この記事で紹介されている商品

おしゃれな石油ストーブのおすすめ7選!キャンプに最適なコンパクトタイプなど

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

おしゃれな石油ストーブがあれば、ただ暖を取れるだけでなく、インテリアとしても重宝しますよね。そこで本記事ではおしゃれな石油ストーブの魅力や選び方、おすすめ商品をご紹介します。アラジンやトヨトミなど有名ブランドをはじめ、キャンプで使えるコンパクトなタイプ、価格の安い商品などがあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

石油ストーブの魅力は?

  石油ストーブは灯油を燃料とした暖房器具で、空間全体をすばやく暖められるのが特徴です。冷え切った部屋もすぐに暖かくなり、冬の朝も快適に過ごすことができます。

灯油が燃焼する際に水分が発生するため、部屋の空気が乾燥しにくいのも石油ストーブのよいところ。本体が高温になるので、天面にやかんや鍋を置けば湯沸かしや調理も可能です。 電源不要で使えるため、冬キャンプのようなアウトドアシーンでも使いやすいのがうれしいですね。

レトロでおしゃれなデザインのものも多く、石油ストーブを置くだけで部屋の雰囲気を素敵な印象に変えてくれますよ。

ただし、石油ストーブは灯油が切れると、給油する必要があります。また、灯油を燃やすため独特のニオイがするのもデメリットといえるでしょう。一酸化炭素中毒を起こすリスクを避けるため、使用中はこまめに換気をしてくださいね。 

石油ファンヒーターとの違いを解説

石油ストーブと石油ファンヒーターは、どちらも灯油を燃料とした暖房器具ですが、この2つの違いは何なのでしょうか。

石油ストーブには送風ファンがなく動作音が静かなのが特徴です。電源を使わないため、屋内外のいろいろな場所で利用でき、アウトドアシーンや災害時の暖房器具としても重宝します。

一方、石油ファンヒーターには送風ファンがあり、部屋全体に暖かさを広げるのが特徴です。ただし、ファンを稼働させるために電源が必要なので、コンセントの近くでしか使うことができません。  

石油ストーブの選び方

ネットショップや店頭にはさまざまなタイプの石油ストーブが並んでいるため、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いですよね。

ここからは、自分にとって使いやすい石油ストーブを選ぶために着目しておきたい5つのポイントをご紹介します。

  • 1.種類
  • 2.対応畳数
  • 3.点火方法
  • 4.給油タンクの容量
  • 5.安全機能

それぞれのポイントについて詳しく説明するので、石油ストーブの購入を検討している方はぜひチェックしてみてくださいね。 

1.種類で選ぶ!特徴を解説

石油ストーブには、熱を部屋全体に伝えられる円筒型の「対流式」と、本体の前方方向だけを暖める「反射式」の2種類があります。

ここからは、上記2種類の特徴について詳しく解説します。それぞれのメリットやデメリットをしっかり理解して、置き場所や用途に合う石油ストーブを選びましょう。 

部屋の真ん中に置く「対流式」

「対流式」の石油ストーブは、縦に細長い円筒型をしているのが特徴です。中央にある燃焼部分から熱された空気が上昇し、対流しながら部屋全体をじんわりと暖めてくれます。

本体から全方向に向かって熱を広げる構造なので、部屋の真ん中に設置するのがおすすめ。10畳以上の広いスペースでも、しっかりと暖められますよ。壁際に設置することも可能ですが、暖かい空気を循環させる対流式のよさが発揮されにくくなるので注意しましょう。

また、対流式の石油ストーブは、インテリア重視の方にもぴったり!レトロなデザインのものやおしゃれなカラーのモデルも豊富で、大型タイプも多数ラインナップされています。

しかし、燃料タンクは内蔵されていて取り外せないため、灯油缶を持ち運んで給油する必要があります。 

部屋の壁側に置く「反射式」

「反射式」の石油ストーブは、燃焼部分の側面と背面に反射板を設け、はね返ってきた輻射熱で部屋を暖める仕組みです。ストーブの前方を集中的に暖めるので、部屋全体ではなく、キッチンの足元やデスクまわりなどをピンポイントで暖めたい方におすすめします。

本体は横長の長方形タイプが多く、部屋の壁際に設置して使えるので、場所をとりません。給油タンクは取り外して持ち運べるので、2階で石油ストーブを使いたい場合も燃料交換がスムーズに行えて便利ですよ。 

2.対応畳数をチェック

石油ストーブは、各メーカーが設定している「対応畳数」に応じたものを選ぶ必要があります。商品によって異なりますが、6~9畳程度の部屋なら、壁際に設置できる反射式か小型の対流式がおすすめです。リビングやダイニングなど10畳以上の広い空間に置くなら、部屋の中央に設置する対流式が向いています。

また、同じ商品であっても、建物が木造か鉄筋かによって対応畳数が異なります。鉄筋の建物は熱が逃げにくく、木造は熱が逃げやすい性質があるため、それぞれの対応畳数を商品ページや公式サイトで確認してくださいね。 

3.点火方法で選ぶ

  石油ストーブの点火方法は3種類あります。1つ目は、ボタンを押したりつまみを回したりするだけで火をつけられる「電池点火」タイプ。電池が切れた場合は、ライターやマッチを使って点火することも可能です。この点火方法を採用している商品が多いので、幅広いラインナップから選べますよ。

2つ目は、点火用のハンドルを回転させて火をつける「手回し点火」タイプ。現在は有名ストーブメーカー「トヨトミ」の一部製品のみに採用されています。電池不使用で、ライターやマッチも不要なので、停電時や災害時にも重宝しますよ。

3つ目は、ライターやマッチを使った昔ながらの点火方法。「Aladdin(アラジン)」の製品のなかには、この方法でしか点火できない機種があります。 

それぞれ使用方法や採用しているメーカーが異なるので、自分が使いやすい点火方法の商品を選んでくださいね。

4.給油タンクの容量で選ぶ

石油ストーブの給油タンクの容量は3~18Lまでと幅広く、商品によって異なります。容量が多いものほど1度の給油で長い時間使用でき、灯油を補充する回数が少なく済みます。ただし、タンク容量が大きい商品は、その分本体サイズも大きく、設置スペースをとるのがデメリットです。

反射式石油ストーブは、給油タンクを取り外せる機種が主流で、給油しやすい点も魅力。容量が大きいものは重量も増すので、自分で無理なく持ち運べるかどうかもチェックしておくと安心ですよ。

5.あると安心!安全機能をチェック

石油ストーブは火を使う暖房器具なので、安心して使用するためにも、安全機能は必ずチェックしておきたいところ。燃えやすい物がそばにあったり転倒したりすると周囲に引火してしまうリスクがあります。

石油ストーブには、揺れや振動を感知して自動停止する「対震自動消火装置」や「転倒時消火装置」、「不完全燃焼防止装置」、酸素濃度の低下を感知して運転を止める機能などを搭載したモデルも多数販売されています。お子様がいるご家庭やアウトドアで使用する機会が多い方は、特に安全機能を確認しておくのがおすすめです。

おしゃれな石油ストーブのおすすめ7選

ここからは、おしゃれな石油ストーブのなかからおすすめ商品7選を厳選してご紹介します。

デザイン性の高さで注目を集める石油ストーブメーカー「トヨトミ」のものや、英国生まれのおしゃれなストーブメーカー「アラジン」のもの、見た目と機能面のよさを兼ね備えた「コロナ」のものなど、幅広い石油ストーブをラインナップ。それぞれの特徴を詳しく解説しているので、お気に入りの1台を見つけてみてくださいね。 

PR
CORONA(コロナ) 石油ストーブ SL-66D2

商品情報

ブランド コロナ(Corona)
特徴 電源不要
色 ホワイト
フォームファクタ 台
屋内/屋外使用 インドア

ホワイトカラーがおしゃれな石油ストーブは、遠赤外線円筒により全方位をしっかり暖められる対流式です。小窓から漏れるやさしい灯りが、癒しの空間を演出してくれます。木造は17畳、コンクリートは23畳の広さまで対応しているので、住宅に合わせて選んでくださいね。小レバーを押すだけで点火でき、つまみを回せば温度調整も可能です。燃焼継続時間は10.9時間で、耐震自動消火装置も搭載しています。

PR
トヨトミ 対流形石油ストーブ ブラック KS-67H

商品情報

ブランド トヨトミ(TOYOTOMI)
特徴 難燃性
色 ブラック
フォームファクタ 台
屋内/屋外使用 インドア, 屋外用

ツヤ感のあるブラックカラーの本体がスタイリッシュな1台。最大で約24畳の広いスペースを暖められる高火力なストーブで、家族や仲間が集まる広いリビングや寒々しいガレージ、冬のキャンプ時など、さまざまなシーンで活躍します。給油タンクの容量は6.3L、燃焼継続時間は約9.7時間なので、灯油をつぎ足す頻度が少なくて済むのはうれしいですね。

PR
Aladdin 石油ストーブ CAP-U2801

商品情報

ブランド Aladdin (アラジン)
特徴 チャイルドロック, オンオフタイマー
色 グリーン
フォームファクタ タワー
電源 石油

幅34.5×奥行32.7×高さ49.6cmとコンパクトながら、約2800Wのハイパワーで部屋全体をスピーディーに暖められる石油ストーブです。電源も着火剤も不要なので、コンセントがない場所や停電時などにも重宝します。石油ストーブとしては珍しいタイマー機能付きで、切り忘れを防止することが可能です。

PR
トヨトミ GEAR MISSION KS-GE67

商品情報

ブランド トヨトミ(TOYOTOMI)
特徴 転倒防止機能
色 オリーブ
フォームファクタ 台
屋内/屋外使用 屋外用

オリーブグリーン色をベースに、ロゴやフォントにもミリタリーテイストをプラスした、細部までかっこいい1台です。木造なら17畳、コンクリート造りなら24畳の広い部屋をしっかり暖められる、火力の強さが魅力。対震自動消火装置や燃料の漏れを防ぐ2重タンク構造など、安全のための装備もしっかり備えています。

キャンプにも最適!コンパクトタイプ

石油ストーブは電源がない場所でも使える暖房器具なので、寒い季節のキャンプシーンでも活躍します。キャンプ用に購入する場合は、車に載せられる大きさか、駐車場からテントスペースまで運べるかなど、サイズや重さをチェックしてくださいね!

また、キャンプ中に燃料が切れてしまわないよう、継続燃焼時間を確認し、予備の灯油を準備しておくことも大切ですよ。

PR
ALPACA PLUS(アルパカプラス) ストーブ・専用ケース付き TS-77NC

商品情報

ブランド ALPACA PLUS(アルパカプラス)
特徴 軽量
色 Black
フォームファクタ タワー
商品の寸法 35D x 35W x 42H cm

シックなマットカラーを採用した、レトロモダンな雰囲気の石油ストーブ。懐かしさを感じさせる赤い炎とシンプル&スマートな形状で、いつもの空間をおしゃれに演出します。本体サイズは高さ42×幅35×奥行35cmと小型ですが、 1度の給油で最大10時間まで連続燃焼でき、7~9畳の広さを暖めるのにぴったりですよ。

PR
トヨトミ レインボーストーブ RL-25M(R)

商品情報

ブランド トヨトミ(TOYOTOMI)
特徴 ポータブル
色 Red
フォームファクタ タワー
屋内/屋外使用 インドア, 屋外用

ランタンを思わせるフォルムがかわいらしい石油ストーブ。ガラスに特殊な加工を施すことで、燃焼中の炎が7色に光って見えるのが特徴です。炎は40W程度の明るさがあり、室内を暖めるだけでなく、やさしい灯りで照らしてくれます。火をゆっくり消せる機能を搭載しているので、未燃ガスを燃やしきり、不快なニオイを軽減することが可能です。

1万円台で買える!安い石油ストーブ

キッチンや勉強机の足元、脱衣スペースなど、狭いスペースで使用するなら、コンパクトでリーズナブルな石油ストーブがおすすめです。

ここでは、1万円台で買えるのに機能性も十分な、コスパのよい石油ストーブをまとめてご紹介します。 それぞれの特徴を説明するので、比較検討してみてはいかがでしょうか。 

PR
CORONA(コロナ) 石油ストーブ RX-22YA

商品情報

ブランド コロナ(Corona)
特徴 全国対応(電源 AC100V 50/60hz)
色 1)木造6畳/コンクリート8畳
フォームファクタ 台
屋内/屋外使用 インドア

電源なしでも使える石油ストーブは、停電時や災害時の備えとしてもおすすめです。こちらの商品は、誰でも簡単に操作しやすいよう、見やすい点火ボタンや凹凸加工を施したスピード消化ボタンなどを採用しています。給油タンクのキャップを手で触らなくてもワンタッチで開閉できる仕様なので、灯油で手が汚れたりニオイが付いたりすることがなく快適です。

石油ストーブを使う際の注意点

灯油を燃焼させて空気を暖める石油ストーブは、メーカーが推奨している使い方をしないと、思わぬ火傷やケガ、火災につながってしまうリスクがあります。

ここからは、石油ストーブを使用する際にとくに注意すべき2つのポイントについてご紹介するので、参考にしてくださいね。 

火傷や引火に注意しよう

石油ストーブは本体が高熱になりやすいため、誤って手を触れないよう注意しましょう。とくに子どもやペットがいる家庭では、ストーブ周辺にガードを置いたりして事故を未然に防ぐ工夫が必要です。

また、衣類やタオルを石油ストーブの上や周囲に干したり、ストーブのそばに燃えやすい物を置くのは絶対にやめましょう。引火の原因になり大変危険です。

そのほかにも、ガスボンベやスプレー缶などを近くに置いたり、周囲で使用すると爆発や引火の恐れがあるので注意が必要です。 本体が傾いた状態でストーブを使用すると、灯油が漏れたり転倒のリスクもあります。  

集合住宅では使用禁止の場合も

賃貸・分譲の集合住宅のなかには、石油ストーブの使用を禁止しているところもあります。なぜなら、石油ストーブは使い方を間違うと火事や一酸化炭素中毒などを引き起こすリスクが高いからです。

「せっかく石油ストーブを購入したのに使えない」という事態にならないよう、集合住宅に住んでいる方は、購入前にまず規約書類を確認しておきましょう。   

石油ストーブを使用中は、少なくとも1時間に1~2回、5分程度の換気を行いましょう。

石油ストーブは部屋にある酸素を使って灯油を燃やし、排気ガスを出す構造です。換気せずに連続使用すると、部屋の中の酸素濃度が低下して、一酸化炭素中毒を引き起こすリスクがあります。

アウトドアに石油ストーブを持って行く場合は必ず屋外で使用し、テント内では使わないようにしてください。 

おしゃれな石油ストーブで、暖かい冬を過ごそう!

レトロな雰囲気がおしゃれな石油ストーブは、インテリアとして置いておくだけでもかわいいですよね。近年では、見た目だけでなく機能面でも優れた石油ストーブが数多く販売されています。本記事でご紹介した選び方やおすすめ商品を参考にしながら、用途や好みに合う1台を見つけてみてくださいね。 

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー