この記事で紹介されている商品
コードレスのサーキュレーターのおすすめ10選!おしゃれなデザインのモデルも

コードレスのサーキュレーターのおすすめ10選!おしゃれなデザインのモデルも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

空気の循環や冷暖房の効率アップをアシストする「サーキュレーター」。中でもコードレスタイプは設置場所を選ばないため、小型の防水タイプは浴室や脱衣所でも使えますよ。本記事では「コードレスタイプのサーキュレーター」の選び方について解説します。静音性に優れたものや壁掛けできるものなど、おすすめ商品もご紹介しますよ!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コードレスのサーキュレーターのメリット

サーキュレーターは豊富な風量で、効率的に空気を循環させる家電です。シーズン問わず活用でき、エアコンの冷暖房とあわせて使えば室温を均一に保ちやすくなるでしょう。コードレスなら配線も邪魔にならず、足を引っ掛けることもないため、小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。

またコンセントの位置に関わらず使用シーンに応じて持ち運んで使えるため、自由度が高いのもメリットです。

コードレスのサーキュレーターのデメリット

コードレスサーキュレーターは、電源に繋がず使える反面、連続して稼働する時間が決まっています。内臓したバッテリーの容量や消費電力によっては、稼働時間が短くなるのがデメリットです。充電中は動かせないタイプが多く、用事の途中で待ち時間が発生するのも難点といえるでしょう。

またコードレスタイプはその特徴を活かして、あえて部屋の奥や隅に置くことも多いです。スイッチのオン・オフなど操作のたびに本体のそばまで移動する必要があります。ボディも小型で高さがなく、いちいちかがまねばなりません。リモコンで遠隔操作ができないと不便な点は、コードレスサーキュレーターのデメリットといえるでしょう。

コードレスのサーキュレーターの活用シーン

コードレスサーキュレーターの主な役割として、部屋の空気循環があげられるでしょう。空間に流れを作り、冷暖房を効率的に効かせることが可能です。空気が滞りがちなキッチンや浴室、ロフトなどにも風を送り込んでくれますよ。窓の傍に置けば室内を換気し、雨天時には部屋干しの洗濯物をスピーディに乾かすなど、さまざまなシーンで活用できるのでおすすめです。

部屋の冷気を循環させたいとき

コードレスサーキュレーターの最もメジャーな活用方法は、エアコンとの併用です。サーキュレーターの空気循環の作用で、部屋の下に溜まる冷気を押し上げれば、部屋全体に冷房を効かせられます。また部屋が続いている場合、2つの部屋を全体的に冷やすことも可能。冷風の通り道か部屋をまたいでサーキュレーターを設置すれば、両部屋の温度を均一に保てるのでおすすめです。

部屋や浴室の換気をしたいとき

空気の流れを作るサーキュレーターは、換気も得意分野です。基本的には部屋の隅、もしくは開けた窓から一番遠い場所にサーキュレーターを外に向けて設置します。窓からは外気が入り、室内の空気はサーキュレーターにより押し出されるため、スピーディに換気できますよ。あるいは開放した窓に背を向かせて回転させると、外気を一気に取り入れて、空気の入れ替えが可能です。

浴室をカラリとさせたいなら、壁に向かって送風すれば手軽に湿気を飛ばせます。なお、入浴後の温かい空気は天井に溜まるため、コードレスサーキュレーターで換気をする際は風向を上にするのがポイント。どちらも首振り機能を使えば素早く換気できるので、ぜひ試してみてください。

室内干しの洗濯物を早く乾燥させたいとき

生乾きの洗濯物は細菌の繁殖や嫌な臭いが気になるもの。少しでも早く乾かすなら、サーキュレーターを活用するのがおすすめです。風量を「強」に設定し、洗濯物へ向けて送風しましょう。この時、首振り機能を使えば複数の衣類をまんべんなく乾かせます。

冬服など厚手の生地なら、その下にコードレスサーキュレーターを置き、上に向けて送風してみてください。ダイレクトに風をあてるため、乾きにくい洗濯物にも有効です。

コードレスのサーキュレーターの選び方

日常のさまざまな場面で活躍するコードレスサーキュレーター。どの製品も似ていて違いがわかりにくいですが、用途によって欲しい機能は異なります。以下にコードレスサーキュレーターの選び方のコツをまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

1.使う部屋の広さは?適応畳数で選ぶ

サーキュレーターは、メイン機能の風力を目安に選ぶのがベスト。その指標となるのが、風力の強さを示す「適応畳数」です。表記された数字は、サーキュレーターが風を効率的に届けられる部屋の広さを表わし、大きいほど風力が強いことを意味します。適応畳数はパッケージなどに記載された製品の基本スペック内に記されているため、確認してみてくださいね。

サーキュレーターを設置する部屋の広さと適応畳数が吊り合ったものを選べば、失敗しにくいでしょう。ただしキッチンや奥まった箇所など、送風しにくい箇所がある場合は、広さより適応畳数が大きい製品がおすすめです。

2.リモコンの有無で選ぶ

遠隔操作できるリモコンの有無も、サーキュレーターを選ぶ決め手のひとつといえます。配線の心配がないコードレスタイプは、部屋の中心から離れた場所に置くことが多い家電です。操作のたびにわざわざ移動するのは少なからずストレスを感じる場合もあるので、リモコンは必須の存在といえるでしょう。

本体の高さも低く、日に何度もかがんでボタンを押すのは負担になりますよね。サーキュレーターの設置場所が近くても、遠隔操作できるリモコン付きのものを選びましょう。

3.浴室利用もあるなら防水性もチェック

コードレスのサーキュレーターなら、電源がない浴室でも活用できます。湿気がこもる浴室は、こまめに換気しなければカビが増殖しやすい場所です。サーキュレーターのパワフルな風量でカラッと換気したいという方も多いでしょう。

手軽に持ち運べるコードレスタイプのサーキュレーターは、浴室の換気にも有効です。ただし水と相性の悪い電化製品でもあります。濡れると故障の原因になるため、浴室で使用する場合は防水タイプのモデルを準備しましょう。水やお湯が直接かからなくても、湿度の高い場所は電化製品には禁忌です。防水タイプのサーキュレーターでも、浴室で利用するなら換気を徹底するのを忘れないでくださいね。

4.用途に合ったサイズで選ぶ

一般的にサーキュレーターは小型の印象がありますが、床置きや卓上、壁掛けなど使用シーンによってコンパクトなものから大型タイプまで、幅広く揃っています。選ぶ際は、実際に設置するスペースと製品サイズを比較してみましょう。

たとえば、床に置いて利用するなら多少大きくても支障はないでしょう。卓上タイプは、デスク上が狭くならないサイズが好ましいですね。壁掛けのコードレスサーキュレーターでスペースの有効活用をするなら、コンパクトで小型なタイプがいちおしです!省スペースで設置でき、キッチンや脱衣所、玄関など狭い場所にもスムーズに収まりますよ。

5.給電方法で選ぶ

コードレスで稼働するサーキュレーターは、事前に充電が必要です。主な給電方法は、USB式と充電式の2種類。以前から用いられている充電式は、家庭用コンセントから給電するおなじみの方法です。USB式は近年増えてきたタイプで、ノートパソコンやモバイルバッテリーのUBSポートから給電します。サーキュレーターの利用シーンで、使い勝手のよいほうを選びましょう。

USB式

パソコンやノートパソコンのUSBポートに挿して給電するタイプ。そのため、パソコン周辺で使う小型、または卓上タイプのコードレスサーキュレーターに多く見られます。USBポートはモバイルバッテリーにも搭載されており、出張先や旅行先など外出先でも充電できるのがメリット。キャンプや登山など、電源が手に入らないアウトドアでもモバイルバッテリーで給電可能です。

充電式

基本的に室内での使用が前提のコードレスサーキュレーターに多い方式です。専用コードで家庭用コンセントから給電するため、充電式はUSB式に比べパワフル。バッテリーの容量も大きく、連続稼働時間も長いのが魅力です。

6.静音性をチェック

コードレスサーキュレーターは、コンパクトな見た目でも風量が強く、動作音は扇風機より大きいものが多いです。書斎や寝室など、静かに使いたい場面では静音性に優れたモデルを選ぶのがポイント。羽根の音が気にならない目安として「30db」という数字を覚えておくとよいでしょう。30dbは、深夜の郊外とほぼ同じレベルの音量とされています。図書館内は40dbで表されるため、30db以下のサーキュレーターを選べば睡眠の妨げになることを抑えられるでしょう。

7.お手入れしやすいかをチェック

サーキュレーターの基本的な働きは、空気の循環です。長時間運転させることも多く、気づけば羽根にホコリや汚れが溜まっているというケースもあるため、注意が必要。そのまま稼働させていると、部屋中にホコリを飛ばしてしまいかねません。サーキュレーター本来のメリットを得るためにも、こまめなお手入れは必須です。

サーキュレーターをキレイに保つには、掃除のしやすさが重要です。特に羽根は汚れやすいため、すぐ洗えるように本体カバーは外しやすいタイプを選びましょう。安全性を考慮するならロック機能付きで、手軽に外れるものを探してみてください。

8.機能性で選ぶ

どのコードレスサーキュレーターも、基本機能は「送風」です。そのため製品同士を比較するなら、その他の機能を確かめてみましょう。用途や利用シーンで役立ってくれるものを優先的にチェックしていくのがおすすめです。

首振り機能

扇風機にも多く搭載されているおなじみの機能です。一般的な左右への首振りのほか、上下に動くものもあり、組み合わせれば360度自由に送風できるのが魅力。広範囲に空気を循環させたり、自動モードで洗濯物を乾かしたりと、さまざまなシーンで役立つ機能です。

タイマー機能

タイマー機能は主に「オンタイマー」「オフタイマー」の2種類があり、どちらも指定した時間にサーキュレーターを自動で動かせるというもの。オンタイマーは設定した時間に電源が入り、オフタイマーは時間になると電源が切れる機能です。

角度調節機能

サーキュレーターの角度を変え、風向を調節できる機能です。製品によって手動で変えるものと、自動タイプがあります。広範囲に送風できる首振り機能と組み合わせると、より幅広いスペースへ風を届けられますよ。

風量調節機能

涼むのではなく空気の循環がメイン作用のコードレスサーキュレーターは、心地よい風ではなくパワフルな風量が自慢。しかし風量調節が可能なタイプを選べば、弱~強など好みに設定でき、利用シーンも広がります。コードレスサーキュレーターは持ち運びも便利なので、自由な使い方を楽しみたい方は、風量調節の機能もチェックしてみてくださいね。

コードレスのサーキュレーターのおすすめ10選

便利なコードレスのサーキュレーターは、搭載機能でそれぞれ使い勝手が変わります。ここからは、独自の魅力が盛りだくさんの10点をご紹介!どれも使いやすいおすすめモデルなので、コードレスサーキュレーターを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

SwitchBot サーキュレーター

商品情報

ブランド スイッチボット
サイズ 33.4cm×17.3cm×38.2cm
重量 3.35Kg
特徴 風量調節1~100
静音性に優れた24db
連続稼働最大12時間
2電源対応
自動3D首振り

23cmのワイドな羽根で、30畳の部屋にも対応できる大風量のコードレスサーキュレーターです。アプリで設定できる風量は1~100と幅広く大ボリューム。強力送風でありつつ動作音が気にならない24dbなのもうれしいポイントです。

どの部屋にも設置できるコードレスサーキュレーターを探しているなら、小型でシンプルなデザインのモデルがおすすめ!2.1kgと軽量で、部屋の移動も簡単です。コンパクトながら風量は5段階に調節可能で、空気の循環から室内干しの乾燥までマルチに活用できますよ。

コイズミ サーキュレーター コードレス KCF-2302/W

商品情報

ブランド コイズミ
サイズ 30cm×30cm×57cm
重量 4.1Kg
特徴 風量10段階調節+ターボ機能
5段階自動オフタイマー
高さ調節が可能

10段階に調節できる大風量が魅力のコードレスサーキュレーターです。ターボ機能も付いているため、ピンポイントで風を送りたい時にもピッタリ!どっしり安定した床置きタイプで、使い勝手も抜群です。自動オフタイマーを設定すれば、電源の切り忘れも防げますよ。

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ PCF-SD15CH-W

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ
サイズ 21cm×21cm×31.8cm
重量 1.4Kg
特徴 風量6段階調節
最長稼働時間 50時間
静音性に優れた35db
モバイルバッテリー充電可能

約20畳をカバーするパワフルな風量ながら、35dbの優れた静音性を誇る、バランスのよいコードレスサーキュレーターです。フル充電で、最長約50時間稼働するのもうれしいですね。モバイルバッテリーでも給電でき、充電中の運転も可能と、うれしい機能が豊富なモデルです。

OLLY サーキュレーター USB充電式

商品情報

ブランド オリー
サイズ 15cm×18cm×27.7cm
重量 0.5Kg
特徴 風量4段階調節
最大稼働時間 12時間
革ひも・カラビナ付属で吊り下げて利用も可能

ミニマルな卓上タイプのコードレスサーキュレーターは、室内はもちろんキャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍!コンパクトに折りたたみ、専用ポーチに収納して持ち運べます。付属の革ひもとカラビナを使えば、テント泊を快適に過ごせますよ。小型でも最大約12時間稼働してくれる、頼りになるサーキュレーターです。

Prism 充電式モバイルワイヤレスサーキュレーター CLFN-V610WG

商品情報

ブランド プリズム
サイズ 22.6cm×24.3cm×35cm
重量 600g
特徴 風量調節4段階
4段階の自動オフタイマー
防水設計

専用三脚付きのコードレスサーキュレーターです。カメラのように設置したり、天井から吊り下げたりと、好みのスタイルで送風できます。就寝時やお出かけ前など、消し忘れ防止に役立つ自動オフタイマー搭載なのもうれしいポイント。さらに生活防水タイプなので、天候が気になるアウトドアシーンにもピッタリです。

サインキングダム サーキュレーター コードレス xr-df182-br

商品情報

ブランド サインキングダム
サイズ 7cm×18cm×18cm
重量 337g
特徴 風量調節3段階
連続稼働時間 10時間
卓上・吊り下げ・壁掛けの3way仕様

軽くコンパクトなサーキュレーターは、楽に持ち運べるのが魅力です。さらに卓上・壁掛け・吊り下げの3wayで、デスク上やキッチン、寝室など、さまざまな場所で活躍しますよ!また本体カバーは耐久性と耐衝撃性に優れており、アウトドアにもおすすめです。

サインキングダム クリップ式扇風機 sk-xr-cf160-wh

商品情報

ブランド サインキングダム
サイズ 8cm×13.8cm×15.6cm
重量 297g
特徴 風力3段階調節
最大稼働時間 12時間
静音性に優れた15db
幅広いシーンで使えるクリップ式

クリップ式のコンパクトなサーキュレーターは、設置場所を限定しないのが魅力です。シンプルながらもスタイリッシュな印象で、部屋の雰囲気にもマッチしますよ。最大約12時間連続稼働のパワフルさを兼ね備えつつ、ベビーベッドの傍でも動作音が気にならない極静音の15dbを叶えています。さらに3D首振りで部屋のすみずみまで送風するなど、うれしい機能が盛りだくさんの一台です。

トップランド 卓上扇風機 どこでもFAN

商品情報

ブランド トップランド
サイズ 6.4cm×23.9cm×31cm
重量 664g
特徴 風量調節4段階
3段階の自動オフタイマー
最大稼働時間32時間
便利な3way電源タイプ(AC/USB/充電池)

ブラック×イエローの色使いがクールで目を引く、軽量モデルのコードレスサーキュレーターです。AC・USB・充電池と、3wayの給電方式で、シーンに応じて臨機応変に対応できるのも魅力。最長約13時間の連続稼働が可能で、室内はもちろん、釣りや登山、キャンプなどアウトドアシーンでも役立ってくれますよ。

エルネム サーキュレーター USB電源

商品情報

ブランド エルネム
サイズ 18.5cm×18.5cm×22cm
重量 620g
特徴 風量調整3段階
卓上・壁掛けの2way仕様

自宅はもちろん、オフィスでもサーキュレーターを利用するなら、シンプルフォルムのコードレスタイプを選びましょう。デスク上を狭めないコンパクトサイズで、台座に滑り止めも付いているので、使い勝手も抜群ですよ。ボタンひとつのシンプルな操作で、誰でも使いこなせます。

全10商品

おすすめ商品比較表

SwitchBot サーキュレーター

コイズミ コードレスマルチファン KCF1523W

コイズミ サーキュレーター コードレス KCF-2302/W

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ PCF-SD15CH-W

OLLY サーキュレーター USB充電式

Prism 充電式モバイルワイヤレスサーキュレーター CLFN-V610WG

サインキングダム サーキュレーター コードレス xr-df182-br

サインキングダム クリップ式扇風機 sk-xr-cf160-wh

トップランド 卓上扇風機 どこでもFAN

エルネム サーキュレーター USB電源

Amazonカスタマーレビュー
4.31,625
5.01
4.59
4.17
4.1356
4.5844
4.4185
4.363
4.3432
3.733
最安値
¥11,980
タイムセール
¥8,889-51%
参考価格¥18,000
タイムセール
¥5,980-14%
参考価格¥6,980
タイムセール
¥12,300-46%
参考価格¥22,880
タイムセール
¥2,780-26%
参考価格¥3,780
タイムセール
¥1,880-16%
参考価格¥2,242
タイムセール
¥5,327-15%
参考価格¥6,280
購入リンク

サーキュレーターは自由度が高いコードレスがおすすめ!

サーキュレーターは送風メインの家電ですが、コードレスタイプは利用シーンが幅広いのが魅力です。実用的で機能性にも優れているので、ひとつ持っていると日常的に役立ってくれます。ぜひこの機会に、便利で使い勝手のよいコードレスサーキュレーターを探してみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー