この記事で紹介されている商品

業務用コーヒーメーカーのおすすめ10選!大容量タイプや全自動タイプなどご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

本格的なコーヒーが楽しめる「業務用コーヒーメーカー」。プロの味を簡単に再現できると、カフェはもちろん、オフィスでも使用されています。しかし、高価な商品なので購入する際は失敗したくないですよね。 そこで本記事では、家庭用との違いや選び方を解説するとともに、大容量や全自動タイプのおすすめコーヒーマシンをご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

業務用コーヒーメーカーの魅力とは?

業務用コーヒーメーカーの最大の魅力は、プロのバリスタが淹れたようなコーヒーを誰でも簡単に再現できることです。プロが持つ難しい技術やコツを知らなくても、コーヒー粉と水をセットするだけで本格的な味わいのコーヒーが楽しめます。 また、エスプレッソが淹れられるものや、ドリップコーヒーとエスプレッソの両方を味わえるものなど、コーヒーマシンの種類も豊富です。初心者でも失敗が少なく、1台でさまざまな飲み方を堪能できますよ。

家庭用と業務用コーヒーメーカーの違いは?

業務用コーヒーメーカーと家庭用コーヒーメーカーの違いは、コーヒーの抽出量です。一般的に家庭用は、抽出量が多いものでも10杯分程度ですが、業務用は連続して抽出することができます。 価格も家庭用は10万円未満で購入できるものが多いですが、業務用は50万円を超えるものもあり、高価な傾向にあります。家庭用は保証サービスが適応されてないため、カフェやオフィスで使用する場合は業務用を選ぶのが一般的です。

業務用コーヒーメーカーの選び方

業務用コーヒーメーカーをどのような基準で選べばよいかわからないという場合は、選び方のポイントを押さえておきましょう。「抽出方法」「フィルターの種類」「容量」「サーバーのタイプ」「機能性」「お手入れのしやすさ」などのポイントに注目して、用途に合ったものを選んでくださいね。

1.抽出方法で選ぶ!特徴を解説

業務用コーヒーメーカーの抽出方法には、「ドリップ式」「サイフォン式」「エスプレッソ式」「カプセル式」があります。どのようなコーヒーを飲みたいかで適した抽出方法が異なるので、それぞれの特徴を解説します。

「ドリップ式」シンプルな仕組み

ドリップ式とは、コーヒー粉と水をセットし、お湯の自重で自然透過して抽出されるタイプのコーヒーメーカーです。コーヒー豆を挽くミルが付いた全自動タイプと、コーヒー豆を挽いたコーヒー粉を入れるタイプがありますよ。一般的に、ミル付きのほうが価格は高い傾向にあります。

「サイフォン式」本格的!見て楽しめる

サイフォン式とは、蒸気圧で押し上げられた高温のお湯をコーヒー粉に浸して抽出するタイプのコーヒーメーカーをいいます。お湯を浸漬させるため、ドリップ式と比較してコーヒー豆の風味がしっかり抽出されて、深みのある味わいになるのが特徴です。 サイフォンにお湯が上がっていき、徐々に抽出される様子は見ているだけでも癒されますよ。

「エスプレッソ式」メニュー様々!

エスプレッソ式のコーヒーメーカーは、強制的に圧力をかけることによって、短時間で一気に抽出するのが特徴です。ドリップ式同様、ミル付きとミルが付いていないものがあり、付いていないものは自分でコーヒー豆を挽くかコーヒー粉を使います。 少量のお湯で抽出されるため、コーヒーの旨みだけを引き出し深いコクが生まれますよ。エスプレッソは、カプチーノやカフェラテなどのアレンジが楽しめるのもうれしいですね。

「カプセル式」オフィスにおすすめ!

カプセル式は、コーヒー粉が入った専用カプセルをセットして抽出するタイプのコーヒーメーカーです。カプセルを1杯ごとに淹れるので、香りや味わいの異なるコーヒーを手軽に味わえますよ。基本のコーヒー以外にも、紅茶やココアなどの専用カプセルを取り扱っているメーカーもあるので、さまざまなドリンクを1台で提供したい場合におすすめです。 カプセルをセットするだけなのでお手入れしやすいですが、コストの面では割高になるため、予算と相談して選ぶ必要があります。また、各コーヒーメーカーごとに使用できるカプセルが決まっているため、購入前は対応しているかどうか確認することが大切です。

2.ドリップ式ならフィルターの種類を確認

ドリップ式のコーヒーメーカーなら、フィルターの種類も確認しておきましょう。「ペーパーフィルター」と「メッシュフィルター」の2種類があるので、それぞれの特徴を解説します。

「ペーパーフィルター」すっきりした味わい

ペーパーフィルターは、豆の油分がペーパーに吸着しやすいので、すっきりとした味わいのコーヒーになります。抽出した後のコーヒー粉をペーパーフィルターごと捨てられるので、本体が汚れにくくお手入れも簡単ですよ。ただし、ペーパーフィルターは使い捨てになるので、ランニングコストはかかってしまいます。

「メッシュフィルター」コクを楽しめる

メッシュフィルターは金属製やプラスチック製のフィルターで、コーヒー豆の油分ももらさず抽出されるため、まろやかな味わいになるのが特徴です。洗って繰り返し使えるのでゴミが少なくなり、ペーパーフィルターを購入するためのランニングコストもかかりません。 ただし、メッシュフィルターにコーヒー粉が目詰まりしやすく、お手入れに手間がかかります。

3.一度に作れる量は?容量をチェック

コーヒーをどのように提供したいかのよって、容量をチェックする必要があります。1杯ずつ淹れる場合は、給水タンクの容量が大きめのものを選んだほうがいいですよ。水道と直結できるタイプなら、給水の手間が省けて、スムーズに提供できますね。 また、まとめて抽出しておきたい場合は、サーバーやコーヒーポットが付いているものを選ばなければなりません。10~15杯程度を一度に淹れられるものが便利ですよ。

4.サーバーのタイプをチェック!特徴は?

コーヒーメーカーのサーバーは、「ガラス製タイプ」と「ステンレス製タイプ」の2種類があります。素材の持つ特徴や使い方によって適切なタイプが異なるため、購入前に理解しておくことが大切ですよ。それぞれの特徴を解説します。

ガラス製タイプ

ガラス製タイプのサーバーは、香りを吸収しないという特徴があります。コーヒーの風味が損なわれにくいので、豆本来の味を楽しめるのがメリットです。サーバーにもニオイや汚れが付きにくいため、お手入れしやすいのもうれしいポイントですね。 ただし、衝撃に弱いというデメリットがあり、落としたり急激に冷やしたりすると割れる可能性があるため注意が必要です。

ステンレス製タイプ

ステンレス製タイプのサーバーの特徴は、保温性が高いことです。短時間で提供する場合はヒーター機能を使わなくても一定温度を保ちやすいので、おかわりまでに味が変わりにくいですよ。 また、耐久性に優れた素材のため強度が高く、サビにくいという特徴もあります。ただし、サーバー自体に傷が付いてしまうと、劣化しやすくなるので注意してくださいね。

5.さまざまな機能をチェック

業務用コーヒーメーカーを選ぶ際には、機能性もチェックしておくことが大切です。コーヒーをサーバーにまとめて抽出する場合、保温はマストの機能になります。全自動コーヒーミルが搭載されているものなら、コーヒー豆を挽く手間がからず、挽き立てのおいしさが味わえますよ。 また、ミルクフロッサーが搭載されているタイプであれば、カフェラテやカプチーノなどのアレンジメニューを提供可能です。さまざまな機能を確認し、用途に合ったタイプを選んでくださいね。

6.お手入れしやすいものがオススメ

コーヒーを提供する場合には、コーヒーメーカーを清潔に保つことも大切なため、お手入れしやすいものを選ぶのがおすすめです。シンプルな作りのものや簡単に分解できるものなら、隅々まで洗えて清潔にしやすいですね。 また、自動洗浄機能が搭載されているものなら、使う度に自動でお手入れしてくれるので、汚れが溜まりにくく使い勝手がいいですよ。

業務用コーヒーメーカーのおすすめ10選

ここまで解説してきた選び方のポイントを踏まえて、おすすめの業務用コーヒーメーカーをご紹介します。「大容量タイプ」と「全自動タイプ」の2つに分類しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

一度にたくさん作れる!大容量タイプ

一度にたくさん作りたい場合は、大容量タイプのコーヒーメーカーが便利です。容量や保温性は商品によって異なるので、さまざまなタイプのコーヒーメーカーを6つご紹介します。

Kalita(カリタ) 業務用 コーヒーメーカー ET-103

PR
Kalita(カリタ) 業務用 コーヒーメーカー ET-103

商品情報

サイズ(mm) :幅172X奧行282X高さ335、重量: 2.3kg
水量:最大使用水量1.5L、能力:10カップ/約10分
電源:100V/930W 50/60Hz、定格電流:9.3A
使用ロシ:103ロシ(別売)
付属品:ET-103ドリッパー ET-103サーバー

給水タンクの最大使用水量は1.5Lで、最小3杯から最大約10杯分のコーヒーを淹れられるコーヒーメーカーです。ガラスサーバーを採用しているため、コーヒー本来の味を楽しむことができますよ。ペーパーフィルターを使うタイプのドリッパーで、使用後のペーパーは捨てられるのでお手入れも簡単です。

Kalita(カリタ) 業務用コーヒーマシン ET-450N

PR
Kalita(カリタ) 業務用コーヒーマシン ET-450N

商品情報

サイズ:ET-450N:幅275×奥行き453×高さ690mm、SY-AH25:幅200×奥行き225×高さ440mm
本体重量:ET-450N:約5.9kg(満水時約8.9kg)、SY-AH25:約2.2kg(満水時約4.7kg)
電源:100V 845W 50/60Hz
保証期間:1年間
付属品:コーヒーポットSY-AH25 ファンネル450 2000cc計量カップ 取扱説明書 保証書(保証期間:1年)

内容量2.5Lのコーヒーポットに直接抽出されるタイプです。ヒーターで温めないため、香りやコクを逃さず、温かさもキープしやすいですよ。コーヒーポットに氷を入れれば、アイスコーヒーにも対応可能です。 3杯から抽出できるタイプで、連続抽出では、1時間で約60杯のコーヒーを淹れられます。また、空焚き防止機能が搭載されているので、消し忘れたときにも安心ですね。

Kalita(カリタ) 業務用コーヒーマシン ET-12N

PR
Kalita(カリタ) 業務用コーヒーマシン ET-12N

商品情報

サイズ:幅18.8×奥行33×高さ42.6cm
重量:4.9kg(満水質量6.6kg)
保証期間1年
付属品:プラスチック製コーヒードリッパー(104-D)、熱湯用サーバー(1200サーバーN)、取扱説明書、保証書(保証期間:1年)
【本体】12カップ用、電源:100V/1440W 50/60Hz、定格電流:14A、コード長:2m、最大使用水量:1.7L、能力:12カップ/約10分、使用ロシ:104ロシ
【ドリッパー】電子レンジ使用不可、食洗機使用不可
【サーバー】電子レンジ使用可、食洗機使用不可

一度の約12杯分のコーヒーを抽出できるコーヒーメーカーです。上部にはウォーマーがあるため、サーバーをもう1つ使えば、24杯分を保温することもできますよ。 ドリッパーは三つ穴で素早く抽出でき、コーヒー豆のおいしさだけをドリップするため、雑味がでにくいです。シンプルな作りなので、お手入れがしやすいのもポイントですね。

ボンマック コーヒーブルーワー BM-2100

PR
ボンマック コーヒーブルーワー BM-2100

商品情報

幅×奥行×高さ(mm):204×426×446
電源:単相100V
消費電力:湯沸/850W、保温/100W×2
タンク容量:約3L
抽出サイクル:約14分
初動沸き上がり時間:23分
質量:約6kg
使用ペーパーフィルター:25cm

こちらの商品にも保温機能が搭載されており、上部にあるウォーマーでコーヒーを適温に保ってくれます。タンク容量は約3Lの大容量で、給水の手間が減られるのはうれしいですね。ガラス製のサーバーでニオイを吸収しないので、コーヒー本来の風味を楽しめます。また、残量がわかりやすいので、空焚きも防げますよ。

ボンマック 温風保温式システムデカンタブルーワー カルド BM-3100

PR
ボンマック 温風保温式システムデカンタブルーワー カルド BM-3100

商品情報

間口×奥行×高さ(mm):204×435×430 電源:単相100V
消費電力:1080W(湯沸し980W、温風保温100W) 質量:約6.8kg(乾燥質量)
抽出能力:約9.6L/時間 タンク容量:約2.7L
初動湧き上がり時間:約18分 付属品:専用デカンタBCD-18-2B(専用フタ付)、水差し(容量:2L)、ペーパーフィルター(No.250)25枚
使用ペーパーフィルター:250mm

温風保温という独自の保温方法で、コーヒーのおいしさを長持ちさせるコーヒーメーカーです。通常はウォーマープレートが加熱し、デカンタの底面から温められるため、温度差が起こって煮詰まり風味が損なわれます。 この商品はコーヒー全体が温められるので、温度差が少なくなり煮詰まりしにくいですよ。抽出後にボイラーの温度を下げて保温する、抽出しない時間が続くと自動で電源をオフにするなどのエコモード機能が搭載されているので、省エネにもつながります。

メリタ(Melitta) 業務用フィルターコーヒーマシン M150P

PR
メリタ(Melitta) 業務用フィルターコーヒーマシン M150P

商品情報

メーカー型番:M150P
サイズ:W230×D335×H495mm
本体重量:7.0kg
素材・材質:ステンレス、ポリプロピレン、耐熱ガラス
原産国:中国
セット内容・付属品:本体、グラスポット(KA-G M180)、ペーパー(PA202S)50枚付
抽出量:13杯(1.8L)/回、78杯(9.8L)/時

商品の上部に保温用フォーマーが搭載されており、別のサーバーをセットすれば、13杯のコーヒーを保温しながら新しく抽出することも可能です。メリタ独自のピラミッドフィルター仕様になっており、理想の速さで安定的に抽出できるのでムラがなくなり、おいしいコーヒーを淹れられますよ。 スイッチをオンオフするだけのシンプル設計で、誰でも簡単に操作できるのもポイントですね。

便利で楽々!全自動タイプ

全自動タイプの業務用コーヒーメーカーは、豆を挽いたりコーヒー粉をセットしたりする手間を省けて便利です。コーヒー豆と水をセットしてスイッチを押せば、自動でコーヒーが抽出されるので時短にもなりますね。ここからは、おすすめの全自動タイプの商品を4つご紹介します。

DeLonghi(デロンギ) ディナミカ 業務用全自動コーヒーマシン ECAM35015BH

PR
DeLonghi(デロンギ) ディナミカ 業務用全自動コーヒーマシン ECAM35015BH

商品情報

業務用コーヒーマシン専用コールセンター 対応サービス付
新メニュー「スペシャルティ」を搭載した全自動エスプレッソマシン
操作性に優れた静電タッチパネル式
コーン式コーヒーグラインダー採用(ミル付き)
自動内部洗浄機能により日々のお手入れはトレイやカス受けを引き出して洗っていただくだけ!

カップに直接抽出するタイプの全自動コーヒーメーカーです。スペシャルティやエスプレッソ、日本独自のカフェ・ジャポーネなどの多彩なメニューを搭載しています。ミルクフロッサーでは、キメ細かいフォームミルクを簡単に作れて、ミルクメニューを提供することも可能です。 抽出ユニットは粉が残りにくくなるように独自開発された構造になっており、流水にくぐらすだけでよいのでお手入れも簡単ですよ。豆の補充や給水、コーヒーかすの処分などをすべて前面から作業できるので、設置スペースがコンパクトに収まります。

ボンマック 全自動ドリップ式コーヒーマシン BM-LCD1

PR
ボンマック 全自動ドリップ式コーヒーマシン BM-LCD1

商品情報

市場背景やお客様のニーズから生まれた全自動ドリップ式コーヒーマシン「BM-LCD1」が、あらゆる課題を解決します。

全自動のドリップ式コーヒーマシンで、1杯ごとにカップに抽出されます。給水タンク式のため、設備工事なしで手軽に設置できますよ。エアー攪拌と循環攪拌の機能によって、コーヒー豆本来の味わいを引き出しながら短時間で抽出します。 オプションメニューも豊富で、生乳ユニットを追加すれば、ミルクを使ったアレンジメニューも作ることが可能です。

‎JURA (ユーラ) 全自動コーヒーマシン X8

PR
JURA (ユーラ) 全自動コーヒーマシン X8

商品情報

サイズ : 373×461×470mm
重量 : 約14kg
電源 : 100V
消費電力 : 1250W
電流 : 12.5A
コーヒーカス箱(抽出杯数) : 約40杯
水タンク容量 : 約5L
抽出口高さ調節( ミルク・コーヒー) : 65~153mm
原産国 : Swiss

定番のメニュー以外に、ミルクやフォームミルク、ラージコーヒーまで淹れられるコーヒーメーカーです。高さ調節が可能な抽出口のデュアルスパウトを使用すれば、同時に2杯のコーヒーを淹れられますよ。 トレイにはカップを置く位置がわかりやすいように目印が付いているので、コーヒーをこぼす心配もありません。5Lの大容量の給水タンクと水道直結キットがあり、設置場所に合わせて給水方法を選べます。

‎JURA (ユーラ) 全自動コーヒーマシン WE8

PR
‎JURA (ユーラ) 全自動コーヒーマシン WE8

商品情報

サイズ:29.5×41.9×44.4cm
電源:100V
1250W
1年間
マシンクリーナー、クラリスプロスマートフィルター
JURAスタンダード:電源コード長さ/1.1m、水タンク容量/約3L、コーヒーホッパー容量/約450g、抽出杯数/約25杯、カラーディスプレイ、抽出口高さ調整(コーヒー)/65~111mm、抽出口高さ調整(カプチーノ)/107〜153mm、挽き目調整、ホットウォーター機能、自動蒸らし抽出(I.P.B.A.S)、クラリスプロスマートフィルター、ファインフォームテクノロジー
本体重量(kg):10

こちらの商品は、マシンの前面にあるボタンとTFT液晶ディスプレイで誰でも簡単に操作できます。3Lの給水タンクに500gのコーヒー豆容器が備わっており、1日に約50杯分のコーヒーを提供することが可能です。 ドリップコーヒーのほか、ラテマキアートやカプチーノなどスペシャルコーヒーもワンタッチで淹れられますよ。カップに直接抽出されるタイプで、一度に2杯を抽出することも可能です。

飲みたいメニューに合った業務用コーヒーメーカーを選ぼう

業務用コーヒーメーカーは、さまざまな抽出方法のマシンがあり、それぞれ風味や味わいの異なるコーヒーを淹れられます。そのため、どのようなコーヒーを提供したいのか、カプチーノやカフェラテなどのアレンジメニューも必要なのかを考慮して、適切な商品を選んでくださいね。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonセール・キャンペーン情報のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー