この記事で紹介されている商品
【2024年】フォトプリンターのおすすめ10選!自宅や外出先で写真プリント

【2024年】フォトプリンターのおすすめ10選!自宅や外出先で写真プリント

写真のプリントに特化した「フォトプリンター」。据え置き型の家庭用として使いやすいモデルやスマホと連携しやすいコンパクトなモデルなど、さまざまな機種が販売されています。本記事では、フォトプリンターを選ぶときのポイントやおすすめのメーカーなどをご紹介。検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

フォトプリンターとは?

写真の印刷をメインに開発されたフォトプリンターは、キャノンやエプソンといった国内でも有数のメーカーからも販売されています。

高画質な印刷が可能な機種はもちろん、専用のアプリをスマホにダウンロードすることで、スタンプや色彩調整といった画像の加工が可能な機種もあり、写真を印刷する楽しさを広げられますよ。

思い出を写真にして残したい方には、かなり重宝するアイテムなのでぜひ検討してみてくださいね。

フォトプリンターの特徴と魅力

一般的なプリンターと異なり、印刷できるサイズがL版やハガキサイズのように小さいものに限られ、製品自体もコンパクトな点が特徴です。

Wi-FiやBluetoothの環境下であれば、フォトプリンターにデータを送信できるので、印刷も簡単に行えます。

また、持ち運びやすいサイズのため旅行やイベントに持参すると、写真をその場でプリントし友だちとシェアして楽しむことも可能に。

さらに写真屋さんやコンビニのコピー機より安く印刷しやすい点もメリットのひとつです。

フォトプリンターの選び方

ここからは、フォトプリンターの選ぶポイントを「形状・メーカー・印刷方式・印刷枚数・対応サイズ・機能性」の6つに分けて解説します。

1.用途に合ったタイプで選ぶ

フォトプリンターは「据え置きタイプ」と「モバイルタイプ」に大きく分けられます。用途にあった商品を選べるように、それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

据え置き型タイプ

一般的なプリンターを小型化したような据え置きタイプ。縦置き対応の収納しやすいモデルも販売されています。

また、モバイルタイプより印刷できる写真のサイズが多様で、機種によっては2LやA5サイズのプリントも可能です。

写真の読み込みはアプリ経由だけでなく、SDカードやUSBを差し込める機能も付いているので、デジタルカメラやパソコンのデータをまとめて印刷したい方に重宝するタイプですよ。

モバイルタイプ

モバイルタイプは、軽量で持ち運びにぴったりなサイズが特徴です。バッテリーを搭載したモデルなら、電源のない外出先でも手軽にプリントできます

据え置き型と比べると、印刷できる用紙や写真サイズが限定されるため、対応用紙はしっかり確認してから購入するのがおすすめです。

モデルによっては、カメラと一体型になっていたりチェキフィルムに印刷できたりと、機能性もさまざまなので、使いやすいモデルを選んでくださいね。

2.おすすめのメーカーで選ぶ

さまざまなメーカーからフォトプリンターが販売されていますが、ここではおすすめの国内メーカー4社をご紹介します。各社の強みを把握して、商品選びの参考にしてくださいね。

エプソン

コスパ重視のモデルから、美しいコントラストや繊細なカラーをそのまま表現できる本格的なモデルまで、用途にあった幅広いプリンターが販売されています。

据え置き型が主流で、機種によってはプリンターのQRコードを読み込むだけで、簡単に接続できるタイプも。SSIDやパスワードを確認する手間もなく、スムーズに印刷を始められるのは嬉しいですよね。

写真の他にも、文書や年賀状を印刷したいと考えている方におすすめのメーカーです。

キャノン

手軽に持ち運べる「iNSPiC」シリーズと、据え置き型の「SELPHY」シリーズが展開されています。

どちらもスタイリッシュなデザインのうえ、ピンクやブルーといったキュートなカラー展開も魅力です。また、かわいいデザインのケースやキャラクターとコラボした機種も販売されているので、小物感覚で持ち歩くのを楽しめますよ。

シール用紙にも印刷可能なため、収納ボックスのタグや持ち物の目印に使うなど、アイディア次第で幅広く活用できる機種です。

富士フィルム

富士フイルムのフォトプリンターといえば、「instax チェキシリーズ」が主力です。

カメラと一体型になっていてシャッターを押すだけで印刷できるものや、アプリを経由して使うコンパクトなスマホプリンターなどが販売されています。他にも、コントラストを上げる「instax-Rich Mode」といった、色彩を調節できる機能も魅力のひとつ。フィルムならではのレトロ感を堪能したい方にもおすすめです。

また、フィルムの種類がラインナップ豊富なので、商品によってはフレームのカラーやデザイン、モノクロ撮影も楽しめますよ。

コダック

アメリカに本社を置く老舗の写真用品メーカーです。現在は商業印刷や化学薬品分野といったビジネスに力を注いでいます。

「4 PASS(フォーパス)昇華型プリント方式」を採用した鮮やかな色彩やスピーディーな印刷、水やホコリによる写真の劣化を防止する高品質なプリントが魅力です。

手のひらに収まるコンパクトなサイズや、レトロでおしゃれなデザインを楽しめる機種が展開されています。

3.印刷方式をチェック

印刷方式にも注目してみましょう。ここでは代表的な「ZINK方式・インクジェット方式・昇華型熱転写方式」について解説します。印刷クオリティやコストが異なるので、購入前は必ずチェックしてくださいね。

小型・コンパクト商品が多い!ZINK方式

「感熱式」とも呼ばれるZINK方式は、ZINK Imaging社が開発した感熱式プリンターです。

インクが染み込んでいる感熱紙に熱を加えて発色させるのが特徴。ランニングコストが低く、インクが必要ないので小型かつ軽量化しやすい印刷方式です。

他の印刷方式に比べると、繊細な色彩の表現は劣りますが、持ち運びにしやすいモバイルタイプには最適。キャノンの「iNSPiC」シリーズではこの印刷方式が採用されています。

印刷コストが安い!インクジェット方式

一般家庭のプリンターとして普及しているのが、インクジェット方式のプリンターで、インクを用紙に吹き付けて印刷するのが特徴です。

インクを搭載するため通常大型になりますが、フォトプリンターの場合、一般的なプリンターより小型化したモデルが販売されています。

専用用紙でなくても印刷できるため、印刷コストが抑えられる点が魅力です。現在は改良が重ねられ、機種によっては高品質な画像も印刷可能になっています。

高画質な写真プリント!昇華型熱転写方式

プリントの品質にこだわる方は、昇華型熱転写方式のプリンターがおすすめです。熱でインクを気化させてプリントし、色の濃淡を温度で調整できるため、なめらかな色彩が表現できます

据え置き型から、持ち運び可能なコンパクトタイプまで、幅広く展開されていますよ。

高品質な印刷ができる反面、他の形式と比べて製品の価格が上がり、ランニングコストも高くなる点は否めません。

4.印刷可能枚数をチェック

コンパクトなフォトプリンターの場合、プリンターへセットできる用紙の枚数が少なくなります。印刷可能枚数は10枚や90枚と機種によってさまざまなので、用紙をセットする頻度を押さえたい方は給紙容量を確認しましょう。

またバッテリーが内蔵された機種は、フル充電時の印刷可能枚数を記載していることも。印刷するものによっては、記載された枚数より少なくなることもありますが、目安として確認しておくとよいですよ。

5.対応する写真サイズもチェック

製品によって、対応している写真サイズは異なり、スタンダードな写真サイズのL型をはじめ、スクエア、2L、葉書き、など多岐に渡ります。

大型の据え置きタイプなら、A3サイズの印刷に対応しているモデルも販売されていますよ。

もし、印刷したいサイズが決まっている場合は、購入前に仕様をチェックしてくださいね。

6.機能性で選ぶ

フォトプリンターには、シールプリントができるタイプや画像を加工できるものなど、便利な機能を搭載した機種が展開されています。使い勝手のよいおすすめの機能を4つ紹介するので、欲しい機能はぜひ取り入れてみてください。

無線接続

スマホやタブレットから印刷するなら、Wi-Fi、Bluetoothに対応している無線接続の可能な機種が便利です。無線LANが届く範囲ならプリンターをどこにでも設置できるうえ、1台あれば複数の端末でプリンターを共有できます。

BluetoothやNFCで接続できるモデルなら、Wi-Fi環境のない外出先でも手軽に使えるので、さらに便利になりますよ。

タッチパネル搭載

据え置き型によく見られる仕様ですが、液晶画面にタッチパネルを搭載していると、スマホのような感覚で操作しやすくなるのでとても便利です。機種によっては、操作画面の大きなタイプもあるので見やすさを重視したい方におすすめですよ。

モバイルフォトプリンターの場合、アプリ経由で操作することが多いため、スマホで操作することがメインとなります。

シールプリント機能

フォトプリンターのなかには、シール用紙にプリントできる機種があります。写真をシールにすることで、ノートや手帳に貼ったり、手紙やプレゼントに添えたりと、アイディア次第でさまざまな使い方が可能です。

機種によっては、丸型のシールに印刷できるタイプやコラージュが可能なシール用紙もあるので、好みのシートが展開されている機種を選ぶとよいでしょう。

画像を加工できるアプリ対応モデル

スマホで画像を加工するように、フレームやステッカーを加えたり、文字入れや色彩を調整したりして、楽しめる機能も便利ですよ。

携帯に専用のアプリをインストールして、選んだ画像に加工を加えます。気になる方は、検討している機種に使いたい加工機能が搭載されているか確認してみてくださいね。

カメラ一体型タイプ

最後におすすめしたいのは、カメラとプリンターが一体型になった機能。撮った写真を確認してすぐに印刷できます。

なかには自撮りしやすいように、ミラーやLEDライトが付いている便利なモデルも展開されていますよ。

また、本体にSDカードを差し込めるタイプなら、撮影したデータをそのまま保存することも可能です。

フォトプリンターのおすすめ10選

おすすめのフォトプリンターを10点ご紹介します。据え置き型からモバイルプリンターまで幅広く選んだので、気になる機種はぜひチェックしてみてくださいね。

Canon スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-223-PK

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(521件)

>

商品情報

・メーカー:キャノン
・用紙サイズ(約):50×76mmのシール紙、他
・本体サイズ(約):幅84×奥行き120×高さ21.5mm
・重さ(約):177g
・印刷方式:ZINK方式
・形式:‎Bluetooth
・バッテリー印刷可能枚数(フル充電時):約20枚
・特徴:内蔵バッテリー、インク不要、USB充電対応、画像加工

軽量かつスマホ感覚で持ち運べるサイズ感が魅力のミニフォトプリンター。バッテリーが内蔵されているので、外出先での使用にとても便利です。対応用紙がシール紙なので、中身の見えない収納ボックスのラベルや、プレゼントのラッピングなど、さまざまなシーンで活用できます。

キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1500

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(315件)

>

商品情報

・メーカー:キャノン
・用紙サイズ:Lサイズ、ポストカード、証明写真、スクエアシール、他
・本体サイズ(約):幅182.2×奥行き133.0×高さ57.6mm
・重さ:850g
・印刷方式:昇華型熱転写方式
・接続形式: Wi-Fi、USB、メモリーカード
・バッテリー印刷可能枚数(フル充電時):約90枚
・特徴:外付けバッテリー(別売り)、画像加工

据え置き型ですが、非常にコンパクトなモデルです。ポストカードやスクエアシール、プチシールなどバリエーション豊富なサイズで印刷できるため、用途別に印刷サイズを変更したい方におすすめですよ。本体の液晶が大きく、操作性に優れた点もおすすめです。

Canon スマートフォン用プリンター SELPHY SQUARE QX10

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(303件)

>

商品情報

・メーカー:キャノン
・用紙サイズ(約):72×85mmシール紙
・本体サイズ(約):幅102.2×奥行き143.3×高さ31.0mm
・重さ:約445g(インクカセット・用紙を除く)
・印刷方式:昇華型熱転写方式(オーバーコート付)
・接続形式:QRコード/Wi-Fi
・バッテリー印刷可能枚数(フル充電時):約20枚
・その他:画像加工、バッテリー内蔵

スクエア型の全面シール紙に印刷できるモバイルフォトプリンター。シールは剥がして再び貼ることもできるので、ステッカーの作成やスマホのアレンジにも活用しやすいタイプです。さらに、水や汚れに強いオーバーコート仕上げで、写真の色褪せ防止も期待できますよ。

エプソン コンパクトプリンター カラリオミー PF-71

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(231件)

>

商品情報

・メーカー:エプソン
・用紙サイズ:カード〜A5、封筒、ハガキ、ロール紙
・接続形式: Wi-Fi、USB
・本体サイズ(約):幅249×奥行き176×高さ85mm
・重さ:1.8kg
・印刷方式:MACH方式
・給紙容量:A5/最大50枚、ハガキ/最大20枚
・対応OS:‎Windows® XP~、OS X 10.6.8~、Chrome OS 89~
・その他:画像補正

縦置きも可能なため、収納しやすい据え置き型のフォトプリンターです。逆光や夜景といったコントラストが難しい写真でも、全体の色をバランスよく、自動で補正してくれる機能が魅力。SDカードを本体に差し込めるので、デジカメの写真も印刷したい方は使いやすい機種ですよ。

キヤノン インスタントカメラプリンター iNSPiC ZV-223-PK

Amazonカスタマーレビュー

3.7

Amazonカスタマーレビュー

(24件)

>

商品情報

・メーカー:キャノン
・用紙サイズ(約):50×76mmシール紙、他
・本体サイズ(約):幅121×奥行き22.5×高さ80.3mm
・重さ:約188g(用紙を除く)
・印刷方式:ZINK形式
・接続形式:QRコード、Wi-Fi
・バッテリー印刷可能枚数(フル充電時):約25枚
・その他:画像加工、バッテリー内蔵、インク不要

カメラとプリンターが一体になっている本商品は、外出先でもプリントしたい方に最適のモデルです。カメラで撮った写真だけでなく、スマホで撮影した写真も印刷可能ですよ。ミラーやリングライトが搭載されているので、自撮りも楽しめます。

モバイルプリンター StarPany WS-TP2

Amazonカスタマーレビュー

3.5

Amazonカスタマーレビュー

(4件)

>

商品情報

・メーカー:washin和信
・用紙サイズ(約):幅58x径30mmのロール紙
・本体サイズ(約):80×80×41.2mm
・重さ:約160g
・印刷方式:サーマルプリント方式
・接続形式:Wi-Fi
・その他:バッテリー内蔵、白黒印刷

本商品はレシートを印刷する感熱ロール紙に、画像を白黒で印刷するのが特徴です。WordやPDFも読み込めるので、レシピの保存や勉強内容をノートにまとめるなど、さまざまなシーンで活用できるでしょう。8×8㎝の超小型プリンターで、公式アプリをインストールして本体と接続すれば、どこでも簡単に印刷できます。

富士フイルム INSTAXチェキプリンター INSTAX mini Link 2 ‎INS MINI LINK2 C WHITE

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(527件)

>

商品情報

・メーカー:富士フイルム
・使用フィルム:富士フイルム インスタントフィルム INSTAX mini(別売)
・本体サイズ(約):幅91.9×奥行き36.4×高さ124.8mm(突起部除く)
・重さ:約210g(フィルム除く)
・印刷方式:有機ELによる3色露光方式
・接続形式:Wi-Fi/USB
・バッテリー印刷可能枚数(フル充電時):約100枚
・プリント可能画像フォーマット:JPEG、PNG、HEIF、DNG
・その他:画像加工、バッテリー内蔵

撮った写真をチェキのフィルムに印刷できるINSTAX mini Link 2 ‎。色彩を豊かにできるリッチモードや写真に写った2人の相性診断など、楽しい機能が盛り沢山のモデルです。同じ写真を最大10枚までプリントできるので、友だちとシェアしたいときも重宝しますよ。

コダック インスタントプリンター Dock Plus 4PASS CAR-PD460Y

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(14,051件)

>

商品情報

・メーカー:コダック
・用紙サイズ:100×150mm
・本体サイズ(約):幅101.6×奥行き177.8×高さ76.2mm
・重さ:約2kg
・印刷方式:昇華型熱転写方式
・接続形式:Wi-Fi/USB
・給紙容量:最大90枚
・その他:画像加工、バッテリー内蔵、印刷用紙90枚付き

ポップなデザインが印象的な据え置き型。付属のケーブルとスマホを接続したり、アプリ経由で画像を送ったりして印刷します。昇華型熱転写方式のうえ、コダック独自の優れた品質を再現する「4PASS技術」を使った高画質な印刷も魅力です。

富士フイルム INSTAXチェキプリンター INSTAX Link WIDE ‎INS LINK WIDE M GRAY

Amazonカスタマーレビュー

4.6

Amazonカスタマーレビュー

(527件)

>

商品情報

・メーカー:富士フイルム
・使用フィルム:富士フイルム インスタントフィルム INSTAX WIDE(別売)
・本体サイズ(約):幅139×奥行き33.7×高さ127.5mm(突起部除く)
・重さ:約349g(フィルム除く)
・印刷方式:有機ELによる3色露光方式
・接続形式:Wi-Fi/USB
・バッテリー印刷可能枚数(フル充電時):約100枚
・プリント可能画像フォーマット:JPEG、PNG、HEIF、DNG
・その他:画像加工、バッテリー内蔵

通常のチェキよりもワイドなサイズで印刷できる本商品。写真にQRコードを加えられるので、写真を渡した友達とアルバムの共有サイトや動画、地図などさまざまな情報をシェアするのにとても便利ですよ。複数の画像を組み合わせたり、スタンプを押したりと画像の加工も楽しめます。

キヤノン スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC セット PV-223-BL

Amazonカスタマーレビュー

5.0

Amazonカスタマーレビュー

(3件)

>

商品情報

・メーカー:キャノン
・本体+ZINKフォトペーパー 50枚入り+iNSPiC PV-223用着せ替えプレート+iNSPiC用ケース ブルーの4点セット
・用紙サイズ:50×76mm シール用紙
・特徴:内蔵バッテリー、インク不要、USB充電対応、画像加工

こちらはiNSPiCPV-223の本体と着せ替えプレート、本体の収納ケース、印刷用紙50枚入りがセットになった商品です。着せ替えプレートはマグネットタイプなので、取り付け簡単。本体ケースは、カメラをバンドでしっかり固定できるうえ、ポケットもついているので小物も収納しやすくなっています

全10商品

おすすめ商品比較表

Canon スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC PV-223-PK

キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1500

Canon スマートフォン用プリンター SELPHY SQUARE QX10

エプソン コンパクトプリンター カラリオミー PF-71

キヤノン インスタントカメラプリンター iNSPiC ZV-223-PK

モバイルプリンター StarPany WS-TP2

富士フイルム INSTAXチェキプリンター INSTAX mini Link 2 ‎INS MINI LINK2 C WHITE

コダック インスタントプリンター Dock Plus 4PASS CAR-PD460Y

富士フイルム INSTAXチェキプリンター INSTAX Link WIDE ‎INS LINK WIDE M GRAY

キヤノン スマホ専用ミニフォトプリンター iNSPiC セット PV-223-BL

Amazonカスタマーレビュー
4.4521
4.3315
4.3303
3.9231
3.724
3.54
4.6527
4.214,051
4.6527
5.03
最安値
タイムセール
¥14,028-8%
参考価格¥15,300
¥16,800
¥19,450
¥16,998
タイムセール
¥14,570-14%
参考価格¥17,000
タイムセール
¥4,980-12%
参考価格¥5,677
¥14,364
¥21,900
¥16,317
タイムセール
¥19,874-5%
参考価格¥21,000
購入リンク

手軽に印刷できるフォトプリンターで 思い出を楽しもう

外出先でも印刷しやすいモバイルタイプや自宅に置く据え置き型など、ラインナップ豊富に展開されているフォトプリンター。お気に入りの写真を手軽に印刷して、思い出の記念や共有を手軽に楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のパソコン・周辺機器カテゴリー

新着記事

カテゴリー