目次

Amazonのキャンセルリクエストとは?ペナルティやキャンセルできる商品についても確認

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「Amazonで注文した商品をキャンセルリクエストしたい!」「キャンセルしたらペナルティがあるのかな?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Amazonのキャンセルリクエストについて、ペナルティの有無やメッセージを送るときのコツなどを中心に解説します。

Amazonのキャンセルリクエストとは

Amazonのキャンセルリクエストとは、注文した商品をキャンセルするために出品者へリクエストを送ることです。

ここでは、以下の点に注目しながらキャンセルリクエストについて詳しく解説します。

  • キャンセルするための条件は?
  • キャンセルできないケースは?
  • キャンセル料は発生する?
こちらもチェック!
Amazonで注文をキャンセルする方法!条件やペナルティの有無、返金なども解説

以前と比べAmazonでお買い物をする方も増えてきましたよね。ただ商品を間違えて注文してしまいキャンセルしたいという方は多いのではないでしょうか?本記事では、キャンセル料などAmazonでキャンセルする方法について解説します。クレジットカード、PayPay、などの支払い別の注意点もお伝えします。

キャンセルするための条件は?

Amazonでの注文をキャンセルリクエストするための条件は、出荷準備の開始前であることです。注文履歴を確認し、キャンセルリクエストのボタンがあればキャンセルリクエストが可能でとなっています。

注意点は、キャンセルリクエストができたしても、言葉のとおりキャンセルをリクエストした段階のため、キャンセルが確定したわけではありません。キャンセルリクエストの可否に関してはメールで届くため、出品者の回答を待つようにしましょう。

キャンセルできないケースは?

Amazonのキャンセルリクエストでキャンセルできないケースは以下のとおりです。

  • キャンセルリクエストボタンが表示されない
  • デジタルコンテンツなどキャンセルできない商品の購入
  • 出品者による制限がある
  • 注文品が出荷準備中
  • 注文品が出荷済み

上記の理由でキャンセルできない場合、返品や注文品を受取拒否することで返金を受けられるケースがあります。

キャンセル料は発生する?

Amazonのキャンセルリクエストをしてキャンセルが確定した場合、キャンセル料は発生しません。

しかし、キャンセルリクエスト以外の方法で、出品者とやりとりをしてキャンセルが確定した場合、商品の特性や出品者の判断によってキャンセル料が発生する可能性があります。

Amazonで注文した商品をキャンセルリクエストする方法

Amazonで注文した商品をキャンセルリクエストする方法を「Amazon公式からの注文」と「Amazon公式以外からの注文」にわけて紹介します。

・Amazonが発送する商品

Amazonから出荷される商品のキャンセルリクエストの手順を紹介します。

1.Amazonアプリを開き、「注文履歴」をタップ

出典:Amazon

2.キャンセルしたい注文をタップ

出典:Amazon

3.下にスクロールし、「注文をキャンセル」をタップ

出典:Amazon

4.キャンセルしたい商品にチェックを入れ、キャンセル理由を選び、「チェックした商品をキャンセルする」をタップ

出典:Amazon
出典:Amazon

5.メールが届き、キャンセルが完了したと確認できる

出典:Amazon

・Amazon以外が発送する商品(マーケットプレイス)

Amazon公式以外の注文の場合でもキャンセル手順は同じです。しかし、キャンセルボタンがない場合、直接出品者へ連絡する必要があります。

キャンセルボタンがない場合、出品者へメッセージを送ることができるため、以下の点をチェックしておきましょう。

  • 出品者へメッセージを送る際のコツ
  • 出品者から返信が来ない場合
  • 出品者からキャンセルを拒否された場合
こちらもチェック!
Amazonマケプレとは?返金・キャンセル方法や登録手順など徹底解説!

Amazonの特徴でもある豊富な品揃えを支えているのが「Amazonマケプレ」。Amazonを利用しているけどAmazonマケプレのことを意識したことがない方も多いかもしれません。しかし、なかには悪質な出品者によりトラブルに遭遇するケースもあります。Amazonマケプレの特徴や登録方法、返金・キャンセル方法などを中心に解説します。

出品者へメッセージを送る際のコツ

出品者へメッセージを送る場合、出品者がどの注文か把握できるように、購入した商品の情報を提供する必要があります。

おもに以下の情報を伝えることで、出品者が把握しやすいでしょう。

  • 注文番号
  • 商品名
  • 氏名

上記の情報に加え、キャンセルをしたい旨を伝えるようにしましょう。

メッセージの例文は以下のとおりです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○○(出品者名)様

先ほど注文しました以下の商品について、誤って注文してしまったため、キャンセルをしていただけないでしょうか。

・注文番号

・商品名

・氏名

こちらの不注意で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

できるだけ丁寧な文でメッセージを送り、少しでも気持ちよくやりとりができるように心掛けることをおすすめします。

場合によっては、本来キャンセルを受け付けていない場合でもキャンセル処理をしてもらえる可能性があります。

出品者から返信が来ない場合

出品者から返信が来ない理由は、以下のようなことが考えられます。

  • 営業が平日のみで、土日祝は対応していない
  • 問い合わせに気付いていない
  • 故意に返信していない

Amazonでは、48時間の猶予期間を設定しているものの、問い合わせの返信が来ていないにもかかわらず、注文商品が発送される可能性があります。その場合は、返品手続きか受取拒否をして、Amazonに返金手続きを行いましょう

出品者からキャンセルを拒否された場合

出品者からキャンセルを拒否された場合、出品者は注文商品を発送するので受取拒否をしましょう。受取拒否をすることでキャンセル扱いになります。

もし、ご家族の方が誤って商品を受け取ってしまった場合は、返品手続きをすることで注文商品のキャンセルが可能です。

返品手続きは、Amazonにログインして注文履歴から行えます。返品方法によっては、ラベルの用意などが必要になるため、返品対応についても事前に確認しておきましょう。

Amazonでキャンセルリクエストが成立したか確認する方法

Amazonでキャンセルリクエストが成立したか確認する方法は、Amazonの注文履歴から表示が消えているか、キャンセル完了のメールを受領することで確認できます。

注文履歴に表示されている場合やキャンセル完了のメールが届いていない場合、まだキャンセルリクエストが成立していない状態になります。

Amazonでキャンセルリクエストしたのにキャンセルできないときの対処法

Amazonでキャンセルリクエストしたのにキャンセルできないときの対処法について紹介します。

  • 発送前
  • 発送後
  • 商品到着後

以上の段階においてそれぞれ詳しく説明します。

・発送前

発送前にAmazonでキャンセルリクエストしたのにキャンセルできない場合は、商品が予定どおり発送される可能性が高いです。

もし、お届け先に注文した商品が届いた場合、受取拒否をしましょう。受取拒否は配送業者が注文商品を配達しに来た際に、「受取拒否でお願いします。」と伝えればOKです。

もし、すでに受け取ってしまった場合は、返品手続きを行いましょう。返品手続きは、Amazonの購入履歴から可能です。

こちらもチェック!
Amazonで受け取り拒否する方法!ペナルティの有無や返金方法を紹介

Amazonで商品をキャンセルしようとしたものの、手続きが間に合わず発送されてしまったという経験はないでしょうか。そんな場合は「受け取り拒否」をすれば、購入のキャンセルができます。この記事では、Amazonで受け取り拒否して購入をキャンセルする方法について解説します。

・発送後

Amazonでは、商品が発送されると基本的にはキャンセルリクエストができません。発送後に誤って商品を注文したことに気付いた場合、発送前と同様に受取拒否か返品手続きで商品をキャンセルできます。

ただし、配送業者がAmazonの場合は、キャンセルリクエストができるケースがあります。そのため、発送後であっても一度注文履歴からキャンセルリクエストができるか確認するようにしましょう。キャンセルリクエストのタイミングによっては、ドライバーへの伝達が間に合わず手元に注文商品が届く場合がありますが、間に合えばそのまま返送してくれます。

・商品到着後

商品が到着してしまった場合、配送業者に受取拒否を伝えるか返品手続きでキャンセルが可能です。すでに手元に商品が到着している場合、出品者がAmazon公式か、Amazonマーケットプレイスのどちらなのか確認しましょう。

出品者がどちらであっても、商品到着から30日以内に手続きが必要になっているので、できるだけ早めに手続きするのが理想的です。

商品の返品手続きが可能な条件は次で詳しく説明します。

返品できる条件は?

Amazon公式とAmazonマーケットプレイスでは返品できる条件が異なります。共通点としては、商品到着から30日以内に返品手続きをする必要があります。

Amazon公式での注文の場合、商品の特性によりカテゴリごとに細かなルールがあります。代表的なものだと「未使用」であることや「代金引換と携帯決済以外で注文した商品」に該当していると全額返金を受けられる可能性が高いです。

商品を開封してしまった場合、返金額が50%と下がってしまうため、返品予定のものは開封しないように注意しましょう

Amazonマーケットプレイスで注文の場合、出品者の判断となります。手順としては、注文履歴より出品リクエストを送り、出品者からの返答を待ちます。

48時間以内に出品者から連絡が来ない場合、Amazonマーケットプレイス保証で受けられる可能性があるため合わせて確認しておくとよいでしょう。

こちらもチェック!
Amazonで注文をキャンセルする方法!条件やペナルティの有無、返金なども解説

以前と比べAmazonでお買い物をする方も増えてきましたよね。ただ商品を間違えて注文してしまいキャンセルしたいという方は多いのではないでしょうか?本記事では、キャンセル料などAmazonでキャンセルする方法について解説します。クレジットカード、PayPay、などの支払い別の注意点もお伝えします。

Amazonでキャンセル(リクエスト)するときの注意点

Amazonでキャンセル(リクエスト)するときの注意点として、以下紹介します。

  • キャンセル(リクエスト)は取り消せない
  • 予約商品はキャンセルできる期間が限られていることも

・キャンセル(リクエスト)は取り消せない

一度リクエストを含むキャンセル処理をした場合、キャンセルを取り消すことはできません。もし注文した商品が欲しいとなった場合には、再度注文する必要があります。

何度もキャンセルと注文を繰り返すと、最悪の場合アカウント停止となる可能性があるため、気軽にキャンセルすることは控えましょう。

・予約商品はキャンセルできる期間が限られていることも

予約商品やお取り寄せ商品の場合、キャンセル期限が設けられていることがあります。その場合は、期限内にキャンセルする必要があります。キャンセル期限が過ぎるとキャンセルできない可能性があるため、注文する際は注意しておきましょう。

Amazonでキャンセル(リクエスト)するとペナルティは?

Amazonで注文した商品をキャンセルする場合、以下のことをするとペナルティを受ける可能性があるため注意しましょう。

  • 短期間に何度もキャンセルを繰り返した場合
  • 大量にキャンセルした場合
  • 過去に注文した商品の支払いが済んでいない場合

・短期間に何度もキャンセルを繰り返した場合

短期間に何度もキャンセルを繰り返した場合、スパム行為や悪質行為とみなされる可能性があります。安易に注文とキャンセルを繰り返すことで、出品者側の手間がかかってしまい営業活動に支障をきたす恐れがあります。また、企業努力により商品を安く販売できていても、こういった行為により人件費がかさんでしまい、商品の価格をあげる原因にもなりかねません。

・大量にキャンセルした場合

大量にキャンセルした場合も、スパム行為や悪質行為と判断されることがあります。悪意のないキャンセルであっても、大量の商品を購入する場合には大きなお金が動くことにもなります。トラブルを避けるためにも、本当に必要かどうか検討してから購入するようにしましょう。

・過去に注文した商品の支払いが済んでいない場合

支払いが滞っている注文が続いている場合も注意が必要です。

ATM払いやコンビニ払い、ネットバンキング払いを頻繁に利用している方は、支払いが滞っている注文がないか確認のうえ、新たな注文をするようにしましょう。

Amazonのキャンセルリクエストは出荷前までに!

今回は、Amazonのキャンセルリクエストについて、ペナルティの有無やメッセージを送るときのコツなどを中心に解説しました。

Amazonのキャンセルリクエストをする場合は出荷前までに手続きするようにしましょう。ただし、キャンセルリクエストを頻繁に行うとアカウント停止される可能性があるため、キャンセルリクエストは最終手段と考え、注文内容に間違いがないか確認のうえ購入するのがマストです。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazonの困ったを解決!のカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー