目次

Amazonマケプレとは?返金・キャンセル方法や登録手順など徹底解説!

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

Amazonの特徴でもある豊富な品揃えを支えているのが「Amazonマケプレ」です。Amazonを利用しているけどAmazonマケプレのことを意識したことがない方も多いかもしれません。しかし、なかには悪質な出品者によりトラブルに遭遇するケースもあります。

そこで本記事では、Amazonマケプレの特徴や登録方法、返金・キャンセル方法などを中心に解説します。

Amazonマケプレとは

Amazonマケプレとは、Amazonマーケットプレイスを略したものです。マーケットプレイスは商品販売を行なう場所という意味で、AmazonマケプレはAmazon内で商品販売を行なえる場所ということになります。

Amazonマケプレは、Amazon以外の企業や個人が商品を出品できることからプラットフォームの役割も担っているのが特徴です。

出品者としても集客力のあるAmazonマケプレを利用することで商品が人の目につきやすくなります。購入者としても商品の取り扱い数の多いAmazonを利用することで、手間なく目的の商品を見つけられるため両者ともAmazonを利用するメリットがあるといえるでしょう。

Amazonマケプレ出品者かどうかの見分け方

Amazonマケプレ出品者かどうか見分けるには、販売元の記載で確認できます。販売元は商品の詳細ページの「今すぐ買う」ボタンの下に記載があり、販売元が「Amazon.co.jp」と記載されていれば、Amazon公式が販売している商品です。

販売元が「Amazon.co.jp」以外だとAmazonマケプレ出品者ということがわかります。

Amazonマケプレでよくあるトラブル

Amazonマケプレでよくあるトラブルを以下3つ紹介します。

  • 商品が届くのに時間がかかる
  • AmazonのトラッキングIDで追跡できない
  • 悪質な出品者による詐欺被害に遭いやすい

Amazonとしても悪質な出品者が増えると、Amazonで商品を購入する人が減るため、さまざまな対策を行なっています。

悪質な出品者はもってのほかですが、わざとではなくてもトラブルが発生し巻き込まれる可能性があるので、もしものときのために参考になさってください。

商品が届くのに時間がかかる

商品が届くのに時間がかかる場合は、配送業者に何かしらトラブルが発生し遅延している可能性が高いです。

この場合以下の方法を確認しましょう。

・配送業者の遅延情報

地震や豪雨などで発送支店から配達支店までの地域が該当している場合、復旧や遅延を待ちましょう。

・商品がどの地点で止まっているか

配送業者が問題なく稼働している場合、どの地点で止まっているか確認し商品を保持している配送業者の支店に電話で確認しましょう。

AmazonのトラッキングIDで追跡できない

AmazonのトラッキングIDで追跡できない場合、以下のような原因が考えられます。

・発送直後のタイムラグ

商品発送直後の場合、トラッキングIDが配送業者のシステムに反映されていないことが珍しくありません。数時間後もしくは翌朝など時間をおいて確認することをおすすめします。

・出品者が直接配送する場合

出品者が直接配送する場合、そもそもトラッキングIDを発行していないことがあります。事前に直接配送であることがわかっている場合は、出品者に配達予定を確認するとよいでしょう。

悪質な出品者による詐欺被害に遭いやすい

インターネット上でもAmazonの悪質出品者による詐欺被害や詐欺未遂が報告されています。

ここでは代表的な詐欺被害や詐欺未遂を紹介するので、参考にしてください。

・無在庫販売

無在庫販売は在庫を持たない状態で、出品する方法です。出品者は商品が購入されてから在庫を確保し、購入者に送ります。手元に商品がないため、到着までに時間がかかるのが特徴です。出品者としては在庫を持たないため、在庫を抱えるリスクを避けられます。

しかし、この無在庫販売を利用して、商品が売れても在庫確保や発送せずにそのまま売上金を着服しようとする悪質な出品者もいます。

また、先に購入した人で在庫が切れたと嘘をつき返金用のURLを送りつけてくるパターンもあり、URLをクリックすることで情報が盗まれる可能性があり大変危険です。

・返金を引き延ばす

商品が届かないなどのトラブルが発生し出品者が返金することになっても、アカウントが乗っ取られたなどと嘘をついたり、言葉巧みに言い訳したりして返金を引き延ばすことがあります。そして最後は返金せずに行方をくらますケースがあります。

上記のようなトラブルを含めて、少しでも被害に遭わない方法を次で紹介します。

Amazonマケプレで詐欺に遭わないようにするためには

Amazonマケプレで詐欺に遭わないようにするためには、自己防衛が一番手っ取り早く対応できます。

詐欺に遭わないためのおもな自己防衛方法は以下のとおりです。

・著しく安い商品には手を出さない

相場より安い商品は警戒が必要です。安い商品にありがちなのは、送料が驚くほど高額な場合があります。なかには100万円に設定されている出品物もあるので、送料詐欺には注意をしましょう。

・新規出品者からは購入しない

既存アカウントで悪いレビューが複数ついた時点でアカウントを捨てて、レビューのない新しいアカウント発行を繰り返し、悪質な行為をしている可能性があります。

・出品内容におかしな日本語が使われていないか

海外の方が日本人に扮して出品しているケースがあります。日本語の直訳のような文章や「ソ」と「ン」の違いなど不思議な点がある場合購入を控えましょう。

上記の点に気をつけてAmazonマケプレを利用しましょう。

Amazonマケプレの利用方法

Amazonマケプレの利用方法について、以下2つ紹介します。

  • 購入する場合
  • 出品する場合

購入する場合はこれまでどおりの利用で問題ありません。出品する場合は、のちほど登録方法について紹介するため、ここでは特徴に焦点を当てて紹介します。

Amazonマケプレの商品を購入する場合

Amazonマケプレの商品を購入する場合、Amazon公式で購入するときと同様の操作のため、特に難しい操作はありません。

Amazon公式からの出品かAmazonマケプレでの出品か判断するためには、商品の詳細画面に入り、「今すぐ買う」ボタンの下の販売元で判断可能です。販売元がAmazon co.jp以外の出品物は、Amazonマケプレで出品している商品です。

Amazonマケプレに出品する場合

Amazonマケプレに出品する場合、出品方法が小口と大口の2種類あります。

小口と大口の大きな違いは、費用面です。小口は1商品売れるごとに100円と販売手数料がかかります。それに対し大口は、月額4,900円と販売手数料がかかります。

小口と大口を選ぶ判断基準としては、50品以上売れる場合大口のほうがお得です。

Amazonマケプレの登録方法

Amazonマケプレの登録方法を以下3つ紹介します。

  • Amazonマケプレに登録する際に必要なもの
  • Amazonマケプレの登録費用
  • 小口出品と大口出品の切り替え方法

Amazonマケプレの登録方法から実際の出品手順までわかりやすい初心者ガイドがあるため、操作に不安な方でも簡単に登録できます。Amazonで商品購入するくらいの知識があれば大丈夫です。

「小口出品と大口出品」や「ビジネス利用と個人利用」では必要な書類や手順、メリットが異なるため、ご自身の状況に応じてご確認ください。「小口出品と大口出品」で悩んでいる方は、最初は月額費用のかからない小口出品がおすすめです。

自社のECサイトやほかの販売サイトに出品してもなかなか売り上げが伸びない方は、集客力のあるAmazonマケプレを検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonマケプレに登録する際に必要なもの

Amazonマケプレに登録する際に必要なものは以下のとおりです。

  • 登記簿謄本(企業の場合のみ)
  • ビジネス用のEメールアドレスまたは既存のAmazonアカウント
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 銀行またはクレジットカード会社より過去180日以内に発行された取引明細書
  • 電話番号
  • クレジットカード
  • 銀行口座番号

顔写真付きの身分証明書では、パスポートか運転免許証が必要です。マイナンバーカードでは審査できないため注意しましょう。

銀行またはクレジットカード会社より過去180日以内に発行された取引明細書では、クレジットカードの利用明細書かインターネットバンキング取引明細か預金通帳が必要です。

身元確認として、身分証明書と取引明細書の提出が必要です。登録後、申請に3営業日前後かかるので、Amazonマケプレで出品したい場合は、余裕をもって行ないましょう。

銀行口座番号は、Amazonから売上金を受け取るための口座です。

Amazonマケプレの登録費用

Amazonマケプレの登録費用は小口出品の場合、登録時に費用はかかりません。一方で大口出品は月額4,900円かかるため、登録時に決済が必要になります。

小口出品と大口出品の違いは以下のとおりです。

小口出品
  • 費用は商品が売れるごとに100円と販売手数料(おおむね8~15%)がかかる
  • 広告利用ができない
  • 出品ツールが一部利用できない

おすすめの方は、売れる品数が月に~49品未満の販売予定の方です。50品以上売れるめどが立ったら途中で大口出品に切り替えることをおすすめします。

大口出品
  • 費用が月額4,900円と販売手数料(おおむね8~15%)がかかる
  • 広告を利用できる
  • 検索結果の上位表示されるようにしたい
  • 一括出品やAPIを使って出品効率を上げられる
  • 複数ユーザーで管理したい

商品が50品以上売れる方や予定でAmazonマケプレをビジネスとして利用したい方には大口出品がおすすめです。

小口出品と大口出品の切り替え方法

小口出品と大口出品は、いつでも切り替え可能です。切り替え方法は「出品用アカウント」の「サービスの管理」から切り替えられます。

小口出品から大口出品に切り替えるタイミング次第では、月額手数料分を損してしまうため、切り替えのタイミングは月額料金が終わるタイミングがおすすめです。

Amazonマケプレでよくある質問

Amazonマケプレでよくある質問を以下3つ紹介します。

  • Amazonマケプレ商品を返品・返金する方法は?
  • Amazonマケプレ商品をキャンセル方法は?
  • Amazonマケプレ商品が届かない場合の対処法は?

それぞれ詳しく説明します。

Amazonマケプレ商品を返品・返金する方法は?

Amazonマケプレ商品を返品・返金する方法を紹介します。

1.出品者に返品理由を入力し返品リクエストを送る

2.出品者が返品リクエストを承認したら、商品を返品する

※出品者の判断により返品不要で返金してくれる場合もあります。

3.商品が返品されると出品者が返金処理をする

上記のように問題なくスムーズに行く場合もありますが、良い出品者ばかりとは限りません。

もし、返品リクエストを送ってから48時間が過ぎると、Amazonに保証の返金を申請できるようになります。

正式にはAmazonマーケットプレイス保証といい、返品リクエスト以外にも商品が届かなかったり、商品を返品したにも関わらず出品者が返金処理をしてくれなかったりしたときにも利用できます。

Amazonマケプレ商品をキャンセル方法は?

Amazonマケプレ商品をキャンセルしたい場合、商品の注文から5分以内であれば注文履歴からキャンセルができます。

5分を超えてしまった場合、出品者にキャンセルのリクエストを送りましょう。もし、すでに出品者が発送していた場合、返品リクエストで対応可能です。

ただし、商品の注文から5分を超えても以下の支払い方法を選択し、支払いが完了していない場合、商品をキャンセルできます。

  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ネットバンキング払い
  • 電子マネー払い

キャンセルを念頭に置いて注文する方は少ないと思いますが、もしものときは注文履歴からキャンセル可能か確認しましょう。

Amazonマケプレ商品が届かない場合の対処法は?

Amazonマケプレ商品が届かない場合、Amazonマーケットプレイス保証を受けられる可能性があります。

保証を受けられる条件は以下のいずれかに該当している方です。

  • 出品者にトラブルに関する連絡をして出品者から48時間以上返答がないまたは、トラブル解決が難しい場合
  • 配送業者のステータスが配達完了になっているのに商品が届いていない
  • 最終お届け予定日から3日経過している

Amazonマーケットプレイス保証の申請は、最終お届け予定日から90日後まで申請可能です。90日も申請期限があるため、届いていない商品があると後日に気付いても安心ですね。

Amazonマケプレを理解し、防御力を高めて楽しくAmazonを利用しよう!

本記事では、Amazonマケプレの特徴や登録方法、返金・キャンセル方法などを中心に解説しました。

Amazonマケプレで悪質な出品者に遭遇しないためにも以下を注意して利用しましょう。

  • 著しく安い商品には手を出さない
  • 新規出品者からは購入しない
  • 出品内容におかしな日本語が使われていないか

上記を気をつけてもトラブルに遭遇するかもしれません。その場合は、Amazonマーケットプレイス保証の申請を行ない、返金してもらうことをおすすめします。本記事を参考に快適にAmazonマケプレを利用してみてはいかがでしょうか。

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

Amazon入門ガイドのカテゴリー

その他のAmazonお得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー