この記事で紹介されている商品

おしゃれなアイロン台おすすめ12選!インテリアに合うものをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

アイロンがけが楽しくなる「おしゃれなアイロン台」。シンプル系や北欧風、ナチュラルな木製などデザインが豊富に展開されており、どれを選ぶか迷いますよね。そこで今回は、おしゃれなアイロン台の選び方とおすすめ商品をご紹介します。インテリアとしても映える商品をピックアップしたので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

おしゃれなアイロン台の選び方

  衣類のシワをきれいにするのに欠かせないアイロン台。使いやすい形状のアイロン台があれば、たくさんのシャツやブラウスをアイロンがけする際もスムーズに行えます。

また、おしゃれなデザインのものを選べば、アイロンがけがより楽しくなりそうですよね。

ここからはおしゃれなアイロン台を選ぶ際に着目しておきたい4つのポイントをご紹介します。

・デザイン

・タイプ

・形状

・カバーの素材

各ポイントについて詳しく解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。 

デザインで選ぶ

  いろいろなデザインのアイロン台が販売されているので、まずは部屋の雰囲気に合わせて選びましょう。 たとえば、スタンド部分が木製のアイロン台は、ナチュラルなインテリアとよくマッチします。ウッディなハンガーラックやタオル掛けとも合わせやすいです。

まや、シンプルでやさしい印象の北欧風デザインのものは、あたたかみのある木製家具と合わせるのにぴったり。とくに淡い色合いのものは、どんな雰囲気のインテリアにもなじんでくれますよ。

モノトーンカラーのアイロン台は、モダンなインテリアと組み合わせるのがおすすめ。生活感が出にくく、スタイリッシュな空間を妨げにくいのが魅力です。

そのほか、シルバー系のメタル素材を用いた無骨なヴィンテージ風のものや、カラフルでポップなもの、見える場所に立て掛けて置いてもかわいいトルソー型など、さまざまなデザインがあります。ぜひ、自分好みのデザインを見つけてみてくださいね! 

タイプで選ぶ

  アイロン台には、長い脚の付いた「スタンドタイプ」、テーブルの上で使いやすい「卓上タイプ」、持ち運びしやすい「シートタイプ」の3種類があります。

どれを選ぶかによって、アイロンがけのしやすさが変わってくるので、自分に合うものを選ぶことが大切です。

ここからは、それぞれのタイプの特徴やメリット・デメリットを解説します。使いやすいアイロン台選びの参考にしてみてくださいね。 

スタンドタイプ

  スタンドタイプのアイロン台は、長い脚が付いているのが特徴です。自分が使いやすい高さに調整できるモデルも多く、一度にたくさんの衣類をアイロンがけする際も楽な姿勢で行えますよ。立ったままでも椅子に腰かけた状態でも使えて、体に負担がかかりにくいのもうれしいですね。

またスタンドタイプは、天板が大きく広々使えるため、シーツやサイズの大きい衣類などにもスムーズにアイロンをかけられます。本体は重く安定感があるため、台が動きにくいのもポイントです。体重をかけてしっかりプレスできますよ。

使い勝手のよいスタンドタイプですが、本体サイズが大きく、収納スペースを多くとってしまうのはデメリット。重量があり持ち運びにくいのも難点といえます。購入前には、収納場所のサイズを事前に確認しておくことが大切です。

卓上タイプ

  卓上タイプのアイロン台は短い脚付きで、テーブルの上や床に置いて使えます。スタンドタイプに比べてコンパクトかつ軽量なモデルが多く、サッと出して気軽に使える点がメリットです。少量のシャツやブラウスをアイロンがけしたい場合にぴったりですよ。 脚や天板を折り畳めるタイプもあり、省スペースに収納できるのも卓上タイプの魅力です。

ただし、スタンドタイプより天板が狭いため、大きいサイズの衣類をアイロンがけする際は何度も布地を動かす必要があります。また、体重をかけると脚が浮いてしまうことも。 卓上タイプはスタンドタイプにはやや劣りますが、頻繁にアイロンがけをしない方にとっては十分使いやすいアイロン台といえます。 

シートタイプ

  シートタイプのアイロン台は脚がなく、テーブルの上や床に直接置いて使います。板状のものやシート状のものがあり、コンパクトで軽いのが特徴です。とくにシート状のものは丸めて収納できるのでカバンに入れてもかさばらず、旅行や出張などにも持って行きやすいですよ。

アイロンをかけたいときにすばやく出して設置でき、使用後はすぐにしまえるのが魅力。一人暮らしの方や、アイロンがけの回数が少ない方にとくにおすすめです。

しかし、シートタイプのアイロン台は他タイプに比べて天板のサイズが小さく、衣類を何度も動かす手間がかかるのがデメリット。アイロンがけに時間がかかってしまうので、手にも負担がかかりやすいでしょう。 

形状で選ぶ

  アイロン台の形状は大きく分けて3種類あり、オーソドックスな「舟型」、カーブ部分のアイロンがけがしやすい「人体型」、シンプルな形状のアイロンがけに向いている「平型」があります。

一般的に最も使いやすいのは舟型とされていますが、アイロンを使う頻度やアイロンをかける物によって選ぶべき形状は異なってきますよ。

ここからは、それぞれの形状のメリットやデメリットを解説するので、購入の際の参考にしてみてくださいね。 

舟型

  舟型のアイロン台は、その名の通り舟のような形をしているのが特徴で、片方は角があり、もう片方は舟の先端のようなラウンド形状になっています。ラウンド部分を利用すれば、シャツやブラウスの丸みのある部分もキレイに仕上げられますよ。

シーツやベッドカバーのような大物から、面積の広いLL・XLサイズの衣類やロングスカート、ハンカチやスカーフなどの小物まで、さまざまなサイズの布製品に対応できるのが魅力です。

「仕上げ馬」付きのものを選べば、シャツの袖口や肩口のような形状が複雑な部分も、スムーズにアイロンがけができます。仕上げ馬を取り外せるタイプや回転させられるタイプは、面積の広いもののシワ伸ばしをする際に便利です。 

人体型

人体型という名前の通り、人体の形をしたアイロン台に衣類を着せるようにセットしてアイロンをかけられるので、複雑なカーブ部分や、前身ごろ・袖口などもキレイにシワ伸ばしできます。シャツやブラウスなどをアイロンがけすることが多いなら、人体型のアイロン台が使いやすいですよ。

使いやすいのは人体型のスタンダードタイプですが、使用頻度が低いならコンパクトな卓上タイプもおすすめです。ハンガー付きのものなら、クローゼットに掛けて省スペースに収納できます。  

平型

  平型のアイロン台は、長方形の商品が多く、ハンカチやシーツなどシンプルで平面的な形状のもののアイロンがけに適しています。平型はサイズが小さめのモデルも多く、なかには天板を折り畳めるモデルも販売されていますよ。収納しやすいアイロン台をお求めの方におすすめです。

舟型や人体型と比べると、平型のアイロン台は複雑な形状の衣類へのアイロンがけがしづらいのがデメリット。一度にたくさんのワイシャツやブラウスをアイロンがけする方には向いていません。 

カバーの素材で選ぶ

  仕上がりを重視する方は、アイロン台のカバーの素材にもこだわって選んでみましょう。

シャツやブラウスなどをパリッと仕上げたい場合は、表面にアルミコーティング加工が施されたアイロン台がおすすめです。アイロンの熱がアルミに伝わることで衣類を上下から温め、キレイにシワを伸ばせます。また、アイロン後の熱をすばやく逃がせるので、シャツをパリッと張りのある状態に仕上げられますよ。ただし、汚れた際に洗濯できないので注意してくださいね。

布製のカバーは、アイロン台から外して水洗いできるのがメリットです。汚れたり色移りしたりしたときも洗えるので安心ですね。また、布製カバーはおしゃれな色柄のものが多く、好みのものを選びやすいのもうれしいポイントです。

しかし、布製カバーは熱伝導性が低いため、大量の衣類をスムーズにアイロンがけしたい場合にはアルミコーティング加工のカバーを選ぶ必要があります。

おしゃれなアイロン台おすすめ12選

  ここからは、おしゃれでアイロン台のおすすめ商品をご紹介します。

デザイン性の高さと実用性を兼ね備えた「山崎実業」やスタイリッシュな「Joseph Joseph (ジョセフジョセフ)」などのブランドものから、 かわいい北欧風、クールなモノトーン風、リーズナブルなタイプまで、幅広いアイロン台をピックアップしました。

見た目だけでなく、使い勝手にも優れたアイテムを集めているので、アイロン台の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。 

PR
山崎実業(Yamazaki) 平型アイロン台 ベーシック アルミコート

商品情報

材質: 表面布:綿100%(アルミコーティング)クッション材:ポリエステル天板:木質繊維板
ブランド: 山崎実業(Yamazaki)
色: シルバー
商品の寸法: 60L x 2W x 36H cm
パターン: ベーシック 平型アイロン台

テーブルの上に置いて使いやすい、脚のない平型アイロン台。重さは約1.3kgと軽く、好きな場所に気軽に持ち運んで使えます。天板カバーの表面には熱伝導率に優れたアルミコーティング加工を施しているので、すばやくアイロンをかけられますよ。シンプルな形状で、省スペースに収納できるので、一人暮らしの方にもおすすめです。

PR
シービージャパン アイロン台 北欧柄

商品情報

材質: アルミニウム
ブランド: シービージャパン(CB JAPAN)
色: 北欧柄
商品の寸法: 76.5L x 31W x 12H cm
商品の重量: 1.3 キログラム

北欧柄がおしゃれなアイロン台で、脚を折りたためば卓上でも使用できます。天板を半分に折った状態でも使えるので、ちょっとしたアイロンがけをする際にも便利ですよ。回転式フックをバーに掛ければ、シャツを吊るしたままアイロンをかけることも可能。熱をすばやく伝え、すばやく蒸気を逃がす構造で、パリッと張りのある仕上がりを実現します。

PR
Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) アイロン台 グライド アイロンボード

商品情報

材質: 炭素鋼
ブランド: ジョセフジョセフ(Joseph Joseph)
色: グレー / イエロー
商品の寸法: 130L x 38W x 99H cm
商品の重量: 6.4 キログラム

高さを84~99cmまで 7段階調節できるスタンドタイプのアイロン台です。カバー表面は綿100%で、サイドには熱したアイロンを仮置きできる耐熱シリコン製のアイロン置き場を設けています。折りたたむと両脚が台の片側に収まる設計で、出し入れする際に脚がひっかかりにくいのもポイント。持ち運びに便利な持ち手をフックにかければ、吊り下げる収納も可能です。

PR
山崎実業(Yamazaki) 舟型 アイロン台 アルミコート

商品情報

素材:表面布:綿100%(アルミコーティング) クッション材:ポリエステル 天板:木質繊維板 脚部:スチール(ユニクロメッキ)
色:シルバー
サイズ:約75X30X20cm
梱包重量:2 キログラム

シャツやブラウスの前身ごろ・後ろ身ごろのアイロンがけがしやすい、舟形のアイロン台です。全長約75cmと長さがあり、スラックスやロングスカートのシワ伸ばしも楽に行えます。カバー表面に熱効率のよいアルミコーティング加工を施すことで、スピーディーかつきれいな仕上がりを実現。職人がていねいに手作業で作り上げた日本製なので、品質も申し分ありません。

PR
Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) アイロン台 ポケット アイロンボード

商品情報

材質: プラスチック, 炭素鋼
ブランド: ジョセフジョセフ(Joseph Joseph)
色: グレー/イエロー
商品の寸法: 33L x 15.5W x 45.5H cm
商品の重量: 2.63 kg

天板を二つ折りにして、コンパクトに収納できるアイロン台は、数枚のシャツやハンカチなどちょっとしたアイロンがけをしたいときに重宝します。ロックを外して脚を立て、天板を広げるだけで、手早くセットアップすることが可能です。脚部分は作業台やテーブルを傷つけない仕様で、ぐらつきにくくしっかり立たせられますよ。

PR
AKOZLIN アイロン台 スタンド式 6段階 高さ調節機能 折りたたみ 舟型

商品情報

ブランド: AKOZLIN
色: ブラック
商品の重量: 4.6 キログラム
折りたたみ式: はい

天板の高さは63~76cmまで調整できるので、立っても座っても楽な姿勢でアイロンをかけられます。カバーはアルミコーティング加工を施した綿100%で、汚れたら取り外して洗うことが可能。天板の底部分には穴あき鋼板が採用されており、熱を効率よく逃がせます。折りたたむと厚さ約6cmになり、フックに吊るして省スペースに収納できるのもうれしいポイントです。

PR
山崎実業(Yamazaki) 軽量スタンド 式アイロン台

商品情報

材質: 表面布:綿100% クッション材:ポリエステル 天板・脚部:スチール(粉体塗装) ボタンプレスゾーン(凹凸吸収クッション):ポリウレタンフォーム アイロン置き台:スチール(クロームメッキ) キャップ:ポリエチレン表面布:綿100% クッション材:ポリエステル 天板・脚部:スチール(粉体塗装) ボタンプレスゾーン(凹凸吸収クッション):ポリウレタンフォーム アイロン置き台:スチール(クロームメッキ) キャップ:ポリエチレン
商品の寸法: 83L x 37W x 25H cm
商品の重量: 4 キログラム

天板も脚部もオールブラックで統一されたモダンなアイロン台です。シャツやブラウスのアイロンがけがしやすいよう、衣類にフィットする特徴的な形状を採用しています。13段階の高さ調節ができ、無理のない姿勢で作業することが可能。便利なアイロン置き場は、使わないときはしまっておける引き出し式です。スリムに折りたためるタイプで、壁に立て掛けて収納できますよ。

PR
東谷 アイロン台L グリーン LFS-272GR

商品情報

材質: コットン, ビーチウッド, 合金鋼
ブランド: 東谷(Azumaya-kk)
色: グリーン
商品の寸法: 106L x 34W x 48H cm
商品の重量: 5 キログラム

脚部分に天然木ピーチを採用したアイロン台は、ナチュラルなインテリアにぴったり!爽やかなストライプ柄のカバーも家事を楽しく感じさせてくれそうですね。天板高さを48~83cmの間で調整できるほか、台の下にはアイロンを仮置きできるアイロン置きが設置されています。折りたたむとコンパクトになるので収納場所をとりません。立て掛けておいても邪魔になりにくく、使いたいときにさっと出して使えますよ。

PR
オーム電機 アイロン台 スチームアイロン台 アルミコート

商品情報

材質: ポリエステル, アルミニウム, ポリウレタン, ポリプロピレン, コットン, 合金鋼
ブランド: オーム(OHM)
色: シルバー
商品の寸法: 60L x 36.5W x 18.5H cm
パターン: 無地

幅60×高さ18.5×奥行36.5cmのコンパクトなアイロン台は、一人暮らしの方やアイロンを掛ける衣類の枚数が少ないご家庭におすすめです。畳むと厚さ約4cmになるので、家具の隙間などに収納できます。表面の布はアルミコートで焦げにくく、すばやくアイロンがけが可能です。裏面には穴あき加工を施して通気性を高めています。

PR
山崎実業(Yamazaki) 北欧風 舟型 アイロン台

商品情報

材質: 表面布:ポリエステル・綿 クッション材:ポリエステル 天板:木質繊維板 脚部:スチール(ユニクロメッキ)
ブランド: 山崎実業(Yamazaki)
色: グレー
商品の寸法: 75L x 30W x 20H cm
商品の重量: 2.3 キログラム

幅75×奥行30×高さ20cmの細長い形状のアイロン台は、スラックスやワイシャツなど長い物のアイロンがけに便利。舟型なので前身ごろや後ろ身ごろに沿って、スムーズにアイロンをかけられます。北欧風のチェック柄のカバーは落ち着いた印象で、部屋の隅に立て掛けて置いてもインテリアの妨げになりにくいデザインです。

PR
和平フレイズ アイロン台 アルミコート ブラック

商品情報

材質: ポリエステル, アルミニウム, 鉄, ポリプロピレン, コットン
ブランド: 和平フレイズ(Wahei freiz)
色: ブラック
商品の寸法: 70L x 36.5W x 20.5H cm
パターン: 人体型

汚れやシミが目立ちにくいブラックカラーのアイロン台。シャツの形に沿ってアイロンがけをしやすい人体型で、襟や袖部分のシワ伸ばしもスムーズに行えます。天板表面は熱伝導に優れたアルミコートで、すばやくキレイに仕上げることができますよ。脚部分は折りたためるので、コンパクトに収納できるのが魅力ですね。

PR
山崎実業(Yamazaki) 北欧風 スタンド式 人体型アイロン台

商品情報

材質: 表面布:ポリエステル・綿 クッション材:ポリエステル ボタンプレスゾーン(凸凹吸収クッション):ポリウレタンフォーム 天板・脚部:スチール(粉体塗装) 置台:スチール(クロームメッキ) キャップ:ポリエチレン表面布:ポリエステル・綿 クッション材:ポリエステル ボタンプレスゾーン(凸凹吸収クッション):ポリウレタンフォーム 天板・脚部:スチール(粉体塗装) 置台:スチール(クロームメッキ) キャップ:ポリエチレン
色: アイボリー
商品の寸法: 90L x 25W x 37H cm
商品の重量: 4 キログラム

北欧テイストのファブリックがかわいいアイロン台。シャツやブラウスなどのアイロンがけがしやすい人体型です。表面はボタンが沈み込む構造になっており、ボタンの付いた袖口や前身ごろもきれいに仕上げられます。熱に強く丈夫なスチールメッシュ構造やスライド式のアイロン置き台など機能面も充実。高さを13段階調整できるので、大量にアイロンをかける際も楽な姿勢で作業を続けられますよ。

おしゃれなアイロン台で家事をもっと楽しく!

 おしゃれなアイロン台があれば、面倒な家事のモチベーションもアップしますよね。ネットショップや店頭には、デザインだけでなく、機能性にも優れたアイロン台がたくさん!今回ご紹介したアイロン台の選び方を参考にして、自分にとって使いやすいサイズや形状、収納しやすさを兼ね備えた、お気に入りの1台を見つけてみてはいかがですか? 

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー