この記事で紹介されている商品
【2024年】おしゃれで便利なスマホリングおすすめ10選!メリットや選び方も解説

【2024年】おしゃれで便利なスマホリングおすすめ10選!メリットや選び方も解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

スマホリングが欲しいと思っても、種類が多くてどれを選べばいいのか迷いますよね。デザインや機能もさまざまで、迷い始めるとキリがありません。

そこで、この記事ではスマホリングのなかでもおしゃれで便利なおすすめの10アイテムをご紹介します。

スマホリングを使うメリットや選び方も解説しているので、ぜひ商品選びの参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スマホリングとは?

スマホリングとは、スマートフォンの背面に貼り付けて使うリングのことです。両面テープで接着するものが一般的で、スマートフォン本体に直接貼り付けます。貼り直しできるものも多く販売されており、磁石で貼り付けるマグネット式のスマホリングなど種類も豊富です。

主な使用用途は手に持ったスマホの落下防止で、スマホ背面に固定したリングに指を通してスマホをしっかりキャッチします。

おしゃれでかわいいデザインのものや、スタンド機能で便利なものなど、さまざまなスマホリングがありますよ。

スマホリングを使うメリット

スマホリングに指を通して使えば、片手で安定してスマホを扱えます。スマホの落下を防止したり、片手操作が楽にできたりしますよ。また、デザイン性の良いアイテムを選べばおしゃれにカスタマイズできます。スタンドとして活用できるアイテムもあるので、今使っているスマホがより便利なアイテムになるでしょう。

各メリットについて詳しく解説していきますね。

スマホの落下を防げる!

スマホリングを使えば指とリングでしっかりスマホをキャッチできるので、スマホの落下を防げます。

スマホリングをつけずに片手でスマホをいじっていると、手が滑ってしまいスマホが落ちてしまう場合があります。画面が割れ、画面修理だけで数万円…なんてことも少なくありません。

スマホの落下を防ぐことができるのはスマホリングを使う1番のメリットでしょう。

スマホの片手操作が楽にできる

スマホリングを使えばリングにとおした指でスマホをしっかり固定できるので、スマホの片手操作が楽にできます。

最近のスマホは大型のものが多く、片手で持ちにくい機種が増えています。そのため、手が小さい人は両手を使わなければ文字が打てない場面もあるでしょう。

しかし、スマホリングがあれば片手でもスマホをしっかり固定できるので、大きなスマホでも片手で操作しやすくなります。

デザイン性の良いアイテムでスマホがおしゃれになる

スマホリングを使えば、デザイン性の良いアイテムでおしゃれに装飾できます。

ただのリングだけではなくデザインや色などが豊富にあり、シンプルなものからキャラクターものまで幅広くラインアップされています。

さまざまなデザインのスマホリングがあるので、自分のスマホをおしゃれにカスタマイズできますよ。

スタンドとして活用できるアイテムもある

スマホリングにはスタンドとして活用できるアイテムもあります。

リングをひらくだけで自立できて、動画視聴のときなどに便利です。

スマホリングをスタンドとして活用すれば両手がフリーになり、見やすい角度での動画視聴が可能になります。横になった状態でも見られるようになるので、かなり便利に使えますよ。

スマホリングの選び方

スマホリングは使用用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

動画を快適に視聴したいのか、タブレットに使いたいのかなどによって選定基準が変わってきます。

動画を快適に視聴したいなら背面タイプのスタンドになるものがおすすめですし、タブレットに使うなら接着力の強いものを選ぶ必要があります。

スマホリングの選び方について詳しく解説していきますね。

1.スマホリングの種類・タイプで選ぶ

スマホリングには「背面タイプ」「ストラップタイプ」「グリップタイプ」「ハンドタイプ」の4種類のタイプがあります。

各タイプによってメリット・デメリットがあるので、自分にあったスマホリングを選びましょう。

各スマホリングの種類とタイプについて解説していきますね。

背面タイプ

背面タイプはスマホの裏面に取り付けるスマホリングです。

スマホの裏面に取り付けてスタンドとして使えるものがあり、動画視聴などに便利です。

手でスマホを持つ必要がなく、自分に合った角度で画面が見られるメリット があります。そのため、腕への負担がなくなり、寝転んだままでも快適に動画視聴ができますよ。

ただし、スマホリングは両面テープでスマホ本体に直接貼り付けるのが一般的です。貼り直し可能なものが多いですが、スマホに直接貼り付けるのが気になる人はケースへの貼り付けや、マグネット式のものを選ぶのがおすすめです。

ストラップタイプ

ストラップタイプは、スマホケースにあるストラップホールに取り付けるタイプです。

ストラップホールに取り付けるので、スマホ背面にできる凸凹を気にする必要がなくなるメリットがあります。

ほとんどのスマホリングはスマホの背面に取り付けるので、裏側に凸凹が生じてしまうのが大きなデメリットです。机の上に置いたときにガタガタと動いてしまい気になってしまうでしょう。

ストラップタイプであればスマホ側面の取り付けになるので、机の上に置いたときのガタガタを気にする必要がなくなりますよ。

グリップタイプ

グリップタイプはスマホの背面に取り付けて、指と指でグリップを挟んでスマホを固定するタイプです。素材は樹脂製のものが多く、リングタイプと比べて指が痛くなりにくいメリットがあります。

取り付けたグリップは伸び縮みでき、使わないときは縮めて収納できます。そのため、伸ばした状態にしておけばスタンドとしても使えて、動画視聴も快適に行えます。

グリップを指で挟んで固定するタイプなので、リングに指を差し込むのに抵抗がある人におすすめですよ。

ハンドタイプ

バンドタイプは、シリコンなど伸びる素材のバンドで複数の指を覆って固定します。

バンドで複数の指を覆うので指にやさしく、硬いリングで指を固定しない分ちょっとした上下の移動もしやすいです。

硬い素材のスマホリングに指をとおして長時間使い続けると、だんだん指に当たる部分が痛くなってくる場合があります。しかし、バンドタイプであればソフトな素材が複数の指を覆ってくれるので指にやさしいつくりになっています。

そのため、バンドタイプは指を痛めにくく自由度の高いスマホバンドです。

2.スマホに合ったサイズで選ぶ

スマホリングはスマホに合ったサイズで選びましょう。

土台が大きすぎたり小さすぎたりすると、普段の使用で邪魔になったり、安定性が悪くなったりしてしまいます。

たとえば、ipadにスマホリングを付けることを考えたとき、土台が小さいものよりも大きい方が安定しますよね。

iPhone SE(4.7インチ)など4インチのものであれば土台がリングと同程度の小さなもの、iPhone 14(6.1インチ)など6インチ以上であれば土台の大きなものを選ぶと安定感をもって使えますよ。

3.好みの厚さ・薄いかどうかで選ぶ

スマホリングは厚さがさまざまなので、好みの厚さかどうかも重要なポイントです。

分厚いものであればボリューム感を演出できますし、薄ければスマートな印象を与えられます。ワイヤレス充電に対応した商品もあるので、好みのスマホリングを選びましょう。

薄型なら邪魔になりにくい

薄型のスマホリングなら、スマホに貼り付けた際に邪魔になりにくいです。

なぜならスマホリングが薄くなるほど表面の凹凸が小さくなり、ポケットやカバンにしまいやすくなるからです。

スマホリングが分厚いと、ポケットに入れたときにスマホリング部分が浮き出て目立ってしまいます。また、カバンに入れたときは他のものと干渉してひっかかったりする場合があります。

コンパクトに使いたい人には薄型を選びましょう。

4.耐久性で選ぶ

スマホリングはスマホ同様に長く使い続けるものなので、耐久性をチェックしておきましょう。

買ってすぐに割れてしまったり、ストラップ部分が切れてしまったりすると、スマホが落ちて傷や故障の原因になります。また、スマホリングは買い直さなければならず、背面タイプの場合は貼り直さなければなりません。

そのため、耐久性はスマホリング選びで重要なポイントです。

5.粘着力で選ぶ

スマホリングは粘着力で選ぶことも重要です。

粘着力が弱いとすぐに剥がれてしまいスマホを傷つける原因になるからです。

スマホリングがしっかり貼り付いていると思って手を離したとき、接着部分に全荷重がかかり、重さに耐えきれず剥がれてしまうかもしれません。すると落下したスマホが地面に叩きつけられ、画面割れの原因になってしまいます。

特にiPadなど大きな端末に取り付ける際は、粘着力の強いものを選びましょう。

何度も張り直しできるものだと便利

何度も貼り直しできるものだと便利です。

なぜなら、一度貼り付けてから後悔する人もいるからです。

貼り直しできないスマホリングだと一発勝負になります。貼り付けたあとに「失敗した、もう少しこっちに貼り付けていれば」と後悔しても時すでに遅し…。

貼り直しできる製品がほとんどですが、念のためにチェックしておきましょう。

6.充電の際の取り外しできるものを選ぶ

充電の際に取り外しができるかどうかもスマホリングを選ぶ重要なポイントです。

Magsafeやワイヤレス充電を使うときに、スマホリングが物理的に干渉してしまい充電ができない場合があります。

そんなとき、取り外しできるスマホリングであれば問題なくMagSafeやワイヤレス充電ができるのでおすすめです。

ワイヤレス充電対応とMagSafe対応について、もう少し詳しくみていきますね。

ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電対応のものであれば、スマホリングをつけたまま充電ができます。

スマホリングを取り外す手間ががかからないので、充電の際に邪魔になりません。

通常、背面タイプであれば厚みがでてしまい、ワイヤレス充電ができなくなってしまいます。しかし、薄型のバンドタイプなどであれば厚みが抑えられているので、そのままの状態でワイヤレス充電が可能ですよ。

ワイヤレス充電を使いたい人は、ワイヤレス充電に対応しているかチェックしておきましょう!

MagSafe対応

MagSafeを使いたい場合は「MagSafe対応」かどうかチェックしましょう。

マグネットでスマホリングを脱着できる特徴があるので、スマホ本体やケースを粘着剤で汚さずに使えます。

また、使わないときは簡単に取り外せるので充電時の邪魔になりません。

マグネットだと簡単に外れてしまいそうと心配になりますが、結構強力なので安心して使えますよ。

おしゃれなスマホリングのおすすめ10選

スマホリングを使うなら、おしゃれで便利なものを取り付けたいですよね。

そこで、シンプルスタイリッシュなものから、キャラクターものでかわいいものまで10個ピックアップしました。

おしゃれなスマホリングをご紹介しますので、ぜひ好みのものを選んでくださいね。

iRing Premium

商品情報

ブランド オークス
色 パールホワイト
特徴 個
グリップタイプ リンググリップ
取り付けタイプ カーマウント, ウォールマウント

シンプルなデザインでスタイリッシュな背面タイプのスマホリングです。リング部分は180°スイング360°回転可能で、快適な角度でスマホが持てます。リングの先端が平らになっているので、スタンドとしても活用できますよ。素材はステンレスで錆びにくく、粘着剤には3M製のシールを使用。約6kgの重さに耐えられる粘着力で、しっかりスマホに貼り付きます。付属のプレミアム版専用フックを使えば、壁に掛けても利用できますよ。

Sinjimoru Sinji Loop Clip

商品情報

ブランド Sinjimoru
色 ネイビー
商品寸法 (長さx幅x高さ) 21 x 1.6 x 0.4 cm
取り付けタイプ 粘着式
パターン 無地

指にやさしいバンドタイプのスマホリングです。シリコン素材でできているので、硬い金属素材が苦手な人にもおすすめ。0.9mmと薄く、ワイヤレス充電に対応しているのも嬉しいポイントです。長さが「200mm」「210mm」「230mm」と展開されており、各サイズのスマホにも対応しています。自分のスマホに合ったサイズを選びましょう!

iFace スマホリング

商品情報

ブランド Hamee(ハミィ)
色 Reflection/ブラウン
特徴 ワイヤレス充電対応, 回転可能, マグネット
グリップタイプ リンググリップ
装飾物 アップリケ

頑丈なスマホケースで人気なiFaceのスマホリングです。リング部分は180°スイングし、土台周りを360°回転可能。土台周りを回転するので、通常のスマホリングよりも広い画面操作ができますよ。付属の粘着補助シートで張り付けにくいガラス面にもしっかり付けられます。

エレコム スマートフォン用ストラップ

商品情報

ブランド エレコム(ELECOM)
色 ハチワレネコ
特徴 リボンでおめかししたアニマルたちと、いつでも一緒。 背面に貼りつけてスマートフォンの落下を防ぐ、リング部分のリボンが蝶ネクタイのようにかわいいフィンガーリング。
商品寸法 (長さx幅x高さ) 8 x 38 x 64 mm
取り付けタイプ 粘着式

猫型のスマホリングを貼り付ければ、シンプルなスマホがかわいく早変わり。ゴールドのリングがよりかわいさを演出してくれます。リング部分は180°スイングが可能で、360°回転もできます。リングを立てればスマホスタンドとしても使うことができ、動画視聴にも便利ですよ。

Sinjimoru Sinji Mount S-Grip

商品情報

ブランド Sinjimoru
色 ブラック
特徴 グリップ
商品寸法 (長さx幅x高さ) 8.8 x 4 x 1 cm
取り付けタイプ カーマウント

スマホの裏側に薄型アタッチメントを貼り付ける背面タイプです。アタッチメントにバンドを装着して、スマホリングとして使います。ワイヤレス充電に対応しており、バンドを取り外せばそのまま充電が可能です。バンド部分を絞れば、スタンドとしても使えるので動画視聴にも便利ですよ!

Hi-High スマートフォン用 グリップスタンド

商品情報

ブランド ハイハイ(Hi-High)
色 スヌーピー
材質 フェイクレザー
取り付けタイプ 粘着式
パターン カートゥーン

スヌーピーがスマホをかわいくしてくれる、グリップタイプのスマホリングです。スマホ背面に貼り付けて、使わないときは縮めてコンパクトに収納ができます。2WAY仕様でリング部分を伸ばせば、スタンドとしても使えて動画視聴にも便利ですよ!ただし、可動部分がプラスチックなので金属よりも耐久性はあまり高くありません。

Anker 610 Magnetic Phone Grip

商品情報

ブランド Anker
色 ブラック
商品寸法 (長さx幅x高さ) 5.9 x 5.9 x 0.5 cm
パターン 無地

長時間充電が可能なバッテリーで有名なAnkar製のスマホリングです。シンプルな見た目なので、スマホ本来のシンプルデザインによく映えます。マグネット式で粘着跡を残さず、iphoneをきれいなまま使えるのも嬉しいポイント。本体に直接取り付ければ約800gの重さに耐えられるので、しっかりスマホに固定できます。MagSafe対応で充電もスマートに行えますよ。リングを立てればスタンドとしても使えます。

エレコム スマホ ホールドリング

商品情報

ブランド エレコム(ELECOM)
色 ブラック
特徴 厚み約2.5mmの極薄設計※。 背面に貼りつけてスマートフォンの落下を防ぐ、薄くて邪魔にならないフィンガーリング。 ※最薄部・設計値(粘着シートを含まず)
材質 亜鉛
取り付けタイプ 粘着式

シンプルデザインで厚さ2.5mmの薄型スマホリングです。極薄設計なのでスマホに貼り付けても邪魔になりません。持ちやすい角度に回転が可能で、リングを立てればスタンドとしても使えますよ。シンプルデザインで薄型のものが好きな人におすすめな商品です。

beak 粘着ジェルシートタイプ スマホ グリップ

商品情報

ブランド Human Natures
色 01. ヤタガラス・ブラック
材質 PU、樹脂、鉄板、磁石
商品寸法 (長さx幅x高さ) 6 x 0.5 x 7.3 cm
取り付けタイプ ウォールマウント

テレビや雑誌でも紹介された人間工学設計のスマホリングです。スマホ背面にジェルシートで貼り付けるので、しっかり固定されるが何度でも貼り直しが可能。持ちやすいデザインでスタンドとして使えるのも嬉しいポイント。マグネットを搭載しており、冷蔵庫やお風呂の壁など金属面への貼り付けもできますよ。

iFace Reflection シリコン リングストラップ

商品情報

本体(ストラップ紐含む):約縦9.7×横2.9×厚0.5cm
リング内径:約2.2cm
重量:約2g
主素材:シリコン、真鍮、ポリエステル

Hameeから販売されているiFaceシリーズ、ストラップタイプのスマホリングです。使い方は、スマホケースのストラップホールに装着し、リングに指をとおすだけ。ストラップタイプなので、スマホ画面の上から下まで自由に操作しやすいメリットがあります。シリコン素材も指にやさしくて嬉しいですね。スマホの落下を防止したいけど、リングで指を固定されたくない人におすすめですよ!

お気に入りのスマホリングでおしゃれ・便利にしよう!

この記事では、おしゃれで便利なスマホリングについてご紹介しました。

スマホの落下防止目的だけでなく、おしゃれなデザインのものやスタンドになる便利なものなどさまざまな商品があります。
スマホリングの選び方やおすすめアイテムを参考にして、ぜひお気に入りのスマホリングを選んでくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のスマホ・携帯電話カテゴリー

新着記事

カテゴリー