、特徴も異なります。例えば、揚げ物の仕上がりを重視したいなら、熱伝導がよい素材を選ぶとよいでしょう。扱いやすさが重要なら、軽くて汚れが落ちやすい素材が適しています。以下でそれぞれの素材の特徴についてみていきましょう。

鉄は、熱伝導性と蓄熱性にすぐれ、熱に強い素材です。油を適温に保ちやすく、カラッとした揚げ物を作ることができますよ。耐久性も高く、適切なお手入れをすれば長く使うことができます。汚れや水分が付いたままにすると錆びやすいため、使用後はしっかりと汚れを落とし、空焚きして水分を飛ばしておく必要があります。

PR
オール熱源に対応してい流から使い勝手抜群
パール金属 天ぷら鍋 20cm IH対応 注ぎやすい 鉄 揚げ物鍋 メイドインジャパン 日本製 HB-1890

商品情報

・材質:本体/鉄(シリコーン樹脂塗装)、取っ手/鉄(クロムめっき)、アミ/鉄(クロムめっき)
・色:ブラック
・製品サイズ:(約)幅300×奥行210×高さ115mm、鍋の縁の高さ88mm、底の厚さ1.2mm
・満水容量:2.6L
・製品重量:(約)840g
・原産国:日本

こちらは、ガス火、IH、ハロゲンヒーターなどの熱源に対応している鉄製の商品です。鉄製ですが約840gと軽く、シリコン樹脂塗装がされているので使用前の焼き切りも必要ありません。注ぎやすい形状の注ぎ口になっているので、後片付けが楽なのもうれしいですね。

PR
広々使えるスクエア型だから、たっぷり揚げられる
パール金属 天ぷら鍋 スクエア 20cm HB-5650 ブラック

商品情報

材質:本体・取っ手/鉄(底の厚さ0.7mm)、アミ/鉄(クロムめっき)寸法:20cm
製品サイズ:(約)幅28.5×奥行20.5×高さ10cm
満水容量:3.0L
製品重量:(約)0.68kg

こちらの商品は、とんかつを2枚同時に揚げられるほどの大きさが魅力!丸型よりも広く使えるため効率よく揚げ物の調理ができますよ。立てて収納できるのもスクエア型のうれしいポイントです。

ステンレス

ステンレスは蓄熱性が高く、適温を保ちやすい素材です。鉄に比べて熱伝導率はよくないので、油の温度が上がるのに少し時間がかかります。しかし、油の温度が下がりにくいので、多めの量を揚げるのに適していますよ。錆びにくくお手入れは簡単ですが、鍋底が焦げ付きやすい点は注意が必要です。

PR
ステンレス製は見た目がスタイリッシュで油汚れも見やすい
ヨシカワ 天ぷら鍋 20cm ガス火・IH対応 日本製 アミ付き ステンレス SJ3391

商品情報

・材質:本体/18-0ステンレス(底の厚さ 1.0mm)、ハンドル/ステンレス、半月アミ/鉄(クロムメッキ仕上)
・仕上げタイプ:焼付塗装
・色:シルバー

・サイズ(約):全幅25×20.5(内径20)×高7.7cm、深さ6.9cm
・満水容量:1.8L、適正容量:700ml
・本体重量(約):500g
・生産国:日本

こちらはIHにも対応しているステンレス製の天ぷら鍋です。揚げ網がついているため、簡単に油を切ることができますよ。軽くて持ち運びもしやすく、扱いやすい商品です。また、シルバーカラーのため、揚げている際の食材の状態や油の汚れ具合を確認しやすいのも助かります。

ホーロー

金属の表面にガラス質をコーティングしたホーローは、熱伝導率が高く揚げ物に適した素材です。内側が白いので、揚げ物の色味が見やすく、揚げ物に慣れていない方でも使いやすいですね。匂いがつきにくく汚れも落ちやすいので、お手入れしやすいのも特徴です。衝撃に弱く耐久性は低いので、取り扱いには注意が必要になります。

PR
汚れが落ちやすく油が跳ねにくい
富士ホーロー 天ぷら鍋 24cm IH対応 TP-24

商品情報

・色:ライトグレー
・サイズ:「本体+取っ手」32 × 「最大径」26.5 × 「高さ」10.5cm
・容量: 満水容量 2.8L、適正油量 1.0L
・重量:1,220g
・対応熱源:ガスコンロ(直火)、IH(200V)、シーズ、ハロゲン、エンクロ、ラジエント ※IH調理器の揚げ物モードは使用不可

こちらはおしゃれなデザインのホーロー製の商品です。油に直接つけて測れる温度計が付属しているので、温度を確認しながら揚げ物ができますよ。オイルガードがあり、油が飛び散りにくくなっているのもうれしいですね。

銅製

銅は、もっとも熱伝導性と蓄熱性にすぐれた素材です。素早く油の温度が高くなり、一度にたくさんの量を揚げても温度が下がりにくいため、天ぷら専門店でもよく使用されています。基本的にIHには対応しておらず、価格が高いので、家庭用としては少し手に取りにくいかもしれません。

アルミ

アルミは熱伝導性が高く、軽くて錆びにくいため、扱いやすい素材です。蓄熱性は弱く温度が下がりやすいので、温度の管理が難しい点に注意が必要です。また、アルミは電磁波を通さない素材なので、IHは非対応のものがほとんどです。

サイズや深さで選ぶ

天ぷら鍋は、家族の人数に応じたサイズ選びも大切です。1~2人なら直径20cmまでの小さめのもの、人数が多ければ直径20cm以上の大きめのものが使いやすいでしょう。

揚げ物はたくさんの油を使用するので、油の無駄がないように人数に合わせたサイズを選んでみてくださいね。小さいサイズだと少量の揚げ物にも使いやすく、揚げ油が少なくてよいので油のコストカットにもつながります。

また、鍋の深さが深いほど油を多く注ぐ必要がありますが、深さがあると揚げ物の具材が鍋底に当たらず焦げにくいというメリットもあります。

小さめ

1~2人なら、直径16~20cmの小さなものが使いやすくおすすめです。揚げ油が少量で済み、油の温度がすぐに上がるので短時間で揚げることができますよ。丸形の鍋だけではなく、ポットのような丸みのある形や、コンパクトなスクエア型のものもあります。

PR
コンパクトだから他の料理をしながら使える
杉山金属 ミニミニ天ぷら角型 フッ素樹脂 アミ・フタ付き 【日本製】

商品情報

・色:グレー
・材質:ステンレス鋼, 合金鋼
・容量:0.5 キログラム
・仕上げタイプ:フッ素樹脂
・商品の重量:0.5 キログラム

こちらの商品は、コンパクトなスクエア型の天ぷら鍋です。少ない油で揚げられるので1人分でも手軽に天ぷらを揚げることができますよ。揚げ網がついているのもうれしいですね。サイズは小さめですが、長方形の形なのでえびやアスパラガスなど長い食材でも揚げられます。

大きめ

3人以上の家庭なら、直径20cm以上の大きいものがよいでしょう。一度にたくさんの量を揚げられて油の温度も下がりにくく、効率よく調理できます。

PR
注ぎ口付きでオイルポットへの移し替えも楽々
下村企販 【日本製】天ぷら鍋 24cm IH対応 24672

商品情報

・サイズ:幅28.4×奥行24×高さ10.8cm(持ち手含む)、内径23.5×深さ7cm
・重量:約1810g
・材質:鉄(底厚3.2mm)
・原産国:日本

直径24㎝の鉄製天ぷら鍋です。厚さ3.2mmの鉄材を使用しており、食材を入れても油温が変化しにくくきれいに揚がるのが特徴。IHとガス火の両方に対応しているのもうれしいポイントです。縁に注ぎ口がついているため、オイルポットなどに油を注ぎやすくなっています。

深め

深さがあるタイプの天ぷら鍋は、容量が多い分油をたくさん入れられるため、冷たい食材を入れても温度が下がりにくく、カラッと揚げやすくなります。底が深いと油はね防止にもなるため、はねた油で火傷する可能性も低くなります。キッチンをなるべく汚したくないという方にもおすすめですよ。

PR
容量たっぷりの深型タイプだから一度にたくさん揚げられる
和平フレイズ 天ぷら鍋 揚げ物 フライ 揚げづつみ 22cm 深型

商品情報

・材質:本体/鉄(シリコン樹脂塗装)、アミ/鉄(クロムメッキ)
・仕上げタイプ:焼付塗装
・色:ブラック
・商品サイズ:約 幅32.6×奥行23.6×高さ11.4cm、重量:約900g
・底の厚さ:1.2mm
・生産国:日本
・満水容量:約2.7L、適正油量:約900g

こちらの商品は11cm以上の高さがあるので、大きめな食材も鍋底につきにくく、しっかりと火を通すことができます。容量が大きく、一度にたくさん揚げることが多い家庭におすすめですよ。

IH対応で選ぶ

天ぷら鍋は直火だけではなくIHに対応した商品も多くあります。鉄やステンレスはIHでも使えるものがほとんどなので、素材に注目して選んでみましょう。銅やアルミはIHでは使うことができない商品が多く、ホーローはIHの揚げ物モードには対応していない商品もあるので注意が必要です。

PR
スタイリッシュな見た目で油汚れも落ちやすい
ヨシカワ【日本製】天ぷら鍋 24cm ガス火・IH対応 アミ付き SJ3170

商品情報

・サイズ(約):全長39.7×25.2××高さ14.3cm・深さ8.2cm・内径24cm、本体重量(約):780g
・素材・材質:本体/鉄 (シリコーン塗装)、ハンドル/天然木、アミ/鉄 (クロムメッキ)
・生産国:日本
・容量:満水/3.2L、適正/1.3L
・対応熱源:ガスコンロ、電磁調理器 (IH 100V・200V)、シーズヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、ラジエントヒーター

IHとガス火の両方に対応している天ぷら鍋です。揚げ物だけでなく、焼き物や炒め物もこれひとつで調理することが可能。丈夫で長く使える鉄製で、使うほどに油がなじんで使いやすくなりますよ。

便利な付属品で選ぶ

天ぷら鍋には、揚げ網や温度計、油ハネ防止ネット、揚げカゴなど、さまざまな付属品がついている商品が多くあります。自分がほしいものが付属しているかどうか、購入する際は確認しておきましょう。

ガスやIHでも揚げ物モードがついていないキッチンの場合は、温度計つきのタイプがおすすめです。食材を入れると油の温度が下がってしまうことがあるため、都度温度を確認することで上手に揚げることができますよ。

PR
バット代わりになる蓋付きで場所を取らずに揚げ物ができる
IH&ガス火対応 鉄製 安心 天ぷら鍋24cm ガード枠 バット蓋付 温度計付 揚げ鍋 フライヤー

商品情報

・商品サイズ:約330×256×136mm
・重 量:約1,485g
・付属品:温度計付
・容量:3.2L(適正油量約1.1L〜1.4L) 
・底の厚さ:1.2mm
・材 質:本体/鉄(シリコン焼付け塗装)、ハンドル/鉄(クロムメッキ)、フタ・ガード/鉄(シリコン焼付塗装)、アミ/ステンレス鋼
・対応熱源:ガスコンロ、電磁調理器 (IH 100V・200V)
・原産国:中国

こちらの商品は温度計がついているので、揚げ油の温度を一定に保つのに役立ちます。鍋にフタがついていて、フタの裏が揚げ網になっているのも便利です。油跳ねのガードもついており、機能性を重視する方におすすめですよ。温度計は取り外せるため、鍋をしっかりと洗えて衛生的に使用できます。

PR
コーティング加工で錆びにくく、お手入れしすい
アーネスト【日本製】天ぷら鍋 3点セット A-77361 ブラック

商品情報

・セット内容:鍋/アミ/フタ×各1個
・サイズ(約):鍋本体/幅32×奥行24×高さ13.5cm(ハンドル含む)、鍋内径直径22cm、フタ/直径24×高さ1cm、網/直径20×高さ1.5cm

こちらの商品は天ぷら鍋に網とフタが付属しています。フタのくぼみに網をはめると油切りとして使うことができるので、別でバットなどを用意する必要がありません!鍋は深型で底面が狭い形状になっているため、油はねを抑えることができますよ。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは天ぷら鍋種類やの選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらに天ぷら鍋を探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

お気に入りの天ぷら鍋を探してみよう

ご紹介したとおり、天ぷら鍋には素材や形に多様なバリエーションがあります。それぞれのご家庭のニーズに合ったものを選ぶことで、長く愛用することができますよ。ぜひこの記事を参考にしていただき、お気に入りの一品を探してみてくださいね。

こちらもチェック!
天ぷら鍋の小さいアイテムおすすめ10選!ih対応や日本製などコンパクトで人気なものをご紹介

少量の揚げ物料理を作りたい際に活躍する「小さい天ぷら鍋」。丸型から四角型までさまざまな種類があるため選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで今回は、小さい天ぷら鍋の選び方とおすすめの商品をご紹介します。IH対応のものや、日本製でリーズナブルな価格帯のものを紹介していますのでぜひ購入の参考にしてくださいね。

こちらもチェック!
揚げ物鍋のおすすめ10選!少ない油で揚げる・はねないなど選ぶポイントを紹介

揚げ物をカラッとおいしく仕上げるときにあると便利な「揚げ物鍋」。油がはねない構造になったものや、少ない油で揚げられる使い勝手の良いものを使えば、格段にフライ調理が楽になりますよ!この記事では揚げ物鍋を選ぶポイントや、素材による仕上がりの違いについても紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー