Amazonで「お得」に関する表示がでるのはなぜ?本当か調べる方法も解説

Amazonで「お得」に関する表示がでるのはなぜ?本当か調べる方法も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonで販売されている商品が本当にお得かどうかを判断するには、価格表示の確認が重要です。不適切な表示に惑わされず、おかしい価格表示を見極めるためには、価格推移を確認するサイトの利用や他の通販サイトとの比較などの方法が有効です。

そこで、本記事ではAmazonの価格表示がおかしいときの確認方法、本当にお得な商品なのかを調べる方法などを詳しく紹介します。

Amazonの「お得」に関する表示は本当?

Amazonにおける「お得」な価格表示が実際にお得なのかということは、多くのユーザーが気にする問題です。実際、Amazonに出品する業者はその価格表示を通じて、商品をより魅力的に見せるためにさまざまな手法を駆使しています。

たとえば、割引前の価格と現在の価格を比較して示すことにより、ユーザーに対して大幅な割引をしているように見せる手法があります。しかし、こうした価格表示が必ずしも一般の市場価格を反映しているわけではありません。なかには割引後の価格が一般の市場価格と同じ設定になっていて、特別お得ではない場合もあるので、注意が必要です。

もちろん、Amazonに出品する業者がすべておかしな価格表示をしているわけではありません。むしろ少数と言えるでしょう。したがって、Amazonのお得な価格表示は本当かどうかと問われれば、「ケースバイケース」といえます。Amazonで賢くお得に買い物するためには、表示の割引額だけ見て飛びつくのではなく、より幅広く情報を調査して妥当な価格を確認し、別の通販サイトとの販売価格とも比較検討する必要があります。

Amazonでは二重価格の商品も存在

Amazonで販売されている商品のなかには、「二重価格」の表示があります。先ほども少し触れたように、商品が定価よりもどれだけ安くなっているかを示すことにより、顧客の購買意欲を高めることが狙いです。

しかし、その割引前の「定価」が実際の定価であるとは限りません。たとえば、ある家電製品が「定価◯万円のところ、今だけ50%割引!」として販売されていたとしましょう。「半額なんてすごいお得!」と飛びつきそうになりますが、その半額だと思っていた値段で他店では普通に売られていたとしたらどうでしょうか。これが二重価格の例です。

こうした二重価格の表示は違法行為となる可能性が高く、景品表示法によって厳しく規制されています。実際の定価を偽って不当に高い割引を提示することは、消費者を誤解させる行為と見なされる可能性があります。

Amazonマーケットプレイス出品者の商品

なぜ、違法な価格表示をする業者がAmazonに存在するのでしょうか。その理由は、Amazonが世界最大級の通販サイトだからです。Amazonには、Amazon自体が販売しているものだけでなく、数え切れないほどのAmazonマーケットプレイス出品者が膨大な数の商品を販売しています。

Amazonマーケットプレイスは、Amazonのプラットフォームを利用して、独立した出品者が自分の商品を販売するための場所です。マーケットプレイスがあるおかげで、出品者はAmazonの広大な顧客基盤にアクセスできますし、ユーザーにとってはさまざまな商品を購入する機会が増えるというメリットが生まれます。

マーケットプレイス出品者は、小規模な個人事業主から大手の小売業者までさまざまです。こうした出品者は世界中から集まっており、それぞれ異なる法律、規制、商慣習に従っています。そのため、なかには私たちの目から見ると、おかしい価格表示をしている業者もあるでしょう。それだけではなく、分母が大きくなるということは、故意に不適切な価格表示をする業者も混在しやすくなるのです。

Amazonマーケットプレイス出品者は、自分たちが販売する商品に対して自由に価格を設定できます。通常、その価格は市場の需要や供給、競合との価格比較などにもとづいて決められるべきものです。

また、購入後のサポートや返品処理など、顧客サービスの提供も出品者の責任となります。Amazonは、マーケットプレイスの品質と信頼性を維持するために、出品基準やガイドラインを設けています。これを遵守しない出品者に対しては厳しい措置が取られるはずです。

したがって、マーケットプレイス出品者の多くは、適正な価格表示で正当に商品を販売する優良業者です。実際、多くの出品者は長期的な顧客関係を築いて良い評価と信頼を得ることを重視しています。不正行為や消費者を誤解させるような価格表示は、ビジネス上マイナスとなり得るため、避けられるべきです。

また、Amazonではユーザーが安心して買い物ができるよう、不正行為を報告するシステムを用意しています。問題が発見された場合、迅速に対処できる体制が整っています。二重価格でユーザーを騙そうとするような悪徳業者なら、すぐにAmazonにペナルティーを科されるでしょう。

ところが、そんな厳格な体制にもかかわらず、Amazonの出品者のなかには悪徳業者が混ざっている点が問題となっています。Amazonのような巨大なオンライン通販サイトでは非常に多くの出品者が存在しており、その数は日々増加しています。

この広大な規模と多様性はユーザーに多くの商品を提供できるため強みといえますが、同時にAmazonにとっては監視と管理の難易度を高める要因ともなっています。Amazonは出品者に対して一定の規制を設け、不正行為を防ぐための体制を整えてはいますが、すべての出品者の活動を完全に監視することは物理的にも技術的にも難しいのです。

また、一部の悪徳業者は、Amazonの監視システムを回避するために巧妙な手法を用いています。そうした業者の販売ページには、価格表示の変更や偽の商品レビューの投稿、商品情報の誤解を招くような表現などが含まれるので注意が必要です。

Amazonの商品がお得か調べる方法

Amazonで商品を購入する際に、その商品が本当にお得かどうかを調べる方法はいくつかあります。

価格推移が確認できるサイトを使用する

最も手軽で便利なのが、KeepaなどAmazonの商品価格の推移を確認できるサイトを利用することです。

こうしたサイトでは、Amazonで販売される商品の過去の価格変動をグラフで表示し、通常より高い価格で販売されているのか、あるいは実際に割引価格で提供されているのかを一目で確認できるようになっています。

「この価格は本当にお得なのかな?」と疑問に思ったときは、ぜひこうしたサイトで価格推移を確認してみましょう。また、本当に安くなっているタイミングを見極めるのにも役立つので、お得に買い物したい方にもおすすめです。

こちらもチェック!
キーパ(Keepa)でAmazonの価格推移を確認する方法は?スマホやブラウザでの使い方も解説

今回は、気になる商品の価格変動を分析できる「Keepa(キーパ)」というツールついて、主な機能や基本的な使い方などをご紹介していきます。Keepaを使いたい方や活用方法を知りたい方に向けて導入方法や使い方、メリット・デメリットなどを紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

他社の価格と比較する

また、Amazon以外の通販サイトや小売店の販売価格と比較するのも有効な方法です。同じ商品が別の場所でいくらで提供されているか確認する癖をつければ、Amazonでの表示価格が本当にお得なのかどうかを判断しやすくなります。特に、大手小売店やほかの通販サイトはAmazonよりも価格競争が激しいことがあり、よりお得な価格で提供されている商品を見つけられるチャンスもあります。

レビューを確認する

そのほか、消費者レビューや評価を参考にするのも良い方法です。実際に商品を購入した人の意見や体験談は、商品の品質や価値についての貴重な情報源となり、その商品が本当にお得かどうかを判断する際に役立ちます。商品が適正価格かどうかを知るにも、ほかのユーザーのレビューは大きな手がかりです。

セール・キャンペーンを確認する

加えて、お得な商品を見つける方法として、セールやキャンペーンにも注目しましょう。Amazonではブラックフライデーやプライムデーなど、定期的に大規模なセールを開催しています。こちらは本当にお得な価格で商品が提供される期間なので、セールの開催予定は事前にチェックしておき、チャンスを逃さないようにしましょう。

こちらもチェック!
【2024年】一番安いAmazonセールは?大型セールや時期、お得情報を紹介

プライムデーやブラックフライデー、タイムセール祭りなどさまざまなセールが開催される「Amazonセール」。どのセールが一番安いのか知っておきたい人も多いのではないでしょうか。本記事ではAmazonセールの年間スケジュールや各キャンペーンについても解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。

お得かどうか見極められるスキルが大切

Amazonにはお得な商品がたくさんありますが、一見お得に思える価格表示が実際にお得かどうか、判断するためのスキルを磨くことも重要です。

二重価格のような不適切な価格表示を見極めるためにも、価格の推移を確認できるサイトなどを利用して自衛しましょう。Amazonマーケットプレイスの多くは優良業者ですが、常に警戒心を持ち、賢い消費者であることが求められます。

こちらもチェック!
Amazonで怪しい出品者を見分ける方法は?詐欺の手口やトラブルの対処法も解説!

Amazonで買い物していると、なんだか怪しい出品者を見つけたことがある方もいるかもしれません。出品者の評価を見てみると、「詐欺だと思った」と書かれていることも。 そこで本記事では、Amazonで怪しい出品者を見分ける方法や詐欺の手口、トラブルの対処法などを解説します。 Amazonで安心して買い物したい方にとって参考になる情報ばかりですので、ぜひ読んでみてください。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonのもっとお得な活用術のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー