この記事で紹介されている商品
両手鍋のおすすめ13選|24cmサイズやおしゃれなステンレス製も!焦げない鍋の素材も紹介

両手鍋のおすすめ13選|24cmサイズやおしゃれなステンレス製も!焦げない鍋の素材も紹介

左右に取っ手が付いており、安定感に優れた「両手鍋」。カレーやスープなどの料理を作るときに便利で、材質やサイズによってさまざまな種類があります。そこで今回は、両手鍋のおすすめの選び方をご紹介します。食洗機に対応したお手入れ簡単なものや用途別に人気の形状なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

両手鍋とは

左右に取っ手が付いている両手鍋は、片手鍋に比べて安定感があり、煮物やカレーなどの調理にぴったりのアイテムです。基本的に高さや幅が大きめの商品が多く、大人数の料理を作るときに適しています。

また、両手鍋は茹でる・蒸す・焼く・揚げるといった幅広い調理に活用できるのも特徴です。以下で、両手鍋のおすすめの選び方や商品をご紹介するので、ぜひご家庭にぴったりの両手鍋を探してみてくださいね!

両手鍋の選ぶポイント

両手鍋には、さまざまな種類や素材のものがあります。両手鍋を選ぶときは、下記のポイントをチェックすることが大切です。

  • 素材で選ぶ
  • サイズ、深さ、形で選ぶ
  • そのほかの特徴で選ぶ

以下で、詳しく解説するので確認してみましょう!

鍋の素材で選ぶ

両手鍋の素材は、主に「ステンレス」「ホーロー」「アルミ」「セラミック」「鋳物」「鉄」の6種類です。それぞれ特徴や使い勝手が異なるので、ご家庭で作る料理に合わせて最適なものを選ぶのがポイントになります。

ステンレス

日常的に両手鍋を活用したい方には、ステンレス鍋がおすすめです。強度と耐久性に優れているので、塩水を使ったパスタや野菜の茹で、スープ作りなど、幅広い調理に活用できます。

さらに、お手入れしやすくスタイリッシュな見た目の商品が多いのも魅力です。ただし、ステンレス素材のみを使った鍋の場合は、熱伝導率が低く焦げ付きやすいので、アルミなどの熱を伝えやすい素材が一緒に使われた鍋を選ぶとよいでしょう。

ステンレス製ですが熱伝導率が高く、焦げ付きにくい両手鍋です。底面が厚く丈夫な設計なので変形しにくく、熱が食材に均一に通ります。さらに、耐久性の高いステンレス素材を使用しているので、傷つきにくく長持ちしやすいのが魅力。コンパクトに収納できるので、複数の鍋や蓋を重ねて省スペースでしまえるのもうれしいポイントです。

ホーロー

ホーロー鍋は保温性や熱伝導率に優れており、カレーやシチュー、煮物などの煮込み料理を得意としています。見た目がおしゃれなものも多いので、インテリアにこだわりのある方におすすめです。酸や塩にも強いので、ジャム作りにも活用できますよ!また、蓄熱力があり温度を一定に保ちやすいので、揚げ物を作りたいときにも便利です。

こちらのホーロー鍋は、IHとガス火両方に対応しています。熱伝導率がよく、食材を素早く温めて調理できるのが特徴です。蓋のつまみ部分には、熱を伝えにくい天然木を採用しており、蓋を外せばオーブンにも使用できます。キッチンを彩る可愛らしいデザインなので、そのままテーブルに出してもおしゃれですね!

アルミ

軽量で扱いやすいアルミ鍋は、高齢の方や腕力の弱い方でも安心して使用できるのが魅力です。熱伝導性に優れているので、大量の煮物やおでんなどの料理もスピーディーに仕上がります。

大きいサイズでも扱いやすく、家族の多いご家庭の食事作りや炊き出し用にも便利ですよ。ただし、酸に弱いので残った料理はそのまま放置せず、早めに別の容器に移し替えることが大切です。

熱伝導のよいアルミを、保温性、耐久性に優れたステンレスで挟み込んだ、三層鋼を使用した両手鍋です。保温性が高く、じっくり煮込んで味を染みこませたい料理におすすめです。ハンドルもステンレス素材のため、丸ごとオーブンに入れて調理することも可能。フタは別売りのため、必要に応じてお求めくださいね。

セラミック

土鍋のような陶器のセラミック鍋です。加熱には時間がかかる傾向にありますが、1度温まると保温性は抜群!食材の中までしっかり火が通り、素材の味を引き出します。お米の炊飯などのシンプルな調理におすすめですよ。

さらに、オーブンや電子レンジに使えるものが多く、料理の温め直しをしやすいのもポイントです。ただし、衝撃に弱く重いので、取り扱いには注意するようにしてくださいね。

耐久性が高く剥がれにくい特性を持つ、セラミックコーティングの両手鍋です。ノンスティック効果で食材がこびりつかず、少ない油でスムーズな調理が可能。フチ部分には注ぎやすいフランジ付き設計で液だれしにくく、火傷防止カバーも付いています。また、ガス火やIHなどあらゆる熱源に対応しているところもうれしいポイントですね。

鋳物

鋳物鍋は、鉄やアルミ合金などの金属を鋳造して作られたものです。熱伝導率がよく、ゆっくりと均一に熱が伝わるのが特徴。保温性にも優れているので煮込み料理はもちろん、無水料理にも適しています。

オーブンや直火対応のものが多いため、キャンプなどのアウトドアでも重宝するでしょう。ただし、大きさや厚みによってはかなり重くなるので、気軽に両手鍋を使いたい方や腕力に自信がない方にはあまり向いていません。

南部鉄器の万能鍋は煮込み料理はもちろん、蓋を裏返し鉄板としても利用可能です。厚みのある南部鉄器は蓄熱性が高く、食材に効率よく熱を伝えて素材の味を引き出します。また、ガスやIH100V・200Vなどあらゆる熱源に対応していますよ。

耐久性が高く冷めにくい鉄製の鍋は、使っていくうちに油馴染みがよくなり、焦げ付きにくくなるので、お手入れ次第では長く愛用できます。また、熱伝導率がよいので食材のうま味をギュッと閉じ込め、短い時間で調理できるのも魅力です。ただし、サビには弱いので使ったらすぐに洗い、水気をしっかり拭き取ってから収納してくださいね。

藤田金属 焼付塗装 両手鍋 20cm

Amazonカスタマーレビュー

3.8

Amazonカスタマーレビュー

(16件)

>

商品情報

メーカー:藤田金属(Fujita-kinzoku)
ブランド名:‎Hogdseirrs
型番:64208
サイズ:約20×28×4.8cm(深さ4cm)
本体重量:約500g
満水容量:1.0L
素材:本体/普通鋼板(表面加工/クリヤー焼付塗装)、取っ手/ステンレス鋼

こちらの商品は、料理をそのまま食卓へ提供することができる鉄製の両手鍋です。パエリヤや餃子など、作ったまま運べて、冷めにくいのが魅力のひとつ。特に取りわけて食べる料理にぴったりで、卓上コンロで調理しながら楽しむことができますよ。

鍋のサイズ、深さ、形で選ぶ

両手鍋を選ぶときは、鍋のサイズや深さ、形で選ぶことも大切です。作る料理の量や家族の人数に合わせて適切な大きさのものを選びましょう。サイズ選びに迷ったら、以下の目安を参考にしてくださいね。

  • 直径16〜18cm:1人分・1L程度
  • 直径20cm:2〜3人分・3L程度
  • 直径25cm以上:4人分以上・5L程度

また、作る料理に合わせて深さや形を選ぶことも重要です。浅めのものはフライパンと兼用したい方、深めのものは煮物やカレーなどの煮込み料理に活用したい方におすすめです。また、両手鍋の中にはオーバル型のものもあり、魚などの長さのある食材の調理に活躍してくれます。

直径15cm前後

直径15cm前後の鍋は、1人暮らし用やちょっとした料理を作るのにおすすめです。ご家庭にひとつあれば、野菜を茹でたり、2〜4人分の味噌汁を作ったりするのに活用できます。

無駄のないシンプルなデザインが魅力のホーロー鍋。15cmと小さいサイズなので、1人暮らし用や、袋麺などのちょっとした調理におすすめです。蓋は中身が見えるガラス製で、料理を確認しながら火加減を調節できるのがうれしいですね!ホーロー加工で食材のニオイが移りにくく、酸やアルカリに強いので長く愛用することができますよ。

直径20cm前後

直径20cm前後の鍋なら、パスタや2〜4人分のカレーの調理にぴったりです。2人暮らしに丁度いいサイズで、2人前のうどんや袋ラーメンを作るのに重宝します。また、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜の下茹でにも便利なサイズです。

カローテ CAROTE 両手鍋

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(624件)

>

商品情報

ブランド:CAROTE
商品サイズ:口幅20cm、底幅15cm、本体高さ9cm
重量:0.82kg(蓋なし)
容量:2.3 L
色:ベージュ
材質:本体(アルミニウム)、底(ステンレス)、持ち手(ベークライト)、蓋(強化ガラス・ステンレス)、コーティング(フッ素・マーブル粒子)
対応熱源:IH(100V・200V)、 ガスコンロ、 ラジエンヒーター 、エンクローヒーター 、シーズヒーター等オール熱源対応

使い勝手が良い、直径20cmの両手鍋です。やわらかい色合いのカラーがキッチンを明るく彩ります。約800gの軽量設計で、料理中や洗い物をする時にも持ち運びラクラク。表面には5層マーブルコートが施され、焦げ付きにくいのもうれしいですね。2~4人前のカレーやシチュー、煮物などに幅広く使える、一つ持っていると便利なサイズです。

直径25cm以上

直径25cm以上の鍋は、料理を作り置きしたい方や、家族が多いご家庭におすすめのサイズです。鍋のサイズが大きいので、水を入れたり洗ったりするときは少し大変ですが、パスタや煮物スープなど幅広い調理に活用できます。

日本国内で一つひとつ手作業で作られている両手鍋。鍋の素材には、ステンレス・アルミニウム・アルミニウム合金・18-0ステンレスを採用しており、熱伝導性がよく、少ない熱量でも素早く調理できるのが魅力です。本体と蓋はしっかり密閉されるので、余熱調理や無水調理をすることもできます。

浅型

浅型の両手鍋は、すき焼きや鍋料理などにおすすめ!そのままテーブルに出せば、温かい状態をキープしながら料理を味わうことができます。オーブンに対応しているものなら、グラタンなどの調理にも活用できますよ。

炒めて煮込む料理に適した浅型の両手鍋です。すき焼きなどの鍋料理はもちろん、オーブンにも使えるのでパエリアや焼きたてのパンをそのまま食卓にサーブすることも。食材から出た蒸気を鍋の中で循環させる「アロマレインシステム」や、食材の旨味を凝縮するざらざらとした表面加工など、STAUBならではのこだわりがたくさん詰まった使いやすい浅型タイプです。

深型

深型の両手鍋は、煮物やカレー、スープなどの汁物の料理に適しています。パスタや野菜を茹でる際も、深さのある両手鍋が使いやすいでしょう。大きすぎない深型の鍋なら、片手鍋のように気軽に使用でき、手持ちの鍋の数を増やしたくない方にもおすすめです。

満水時、最大容量5.5Lまで入る寸胴タイプの両手鍋。3~4人分のスープやカレーなどの調理におすすめです。深さがあるので、パスタなどの麺類を茹でるときにも便利ですね。さらに、ダイヤモンドコーティングが施されているので食材がこびりつきにくく、傷に強いので長持ちしやすいのが魅力。摩擦に強く、コーティングが剥がれにくいので、少ない洗剤でも簡単に汚れを落とすことができます。

オーバル型

横幅が広いオーバル型は、長さのある魚や丸鶏などの食材を調理するときに向いています。見た目もおしゃれなものが多く、セラミックやホーロー、鋳型などの素材だと、よりデザイン性に優れているのが特徴ですよ。テーブルにそのまま出しても見栄えがよく、取り分けやすい形状となっています。

そのまま食卓に出したくなる、おしゃれなオーバル型の両手鍋です。厚手のホーロー素材で酸に強く耐久性も高いことから、じっくり時間をかけて煮込む料理にぴったりです。食材から出る水分を逃さず循環させることで、少量の水分で食材本来のおいしさを味わうことができますよ。

そのほかの特徴で選ぶ

両手鍋には、以下のようにさまざまな機能や特徴が備わったものがあります。

  • IH対応
  • 取っ手や蓋の素材
  • 食洗機対応
  • 両口の鍋

たとえば、ご自宅でIHコンロを使っている場合は、両手鍋がIHに対応しているかをチェックすることが大切です。ガス火専用のものは、基本的にIHでは使えないものが多いので注意しましょう。

また、長時間の煮込み料理に使うならガラス製の蓋がおすすめです。蓋を開けなくても中身が見えるので、空焚きのリスクを防いだり、蒸気を逃さず火の通り具合をチェックしたりできます!

ガス火とIH両方に対応している両手鍋です。食洗機にも使えるので、後片付けしやすいのも魅力ですね。鍋底は、保温性に優れたステンレスと熱伝導率のよいアルミニウムを中層に入れた3層構造になっています。熱変形しにくく、熱ムラが少ないので、食材の旨味を存分に引き出すことができますよ!

全13商品

おすすめ商品比較表

ティファール 両手鍋 20cm

富士ホーロー 両手鍋 キャセロール 18cm CTN-18W.SB

無印良品 ステンレスアルミ全面三層鋼両手鍋

SENSARTE 両手鍋 20cm

岩鋳 両手万能鍋 黒焼付 22×22cm

藤田金属 焼付塗装 両手鍋 20cm

パール金属 両手鍋 15cm

カローテ CAROTE 両手鍋

宮崎製作所 両手鍋 25cm

staub ストウブ 「 ブレイザー ソテーパン グレー 24cm 」

アイリスオーヤマ 鍋 22cm 深型

イシガキ 両手鍋 ボン・ボネール ココット

アイリスオーヤマ 両手鍋 24cm SP-P24

Amazonカスタマーレビュー
4.21,155
4.624
4.655
4.054
4.546
3.816
4.3182
4.4624
4.5117
4.4531
4.22,267
3.712
4.3424
最安値
タイムセール
¥3,762-10%
参考価格¥4,180
¥12,237
タイムセール
¥1,362-5%
参考価格¥1,433
タイムセール
¥1,783-7%
参考価格¥1,917
タイムセール
¥2,698-18%
参考価格¥3,280
タイムセール
¥10,358-37%
参考価格¥16,500
タイムセール
¥22,020-39%
参考価格¥36,300
タイムセール
¥2,509-10%
参考価格¥2,783
タイムセール
¥2,439-50%
参考価格¥4,890
購入リンク

お気に入りの両手鍋で、料理の幅を広げよう!

両手鍋は、家族がいるご家庭はもちろん、1人暮らしでもあると便利なアイテムです。茹でるだけでなく蒸す・焼く・揚げるなどの幅広い調理に活用できるので、ひとつは持っておいて損はないでしょう。今回ご紹介した内容を参考にしていただき、ぜひお気に入りの両手鍋で料理のレパートリーを広げてみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

「暑いとご飯作る気がしない!」「疲れている時の救世主!」便利な冷凍食品がAmazonプライムデーでお得【17日まで】

「お家の住み心地レベルアップ!」DIY・ガーデン・スマートホーム用品のおすすめはこちら【Amazonプライムデー2024】

「貼っとけばよかった・・・」にならないように!簡単に貼れて画面をしっかり守るスマホのガラスフィルムがこちら!【Amazonプライムデー2024】

「超便利!」「こんなのあるんだ!」色んな種類の両面テープがAmazonプライムデーでお買い得【17日まで】

「定番こそセールで買おう!」Amazonプライムデーでセール中のニューバランスのスニーカーとサンダル【17日まで】

「もっと早く知りたかった!」「こんなのあったんだ!」話題の生活家電をご紹介【Amazonプライムデー2024】

「超便利!」「もっと早く買えばよかった!」話題のキッチン用品がこちら【Amazonプライムデー2024】

「圧倒的な効率で歯が綺麗に!」お買い得な電動歯ブラシで歯を磨こう!【Amazonプライムセール2024】

「狙ってる人は大注目!」「アレがこんなに安く?!」MacBookがAmazonプライムセールで割引中!【17日まで】

「iPadを買うなら今!」「早い者勝ち!」iPadがAmazonプライムデーでセール価格に【17日まで】

カテゴリー