この記事で紹介されている商品

IH対応の圧力鍋おすすめ15選!選び方や使い方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「煮込み料理などが時短で作れる便利な圧力鍋。圧力鍋にはガスコンロでしか使えないもののほかに、熱源を選ばない「IH対応の圧力鍋」があるんです。この記事では、IH対応の圧力鍋の選び方を解説し、おすすめの商品をご紹介します。構造の違いや容量、便利な機能を備えたものなどをご紹介するので、ぜひご覧くださいね。」

この記事で紹介されている商品
もっとみる

圧力鍋とは?

そもそも圧力鍋とは、通常の鍋と比較して高圧・高温で料理できる鍋のこと。水は通常、100℃で沸騰し気化するのでそれ以上の温度での調理はできません。しかし圧力をかけることで沸点が上がり、100℃以上で調理が可能となります。圧力鍋はその原理を利用し、圧力をかけ100℃以上の高温で調理することで短時間での調理を可能にしたり、食材を柔らかくジューシーにしたりすることもできる優れものです。

圧力鍋の選び方

圧力鍋は製品によってそれぞれ特徴があります。圧力のかけ方の違いや圧力値を調整できるか、容量や材質によっても特徴が異なるんですよ。その他にもロック機能などの安全機能が付属している場合があります。作りたい料理やご家族の人数、安全性に配慮されているか、などご自身に合うモデルを見つけてくださいね。

圧力のかけ方で選ぶ

IH対応の圧力鍋には主に二通りの圧力のかけ方があります。一つ目はおもり式、二つ目はスプリング式です。ここではそれぞれの特徴をご紹介します。おもり式は初心者の方におすすめの方式で、蒸気口をおもりでふさぎ、圧力がかかるとおもりが揺れて圧力がかかり始めたことを知らせてくれます。圧力鍋を使用するレシピは「圧力がかかってから〇〇分調理する」という表記があるため、初めて圧力鍋を使うという方には使いやすいと言えます。スプリング式は蒸気口にスプリングを入れバネの力で圧力を調整するタイプ。おもり式のように圧力がかかり始めたときに音がしないため、おもり式と比較すると圧力がかかり始めたタイミングがわかりにくいです。しかし圧力の強さを調節しやすいので、圧力鍋を使いこなし様々な圧力で調理をしたい方に向いているといえるでしょう。

かけられる圧力で選ぶ

圧力鍋を選ぶ上で、かけられる圧力値は大切なポイントです。食材に合った圧力値で調理をすることでおいしく仕上がりますよ。圧力値のパワーはkPa(キロパスカル)と表記され、値が高いほど圧力が強く短時間での調理が可能です。大きな塊肉の中心部まで火を通すことができ、魚の骨まで柔らかくなります。値が低いと圧力が弱く、野菜などの煮崩れを防ぎながら調理が可能です。野菜を調理するときは60~80kPa程度を目安に、お肉やお魚などを柔らかく調理したいときには100kPa程度を目安にすると良いでしょう。60~140kPaの間で圧力値を切り替えられると幅広い調理が可能ですよ。

素材や構造で選ぶ

IH対応圧力鍋にはステンレス製やアルミ製、その両方を採用した多層構造があります。ステンレス製のものは圧力がかかり始めるまでにやや時間がかかりますが、保温性が高く冷めにくいのが特徴です。一度圧力をかけるとその後は余熱でじっくりと調理できます。圧力値の高いモデルも多く、煮込み料理に向いています。アルミ製のものは熱が伝わりやすく短時間で圧力をかけ始められるのが特徴です。アルミは軽く柔らかい素材のため、比較的圧力値が低いモデルが多い傾向があります。軽量で扱いやすく、調理後本体がすぐに冷めるため、取り扱いもしやすいでしょう。これらの良いとこどりをしたものが多層構造です。多層構造とはステンレスとステンレスの間にアルミを挟んでいる構造のことを指し、アルミの熱伝導の良さとステンレスの保温性の良さの両方を持っています。性能としてはそれぞれの良い所を持ちますが、やや高価になってしまうのがデメリットです。予算に余裕がある場合は多層構造の圧力鍋をおすすめします。

大きさと容量で選ぶ

圧力鍋の容量は2.5~6L程度が一般的です。作りたい料理が1~2人分であれば2.5L、3~4人分であれば3~4L、5人分以上の場合は4.5Lがおすすめです。大は小を兼ねると言いますが、圧力鍋の場合は大きいサイズを選ぶと、その圧力の効果による時短効果を実感しにくくなってしまいます。そのため、最初の1台としては3~4Lほどの大きさがおすすめです。調理がしやすいだけでなく、重量もある程度抑えられるため、持ち運びやお手入れもしやすいですよ。

安全性で選ぶ

調理器具は高温で使用するため安全性も気になりますよね。圧力鍋となると更に高温になり、加圧もするため、より安全性に目を向けたいもの。安全性に配慮された製品かを確認するときはPSCマーク・SGマークに注目してください。PSCマークとは経済産業省が定めた安全基準を満たすと表示できるもので、SGマークは一般財団法人製品安全協会が定めた安全基準を満たすと表示できます。より実用的な機能を確認したい場合は、取っ手のセルフロック機能もチェックしてみてくださいね。

IHに対応してるものを選ぶ

昨今ガスコンロでなくIHクッキングヒーターも増えてきています。いざ購入してみたもののIHに対応していなかった…となったら困ってしまいますよね。製品毎にIHクッキングヒーター対応・非対応は明記されているので、必ずチェックするようにしましょう。

IH対応の圧力鍋おすすめ15選!

ここからはIH対応の圧力鍋15選をご紹介します。圧力の強さや圧力の切り替え可否に加え、保温や調理時間にも関わってくる材質や容量にも注目して選んでみてください。また安全性にも注目するとより安心して使用できますよ。それぞれのモデルの特徴や機能について解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR
パール金属 クイックエコ H-5039

商品情報

サイズ(約):全長380×幅210×高さ165mm
本体重量(約):1.8kg
材質:本体/ステンレス鋼、はり底/アルミニウム合金・ステンレス鋼、ふた/ステンレス鋼、取っ手/フェノール樹脂(耐熱温度150度)

アルミとステンレスの長所を併せ持った多層構造のIH対応圧力鍋です。表面は焦げ付きにくい加工が施されており、圧力鍋を使用したことがない方でも安心してお使いいただけます。低圧・高圧の2段階での切り替えが可能なため、しっかりと火を通したいお肉の塊の調理はもちろん、身崩れしやすい野菜やお魚の調理も可能です。容量は2.5Lで一人暮らし~二人暮らしの方におすすめのIH対応圧力鍋です。

PR
アイリスオーヤマ 圧力鍋 3.0L KAR-3L シルバー

商品情報

圧力切替:2段階圧力切り替え式
安全ロック構造
対応熱源:IH・ガス対応
スライド式でラクラク開閉
分量を量るのに便利な目盛り付き

操作が難しそうなイメージがある圧力鍋ですが、このモデルはシンプルな操作で使いやすい圧力鍋です。フタの開閉はハンドルをスライドしてロックを解除をするだけ。さらに圧力が下がってからでないとロックが解除できない仕組みになっているのも安心できますね。低圧・高圧をレバー一つで調節できるのもうれしいポイントです。IH・ガスいずれの熱源にも対応しており、容量は3Lと二人暮らしでも十分な大きさです。

PR
クリプソ ミニット デュオ プラム 5.2L

商品情報

圧力鍋と鍋が1つになった2in1なべ

このモデルは、圧力鍋と鍋が一体になった優れものです。レバーをまわすだけで、圧力鍋と鍋の使い分けが簡単にできるので、圧力鍋と鍋をそれぞれ用意しなくていいのはうれしいですね。圧力鍋モードで使用すると、通常の鍋と比較しても1/3程度の時間で調理が可能になります。ティファールならではのチタンコーティングで焦げ付きを防止し、長く愛用できますよ。

出典:ティファール クリプソ ミニット デュオ プラム 5.2L
PR
パール金属 片手 圧力鍋 2.5L IH対応

商品情報

肉の塊など芯まで熱の通りづらい食材向けの100kPaの高圧と魚や野菜など煮崩れしやすい食材向けの60kPaの低圧に切替可能な圧力鍋

保温性の高いステンレスを採用したIH対応圧力鍋です。ステンレス製で冷めにくいのが特徴で、一度圧力をかけると余熱でじっくりと調理が可能。低圧・高圧の切り替えが可能なため、厚みのある肉を使った料理や煮崩れしやすい煮物など、料理によって適した調理が可能です。IHに限らずハロゲンヒーターやガスコンロなどオール熱源に対応しているのもうれしいポイントですね。4合までのお米も炊けるので、ファミリー世帯でも重宝しますよ。

出典:パール金属 片手 圧力鍋 2.5L IH対応
PR
ビタクイック 3.5L

商品情報

高圧・低圧の2段階設定が可能。蒸気が少なく音も静かなフィスラー圧力鍋のエントリーモデル。

数あるビタクイックの中で初心者向けのに作られたエントリーモデル。圧力鍋をあまり使った事の無い方でも安心して使用できるシンプルな設計が特徴です。フタの開閉がしやすくロック機能も簡単です。正しくロックされないと圧力がかからない仕組みになっているので、安心してお使いいただけます。圧力表示も分かりやすく、表示されている白線を確認することで一目瞭然です。IHはもちろんのことガスコンロなど全ての熱源に対応しているのもうれしいポイントですね。

PR
KEVNHAUN ケヴンハウン 圧力鍋 4.0L

商品情報

料理に合わせて圧力を選べます。煮崩れしやすい魚や野菜も、熱の通りにくいかたまり肉も、美味しく調理が出来ます。

安全に配慮されているのが特徴の製品です。基準値以上の圧力がかからないよう余分な蒸気を外に排出する圧力調整装置が搭載されています。また圧力の高い状態で誤ってフタを開けられないようロックがかかり、これらが正常に働かない場合でも緊急排出口から圧力が逃げられるようになっています。これらの3段階の構造で安全が確保されるよう設計されているので、圧力鍋をあまり使ったことのないという方でも安心できそうですね。また低圧と高圧の2段階切り替えが可能など、圧力鍋の機能としても充分な機能を備えています。

PR
パール金属 圧力鍋 5.5L IH対応

商品情報

調理に合わせて2段階の圧力が選べる調整ダイヤル付。魚や野菜など煮崩れしやすい食材は115度以下で調理する60kpaの低圧で、肉の塊など芯まで熱の通りづらい食材には115度~121度で調理する100kPaの高圧に調整可能

5.5Lの大容量で四人家族やそれ以上のご家族にもぴったりの圧力鍋です。3層構造を採用しており保温性に優れているため、冷めにくく一度加熱するとその後は余熱でじっくり調理が可能です。難しい操作は必要なくワンタッチでフタの開閉が可能ですが、圧力が残っている間は蓋が開かないようになっているので安心。60キロパスカルと100キロパスカルの2段階の圧力調整ダイヤルがついており、料理に合わせて簡単に圧力を変更できます。

PR
マイヤー(Meyer) 低圧力鍋 3.0L

商品情報

時短とおいしさを両立させる、やさしい圧力。低加圧でおいしく仕上げる、新発想のお鍋です。

じっくりと調理できる低圧調理鍋です。圧力切り替えの機能はなく、優しい圧力で調理ができ素材本来の味わいを引き出せますよ。圧力鍋は通常調理中にフタを開ける事ができませんが、このモデルは途中でフタを開ける事ができます。さらにフタはガラス製のため中を確認でき、食材の状態を確認できるのも嬉しいポイント。ガスコンロやIHでの使用が可能で、通常の鍋と同じような使い方で低圧調理が可能です。

PR
WMF(ヴェーエムエフ) パーフェクトプラス圧力鍋2.5L

商品情報

  WMF(ヴェーエムエフ)の圧力鍋は1927年にドイツで販売して以来約90年、安全にご使用いただいております。スタイリッシュなデザインだけでなく、パーフェクトシリーズは取っ手が外せてお手入れが簡単なのも魅力。信頼のドイツ製で精密な安全設計。  

ワンタッチで取っ手を着脱できる、洗いやすく使いやすい圧力鍋です。取っ手を取り外してしっかりと洗えるのでいつでも清潔を保てます。かかっている圧力を知らせてくれる圧力表示ピンが搭載されており、一目で低圧か高圧かを判断可能。加圧方式はスプリング式のため、調理中も大きな音が出ず静かに料理できますよ。熱伝導性と保温性を併せ持つ多層構造を採用しており、食材をじっくりムラなく加熱できます。一台あるとさまざまな料理で活躍してくれるアイテムです。

PR
北陸アルミニウム株式会社 EGGFORM圧力鍋

商品情報

煮る・蒸す・茹でる・炊くという料理に加圧をこなす万能鍋です。

鍋本体だけでなくフタも肉厚のアルミ製となっており、熱伝導性に優れ内部全体を均一に加熱できます。鍋全体が均一に緩やかに加熱されることで食材の旨味を存分に引き出せます。0.1Mpaでの調理が可能なため、時短調理が可能です。また高圧にすることで最大温度が120℃まで上がるため、お米を炊くともっちりとした食感に仕上がりますよ。

PR
ワンダーシェフ 圧力鍋 3L 魔法のクイック料理

商品情報

  超高圧 (日本最高クラス:140kPa・約126度)と高圧 (80kPa・約117度)との切り替えが可能な圧力鍋です。2~3名のご家族に最適のコンパクトサイズの片手圧力鍋。 

140kPaと80kPaの超高圧・高圧での調理が可能な圧力鍋です。日本製の圧力鍋の中でも最高クラスの高圧力で時短料理を実現します。超高圧と高圧を切り替えられる調圧おもりを採用しており、食材に合わせて適した調理が可能です。容量は3.0Lと、2~3人分の調理にぴったりのサイズです。

PR
ティファール 圧力鍋 6L クリプソ ミニット イージー ルビーレッド

商品情報

片手でカンタン開閉。従来品より30%軽量で使いやすい。蒸し料理に便利な中かご付きなので1台2役。買ったその日から使えるレシピブック付き。

独自の安全設計が採用されており初心者の方にもおすすめのモデルです。加圧中にフタが開かないようになっており、フタがしっかりと閉まっていない場合は圧力がかからない仕組みになっています。またフタの開閉はハンドルを上げ下げするだけなので、非常に簡単ですよ。6Lの大容量サイズながら従来品より30%の軽量化を実現しており、取り扱いもしやすい一台です。

PR
両手圧力鍋 5点セット RAN-SE5

商品情報

  料理に応じて低圧・高圧の切り替えが簡単にできるダイアル式の両手圧力鍋です。圧力の状態が一目でわかる圧力表示付きで、ふたはボタンを押すだけのワンタッチ開閉。圧力調整装置で余分な蒸気を排出し、圧力を一定に保ちます。  

圧力鍋は難しい、というイメージを覆すような簡単操作が特徴の圧力鍋です。ボタンを押すだけでワンタッチで開閉ができ、料理に合わせて低圧・高圧をダイヤルで簡単に切り替えできます。また2段階の安全装置が搭載されているのも嬉しいポイントですね。一定の圧力を機キープするための圧力調整おもりがついており、圧力がかかっている状態ではフタがあかないロックピンが搭載されています。中かごやガラス蓋もついており、料理の幅が広がる一台です。

PR
パール金属 圧力鍋 4.0L IH対応

商品情報

調理に合わせて2段階の圧力が選べる調整ダイヤル付。魚や野菜など煮崩れしやすい食材は115度以下で調理する60kpaの低圧で、肉の塊など芯まで熱の通りづらい食材には115度~121度で調理する100kPaの高圧に調整可能です。

アルミニウムとステンレス鋼を用いた多層構造のため保温性と熱伝導性に優れています。冷めにくいため一度圧力をかけるとその後は余熱で調理が可能です。ワンタッチレバーでフタの開閉が可能なうえ、360度どの方向からも蓋の開閉ができるので、圧力鍋が初めてという方にもおすすめです。60kPaと100kPaの2段階の圧力を調整ダイヤルで簡単に変更でき、圧力がどの程度かかっているかを確認できる圧力目盛りもついています。

PR
ティファール オール・イン・ワン セット

商品情報

  必要なものがすべて揃った4点セットで様々な調理に大活躍!時短ができる2in1圧力鍋は、圧力鍋モードでお肉を短時間で柔らかく、鍋モードでたっぷりの煮込み料理に。取っ手のとれるフライパンは、炒め物からオーブン調理まで!  

ティファール特有の取っ手が取れるフライパンと鍋、そして圧力鍋までが揃うオールインワンセットです.。ティファールならではの安全設計が採用され、加圧中にフタが開かないようになっており、フタが閉まっていない時は圧力がかかりません。また圧力鍋のフタはハンドルを上げ下げするだけで開閉が可能なので、非常に扱いやすいですよ。フライパンと鍋を重ねて収納できるので、コンパクトに収納したい方にもおすすめです。

ぴったりのIH対応圧力鍋で時短料理を!

今回はIH対応の圧力鍋に注目して、かけられる圧力や圧力の切り替え可否、鍋の容量や安全性など様々な特徴を持つモデルをご紹介しました。併せて圧力鍋を選ぶ際に注目するべきポイントについても解説しましたので、ぜひ参考にしていただき、あなたにピッタリの圧力鍋を見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー