目次
楽天モバイルのデータ使用量を確認する方法!何が無制限になるのかも紹介

楽天モバイルのデータ使用量を確認する方法!何が無制限になるのかも紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天モバイルはデータ通信無制限で利用できます。また、データ使用量によってスマホの料金が決まるため、月々のスマホ料金が変動するのも特徴です。そのため、自分で使ったデータ量がどれくらいなのかを適宜確認しておくと、スマホの利用料を節約できるでしょう。

楽天モバイルの使用済みデータ使用量は、「my 楽天モバイル」アプリから確認できます。この記事では、楽天モバイルのデータ使用量を確認する方法を具体的に紹介していきます。楽天モバイルユーザーも、楽天モバイルへの乗り換えを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、2020年4月から携帯キャリアサービスを開始しました。キャリアとは、自社の基地局を使って携帯電話サービスを提供する会社のこと。2023年6月からは、パートナー回線エリアでの高速データ容量制限がなくなり、自社エリア・パートナー回線エリアの双方で高速データ通信を無制限で利用できるようになりました。なお、楽天回線エリアとパートナー回線エリアを合わせた4G人口カバー率は、99.9%に達しています。

楽天モバイルは、キャリアでありながら格安SIM並みの料金を提供しています。ただ、格安SIMの会社とは違い、楽天モバイルは自社回線の基地局を保有しています。基地局の増設も続けられており、2023年12月26日には携帯キャリア契約数が600万回線を超えました。

楽天モバイルの契約プランは、「Rakuten最強プラン」のひとつのみです。月々の料金はデータ使用量によって決まり、3GBまで、3GB~20GBまで、20GB以上というふうに3段階で料金が分かれています。これにより、ライトユーザーもヘビーユーザーもリーズナブルな料金でスマホを利用できます。

楽天モバイルのデータ使用量を確認する方法

楽天モバイルの料金は、月々のデータ使用量によって異なります。そのため、小容量しか使わないライトユーザー、20GBには達しないミドルユーザーは、ときどきのデータ使用量を確認しながら賢く楽天モバイルを利用したいですよね。

楽天モバイルのデータ使用量の締め日は月末なので、月末には自分が今月どれだけデータを使ったかが気になるところです。

楽天モバイルの当月のデータ使用量は、「my 楽天モバイル」アプリで簡単に確認できます。楽天モバイルを使い始めるユーザーは、スマホにこのアプリをインストールします。このアプリでは、データ使用量や利用料金の確認だけでなく、各種オプションサービスの追加やSIM再発行などの手続きもできます。

アプリのホーム画面には、その月内のデータ使用量が円グラフで表示されます。データ使用量によって支払う料金が異なるため、円グラフにも3GBと20GBのラインが明示されています。たとえば、締め日近くのデータ利用料がに2.7GBであれば、意識的にデータ通信量を3GB以下に抑えれば料金を節約できますね。

楽天モバイルで無制限になるものとは

楽天モバイルで無制限になるものは、いくつかあります。

まず、高速データ通信の使用量は無制限です。かつてのプラン(Rakuten UN-LIMIT VII)であれば、パートナー回線での接続が5GBを超えると通信速度が1Mbpsに制限されていました。ただ、それも改善され、現在の「Rakuten最強プラン」ではパートナー回線・自社回線問わず無制限に利用できます。動画やゲームなどを使うヘビーユーザーにとって、この速度制限の撤廃はうれしい変更点ですね。

また、テザリングもデータ無制限で利用できます。事前の申し込みや追加料金は不要です。そのため、スマホをWi-FiルーターやポケットWi-Fi替わりに使えます。自宅に光回線をひいている場合、データ使用状況によっては光回線の解約を検討し、ネット料金全体を節約できるかもしれません。

さらに、Rakuten Linkアプリを使えば国内通話も無制限に利用可能です。LINEでの通話が普及していますが、知り合いへの電話や、お店や病院への問い合わせや予約など、電話を使った通話は依然として多いですよね。Rakuten Linkアプリを使えば、それらの通話が無制限に無料で利用できます。ただし、0570から始まるナビダイヤルなど、一部対象外の通話もありますのでご注意ください。

こちらもチェック!
楽天リンク(Rakuten Link)徹底ガイド!サービスの特徴や使い方をわかりやすく解説

楽天リンクは、楽天モバイルの会員向けに用意されているアプリケーションです。通常の通話料金が無料になるなど、さまざまなメリットがあります。今回は、このアプリの特徴や利用方法、利用の際の注意点などについて取り上げます。

楽天モバイルでデータ容量を追加する方法

かつてのプラン(Rakuten UN-LIMIT VII)では、パートナー回線で通信を行う際、5GBまでの高速通信に制限がありました。その場合、高速データ容量を追加チャージすれば、高速データ通信が可能でした。

ただ、現在のプランではその制限が撤廃され、国内での高速通信のためにデータ容量を追加する必要はなくなっています。20GBを超えても料金は変わらず、無制限の料金も他のキャリアと比べて割安なので、国内利用であれば楽天モバイルの高速データ通信をストレスなく楽しめます。

ただし、国内と海外では事情が異なります。国内では高速データ通信が無制限ですが、海外では毎月2GBに制限されています。この海外での使用量の締め日も毎月の末日です。海外での高速通信は2GBを超えると128kbpsに制限されるため、もしそれ以上利用したいのであればmy 楽天モバイルを通じて簡単に高速データ容量を追加できます。

ホーム画面から海外での高速データ容量のデータチャージ画面へ進み、必要な容量を追加しましょう。my 楽天モバイル内では、海外ローミングエリアご利用分が帯グラフで表示されるので、データ残量を確認できるのは便利ですね。

楽天モバイルを賢く使おう

楽天モバイルでは、データ通信量に応じてその月の利用料金が変わります。そのため、スマホのライトユーザーもヘビーユーザーも、使用量を確認しながら賢くスマホを利用しましょう。

また、楽天モバイルではテザリングや国内通話が無料でできるのも特徴です。テザリングを賢く活用すれば、別途Wi-Fiの契約をすることなくパソコンやタブレットを利用できます。さらに、家族ぐるみで使う場合は最強家族プログラム、若い人が使う場合は最強青春プログラムが適用されます。

一方で、楽天モバイルは他のキャリアよりも、建物の中や地下などで実際につながりにくいことがあります。ただ、その点についても、2024年よりプラチナバンドの導入が予定されているので、今後はさらに使いやすくなるでしょう。

楽天モバイルに限らず、スマホは自分のライフスタイルに合わせて上手に使うことが大切です。楽天経済圏のユーザーにとっては、楽天モバイルを利用することでさまざまなキャンペーンやポイントアップの仕組みを活用できるようになります。スマホキャリアの乗り換えを検討している方、新規でスマホを使い始める方は、ぜひ楽天モバイルの契約を検討してみてください。

こちらもチェック!
楽天モバイルの料金はどのくらい?プランの内容や料金を抑えるコツもご紹介

「楽天モバイル」の大きな特徴は、データ通信が無制限であっても安いプランです。本記事では、楽天モバイルの特徴や内容、料金プランなどをご紹介いたします。他社との料金やデータ通信量の比較も掲載しておりますので、ぜひ参考にしてください!

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天モバイル,楽天ひかりで通信費を節約!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー