この記事で紹介されている商品

高級手動コーヒーミルのおすすめ9選!コマンダンテなど人気メーカーから厳選

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

香り立つ芳醇なコーヒーを淹れるプロセスから存分に味わえる手動の高級コーヒーミル。ドリップコーヒーからエスプレッソまで幅広い種類に対応しており、アウトドアでも重宝します。今回は、コマンダンテなど人気メーカーから120段階の粒度調整ができるコーヒーミルまで、おすすめの手動高級ミルをご紹介します。手入れのしやすさやセラミックなど刃の種類まで、こだわりの基準をもとに最適な手動の高級ミルを見つけてください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

高級なコーヒーミルの魅力

高級コーヒーミルの魅力は、コーヒーの旨みを最大限に引き出す造りにあります。通常のコーヒーミルと比べ、豆が均一に挽けるため、挽きあがりの粒度合いがそろいます。高級コーヒーミルは、一流シェフにも選ばれていることが多く、通常ミルとは根本的な造りが違うと言えるでしょう。

また、使いやすさにも優れており、平均時間の4分の1で豆が挽けたり、粒度調整ダイヤルが外側に付いていたり、工具要らずで分解できるミルもあります。切れ味や手入れのしやすさ、耐久性にも優れており、なおかつ粋なデザインも多いため、コーヒーを淹れる一連の流れを堪能したいコーヒー好きには欠かせないコーヒー器具です。

コーヒーを飲むことが朝の日課になっている方、インスタントコーヒーに飽きた方、コーヒーの味や香りにより楽しみたい方は、ぜひ試してみてください。お家でワンランク上の贅沢なコーヒータイムを味わえます。

手動コーヒーミルのメリット|こんな人におすすめ!

コーヒーには、味わう以外の楽しみ方があります。豆を挽くときのゴリゴリとした独特の音色や、部屋いっぱいに広がる濃厚な香りも、コーヒーミルならではの楽しみ方です。お洒落たデザインのコーヒーミルを使い、香りと触感と風景を味わいながら、目と耳と鼻と舌で楽しむものが、手動高級ミルの最大の魅力と言えるでしょう。洗練されたデザインのミルがキッチンや卓上に置いてあるだけでも、インテリアとして楽しめますね。また手動ミルは、アウトドアシーンでも役立ちます。電源不要で持ち運びしやすいコンパクトタイプもあるため、屋外で淹れたてのコーヒーを味わいたい方にもぴったりです。

高級電動コーヒーミルの選び方

続いて、手動の高級コーヒーミルの選び方を解説します。手動高級ミルの選び方は、大きく6つです。味や香りにこだわる方は、刃の形状や粒度調整できるかどうかを基準に、挽きやすさなどの利便性を重視する方は、刃の素材や容量・デザインで選んでみてくださいね。

1.刃の素材で選ぶ

まずは、刃の素材を基準とした選び方です。手動の高級ミルで使われる刃の素材は、大きく2つあります。刃の素材次第で、挽くときの快適さが変わります。使いやすさを重視する方は、素材に注目してください。

セラミック製

セラミック製の刃は、熱伝導率が低いため、コーヒーの香りや風味を保てるところが魅力です。錆びにくく、水洗いもできるため、手入れも簡単です。一方、金属の刃に比べると、切れ味が劣るため、挽くときに力を必要とする場面もあるでしょう。安価な手動コーヒーミルによく使われています。

金属製

金属製の刃は、切れ味がよく微粉が出にくいため、セラミックの半分以下の時間で豆を挽けます。力を入れなくても均一に粒度合いがそろうため、手の小さな方や女性でも快適に豆挽きができるでしょう。一方、金属刃は、金属臭したり、熱伝導率の高い影響で味や風味が失われたりというデメリットもあります。しかし、これらのデメリットは、安価なミルに限ります。高級ミルは、金属刃を採用することも多く、金属臭や味や香りの劣化は改善されています。

2.刃の形状で選ぶ

続いて、刃の形状を基準にした選び方を解説します。刃の形状により、味や香りが大きく変わります。刃の形状は、大きく4つです。

プロペラ式

プロペラ式は、豆を砕くイメージです。プロペラの刃を高速回転させながら刃と豆をぶつけるため、粒度合いがそろいにくく、他の刃の形状に比べると味わいや香りともに劣ります。その反面、手入れがしやすく、安価な手動ミルに使われるケースが多いため、ポピュラーな刃の形状と言えるでしょう。

コニカル式

コニカル式は、豆を潰すイメージです。円盤の形をした刃を水平に回転させ、潰すように豆を粉砕する構造です。この形状は、挽き目が調整しやすく粒の大きさがそろえられることが特徴で、味わい・香りともに安定した質のよいコーヒーを楽しめるでしょう。一方、摩擦熱や微粉が出やすいため、にごりや雑味が出やすいデメリットもあります。フィルター付きミルを使ったり、一度に挽く量を調整したりすることで、微粉の発生を抑えることができるでしょう。

カット(フラットカッター)式

カット式は、円盤の形の2枚刃を垂直に回転させ豆を挽く構造です。豆の大きさを均一に挽け、摩擦熱が生まれにくいため、風味や香りが損なわれません。コニカル式同様、味わい・香りともに安定した質のよいコーヒーを楽しめるでしょう。その反面、刃のデコボコした箇所に粉が溜まりやすく、こまめなお手入れが必要です。コーヒーの「おいしさ」を追求するなら、カット式かコニカル式がおすすめです。

臼式

臼式は、刃を上下で嚙み合わせて豆をすり潰すイメージです。豆の均一性や微粉の少なさは、プロペラ式より優れているため、豆本来の芳醇な香りや味をそのまま楽しめるでしょう。ダイヤル操作で粒度調整できるミルも多く、希望通りの挽き目に仕上げることも可能です。一方、手入れがしにくいというデメリットもあります。手入れの仕方を動画で解説している販売店もあるため、参考にしてみるとよいでしょう。

3.一度に挽ける豆の量で選ぶ

手動コーヒーミルの一度に挽ける容量は、だいたい10〜80g前後です(1〜8杯/1杯10gとして)です。そのため、一回でどれくらいの量を挽きたいかにより、最適なミルが変わってきます。ミルの容量は、「ホッパー容量」または「粉受け容量」などを確認してください。

容量の確認場所
  • ホッパー容量:豆を砕く箇所
  • 粉受け容量(受け皿など):砕いた豆が入る箇所

1杯につき約10〜15gほどを使うと考えると、必要な容量のミルが見えてくるはずです。家族や仲間内で使う場合は、50g以上のミルを、個人用なら、20g前後のミルで十分です。挽ける量は、味に影響がありません。よく使うシチュエーションにあった容量を選んでくださいね。

4.粒の大きさが調整できるかをチェック

粒の大きさは、コーヒーの味に大きく影響するため、味にこだわりたい方は、粒度調整(メッシュ調整)ができるかどうかで選ぶとよいでしょう。高級手動ミルのほとんどは、メッシュ調整できます。調整範囲は、2〜120段階までさまざまです。

豆の挽き度合いと味の関係
  • 粗挽き:酸味が強く、薄いスッキリとした味わい
  • 中挽き:スタンダードな味わい(万人向け)
  • 細挽き:苦みが強く、濃厚な味わい

エスプレッソを楽しみたい方は、極細挽き対応の手動ミルを選んでください。アメリカンなど、飲みやすくあっさりしたコーヒーを好む方は、メッシュ段階の少ないシンプルなミルでよいでしょう。一方、「これから好みの味を見つけたい」「気分により濃さを変えたい」「濃厚な味わいを楽しみたい」という方は、メッシュ段階が豊富なミルを選ぶとよいでしょう。

5.本体のデザインやサイズで選ぶ

どれほど高級な手動ミルを使っても、見た目がイマイチだと気分は台なしになりかねません。毎日コーヒーを飲むなら、なおさらデザインは重要なポイントになってくるでしょう。その点、高級コーヒーミルは、豊富なデザインがあり、インテリアとしても楽しむことができます。雰囲気のあるアンティーク調、スタイリッシュな木目調、重厚感のあるノスタルジックなデザインなど、好みのデザインを探してみてください。カラーバリエーションも豊富です。

また、大きめサイズの据え置き型や、持ち運びに優れたコンパクトタイプなど、サイズもさまざまです。こちらも、ライフスタイルに合ったミルを選んでみてください。

6.ブランドから選ぶ

続いて、ブランドを基準にした選び方です。ここでは、有名なコーヒーミルブランドを2社紹介します。

COMANDANTE(コマンダンテ)

最高峰のコーヒーミルと謳われるドイツ発のコーヒー器具ブランドCOMANDANTE(コマンダンテ)。特許取得済みのニトリブレード(刃)が、見事に豆を均一に粉砕してくれます。粒の大きさのそろい方は、機械レベルと言われるほど!よくある困りごと「粉が刃にくっつく現象」も起きず、スムーズに受け箱に粉が落ちる構造もうれしいですね。粗挽き~極細挽きまで対応しており、コーヒー好きなら一度は使ってみたい手動の高級ミルです。プロのバリスタにも、人気を誇っています。

Melitta(メリタ)

ペーパードリップ式の生みの親であるドイツ生まれの「Melitta(メリタ)」も、有名なコーヒー専業ブランドです。業務用から家庭用まで幅広いラインナップを取りそろえており、おいしさの世界基準として、メリタ独自の挽き目や抽出温度の基準があるほどです。メリタジャパンの公式サイトでは、ミルの楽しみ方なども公開されており、初心者の方におすすめの定番ブランドと言えるでしょう。また、同じドイツの老舗ミルメーカーZassenhaus(ザッセンハウス)は、現在メリタと同じ会社になっています。

その他、有名シェフも愛用するスパイスミルで有名なPEUGEOT(プジョー)や、コーヒー愛好家によって創業された台湾のコーヒーミルメーカー1Zpresso(ワンゼットプレッソ)など、国内外問わずさまざまなミルブランドがあります。お気に入りのブランドが見つかるまでいろいろ試すもよし、友人にプレゼントするもよし!おいしいコーヒーを求めるなら、ブランドから選ぶという視点もおすすめです。

高級手動コーヒーミルのおすすめ9選

続いて、おすすめの高級手動コーヒーミルを紹介します。

PR
COMANDANTE(コマンダンテ) コーヒーグラインダー

商品情報

サイズ:[本体] Φ61×H152mm[ハンドル] W160×H60mm
重量:約629g
素材:ステンレス、天然木、臼刃
生産国:ドイツ
出典:COMANDANTE(コマンダンテ) コーヒーグラインダー

「最高峰のコーヒーミル」と謳われるCOMANDANTE(コマンダンテ)の高級ミルです。高級コーヒーミルの中でも、最上位と言える商品です。バリスタをはじめコーヒー業界で話題になったミルで、テレビで紹介されたときは、入荷待ちになったほど。切れ味抜群のニトロブレード刃や微粉発生を防ぐ粉受けなど、性能性が断トツです。挽き目調整もダイヤルを回すだけで行え、スタイリッシュな木目デザインも秀逸。一度に40gを挽ける容量も、複数人に対応できるため、うれしいポイントですね。バリスタ達の間で話題になったコーヒーミルを試したい方、最高峰と言われるコマンダンテのコーヒーミルを使ってみたい方におすすめです。

PR
mokuneji コーヒーミル

商品情報

サイズ:本体φ97×H258mm(ハンドル含むW176×D97×H258)
重さ:約760g
材質:木部:ケヤキ オイル仕上げ、機械部:鉄
生産地:石川県
出典:mokuneji コーヒーミル

使いやすさにこだわったMokuNeji(モクネジ)の高級コーヒーミルです。通常の3倍速で閉められる三条ネジや、手にしっかりフィットするデザイン設計、ワンタッチ分解機能など、極上の挽きやすさが魅力です。粒度合いの調整もでき、ドライ掃除もOK!職人の作り出す曲線美は、圧巻です。挽きやすさとデザイン性にこだわりながら、優れた性能も確保できる高級コーヒーミルをお探しの方におすすめです。

PR
Melitta(メリタ) コーヒーミル ザッセンハウス・ミル ラパス MJ-0801

商品情報

サイズ:本体φ97×H258mm(ハンドル含むW176×D97×H258)
重さ:約760g
材質:木部:ケヤキ オイル仕上げ、機械部:鉄
生産地:石川県
出典:Melitta(メリタ) コーヒーミル ザッセンハウス・ミル ラパス MJ-0801Melitta(メリタ) コーヒーミル ザッセンハウス・ミル ラパス MJ-0801

ドイツ生まれのノスタルジックなスタンダード高級コーヒーミルです。真鍮製の刃は、硬質特殊鋼で熱をため込まず、コーヒー独特の味わいや香りを劣化させません。豆本来の風味を存分に味わえるでしょう。天然ブナ材を使った四角い粉受け(引き出し)も、魅力のひとつです。挽き目調節可能で、一度に挽ける容量はホッパー部分が60g、引き出し部分が50gです。インテリアとしても楽しめるレトロな雰囲気の高級ミルをお探しの方におすすめです。

PR
PEUGEOT(プジョー) コーヒーミル

商品情報

本体サイズ:幅13×奥行13×高さ21cm
本体重量:880g
材質:ブナ、鉄、ステンレス
原産国:フランス
出典:PEUGEOT(プジョー) コーヒーミル

世界のシェフが愛用するPEUGEOT(プジョー)の高級コーヒーミルです。「香りを引き立たせる技術は、右に出るものがいない」と言われるほどプジョーの切削技術は、優秀です。挽かれた豆からは、もわっと広がる芳醇な香りを味わえ、爽快な気持ちで一日をスタートできるでしょう。エスプレッソにも使える極細挽きに対応。一度に挽ける容量は、25gです。「その香りの良さは格別」と言われるプジョーのコーヒーミルで豆を挽いてみたい方、コーヒー豆の香りを存分に味わいたい方に、おすすめです。

PR
Zassenhaus(ザッセンハウス) ブラジリア マホガニー MJ-1302

商品情報

材質:マホガニー
重量:800g
出典:Zassenhaus(ザッセンハウス) ブラジリア マホガニー MJ-1302

手軽に高級コーヒーミルを試せるZassenhaus(ザッセンハウス)の手動ミルです。構造は、3つ目に紹介した「ラパス」とほぼ同じです。違いは、ステンレス刃とモダンな木製ボディの2つで、サイズはやや小さく軽量な造りとなっています。ステンレス刃は、丈夫で硬く錆びにくいため、長く愛用できる木製高級ミルをお探しの方、古い歴史のあるゼッセンハウスの高級ミルを気軽に試したい方におすすめです。一度に挽ける容量はホッパー部分が50g、引き出し部分が30gです。

PR
Kalita(カリタ) 手挽きコーヒーミル

商品情報

サイズ:幅17.4×奥行18×高さ24.5cm
素材・材質:歯/硬質鋳鉄製臼歯
生産国:日本
出典:Kalita(カリタ) 手挽きコーヒーミル

水車のような縦ハンドルが特徴のKalita(カリタ) の高級コーヒーミルです。ハンドルを垂直にまわすとゴリゴリとした音色を楽しめ、そのときに漂う豊かな香りがコーヒー好きにはたまりません。調整ナットを左右にまわすと粒度を調整でき、一度に挽ける容量はホッパー部分が50g、粉受け部分が60gです。性能を兼ね備えたアンティーク調の高級ミルをお探しの方、縦ハンドルの手動高級コーヒーミルをお探しの方におすすめです。

PR
Plusmotion コーヒーグラインダー JPPRO

商品情報

素材:ステンレス鋼
梱包サイズ: 27 x 10.8 x 10.6 cm
梱包重量:1.06g
出典:Plusmotion コーヒーグラインダー JPPRO

驚異の120段階に粒度調整できる高級コーヒーミルです。バリスタ達の要望を一つひとつ形にしたプロ仕様で、挽き目調整が外側に設置されています。軽量ボディと逆三角形の持ち手で、力を込めてしっかり豆を挽ける使いやすい設計です。3つの金属ベアリングで切れ味も抜群!粒度を均一に仕上げてくれます。一度に挽ける容量は、35〜40g。自分好みの挽き目度合いを見つけたい方、その日の気分で粒度を変えたい方、挽き目調整にとことんこだわりたい方におすすめです。

PR
TIMEMORE(タイムモア ) コーヒーミル C2 Fold

商品情報

材質:ステンレス鋼、アルミニウム、ポリカーボネート
重量:505グラム
出典:TIMEMORE(タイムモア ) コーヒーミル C2 Fold

手の小さな方にも、挽きやすいミルです。ハンドルから手を離してもしばらくまわり続けるほどスムーズな挽きやすさが、最大の魅力です。大き過ぎない5.2㎝のコンパクトボディや滑りにくい構造のおかげで、小さな力で軽々と豆を挽けてしまいます。五軸CNC加工の硬い臼刃や微粉防止機能もあり、性能は申し分ありません。およそ36段階の粒度調整が可能で、一度に挽ける容量は20g。手の小さい方、力をかけずに豆を挽きたい方、予算をおさえながら高性能の手動高級コーヒーミルを購入したい方におすすめです。

PR
1Zpresso(ワンゼットプレッソ) 手挽きコーヒーミル K-Ultra

商品情報

材質:アルミニウム
梱包サイズ:26.9 x 10.6 x 10.4 cm
梱包重量:1.06g
出典:1Zpresso(ワンゼットプレッソ) 手挽きコーヒーミル K-Ultra

コーヒー豆を均一に挽くことにズバ抜けて優れた手動高級ミルです。7枚円錐形の金属刃が、均一性のある見事なコーヒー粉に仕上げてくれます。0.02mm単位で切り替えられる粒度調整機能(120段階)も装備。瞬時に狙った粒度に切り替えられる外側ダイヤルも重宝します。エスプレッソ用の極細挽きにも対応。粉がこぼれにくいマグネット構造も、うれしいですね。ブラシなどの付属品も充実しており、一度に挽ける容量は、30〜35gです。コーヒーの味にとことんこだわりたい方、自分好みの粒度を追求したい方、大切な人へのプレゼント用に高級コーヒーミルをお探しの方におすすめです。

こだわりに合わせて最適な手動の高級コーヒーミルを選ぼう!

今回は、6つのポイントから厳選した手動高級コーヒーミルをご紹介しました。使い道やこだわりポイントに合わせてコーヒーミルを選ぶことで、贅沢なコーヒータイムを堪能できるでしょう。一回で挽ける容量に気をつけながら、最適なコーヒーミルを見つけてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー