目次
疑問を解決!ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える方法と注意点

疑問を解決!ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える方法と注意点

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えたいけれど、どうすればいいかわからない」とお悩みではありませんか?

本記事では、ソフトバンクから楽天モバイルへのスムーズな乗り換え方法や注意すべきポイントについてくわしく解説します。新しいキャリアに移行することで得られるメリットや、乗り換え時に起こりがちなトラブルについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えに必要なもの

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えには、いくつか準備が必要です。移行手続きを円滑に進めるために、以下のものが必要となります。

①現在の契約状況の確認

ソフトバンクでの契約状況を確認しましょう。残っている契約期間や解約料金、使用中の端末の状況などを把握しておくことが重要です。

②楽天モバイルの申し込み情報

楽天モバイルへの移行に必要な申し込み情報を準備します。これには、身分証明書や銀行口座情報などが含まれます。

③端末の準備

もし乗り換えと同時に機種変更を考えている場合は、新しい端末を準備しておきましょう。また、現在利用中の端末がSIMロックされている場合は、解除手続きを行う必要があります。

④番号移行の準備

ソフトバンクで利用している電話番号を楽天モバイルに移行する場合は、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)手続きを行う必要があります。移行手続きをスムーズに進めるために、事前に必要な情報を用意しておきましょう。

これらの準備を整えることで、ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えをスムーズに進めることができます。

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え手順!(電話番号そのまま移行可能)

ソフトバンクから楽天モバイルへどのように乗り換えればよいのでしょうか?ここでは、ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え手順を解説します。

手順1. ソフトバンクにMNPの申請

ソフトバンクから楽天モバイルへの移行をする際にはまず、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の申請手続きを行います。ソフトバンクの店舗やオンラインサービスを利用して、MNPの申請手続きを行います。なお、店舗での手続きを選択する場合は、身分証明書やソフトバンクの契約書類などが必要になります。

手順2. 楽天モバイルのWEBサイトで契約する

楽天モバイルの公式ウェブサイトにアクセスし、契約手続きを進めていきます。WEBサイト上にある「お申し込みの流れ」にある「楽天モバイルに申し込む」をクリックし、契約者情報の登録などのお手続きをしましょう。

ただし、契約中の名義と楽天モバイルで契約する名義が同じである必要があります。名義が異なる場合は、現在の携帯電話会社で名義を変更してから、楽天モバイルに申し込んでください。

出典:楽天モバイル

手順3. 契約方法を選択する

サイト内で提供されている料金プランやデータ通信量、付帯サービスなどを比較して、自分に合ったプランを決めます。

プランが決まったら、ピンク色の「プランを選択」ボタンをクリックします。

出典:楽天モバイル

手順4. 楽天モバイルでMNPの手続きをする

プランが選択できたら、楽天モバイルでMNPの手続きを行いましょう。my 楽天モバイルの「申し込み履歴」へアクセスし、該当の申込番号内にある「電話番号の引き継ぎ(MNP)申請をする」をタップしましょう。

その後、「申し込み履歴」内に「MNP転入を開始する」ボタンが表示されます。注意事項を読んだうえで、「転入を開始する」をタップして手続きを完了させましょう。

出典:楽天モバイル

手順5. SIMカードを挿入する

申し込み完了後、楽天モバイルのSIMカードが届いたら、利用する端末にSIMカードを挿入します。端末の画面上部に楽天モバイルのロゴが表示されればSIMカードが認識された状態ということです。

こちらもチェック!
楽天モバイルのデータSIMとは?「Rakuten最強プラン」のメリット・デメリットをご紹介

楽天モバイルのデータSIMは通話機能を除いたデータ通信専用のプランで、利用するデータ容量に応じた料金体系が特徴です。多くの端末に対応していて、最低利用期間や違約金がないため、解約が柔軟に行え、利用方法に応じて選べるプランです。

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えで気になる4つの疑問

「ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えってこれで本当に大丈夫なの?」と思われる方もいるでしょう。ここでは、ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えに関して、気になるであろう4つの疑問を解決します。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるならどのタイミング?

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えは、以下のタイミングで検討するとよいでしょう。

契約期間の終了

契約期間の残りが少ない場合、違約金を支払う必要がなくなるため、費用面での負担を軽減できる

新機種の購入時

新しいスマートフォンや携帯端末を購入する際に、同時に楽天モバイルへの乗り換えを検討する

キャンペーンや特典の時期

楽天モバイルがキャンペーンや特典を実施している時期

通信品質やサービス内容の改善

ソフトバンクの通信品質やサービス内容に不満を感じたとき

適切なタイミングを選ぶことで、乗り換えに伴うトラブルや費用を最小限に抑えられます。

乗り換えても現在の機種をそのまま使い続けられる?

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えを行っても、基本的に現在お使いのスマートフォンや携帯端末をそのまま利用できます。

ただし、以下のようにいくつか注意点があります。

SIMロック解除

ソフトバンクで購入した端末がSIMロックされている場合、楽天モバイルのSIMカードを利用するためにSIMロック解除手続きが事前に必要

周波数帯

現在使用している端末が、楽天モバイルが利用する周波数帯に対応しているかどうか確認する

機能の制限

お使いの端末のスペックによっては一部の機能が制限されることがある(VoLTE(Voice over LTE)やWi-Fi Callingなど)

「乗り換え後も今のスマホを使いたい」という方は、乗り換え前に楽天モバイルの店舗やお客様サポートに確認するのがおすすめです。

乗り換えてもメールアドレスはそのまま使い続けられる?

Gmailなどのフリーメールであれば、キャリアに関係なく引き続き使えます。ただ、ソフトバンクのキャリアメールアドレス(softbankを含んでいるメールアドレス)の場合は注意が必要です。

ソフトバンクの場合、無料で使い続けることはできず、有料であれば継続して利用できます。料金は1メールアドレスごと月額330円です。

乗り換え時のデータ移行はどうやってやる?

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換え時に、データの移行は以下の方法で行います。

連絡先やカレンダーの同期

新しい端末で同じアカウントを設定し、データを同期することで、連絡先やカレンダーの移行が可能

写真や動画のバックアップと復元

スマートフォンの写真や動画は、クラウドストレージサービス(GoogleドライブやiCloudなど)を利用してバックアップをとってデータ移行する

アプリの再ダウンロードと設定

新しい端末にアプリを再ダウンロードし、必要な設定を行うことで、アプリのデータや設定を移行できる

その他のデータの移行

メモやドキュメントなどのその他のデータは、クラウドサービスやファイル管理アプリを利用してバックアップし、新しい端末に同じアカウントを設定してデータを復元することができる

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるメリット

楽天モバイルには、ソフトバンクから乗り換えることで得られるメリットがたくさんあります。
ここでは、ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるメリットをご紹介します。

月額料金が安くてわかりやすい

楽天モバイルは一般的に月額料金が他の大手キャリアよりも安価で、料金プランもシンプルでわかりやすいのが特徴です。

また、楽天モバイルの料金プランはオプションや追加料金が比較的少なく、基本的な通話やデータ通信が含まれているため、利用者が追加料金やオプションの選択に迷うことがほとんどありません。

そのため、楽天モバイルは料金面での透明性が高く、利用者が自分に最適なプランを選びやすいと評判です。ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えると、月額料金が安くてわかりやくなるでしょう。

データ無制限で利用できる

楽天モバイルには、データ通信が無制限で利用できるプランがあります。

動画のストリーミングや大容量のファイルのダウンロードなども、データ容量を気にせず行えます。特に外出が多い方やスマートフォンの利用時間が長い方にとっては、データ無制限のプランは大きな魅力でしょう。

楽天ポイントがどんどん貯まる

楽天モバイルは、楽天ポイントがどんどん貯まるのもメリットです。楽天モバイルでは、以下のようにさまざまなシーンでポイントを貯められます。

利用料金に応じてポイントが貯まる

楽天モバイルの利用料金を支払う際に、支払った金額に応じて楽天ポイントが付与されます。月々の携帯電話料金が支払われるたびに、ポイントが貯まります。

楽天モバイルユーザー向けキャンペーン

楽天モバイルのユーザー向けに、特典やキャンペーンが定期的に開催されています。これらの特典やキャンペーンに参加することで、さらに多くの楽天ポイントを獲得することができます。

楽天経済圏をフル活用したい方は、楽天モバイルを利用してポイントを効率よく貯めるのがおすすめです。

こちらもチェック!
【2024】楽天経済圏とは?基礎知識からメリット・デメリットまで徹底解説!

「楽天経済圏」とは、日常の出費を楽天サービスに集中させるシステムのことです。本記事では、そんな楽天経済圏のメリットやポイントを貯めるためのコツ、さらにはデメリットや注意点も押さえて賢く活用するためのヒントをご紹介。 楽天をより賢く、お得に活用するための知恵が満載の内容です。

乗り換えキャンペーンを利用できる

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際は「乗り換えキャンペーン」が利用できます。

楽天モバイルでは、定期的に新規加入者や乗り換え者向けのキャンペーンを実施しており、さまざまな特典や割引が提供されています。

例えば「スマホそのまま乗り換え」では、条件を達成することで13,000ポイントがもらえます。

基本的に楽天ポイントは1ポイント=1円で利用できるため、乗り換えるだけで13,000円がもらえると思えばお得ですよね。

13,000ポイントをもらうには「MNPを利用してRakuten最強プランに申し込む」「専用の通話アプリ『楽天Link』を10秒以上使用する」ことが条件です。

出典:楽天モバイル

また、「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」に参加すると、iPhoneを楽天モバイル経由で購入した方には最大33,000円分のポイントの還元が受けられます。

出典:楽天モバイル

達成条件としては「キャンペーン対象のiPhoneを購入する」「楽天モバイルに初めて申し込む」「電話番号そのまま他社から乗り換える」の3つです。

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える際、iPhoneに機種変更もしたいとお考えの方はぜひこのキャンペーンを利用しましょう。

2GBまでなら海外でもデータ通信が無料でできる

楽天モバイルでは、一部のプランにおいて、海外でのデータ通信を一定の容量まで無料で利用できます

通常、このサービスは2GBまでのデータ通信が無料で使え、これを超える場合は通常の料金が適用されます。 

海外で楽天モバイルを利用する場合は、公式ウェブサイトやマイページから海外でのデータローミングを有効にする設定を行います。くわしい設定方法については、楽天モバイルの公式サポート情報を参照してください。

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるデメリット

ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換える際、通信速度や割引においていくつかデメリットも存在します。ここでは、ソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えるデメリットについて解説します。

通信速度が遅くなるおそれあり

楽天モバイルはソフトバンク・au・ドコモといった三大キャリアと比べると、通信速度が安定しないといわれます。

三大キャリアは自ら基地局をもっており、それぞれ自分の通信網を利用できるため回線速度が速く安定しています。一方、楽天モバイルはこれまでauの回線を借りる形でスマホ事業を運営していました。

また、楽天モバイルは建物内や地下でもつながりやすいプラチナバンドと呼ばれる周波帯をもっておらず、それゆえつながりづらいといわれます。

5Gを利用できる範囲が狭くなる

ソフトバンクは、5Gネットワークの展開が積極的に進められています。特に都市圏(東京・大阪・名古屋)や政令指令都市では、5Gネットワークが比較的広範囲に提供されています。

しかし、楽天モバイルの5Gネットワークはまだまだ展開が進んでおらず、特定の地域でしか利用できないことがあります

したがって、楽天モバイルに乗り換えることで、5Gを利用できる範囲が狭くなる可能性があります。ただ、楽天モバイルはネットワークの拡張を積極的に進めているため、将来的にはより広範囲での5G利用が可能になるかもしれません。

乗り換えを検討する際には、自身の利用地域での5Gネットワークやサービス提供状況の確認が大切です。また、5Gを利用できない地域でも、楽天モバイルの他のサービスやプランの利点を考慮して、乗り換えを検討しましょう。

ソフトバンクショップを利用できなくなる

ソフトバンクショップは、ソフトバンク契約者のみが利用できるショッピングサービスです。楽天モバイルに乗り換えると、ソフトバンクの契約者ではなくなるため、当然ソフトバンクショップも利用できなくなります。

楽天モバイルの場合、楽天モバイルショップが一部地域で展開されているので、そちらの利用をおすすめします。楽天モバイルショップでは、楽天モバイルの各種サービスやプランに関する情報提供や契約手続き、端末の購入などを行うことができます。

家族割やセット割は使えなくなる

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換える場合、家族割やセット割といった特典や割引制度は利用できなくなる可能性があります。

その分、楽天モバイルでは他社に負けないようなコストパフォーマンスを提供しており、他社の割引制度に比べても月額料金が低い場合があります。また、楽天モバイルが独自の割引やキャンペーンを行っている場合もありますので、乗り換える際にはそうした要素も検討するといいでしょう。

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えはメリットが多い

ソフトバンクから楽天モバイルへの乗り換えは、多くのメリットがあります。料金面でのコスト削減やデータ通信の無制限利用、楽天ポイントの獲得など、利用者にとって魅力的な特典が数多く存在します。本記事でご紹介したメリットをぜひ最大限活用してくださいね。

こちらもチェック!
楽天モバイルの対応端末はどれ?スマホの選び方やおすすめ端末を紹介

楽天モバイルは、楽天が展開する携帯キャリアでお手頃な料金プランが特徴です。iPhoneやAndroidだけでなく、自社オリジナルの機種も取り扱っています。今回は、楽天モバイルでのスマホを選ぶ際のポイントやおすすめ機種、お得なキャンペーン情報などを紹介していきます。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天モバイル,楽天ひかりで通信費を節約!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー