この記事で紹介されている商品

おくるみのおすすめ10選!おしゃれなデザインのアイテムなどご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

新生児から生後3,4ヶ月頃まで活躍する「おくるみ」。「スワドル」や「アフガン」とも呼ばれ、出産準備品の必須アイテムです。今回はおくるみの選び方について解説し、おすすめの商品をご紹介します。コットンやガーゼなどおくるみの素材についての特徴や、春夏・秋冬と出産する時期に合わせておしゃれなおくるみを探している人はぜひご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

おくるみとは?

おくるみとは、赤ちゃんを包む大判の布のこと。首の座らない赤ちゃんにも使えるため、生後すぐから活躍するアイテムです。

おくるみを使うメリットは2つあります。一つは、モロー反射という手足がビクッとなる赤ちゃん特有の動きを抑えること。もう一つはおくるみで赤ちゃんを包むとお母さんのお腹の中にいるような感覚になり、安心して眠りやすくなることも挙げられます。

ブランケットや大判のバスタオルで代用する人もいますが、おくるみは赤ちゃんを包むことを考えて作られているため、より快適に使うことができますよ。

いつまで使う?

おくるみは生後すぐから3、4ヶ月頃まで頻繁に使います。赤ちゃんが寝返りを始めてからも、授乳ケープやお昼寝の際のブランケット、お出かけ時の防寒対策としても長期間使える便利なアイテムです。

新生児から使えるため、産院から退院するときに赤ちゃんをおくるみに巻いて抱っこするお母さんもいます。おくるみは赤ちゃんと一緒に写真に写る機会が多いので、おしゃれなデザインのものや季節に合った素材のおくるみを選んであげたいですね。

おくるみの選び方

おくるみを選ぶときにチェックしたい「5つのポイント」についてご紹介します。

1.季節に合わせて素材で選ぶ

おくるみにはガーゼ、パイル生地、フリース、ボア、コットンとさまざまな素材の種類が使われています。

保温性に優れている、通気性がよいなど、特定の季節に向いている素材は出産する季節に合ったものを選びましょう。おくるみを長く使いたい人には通年使える素材を選ぶのがおすすめです。

春夏:ガーゼ・パイル生地

気温が高く、赤ちゃんが汗をかきやすいこの時期はやわらかいガーゼ生地やさらさらとしたタオルのようなパイル生地のおくるみがおすすめ。

赤ちゃんは大人と同じ量の汗腺があり、小さいからだで体温調整をするために汗をかきやすくなります。赤ちゃんが汗をかいて肌が汚れるとあせもの原因となる可能性も。

気温の高い時期におくるみで赤ちゃんのからだを巻くと暑くなる場合があるので、春夏の季節は汗を吸収しやすく通気性の良いガーゼやパイル生地だと安心ですよ。ガーゼやパイル生地は肌にやさしい素材のため、皮膚の薄い赤ちゃんも使用できるでしょう。

秋冬:フリース・ボア

保温性が高くふんわりとしたフリースやボア生地のおくるみは秋冬の季節に向いています。寒い時期の退院時やお出かけ時に赤ちゃんを冷たい風からしっかりとガードしてくれますよ。

フリースやボアの生地は乾くのが早いため、赤ちゃんのミルクなどで汚れてもお手入れが楽なのがうれしいポイント。薄手の生地から保温性のより高い生地まで数枚持っておくと気温に合わせて調整できるので便利ですよ。

ただし、化学繊維のフリースやボア生地は赤ちゃんの肌へ刺激となる可能性があるため注意が必要です。肌に直接触れる場合は内側の部分にコットンやガーゼ生地のおくるみを使い、防寒のために服の上から使用する場合はフリースやボア生地を使うなど、うまく使い分けるのもおすすめです。

通年使えるコットン(綿)

やわらかな肌触りが特徴のコットン(綿)生地は通年使える素材です。コットン生地のおくるみは1枚持っておくとどの季節でも洗い替え用として役立ちますよ。

コットンは汗を吸収しやすく湿気も放出してくれるため、汗っかきな赤ちゃんのあせも対策としても優秀。ふんわりとやわらかいので赤ちゃんも嫌がらずに触れてくれる場合が多いです。

特に「オーガニックコットン」は赤ちゃんの肌にやさしい素材として注目されています。皮膚が薄く肌荒れしやすい赤ちゃんにも安心して使用できるためおすすめですよ。

2.形状タイプで選ぶ

おくるみというと大判1枚の正方形サイズをイメージする人が多いかもしれませんが、フードや手足カバー付きなどさまざまな形状のものがあります。赤ちゃんの月齢や使う季節に合ったものを選びましょう。

複数のデザインのおくるみを持ち、用途によって使い分けるのもおすすめですよ。

一枚布タイプ

おくるみの一枚布タイプは新生児から使える定番の形状です。退院時から使いたいなら70cm×70cmの新生児用タイプがおすすめ。100cm以上の大きなサイズは月齢が高くなってもブランケットや授乳ケープとしても使えて便利ですよ。

おくるみの巻き方については最後に解説しますが、一枚布タイプのおくるみは「基本巻き」やモロー反射を抑える「おひな巻き」など、シーンに合わせてさまざまな巻き方ができるのが魅力です。ガーゼやコットンなどやわらかく薄い素材のものなら小さく折り畳んでもかさばらないため、ベビーカーや車に常備しておくのもおすすめですよ。

フード付きタイプ

フード付きタイプのおくるみは湯上がりのバスタオルとして使用したり、お出かけ時に日除けのために使用したりと汎用性が高いのが特徴です。家の中でも外でも活躍するので1枚持っていると重宝します。

タオル代わりに使用することも多いフード付きのおくるみは肌にやさしいガーゼやパイルなどさらりとした生地でつくられているものが多いです。赤ちゃんの小さい頭がフードにすっぽりと覆われた姿はとても可愛らしく思わず写真を撮りたくなりますよ。

手足カバー付きタイプ

赤ちゃんの手足がすっぽりと収まる手足カバーがついたタイプは、家の中でも手足が冷える冬の時期におすすめ。赤ちゃんが動いてもはだける心配がなく、しっかりとからだをホールドしてくれるので安心感があります。

手足がよく動く赤ちゃんや、モロー反射が起きやすい生後0~4ヶ月頃の月齢の赤ちゃんに適しています。ホールド感が強いため、苦しくないように赤ちゃんのサイズにきちんと合ったものを選びましょう。

ボタン・ファスナー付き

ボタンやファスナーが付いたおくるみはズレにくく、着脱しやすいのが魅力といえます。おくるみを着たままおむつ替えをしたい場合や、赤ちゃんが寝た後に起こさず脱がせたい場合に便利な形状です。

簡単に着脱ができるため「一枚布のおくるみでうまく巻けない、巻き方が覚えられない」「おくるみがすぐにはだけてしまって困る」という人にも向いています。おくるみを巻く時間もかからないので赤ちゃんが泣いていても焦らずに包み込めますよ。

3.サイズをチェック

おくるみを選ぶ際は赤ちゃんのからだに合わせたサイズを選びましょう。赤ちゃんのからだに対しておくるみが小さすても大きすぎてもよくありません。

生まれたての赤ちゃんの身長は50cm程度のため、退院時や新生児に使う場合は70×70cmほどのサイズを使うと布があまりすぎず、ぴったりと赤ちゃんを包めます。生後3~4ヶ月頃には60~70cmまで身長が伸びるため、100cm×100cmの大きさがあるとちょうど良く、さまざまな用途で長く使えますよ。

おくるみの商品説明には、SやMといったサイズ表記だけでなく、「新生児用」「4ヶ月〜10ヶ月用」など対象月齢が記載されていることもあるのでしっかりとチェックしてみてくださいね。

4.セットアイテムも

赤ちゃんは吐き戻しといってミルクを飲んだ後に吐いてしまったり、よだれが多く出たりして、着ている服やおくるみをよく汚してしまいます。そのため、おくるみは1枚だけでなく洗い替え用に数枚準備しておくと便利です。

おくるみには数枚がセットになっている商品もあり、1枚ずつ購入するよりもお得になります。中には、おくるみと靴下やスタイなどがセットになったコスパの良いアイテムも。

セット内容が多くなるほどコスパがよくなる商品が多いため、出産準備として購入予定のものがたくさんある場合は、セットアイテムを選ぶのがおすすめです。

5.デザインで選ぶ

おくるみを選ぶ際にはデザインにも注目してみましょう。赤ちゃんらしいアニマルモチーフデザインやャラクター、やさしい雰囲気のお花柄などはおくるみの定番デザインとして選ばれています。

また、おくるみの「巻く」仕様を活かした白菜のデザインや、赤ちゃんの手足を星に見立てるお星さまデザインなど少し変わったアイテムも。普段使いように定番デザインのアイテム、写真撮影用に遊び心のあるデザインのアイテムと使い分けるのもいいですね。

おくるみのおすすめ10選

ここからはおくるみのおすすめ商品9選をご紹介します。実用的で何枚持っていても困らないものからおしゃれで出産祝いにぴったりのものまで、さまざまな商品をピックアップしました。

洗い替え用やプレゼントにおくるみの購入を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

PR
aden + anais essentials おくるみ 2枚セット

商品情報

梱包サイズ:24 x 19 x 6 cm
重量:340 g
素材:モスリンコットン100%

通気性が良く織目の細かい「モスリンコットン」が親しまれているエイデンアンドアネイのおくるみ。エイデンアンドアネイのおくるみは可愛らしいデザインと使い勝手の良さから出産祝いのプレゼントしてもおすすめです。一枚布タイプのおくるみなので赤ちゃんを巻くだけでなく、授乳ケープやブランケットとしても活躍しますよ。

PR
ジェラート ピケ BABYトイプードルおくるみ

商品情報

サイズ:タテ79cm×ヨコ98cm
素材:表側/ポリエステル100%・裏側/綿81%・ポリエステル19%

フードにトイプードルの顔がデザインされたかわいらしいおくるみ。ふわふわのボア素材で足先まですっぽり入れられるタイプなので、秋冬の寒い時期のお出かけにおすすめです。赤ちゃんのに触れる面がふんわりとしたパイル生地になっているのもうれしいポイント。両脇には紐がついているのではだける心配がなく、しっかりと赤ちゃんを包んでくれますよ。

PR
オーパス 6重ガーゼおくるみ

商品情報

サイズ:85×85cm
素材:6層ガーゼ

6層に重ねた肌触りの良いガーゼ素材で通気性が良く、保温性にも優れているため通年通して使えます。暑い時期には汗をさらりと吸収し、寒い時期には寝冷え防止としても活躍してくれるでしょう。オールシーズン使えるガーゼ素材のおくるみは洗い替え用や車・ベビーカーなどに常備するために、1枚持っていると便利ですよ。

PR
10mois たまごマットおくるみCLOUD

商品情報

サイズ:おくるみ:約137×105cm(フリル含まず),たまごマット:約32×65×厚み6cm
素材:本体:コットン,たまごマット:ポリエステル

お母さんのおなかの中のようにやわらかくフィット感のあるマットとおくるみが一体になっているタイプです。赤ちゃんをマットにのせおくるみで包んでテープで止めるだけなので、一枚布タイプで巻くのが苦手な人にもおすすめ。厚みのあるおくるみで安定感があり赤ちゃんを抱っこしやすくなるため、退院時やお宮参りなど月齢が低いときのお出かけにも重宝します。

PR
10mois おくるみ エクリュ

商品情報

サイズ:カバー:約66cm×28.5cm 中しん:約64.5cm×27.5cm×厚み2cm (新生児~66cm頃まで)
素材:カバー:コットン95%、ポリウレタン5% 中しん:ポリエステル100%

赤ちゃんの手足をきゅっと包み込み、モロー反射によって両手が動くのを防いでくれるおくるみです。しっかりとからだをホールドしますが、伸縮性のある生地なので圧迫感を感じにくく作られているところもポイントです。新生児期から首すわり頃まで、背中スイッチが入りがちな赤ちゃんの快適な睡眠をサポートしてくれます。ダブルファスナー仕様で、下だけ開ければおくるみに包んだままおむつ替えもできますよ。

PR
タッペンスアンドクランブル おくるみ 星 星型アフガン

商品情報

サイズ:約W710×H730mm、生後0カ月~4カ月頃
素材:ポリエステル 100%

かわいらしい星形が特徴のおくるみ。手触りの良いフリース素材で赤ちゃんの全身をしっかりと温めてくれます。ボタンやファスナーはなく、手足を入れるだけと着脱が楽ちんでお出かけ前にさっと着せられるのはうれしいですよね。手が出せる仕様になっているのでパパやママの手を握ったり、おもちゃを持たせたりなど、赤ちゃんとのコミュニケーションも楽しめるアイテムですよ。

PR
Newcastle Classics スワドル コットンモスリン

商品情報

サイズ:120×120cm
素材:コットン

アメリカで人気のブランド「ニューキャッスルクラシックス」のおくるみはクラシックなデザインで親しまれており、ラインナップも豊富です。120×120cmの大判タイプなので月齢が高くなっても外出時の日よけや昼寝時のブランケットとしても重宝します。しなやかでやわらかいコットン素材なのでお風呂上がりのバスタオルとしても活躍。洗濯機で丸洗いできてすぐに乾くのも魅力です。

PR
ティーレックス ベビースワドル

商品情報

サイズ:54×28cm
素材:‎39%綿、38%レーヨン、21%再生繊維(セルロース)、2%ポリウレタン

赤ちゃんをママのおなかの中に近い状態にやさしく包み込み、良質な睡眠をサポートしてくれるスワドル。伸縮性に富んだ生地で赤ちゃんが心地よく眠れるだけでなく、モロー反射の衝撃を抑えてママの睡眠不足の解消を手助けしてくれますよ。赤ちゃんの肌にやさしい素材のため、おくるみの中は肌着とおむつだけで過ごすのもOKです。

PR
イケヒコ・コーポレーション おくるみ

商品情報

サイズ:85×85cm
素材:素材:表地=綿100% 裏地=綿100% 中綿=ポリエステル100%

ぽこぽこした風合いがかわいいキルティングタイプのおくるみ。赤ちゃんを置いて左右をたたみ、足を折り返すだけで簡単にくるめます。夏はさらさらとした肌触りで吸水性が良く、冬は保温性に優れているのでオールシーズン活躍するのも魅力です。

PR
SANDESICA サンデシカ おくるみケット 2重ガーゼ  2426-51

商品情報

サイズ:104×104cm
毛布の形状:スワドル

ふんわり空気を含んだ2重ガーゼで赤ちゃんをやさしく包みます。通気性がよくしっかりと汗を吸収してくれるので春夏の季節におすすめ。夏のお出かけ時に室内のクーラー対策としても重宝しますよ。洗濯機で洗えて乾きやすいため、洗い替え用として1枚持っていると安心です。

おくるみの巻き方

おくるみの巻き方の定番は生後すぐから2ヶ月頃まで使える「基本巻き」。おくるみをひし形に置き、赤ちゃんを寝かせて左右、足元の生地をやさしく巻きつけながら包む方法です。

赤ちゃんの手足がビクッとなるモロー反射を防ぐためには「おひな巻き」がおすすめ。おひな巻きは布を四角い状態で置いてから赤ちゃんを寝かせ、左右上下を巻いていき、おひなさまのような見た目になることが名前の由来です。

また、どちらの巻き方でも赤ちゃんが手足を活発に動かし始める生後3ヶ月頃からは「半ぐるみ」という腕を出してあげる巻き方もおすすめですよ。

おくるみで赤ちゃんの快適な睡眠をサポートしよう

今回はおくるみの選び方と人気商品をご紹介しました。おくるみは選ぶサイズによっては新生児から3〜4歳頃まで長く使える商品です。

一年を通して使える素材のものから季節限定で使う素材までさまざまあるため、複数枚持って使い分けるのもおすすめ。赤ちゃんがおくるみに包まれている姿はとてもかわいいので、お気に入りのおくるみを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー