この記事で紹介されている商品
おすすめの火吹き棒はどれ?選び方のコツや火起こしに便利な商品も併せてご紹介

おすすめの火吹き棒はどれ?選び方のコツや火起こしに便利な商品も併せてご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

アウトドアで役立つ「火吹き棒」は、火起こしの際に便利に使えるアイテムです。実用性はもちろんのこと、デザイン性に優れたものも多く販売されています。また、用途によって長さやサイズを選ぶのも大切です。本記事では、火吹き棒の使い方や選び方などについて詳しく解説するほか、おすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

火吹き棒とは

火吹き棒とは、アウトドアシーンで火起こしに役立つアイテムです。筒状の棒で、息を吹きかけるだけで簡単に火を起こすことができ、手早く酸素を送り込めるのが最大の魅力です。

火を起こす際にうちわを使う人も多いかもしれませんが、火吹き棒はより効率的に火を起こせるのがメリットと言えるでしょう。

火吹き棒を使うと酸素を効率的に届けられ、薪の奥まった部分にまでしっかりと空気を与えられます。また、離れた場所から火に酸素を送れるので、近くで火の粉が飛んだり、灰がかかったりするのを防げるのも使いたい理由のひとつです。

火吹き棒の使い方

火吹き棒を使うときは周囲に火が広がらないように気をつけましょう。その上で、新聞紙のように燃えやすいものを使って細い枝に火をつけて、それを薪程度のサイズの大きな木材に移します。ある程度火が大きくなったら火吹き棒の出番です。

火吹き棒の太い方から息を吹き、細い方を火元に近づけます。このとき、あまり近づきすぎると火傷の危険があるので注意しましょう。適度な距離を保ちつつ、燃やしたいところに酸素を送り込みます。火吹き棒はピンポイントで空気を送り込めるので、火が大きくなりやすいですよ。

火の勢いが弱くなってきたときも、火吹き棒で息を吹き込むと再び火が大きくなるでしょう。着火剤の継ぎ足しは危険なので避けるべきですが、火吹き棒によって火を大きくするのはおすすめの方法だと言えます。

火吹き棒の選び方

火吹き棒はアウトドアシーンで火起こしの際に役立つアイテムなので、1つは持っておきたいところ。では、どのように選べばよいのでしょうか。まずは、素材によってメリットとデメリットがあることに注目しておきたいですね。

加えて、重視するポイントによって長さやサイズについても考慮しておきましょう。もちろんメーカーやブランドを基準に選ぶのもおすすめです。ここでは、以下の3点における火吹き棒の選び方について解説します。

  • 素材
  • 長さ・サイズ
  • メーカ・ブランド

1.素材で選ぶ

素材は火吹き棒を選ぶ上で重要な要素です。それぞれの特徴やメリット、デメリットについて知っておくと選びやすくなります。扱いやすいものや、経年変化を楽しめるものなど、実用性とデザイン性の両方から選ぶのもおすすめです。

ここでは、4つの素材について解説します。

  • ステンレス
  • アルミ
  • 真鍮
  • その他

ステンレス

ステンレス製の火吹き棒は、錆びにくいのがメリットです。手入れしやすいところも使いやすい点ですね。細かい手入れの手順が要らないのは、片づけ時に手間が省けて楽に使えるポイントです。

また、素材が高い強度を持っていて、耐久性に優れている特徴もあります。アウトドアシーンで使用する道具だからこそ耐久性は重視したいところ。長く使い続けたい人にも、周囲にぶつけても大きくへこみにくいものを探している人にもおすすめの素材です。

難点としては、比較的重めであることが挙げられます。持ち続けるのに力が必要だと感じる人もいるかもしれません。

アルミ

アルミ製の火吹き棒は、軽くて持ち運びやすいのがメリットです。軽荷物が多くなりがちな人は、軽いアルミ製の火吹き棒がおすすめですよ。

軽いだけではなく、耐久性に優れているところも注目したいポイントです。軽くて丈夫に使えるのは、キャンパーにとって魅力的ですよね。

ただし、若干錆に弱い点には注意が必要です。雨に濡れた後や水に浸してしまったときなどは、特に丁寧に手入れをしなければなりません。錆びないようにするためには、細やかな手入れが求められる素材です。

真鍮

真鍮製の火吹き棒は、経年変化を楽しめるのがメリットです。お気に入りの1本を長く使い続けたい人におすすめの素材だと言えます。

重厚感があるので、アウトドアシーンでも優雅な気持ちを味わいたいときに活躍する1本になるでしょう。伝熱性に優れており、加えて錆に強いのも大きなメリットですね。

しかし、全体的に重めのアイテムが多いのはデメリットだと言えます。軽い火吹き棒を求めている人は、少々使いにくいかもしれません。外見を重視する人にとっては魅力的な素材ですが、実用性を一番に考えたいという人には活用が難しい面があります

その他

上記の他にポピュラーな素材として挙げられるのは、「竹」です。竹製の火吹き棒は、自然に馴染むのが大きなメリット。アウトドアを楽しむ中で、自然の雰囲気をより深く味わいたい人におすすめですよ。

軽いので持ち運びやすい点もうれしいところですし、比較的安価で手に入るのもコストパフォーマンスの面で優れていると言えるでしょう。

気をつけたいのは、自然素材特有の劣化を避けられないという点です。竹製の火吹き棒があまり市場に流通していないため、気に入ったものを探すのが難しいことも把握しておかなければならないでしょう。

2.長さ・サイズで選ぶ

火吹き棒を選ぶときは長さとサイズも考慮しましょう。使いやすさを重視するのであれば、長いものを選ぶのがおすすめです。持ち運びやすさを重視するのであれば、逆に短めのものを選ぶと使いやすいですよ。

ここでは、重視するポイントによって、具体的にどのような長さ・サイズの火吹き棒を選べばよいか解説します。

使いやすさを重視する場合

火吹き棒の一般的な長さは「60cm」程度です。使いやすさを重視する場合は、長めのものを選ぶとよいでしょう。60cm~80cmのものが丁度使いやすいですよ。

火元から十分離れた場所から空気を吹き込めるため、火傷の心配が減るというメリットがあります。また、位置を調整すれば椅子に座ったままでも使用できるので、楽な姿勢をとれるのも注目したいところです。焚き火台が大きくても、火吹き棒が長ければリーチが長いので快適に使用できますよ。

デメリットとしては、コンパクトに収納しにくいことが挙げられます。場所を取ってしまうので、荷物を増やしたくないときには扱いにくいサイズでしょう。

持ち運びやすさを重視する場合

持ち運びやすさを重視する場合は、短めのものや伸縮式のコンパクトなものを選ぶとよいでしょう。基準となる60cmより短い火吹き棒は、携帯しやすいので荷物を最小限に抑えたいときに便利です。

コンパクトに使える「伸縮タイプ」は本体を伸縮して長さを調整できるタイプ。収納力を重視する場合はこのタイプが使い勝手がよいでしょう。同じく持ち運びやすい「分割タイプ」は、パーツを分解して組み立てて使うタイプです。組み立ての手間が苦にならない人はこちらも検討してみてください。

デメリットとしては、火元に近づかないと空気を吹き込めないことが挙げられます。火傷の原因になったり、灰を吸い込んでしまったりといったトラブルが考えられるので、取り扱いには十分な注意が必要です。

3.メーカー・ブランドで選ぶ

火吹き棒を販売しているメーカー・ブランドは数多いため、特に定番と呼ばれるものから選ぶのもよいでしょう。迷ったときには、メーカーやブランドをチェックしてみてください。ここでは、ロゴスやスノーピークなどのメーカー・ブランドをご紹介します。

ロゴス

ロゴスの商品は比較的安価で手に入るのが特徴です。27.5~70cmで長さを無段階調節できる伸縮タイプの火吹き棒を取り扱っており、見た目がチープに見えないというメリットもあります。最大で70cmから息を吹き込め、使わないときはコンパクトに収納できるのが魅力です。

また、マウスピースに木材を使用している珍しい商品も取り扱っていて、一味違うアイテムを探している人におすすめですよ。

スノーピーク

「徹底したユーザー視点」をブランド精神としているスノーピークは、ハイエンドなアウトドア製品の開発・販売をおこなっているブランドです。そんなスノーピークから販売されている火吹き棒は、全長87.5cmと比較的長めなつくりになっており、チェアに座ったまま空気を吹き込める商品を探している方におすすめです。

また、炎や煙の逆流を防止する独自開発の逆止弁が付いているのが特徴。多少値が張りますが、高機能なアイテムで、本格的にアウトドアを楽しみたいという人にとっては見逃せないブランドと言えるでしょう。

その他

他におすすめのブランドとして「キャプテンスタッグ」が挙げられます。キャプテンスタッグの火吹き棒はコンパクトサイズであることが強みで、商品によっては手のひらに収まるほど小さなアイテムもあるほど。持ち歩きやすさに優れていますよ。

収納袋が付いている商品であれば汚れから守れるうえ、紛失防止にも役立ちます。持ち運びを第一に考えて火吹き棒を探している人は、キャプテンスタッグで商品を検討してみてくださいね。

火吹き棒のおすすめ8選

火吹き棒を選ぶときには、ここまでご紹介してきたポイントを重視すると選びやすくなります。しかし、実際にどのような商品が販売されているのかわからないと、イメージがつきにくいですよね。ここでは、おすすめの商品を8選ご紹介します。

約27.5cm~70cmの無段階調節伸縮式で、ピンポイントに息を吹き込めます。コンパクトに収納できて荷物を減らしたいときに便利に使えますね。グリップには吊り下げに便利な革製のヒモが付いています。別売りのカラビナを使えばズボンやバッグに引っ掛けて持ち歩けるので両手をフリーにして動けるメリットもありますよ。

ブランド独自開発の逆止弁によって、誤って息を吸い込んでも炎や煙の逆流を防ぐ効果が期待できます。火を安全にコントロールできるので、火傷のリスクが軽減できる商品です。二段式でコンパクトに収納できるところも使いやすいポイント。875mmと長さがあるので、チェアに座ったままでも楽に使用可能です。

キャプテンスタッグ 火吹き棒

商品情報

重量(約):40g
サイズ(約):長さ110〜480mm
付属品:収納袋
材質:本体:アルミニウム合金(表面加工:アルマイト)、スライド部:ステンレス鋼、収納バッグ:ポリエステル

バーベキューや焚き火などのアウトドアシーンのほか、薪ストーブの火起こしにも便利に使える火吹き棒です。ポケットなどに引っ掛けられる便利なクリップが付いています。手のひらに収まるほどのコンパクトサイズなので、持ち運びやすさを重視する人におすすめ。便利なクリップと収納袋付きです。

バンドック 火吹き棒

商品情報

サイズ:使用時約640x10mm 収納時約135x10mm ケース約30x140x10mm
重量:約28g
付属品:カラビナ・収納ケース
材質:本体/ステンレス(真空蒸着メッキ) 収納ケース/ナイロン

アウトドアシーンで焚き火や炭火などの火起こしをするときに役立つアイテムです。うちわとは違い、灰が飛び散らず快適に使用できるのがうれしいポイント。使用する際は必ず最長まで伸ばし、火から30cm程度離して使うようにしてくださいね。

野良道具製作所 ALL真鍮製火吹き棒 「野良ブラスター」 3本継

商品情報

長さ:約60cm(連結時)
   約22cm(分割時)
重さ:約400g
材質:真鍮

従来の製品よりも仕舞寸法をコンパクトにしたバージョンの火吹き棒3本セットです。1本あたりの長さは約20cmで、3本連結して全長約60cmの火吹き棒として使用できます。普段はコンパクトに収納しておいて、連結すると平均サイズの火吹き棒として使いたい人におすすめです。

キャンピングムーン 火吹き棒

商品情報

 重量:本体/約265g、収納時/約285g
サイズ:(約)長さ64.5×直径2.4cm、吹き出し口の直径0.9cm、収納サイズ:長さ33.5×直径2.4cm

1本1本ジュラルミンのパイプから削り出しているため、非常に精度が高いのが特徴です。0.05mm単位で微調整された吹き出し口は、一定した空気を長く送り込めるため灰の巻き上げを最小限に抑え込めます。安定的な空気を送り込むことで狙った通りの火起こしや燃焼を実現する1本です。

バンドック 薪バサミ 火吹き付き

商品情報

サイズ:約455x30x24mm
材質:スチール(耐熱塗装)・天然木・アルミニウム
重量:約340g
カラビナ付・開閉ストッパー付・火吹き付・耐熱温度約380℃

本体は丈夫なスチール製で、耐熱塗装が施されていて耐久性に優れています。握りやすい木製のグリップが安全性を高めてくれますよ。ストッパーが付いており、収納時に便利に使えるのもうれしいポイント、先端部分には火吹き穴付きで、火力の調節ができます。先端は薪や木炭がしっかり掴めるよう加工されており、使い勝手がよいのも特徴です。

野良道具製作所 ALL真鍮製火吹き棒 「野良ブラスター」 2本継

商品情報

長さ:約61cm(連結時)
   約33cm(分割時)
重さ:約380g
材質:真鍮

新品時はピカピカですが、使い込むうちに徐々にくすんでいき味が出てくる、経年変化を楽しめるアイテムです。2分割式なので、短くしてコンパクトに持ち運べるのがメリット。パーツを全部分解して、内部の清掃やメンテナンスもできますよ。

火起こしに便利なその他商品4選

火を起こすのに便利なのは、火吹き棒だけではありません。他にも便利に使える道具はあるので、ぜひあわせて活用してみましょう。よりアウトドアシーンでの火起こしが効率的におこなえるようになりますよ。ここでは、火吹き棒以外のおすすめの商品を4選ご紹介します。

ペンギンゴーイング ファイヤースターター

商品情報

材質:真鍮
商品寸法 (長さx幅x高さ): 10 x 11 x 79 mm
スペアフリント5本付き

燃料がなくても着火できる便利なアウトドアツールです。さまざまなシーンで活躍するので、すぐに火を起こせない状況でも、このツールは活躍しますよ。削りプレートには50mmまで測れるスケールと、マルチに使える栓抜きも付いている万能アイテム。ボールチェーンでぶら下げることもできます。

ハック ファイヤースターター

商品情報

ブランド:ハック
色: ‎ブラック
サイズ :‎小型
素材 ‎:(ひも)ナイロン, (ブレード)鉄, (本体)マグネシウム・ABS
製品サイズ: ‎1.5 x 2.2 x 9.2 cm・45g

マグネシウムを勢いよく削ることによって着火できる、ファイヤースターターです。燃料やガスが不要で出費が少なくて済むのがメリットのひとつ。キャンプやバーベキューなどの火起こしに繰り返し使えますよ。ブレードは5mmまで測れるmm単位スケールと、地図に使える5km縮尺目盛り付きです。栓抜きとしても使用可能ですよ。

ソト マイクロトーチ アクティブ HORUS

商品情報

サイズ:幅5×奥行1.9×高さ9cm
本体重量:45g
使用燃料:SOTO製品専用容器(ボンベ) [CB缶] (ST-760、ST-700)、ライター用ガス
ガス充てん量:約1.2g
発熱量:0.09kW(80kcal/h)

手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズの強力耐風バーナーです。操作性に優れている火口ヨコ型モデル燃料は、扱いやすい充填式になっています。カセットガスからの充填も可能です。気温が低いときは、ライター用のガスからの充填がおすすめですよ。

折りたたみ式でコンパクトに収納できるタイプの電池式送風機(ブロー)です。バーベキューやキャンプなど、アウトドアシーンでの火起こしが簡単になる電池式の送風機ですよ。電源には単3アルカリ乾電池を4本使用します。電池は別売りなので、本体購入時にはあわせて購入するのを忘れないようにしてくださいね。

全12商品

おすすめ商品比較表

ロゴス 火吹き棒

スノーピーク 火吹き棒

キャプテンスタッグ 火吹き棒

バンドック 火吹き棒

野良道具製作所 ALL真鍮製火吹き棒 「野良ブラスター」 3本継

キャンピングムーン 火吹き棒

バンドック 薪バサミ 火吹き付き

野良道具製作所 ALL真鍮製火吹き棒 「野良ブラスター」 2本継

ペンギンゴーイング ファイヤースターター

ハック ファイヤースターター

ソト マイクロトーチ アクティブ HORUS

ロゴス 送風機

Amazonカスタマーレビュー
4.339
4.822
3.9693
4.150
4.580
4.154
3.49
4.557
4.223
4.48
4.34,597
3.9427
最安値
タイムセール
¥2,015-13%
参考価格¥2,310
タイムセール
¥7,979-24%
参考価格¥10,538
タイムセール
¥2,701-18%
参考価格¥3,278
タイムセール
¥653-11%
参考価格¥737
タイムセール
¥2,500-9%
参考価格¥2,750
購入リンク

火吹き棒で効率よく火を起こそう

アウトドアシーンで火を起こすとき、火吹き棒があれば効率を上げられます。事故の危険性を減らせるというメリットもありますし、チェアに座ったまま火を起こせるといった利便性も得られます。用途に合わせて、使いやすい火吹き棒を使ってみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー