この記事で紹介されている商品
【2024年】0.7mmシャーペンのおすすめ10選!メリットや選び方も解説

【2024年】0.7mmシャーペンのおすすめ10選!メリットや選び方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

勉強や普段使いはもちろん、製図にも使える「0.7mmシャーペン」。グリップの素材や価格などによって豊富な種類があり、プレゼントにぴったりなデザインのものもあります。今回は、0.7mmシャーペンのおすすめ商品と選び方についてご紹介します。0.5mmシャーペンとの違いについても解説するので参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

0.7mmシャーペンの利用シーンは?

0.7mmシャーペンは定規を当てながら線を引きやすくなっており、製図作業をするのにぴったりです。図面を描いたりスケッチをしたりするのにも使いやすく、仕事用としてもおすすめです。

なめらかな書き心地で走り書きしやすいため、電話や仕事などでメモを取る際にも便利ですよ。またアルファベットや数字、マークシートなどにも書きやすく、普段の勉強や試験にも使え幅広いシーンで重宝しますよ。

0.7mmシャーペンのメリットとは?

0.7mmシャーペンは芯が太く折れにくいため、集中して仕事や勉強を続けられるのがメリットです。低重心で安定した書き心地があり、なめらかに書けるのでメモ書きにもぴったり。勉強や仕事などシーンを問わず使え、幅広い用途で活用できるのも魅力です。

また、デザインのバリエーションも豊富で、カラフルなものからスタイリッシュなものまで自分の好みや使用シーンなどにあわせて選べます。高級なブランドのものなら贈り物にもおすすめですよ。

0.5mmシャーペンとの違い

0.7mmシャーペンは0.5mmよりも芯が太いため、折れにくく安定した書き心地があります。なめらかに書けるため走り書きしやすく、英語や数字などの筆記もしやすいですよ。マークシートを塗りつぶすのにも向いているので試験にもぴったりです。

製図用として作られた0.7mmシャーペンは先端のパイプが長めになっており、定規を当てても引いている線が見やすいのも特徴です。線や文字を細かく書けるため、幅広いシーンで使えます。

0.7mmシャーペンの選び方

0.7mmシャーペンはさまざまなメーカーから販売されているため、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。0.7mmシャーペンを選ぶ際は、以下の5つのポイントに着目しましょう。

  • 持ちやすさ・グリップのタイプ
  • 重さ
  • 価格
  • 機能性
  • 素材

1.持ちやすさ・グリップのタイプで選ぶ

0.7mmシャーペンのグリップには、主にハードグリップとソフトグリップの2種類があります。安定した線を書きたいならハードグリップ、長時間使用するならソフトグリップがおすすめですよ。自分の使用頻度や使用シーンなどに適したグリップの素材を選ぶと快適に使えるためチェックしておきましょう。

ハードグリップ

ハードグリップはグリップ部分に金属のような硬い素材を使用しており、重心が低くなることで安定した書き心地があるのが特徴です。指の力が伝わりやすいためきれいな文字が書きやすく、正確な線を引きたいときにも向いています。

ただし、クッション性が少ないため、長時間使用すると手が痛くなりやすい点には注意が必要です。強く握った場合も手が痛くなってしまう可能性があるため、筆圧が強い方はやわらかいグリップがおすすめですよ。

ソフトグリップ

ラバーやシリコンなどのやわらかい素材を使用したソフトグリップは肌当たりが優しく、長時間使用しても手が痛くなりにくいのがメリットです。クッション性が高く、シャーペンを支える手の負担を軽減する効果も期待できます。

ただし、ソフトグリップはゴミやホコリが付きやすく、経年劣化によってベタベタとした手触りになってしまう点はデメリット。劣化すると買い替える必要があるため、1本のシャーペンを長く使いたいならハードグリップがおすすめです。

2.軽量or重量感あり?好みの重さで選ぶ

0.7mmシャーペンは重さによって使い心地が変わるため、自分の好みにあわせて選んでください。軽いシャーペンは素早く動かせるので、文字をスピーディに書けるのが特徴です。

対して、重いシャーペンは安定感があり、文字や線をしっかりと書けますよ。ペン先に重心がある低重心タイプはより安定した書き心地があります。安定感を重視したい方は、重さに加えて重心についてもチェックしておいてくださいね。

3.価格で選ぶ

0.7mmシャーペンはさまざまなメーカーから販売されており、幅広い価格帯の商品があります。プラスチック製の安価なものはスーパーやコンビニなどでも手軽に購入でき、普段使いもしやすいですよ。

高級ブランドのものは機能性に優れ、デザインもおしゃれなものが多いのが特徴です。メーカー独自の機能を備えたモデルもあり、快適に使えるでしょう。進学祝いや引っ越し祝いなどのプレゼントにもおすすめです。

4.機能性で選ぶ

0.7mmシャーペンのなかにはさまざまな便利機能を備えたものもあります。グリップ部分やキャップ部分をひねることでペン先が収納できるものなら、ペン先が壊れたり筆箱や衣類などを傷つけてしまうリスクも減らせます。

ペン先にかかる圧力を分散して芯が折れにくくなっているものや、自動で芯が回転することで常に芯が尖った状態で書き続けられるものなら仕事や勉強に集中できます。素早く芯を出したい方には、振るだけで芯が出るものが便利ですよ。

5.シャーペンの素材で選ぶ

0.7mmシャーペンは素材によって雰囲気や使い勝手が異なります。プラスチック素材のものはリーズナブルで手に取りやすい価格のものが多く、軽量で扱いやすいのが特徴です。デザインやカラーのバリエーションも豊富ですよ。

金属製のものは高級感が感じられ、程よい重みで安定した書き心地があります。木製のものは手になじみやすく、木目の美しさやあたたかみが感じられますよ。自分の好みにあわせて選んでみてくださいね。

おすすめの0.7mmシャーペン10選

0.7mmシャーペンの選び方について解説したところで、どのような商品があるのか気になった方も多いのでないでしょうか。ここからは、0.7mmシャーペンのおすすめ商品を10選ピックアップしてご紹介します。

PR
ステッドラー 製図用シャープペンシル 925 15 0.7mm

商品情報

サイズ:W140.6mm×H12.5mm×D9.6mm
重さ:9.2g

普段使いはもちろん製図用途でも使えるシャーペンです。細身のボディで手になじみやすく、エラストマー製のグリップで滑りにくいのが特徴。クリーナーピン付きの字消しを内蔵しており、先端に芯詰まりを解消する際に重宝します。

PR
カランダッシュ 888 インフィニット メカニカルペンシル 0.7mm

商品情報

品番:0884-149

ジュネーブの工房で作られたスイスメイドのシャーペンで、スタイリッシュなデザインと豊富なカラーバリエーションが特徴です。レッド・グリーン・ブルーなど10色から好みに合わせて選べますよ。自社工場で生産された独自のカートリッジを内蔵しており、軽い書き心地が魅力です。

PR
三菱鉛筆 シャーペン クルトガ スタンダードモデル 0.7mm

商品情報

サイズ:軸径 直径10.7mm×厚さ14.9mm×全長142.5mm
重量:9.4g

「クルトガエンジン」により、書くだけで自動的に芯が回転するため一定の太さで書けるのが特徴です。2Bや3Bなどの濃い芯でも書きやすく、さまざまなシーンで重宝しますよ。ピンク・ブルーの2色から選べ、赤芯で書けるシャーペンもあります。

PR
三菱鉛筆 シャーペン シフト 0.7mm

商品情報

サイズ : 軸径 9.5mm ×厚さ 11.9mm ×全長 144mm
重量: 20.1g

本体の3分の2にプラスチック素材を使用しており、軽い書き心地が魅力です。3分の1はメタル素材を採用しているため低重心になり、安定して握れますよ。グリップ部分を押しながらひねるとペン先を収納できるので、ペン先が曲がったり衣類に引っかかったりするのを防げるでしょう。

PR
ステッドラー TRX シャープペンシル 0.7mm

商品情報

サイズ:W140mm×H11mm×D11mm
重さ:20g

人間工学に基づいて三角軸に設計されており、手になじみやすく書きやすいのが特徴です。表面にはアルマイト加工を施すことで上品な光沢が出て、高級感が感じられます。専用のペンケースが付属しているので贈り物にもおすすめです。

PR
ゼブラ シャープペン デルガード 0.7

商品情報

色:ブルー

上下のスプリングが筆圧を吸収し、縦・斜め方向から芯を保護して折れを防ぎます。折れによる芯の詰まりも起きにくく、テストのような大事な場面でも安心して使えるでしょう。軸色のカラーバリエーションも豊富で、6色から自分の好みに合わせて選べます。

PR
ぺんてる シャープペンシル タフ 0.7

商品情報

サイズ:幅 14mm ×奥行 12mm × 長さ 136mm
重さ:16g

シリコングリップで手になじみやすく、高濃度の2Bの芯でなめらかに文字が書けます。軽い力で書けるので、長時間の学習も快適ですよ。頭部分には全長30mmの大型サイズの消しゴムを内蔵しており、軸を回すことで自分好みの長さに調節して使えます。

PR
ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.7

商品情報

サイズ:軸径 10mm ×奥行 9mm × 長さ 150mm
重さ:20g

オールメタリックのボディを採用しており、高級感も感じられるスタイリッシュなシャーペンです。長さ4mmとパイプのペン先は定規をあてやすく、線を確認しながら引けます。先端にはクリップ付きでポケットにも挟みやすく、ノックするとペン先を収納できて便利です。

PR
コクヨ シャープペン 鉛筆シャープ TypeM 0.7mm

商品情報

型番:PS-P402B-1P

太芯で折れにくく、鉛筆のように滑らかに文字や線を書くことが可能です。グリップの先端部は握りやすいように六角形になっており、グリップの後ろ側はゆったり持てるように円形になっています。黒消しゴム付きで使用後も汚れが目立ちにくく、繰り出し式で使いやすいですよ。

PR
ゼブラ シャープペン テクトツゥーウェイライト 0.7

商品情報

サイズ:全長149×最大軸径10.5mm
重量15.4g

フリシャ機能の切り替えができ、オンにすると本体を振るだけで芯を出せます。オフにすると軸内部の重りが固定されて低重心になり、安定して書けますよ。細めの先端パイプでペン先まで見やすく、手元がよく見えて書きやすいのも魅力です。

0.7mmシャーペンをさまざまなシーンで活用しよう

0.7mmシャーペンのおすすめ商品と選び方について詳しくご紹介しました。0.7mmシャーペンは安定した書き味があり、仕事や勉強、製図などにもぴったりです。ぜひこの記事を参考にして、自分好みの0.7mmシャーペンを選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
【2024年】0.3mmシャーペンのおすすめ19選!勉強や製図用として

画数の多い小さな文字や細い線をきれいに書ける「0.3mmシャーペン」。製図の他、勉強に使う学生さんからのニーズも高く、折れにくい製品や芯詰まりを防ぐ製品も販売されていますよ。本記事では、0.3mmシャーペンの選び方を徹底解説します。おすすめの商品もたっぷりご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー