この記事で紹介されている商品

【2024年】ベビー布団のおすすめ12選!サイズや素材など選び方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

新生児から最低でも6ヶ月程度は必要となる「ベビー布団」。サイズや生地の素材、セットの内容など、チェックすべきポイントが多くて結局何がいいのかわからないという方もいるでしょう。この記事では、そもそも何のためにベビー布団が必要なのかというところから、おすすめ商品まで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ベビー布団は必要?ベビー布団のメリット

ベビー布団は通常の布団より硬めに作られており、まだ骨格がやわらかくて安定していない赤ちゃんにとって大切な寝具です。大人と同じ布団で寝ると、赤ちゃんがうつ伏せになった際に顔が埋もれて窒息してしまうリスクがあります。

また、敷布団だけでなく、掛け布団に関しても大人用のものは赤ちゃんにとって重く、顔に被ってしまうだけでも危険です。

このように赤ちゃんが快適かつ安全に眠れるためにも、ベビー布団は必要といえるでしょう。ベビー布団は小さくて軽いので、お昼寝の際にも気軽に取り出しやすく、大人にとってもメリットがありますよ。

ベビー布団は何を揃える?

ベビー布団として必ず揃えるべきアイテムは、敷布団・掛け布団・枕・それぞれのカバーです。他には汗やおしっこなどを吸収するキルトパッドや、キルトパッドの下に敷いて布団を濡らさないための防水シーツがあれば、より快適なベビー布団が完成します。

しかし、キルトパッドや夏用の掛け布団などはバスタオルでも代用できるため、できる限り少なく済ませたい場合はなくてもよいでしょう。まずは、最低限必要なものだけ揃えておき、様子を見て必要だと感じたらその都度買い足すというのもおすすめです。

迷ったら手軽に揃うベビー布団セットが便利

一つずつ揃えるのが大変だと感じる場合やまとめて揃えたい場合は、必要なアイテムが一式揃ったベビー布団セットが便利です。基本の敷布団や枕などはもちろん、夏用のタオルケットや冬用の掛け布団、毛布や羽毛布団などもセットになっています。

あらかじめセットになっているものならデザインが統一されていてかわいらしいので、寝具のデザインにこだわりたい方にもぴったりです。また、ミルクやおしっこで濡れてしまった際の洗い替えも、セットになっているものなら自分で買い足す必要もないでしょう。

ベビー布団の選び方

ベビー布団を選ぶ際には、敷布団の硬さや生地の素材、サイズやセット内容などをしっかりチェックしましょう。とくに、布団の硬さは就寝中の事故を防ぐためにも重要なポイントです。また赤ちゃんにとっての寝心地だけでなく、洗濯のしやすさや好きなブランドなど、大人がこだわりたいポイントについても解説していますよ。

1.大きさをチェック!サイズで選ぶ

ベビーベッドを使わずに床に敷いて使う場合は、お好みのサイズでよいですが、ベビーベッドを使う場合はベッドに合うサイズを選ぶようにしましょう。

なお、ベビー布団のサイズにはレギュラーサイズとミニサイズの2種類があり、それぞれ対象年齢が異なります。そのため、何歳ごろまで使うのか、赤ちゃんの成長も考慮して選ぶのが理想的です。対象年齢を過ぎたあとは、どのようにして寝かせるかまで考えておくと失敗しにくいでしょう。

ミニサイズ

ミニサイズは約90×60cmで、新生児から1歳頃までの赤ちゃんが対象とされています。ただし、寝返りできるようになると布団から出てしまいやすくなり、一般的に寝返りできるようになる時期は生後6ヶ月頃なので、使える期間はかなり短めです。

とはいえ、次の子を考えているご家庭なら長く使えますし、どなたかに譲る予定がであれば問題ないでしょう。

ミニサイズのベビーベッドなら、内寸がミニサイズのベビー布団と同じくらいなので、ぴったり合わせやすくなっています。もし短期間だけのために購入するのがもったいないと感じるなら、レンタルするという方法もありますよ。

レギュラーサイズ

レギュラーサイズは約120×70cmで、種類が豊富なので、好みのセット内容やデザインが見つかりやすい点が魅力です。レギュラーサイズのベビーベッドに対応しており、就寝用としては2歳頃まで使えます。

なお、2歳で使えなくなるわけではなく、6歳頃まではお昼寝用としても使用でき、アイデア次第で使い方の幅が広がるでしょう。ミニサイズよりも長く使えてコスパもよいので、スペースがない場合を除き、基本的にはレギュラーサイズを選んでおくのが無難です。

2.生地の素材で選ぶ

ベビー布団の素材には綿やポリエステルといったものがありますが、赤ちゃんの肌にやさしいものを選びたいなら綿100%のものがベストです。

綿は吸湿性と保温性に優れ、ポリエステルはシワになりにくく速乾性が高いというメリットがあります。赤ちゃんはよく汗をかくため、赤ちゃんの肌に直接触れるカバーだけでも綿100%のものを選ぶとよいかもしれません。

また、ポリエステルは洗濯後に早く乾くというメリットがあるので、洗濯のしやすさを重視するならポリエステルも検討しておきましょう。

こだわり派はオーガニック素材もチェック!

赤ちゃんへの肌あたりや優しさにこだわりたいなら、綿の中でもオーガニックのものを選んでみてください。オーガニックコットンは化学肥料や農薬を使わずに、自然の力だけで育てられた綿花です。農薬を使わない栽培は非常に手間がかかるため、大切に丁寧に育てられています。

栽培だけでなく加工の際も厳しい基準に沿って製造されており、通常の綿よりも高品質。品質にこだわっていることで値段は高くなる傾向にありますが、その分大切な赤ちゃんにも安心して使ってもらえるのはうれしいポイントですね。

3.布団の硬さをチェック

ベビー布団は一般的な布団よりも硬めであることが最大の特徴なので、敷布団の硬さは大人が触ってみたときに、少し硬すぎると感じるくらいがおすすめです。

大人の布団のように柔らかいと赤ちゃんの体が沈み込み、寝返りを打つタイミングが遅れてしまったり、うつ伏せになった際に窒息するリスクが高くなったりしてしまいます。

硬めの敷布団は、赤ちゃんの骨格の成長にもよい影響を与えてくれるので、ある程度成長するまでは、赤ちゃんの体が沈み込まない程度に硬いものを選んであげましょう。

4.洗えると便利!お手入れ方法で選ぶ

赤ちゃんは大人よりも汗っかきで、ミルクの吐き戻しやおしっこなどで布団が汚れやすいため、こまめに洗いやすいものを選ぶのがベターです。

たとえば、洗濯機で丸洗いしても型崩れしにくいキルト製法で作られているものや、通気性がよく乾きやすいものなど、洗濯のしやすさにもこだわっているベビー布団が多く販売されています。

また、物理的にダニが侵入できないよう高密度に練り上げられたものもあるので、衛生面が気になる方はぜひチェックしてみてください。育児と家事を両方こなすのは大変な作業なので、少しでも家事の負担が減らせるものを選んでおきましょう。

5.好きなメーカー・ブランドで選ぶ

すべての寝具が丸洗いできる「サンデシカ」やリーズナブルで使い勝手のよい「西松屋」、寝具専門ブランド「西川」など、好きなメーカーやブランドのものを選ぶのもいいでしょう。

西川といえば布団ブランドとして有名ですが、一般的な布団だけでなく、ベビー寝具専門のブランドも展開しています。必要最低限の寝具を揃えたセットや羽毛布団のこだわりセット、準備万端な全部セットなどがあり、寝具としての機能だけでなくデザインもかわいいですよ。

他にも好きなキャラクターなど、使うのが楽しくなるものを選ぶのもよいでしょう。

おすすめのベビー布団・布団セット12選

ここからはおすすめのベビー布団を12個厳選してご紹介します。固めの敷布団や綿のものを中心に、最低限必要なものだけが揃ったものから充実のセットまでありますので、気になるものがあればぜひチェックしてみてください。

PR
カトージ 折りたたみベビー布団レギュラー用

商品情報

ブランド カトージ
色 ホワイト
サイズ シングル
素材構成 表/マチ部分:綿100%(ダブルガーゼ) 裏:ポリプロピレン100%(ポリウレタンコーティング) 詰め物:ポリエステル100%
特徴 敷き布団をガードする防水パッドシーツ

カトージの折りたたみ式ベビー布団用の、防水パッド一体型のシーツです。シーツ表面は綿100%なので繊細な赤ちゃんの肌に優しく、汚れたら洗濯機で手軽に洗濯できます。カトージの折りたたみベビー布団は持ち運びに便利なので、里帰り出産やおでかけなどにもおすすめですよ。ナチュラルな色合いで部屋のインテリアになじみやすいところも魅力です。

PR
アイリスプラザ ベビー布団 60cm×90cm

商品情報

セット内容:掛けふとん、敷ふとん、枕、掛カバー、フィットシーツ、ガーゼケット、防水シーツ、収納バッグ
商品サイズ(cm)/掛けふとん:幅約80×奥行約100、敷きふとん:幅約60×奥行約90×高さ約5、枕:幅約31×奥行約21、掛けカバー:幅約85×奥行約105、フィットシーツ:幅約60×奥行約90、ガーゼケット:幅約70×奥行約85、防水シーツ:幅約60×奥行約70、収納時サイズ:幅約65×奥行約46×高さ約18、商品重量:約3kg
材質/掛けふとん:ポリエステル100%(中綿 0.32kg)、敷きふとん:詰め物 ポリエステル100%(固わた 0.88kg)・側生地 ポリエステル80%・綿20%、枕:中綿 ポリエステル100%、側生地 ポリエステル80%・綿20%掛けカバー・フィットシーツ・ガーゼケット:綿100%、防水シーツ:表生地 綿80%・ポリエステル20%・裏 ポリエチレンコーティング
原産国:中国
洗濯方法:敷きふとんのみ洗濯不可、他は洗濯ネットに入れて洗濯可

ミニサイズの掛布団・敷布団・枕・綿100%の掛布団カバー・綿100%のフィットシーツ・100%のガードケット・防水シーツ・収納袋の、合計8点のベビー布団セットです。さりげない星柄でカラーはグレ・ベージュ・ホワイトの3色から選べます。引き布団は固めで、半分に折りたためるので、コンパクトに収納したり立てて干したりもできます。

PR
SANDESICA ベビー布団

商品情報

サイズ 約70×120cm
付属コンポーネント ピロー
色 ブロッサムピンク
対象年齢 ベビー
スタイル シンプル

すべて日本製で敷布団まで丸ごと洗えて、無駄のないセット内容が魅力的なサンデシカのベビー布団セット。掛布団カバー・ヌード掛布団・フィッティングシーツ・洗える敷布団・敷布団カバー・枕がセットになっています。枕は王冠型でかわいらしいだけでなく、真ん中のくぼみが赤ちゃんの頭にフィットして、頭や首にかかる負担を分散してくれるでしょう。

PR
10mois(ディモワ)-Hoppetta おひるねふとんセット

商品情報

[セット内容]掛ふとんカバー、掛ふとん中芯、敷きふとんカバー、敷きふとん中芯、ポータブルバッグ
[サイズ]約120cm
[対象年齢]新生児~6歳頃
[素材]掛け布団カバー・敷きふとんカバー:コットン100%、掛け布団中しん・敷きふとん中しん:中わた:ポリエステル100% 側地:コットン100%、ポータブルバッグ:ナイロン100%
[生産国]中国

保育園などに持ち運べるバッグが付いた、手書き風の動物柄がかわいらしいお昼寝布団セットです。レギュラーサイズの掛布団と敷布団、それぞれのカバーがセットになっており、すべて丸洗いが可能。肌にあたる部分はコットン100%となっており、クマ柄やキノコ柄のデザインから選ぶこともできます。

PR
サンデシカ ミニベビー布団セット

商品情報

サイズ ダブル
付属コンポーネント キルト, ピロー
色 サヴォン
対象年齢 ベビー
スタイル オールドローズ枕

敷布団まですべて洗濯機で丸洗いできる、掛布団・敷布団・掛布団カバー・敷布団カバー・フィッティングシーツ・防水キルトパッドシーツ・枕カバー・枕の8点セットです。カバーの色はスノウ・スモークベージュ・ライラックグレー・オールドローズ・オリーブの5色から選べるようになっています。枕が星型でかわいらしいですよ。

PR
西川リビング ミッフィー ベビー布団セット

商品情報

【セット内容】うずまきキルト掛け布団、敷き布団、枕、掛け布団カバー、敷き布団用シーツ、枕カバー 【生産国】日本
【サイズ】うずまきキルト掛け布団:95×120cm、敷き布団:70×120cm、枕:37×27cm、掛け布団カバー:102×128cm、敷き布団用シーツ:70×120cm、枕カバー:37×27cm
【素材・組成】(うずまきキルト掛け布団)ふとんがわ:綿100% 詰めもの:ポリエステル100% 0.44kg (敷き布団)ふとんがわ:綿100% 詰めもの:ポリエステル100% 1.40kg (枕)側生地 : 綿100% 詰めもの : ポリエステル100% (掛け布団カバー)綿100% ファスナータイプ (敷き布団用シーツ)綿100% 全周ゴムタイプ (枕カバー)綿100%

日本アトピー協会が推薦しているうずまきキルト掛布団を使用した、洗濯機で洗えるミッフィーデザインのベビー布団セットです。セット内容は敷布団・フィッティングシーツ・うずまきキルト掛布団・掛布団カバー・枕・枕カバーの6点。うずまきキルトはわた切れしにくいため、ホコリが発生しにくく、洗濯しても偏りにくいのが特徴です。

PR
アイリスプラザ ベビー布団

商品情報

セット内容:掛け布団、掛け布団カバー、敷き布団、敷き布団カバー(フィットシーツ)×2枚、枕、枕カバー、ガーゼケット、防水シーツ、収納袋
商品サイズ(cm) 収納時:幅約71×奥行約60×高さ約20 掛け布団:幅約80×奥行約100 掛け布団カバー:幅約85×奥行約105 敷き布団:幅約60×奥行約90×高さ約5 敷き布団カバー:幅約60×奥行約90 枕:幅約35×奥行約25 枕カバー:幅約35×奥行約25 ガーゼケット:幅約70×奥行約85 防水シーツ:幅約60×奥行約70 収納袋:幅約60×奥行約45×高さ約15
商品重量 収納時:約3kg
材質 掛け布団:ポリエステル100% 掛け布団カバー:綿100% 敷き布団:ポリエステル80%、綿20% 敷き布団カバー:綿100%(全周ゴム) 枕:ポリエステル100% 枕カバー:綿100%(ファスナー式) ガーゼケット:綿100% 防水シーツ:パイル部分/綿100%、基布/ポリエステル100%、ポリウレタンコーディング 収納袋:不織布、ポリエチレン
洗濯表示 掛け布団、枕:手洗い推奨 敷き布団:洗濯不可 カバー・シーツ・ガーゼケット:洗濯機可 防水シーツ:洗濯機可(脱水注意)

綿100%で洗濯可能な、掛布団・掛布団カバー・敷布団・敷布団カバー(フィットシーツ2枚)・枕・枕カバー・ガーゼケット・防水シーツ・収納袋の10点セットです。敷布団カバーは洗い替えが付いているため、気軽に洗濯できますね。通気性と吸水性も高く、肌触りも優しいので、赤ちゃんも快適に寝られるでしょう。

PR
サンデシカ オーガニックコットンベビー布団5点セット

商品情報

[製造国] 日本
掛けカバー 約90 x 120cm
ヌード敷布団(厚) 約85 x 115cm
フィッティングシーツ 約70 x 120cm
洗える固綿マット 約70 x 120 x 2.5cm(2枚入り)
しずくまくら 約29 x 27cm

固綿マット・フィットシーツ・掛布団(厚)・掛布団カバー・しずく型枕と、最低限必要なアイテムのみが揃っており、すべて丸ごと洗えるベビー布団セットです。敷布団となる固綿マットは厚さを半分にした2枚1組になっており、薄くなっている分、洗濯の際に乾きやすく、使う際は通常通りの厚みになります。

PR
baby.e-sleep はらぺこあおむしベビーふとんミニ7点セット

商品情報

[本体サイズ] 掛ふとん75×95cm 敷ふとん(2枚)60×90cm まくら25×35cm 掛カバー80×100cm フィットシーツ60×90cm ピロケース28×38cm
[製造国] 日本
[素材] ふとん・まくら/生地:綿100% 中綿:指定外繊維(テンセル)50% ポリエステル50% 敷ふとん/表生地・中綿:ポリエステル100% 裏生地:ポリエステル65% 綿35% 掛カバー・フィットシーツ・ピロケース/綿100%(ダブルガーゼ)

吸湿性と放湿性に優れた天然素材のテンセルを使った、敷布団2枚・フィットシーツ・掛布団・掛布団カバー・枕・枕カバーの6点セット。オールシーズン使えて、洗濯機洗いにも対応しています。カバーはダブルガーゼ生地となっており、しっかりと厚みがあるのであたたかく、肌触りも良いでしょう。敷布団は、季節で使い分けられる2種類の生地がセットになっています。

PR
カトージ ベビー組布団ミニ

商品情報

サイズ シングル
付属コンポーネント キルト, ピロー
色 ホワイト
対象年齢 ベビー
スタイル かわいい
掛けふとん : W80×D100cm
敷ふとん : W60×D90cm
まくら : W20×D30cm
掛けふとんカバー : W85×D105cm
敷ふとん用シーツ : W60×D90cm
まくらカバー : W20×D30cm
キルトパッド : W60×D90cm

シンプルでかわいらしいユニコーン柄の、掛布団・敷布団・枕・掛布団カバー・敷布団用シーツ・枕カバー・キルトパッドのミニサイズセットです。ミニサイズのベッドにぴったりですが、床にそのまま敷く形でも使えます。洗濯機で洗えるので、いつでも清潔に使えて安心ですね。やさしい色合いでさまざまなテイストの部屋に合いますよ。

PR
西川リビング はじめてのふとん 6点セット

商品情報

サイズ ミニ
付属コンポーネント ピローカバー
色 サックス
対象年齢 ベビー
スタイル かわいい

本体サイズ 掛けふとん・側生地:綿100%、詰めもの:ポリエステル100%/固綿敷きふとん・側生地:ポリエステル100%、詰めもの:ポリエステル100%、枕/側生地:綿100%、詰めもの:ポリエステル100%/掛けカバー・綿100%/固綿敷きふとん用シーツ・綿100%/枕カバー・綿100%
製造国 日本

掛布団・敷布団・枕・掛布団カバー・シーツ・ピローケースと最低限必要なものだけを揃えた、京都西川のベビー布団セットです。ミニサイズとなっており、省スペースで使いやすいでしょう。敷布団は2つ折りにできるので、コンパクトに立て干しでき、掛け布団は手洗いできて衛生的に使えます。カラーはホワイト・サックス・クリームの3種類が販売されています。

PR
SANDESICA ベビー布団

商品情報

サイズ レギュラーサイズ70×120㎝
色 スモークベージュ×ミモザ
対象年齢 新生児~
スタイル 敷ふとんのみ手洗い(その他は洗濯機使用可能)
ブランド SANDESICA

掛布団・敷布団(固綿マット)・掛布団カバー・敷布団カバー・フィットシーツ・防水パットシーツ・おくるみケット・枕・枕カバーの9点セットです。敷布団のみ手洗いが必要ですが、そのほかはすべて洗濯機で丸洗いできます。シンプルなのにかわいらしく、お手入れも簡単で赤ちゃんにとっても大人にとっても使い心地がよいでしょう。

赤ちゃんが気持ちよく寝られるベビー布団を選ぼう

ベビー布団は長くても6歳までと使用期間の短いものですが、赤ちゃんの安全や健やかな成長のためにもぜひ用意していただきたいアイテムです。肌触りがよく快適に使用できる布団なら、赤ちゃんも気持ちよく寝られるでしょう。ぜひこの記事でご紹介した選び方や商品を参考に、お気に入りのベビー布団を見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー