この記事で紹介されている商品

水切りラックのおすすめ4選!シンク上タイプなどキッチンのスペースを有効活用できるアイテムも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

洗った食器を置いたまま乾燥できる「水切りラック」。スリムな折りたたみタイプやシンク上に吊り下げて使用できる大容量タイプなど、さまざまな商品が展開されています。今回は、水切りラックのおすすめの選び方をご紹介します。おしゃれなキッチンラックについても触れているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

水切りラックのメリット

水切りラックは、洗った食器や調理器具などを置くだけで自然乾燥できる便利アイテム。濡れた食器や調理器具を拭きとる必要がなく、家事の手間が省けるのがメリットです。水切りラックには、バスケットタイプや据え置きタイプだけでなく、シンク周りに設置できるものもあり、デッドスペースになりがちな空間を有効活用できるものもあります。

また、スポンジ置きやカトラリーポケット、付近掛けなどの付属パーツがついているタイプなら、散らかりやすいキッチンアイテムを1箇所にまとめられて便利ですよ!ここからは、そんな魅力満載の水切りラックの選び方をご紹介しますね。

水切りラックの選び方

水切りラックを選ぶときは、下記のポイントを確認することが大切です。

  • 設置場所
  • 容量
  • 素材
  • 付属品

以下で詳しく解説するので、確認してみましょう!

設置する場所で選ぶ

水切りラックには、バスケットタイプやシンクに引っ掛けるタイプ、シンク上の突っ張りタイプなどの種類があります。設置する場所によって適切なタイプが異なるので、1人暮らしやキッチンが広い場合などの状況に応じて選ぶことが大切です。また、購入前には設置場所の寸法を測り、問題なく設置できるかどうかを確認しておくと安心ですよ。

バスケットタイプ

バスケットタイプは、調理台に直接設置できる一般的なタイプです。カゴの形状をしたラックと水受けトレーがセットになっており、安定性に優れています。置き場所を選ばないので、シンクから離れた場所に設置することもできますよ。

ただし、バスケットタイプは場所を取りやすく、設置スペースを確保する必要があります。また、生活感がでやすいので、インテリアにこだわりのある方はデザインや置き場所を考えてから購入するのがおすすめです。

PR
パール金属 ラクエラ ステンレス製 スライド式 水切り バスケット ステンレストレー付 H-6619

商品情報

ステンレス製の水切りバスケット。シンクサイズに合わせてアームをスライドさせられる。シンクに渡して使うもよし、トレー付きなので、シンクに渡さずシンク周りに置いてもよし。

置いても引っ掛けても使える、ステンレス製の水切りラックです。水切りトレー付きなのでシンクに直接置いて使用でき、邪魔なときはシンクに引っ掛けて使うこともできます。アームはシンクの幅に合わせて調節できるので、キッチンの広さに関係なく設置できるのがうれしいですね。

また、ステンレス製なのでサビや衝撃に強く、お手入れもスムーズに行えます。コンパクトなサイズなので、一人暮らしの方用にもおすすめの水切りラックですよ。

シンクに引っかけるタイプ

シンク周辺のスペースを有効活用したい方は、シンクの縁にかけて設置できるタイプがおすすめです。シンクにまたぐようにして設置できるので、水切りラックから直接排水できます。水切りトレーを設置する必要がないので、掃除の手間が省けるのが魅力です。

ただし、小さめのモデルが多いため、家族の多いご家庭にはあまり向いていません。また、シンクの縁に引っかけることで、シンク内のスペースが狭くなる点にも注意が必要です。

PR
川口工器 シンクに渡せる 水切り ラック (幅43cm 1段) SK-1074 21074 ステンレス 流れる 燕三条製

商品情報

調理スペースを確保したまま、満足の収納力 シンクに渡して設置可能な水切りラック

カゴの奥行きがシンクの幅より大きめに作られているので、作業スペースを邪魔することなく設置できます。長い奥行きに加え、カトラリー収納も付属しているのでたくさんの食器類が入るのも魅力。太めなフレームを採用しており、耐荷重約20kgの重さにも耐えられる優れものです。

シンク上・突っ張りタイプ

水切りラックの設置場所が見つかりにくいという場合は、突っ張りタイプを検討してみてはいかがでしょうか?突っ張り棒を利用して、キッチンの壁面に沿って設置するタイプの水切りラックです。スリムなので邪魔になりにくく、キッチンのデッドスペースを有効活用することができます。さらに、2段・3段タイプや調味料を収納できるものもあり、大容量で収納力に優れているのが特徴です。

ただし、突っ張り棒のみで支えるため、鍋やフライパンなどの重いものを置くときには注意する必要があります。突っ張りタイプを選ぶときは、耐荷重をチェックしてから購入しましょう。

PR
シンク上 水切りラック 食器 水切りかご 台所用品ホルダ キッチン収納棚 大容量

商品情報

これ1台あれば安心のオールインワンセット!水切りかごが二段、洗剤ボルダー、まな板立て、包丁立て、箸立て、コップ掛け(最大8つコップを収納可)、S字フック×8。オプションを組み合わせることによって合理的に並べられます。整頓しながらたくさん収納!

シンク上のデッドスペースを有効活用できる水切りラック。シンクの幅に合わせて伸縮できるので、スペースの無駄なく洗い物を収納できます。洗剤やスポンジなどを引っかけられるフックがついているため、調理アイテムも1箇所にまとめて収納できますよ!

フレームの底には吸盤がついており、設置面に傷が付くのを防いでくれるのも特徴です。約40kg超えの耐荷重を誇っているので、フライパンや鍋などの重さのある調理器具を置きたいときにも安心ですね。

容量・サイズで選ぶ

さまざまなサイズ展開がされている水切りラックですが、設置できるスペースや洗いたいお皿の量に応じて、適切な容量を選ぶことが大切です。

たとえば、家族の人数が多い場合や普段から洗い物の量が多いというご家庭の場合は、2段・3段になっている大きめサイズの水切りラックが必要になりますよね。

近年では、スリムなデザインでも、サイズを調節できる伸縮タイプや段数が多い製品も登場しています。設置スペースも考慮しながら、できるだけ収納力の高いものを選ぶのがおすすめですよ。

PR
パール金属 鉄 食器 水切り かご バスケット スリム ダークグレー 珪藻土トレー付 AZ-5510

商品情報

バツグンの吸水力!
サラッと速乾性!
お手入れも簡単!
省スペースでコンパクトに活躍!

一人暮らしにおすすめのスリムタイプの水切りラック。省スペースでコンパクトに設置できるので、縦でも横でも自由にレイアウトできます。珪藻土で作られた水切りトレーが水をしっかり吸収し、吸収した水も自然乾燥してくれるので受け皿に溜まった水を流す手間が省けますよ。水垢やヌメリのお手入れが不要なのもポイントです。吸収性が落ちたと感じたら、紙やすりで削るだけで復活しますよ!ブラックを基調とした落ち着いたカラーでキッチンのインテリアにもよく馴染みます。

素材で選ぶ

水切りラックに使われている素材は、ステンレス製やスチール製、プラスチック製などが主流となっています。素材によって特徴や見た目が異なるので、メンテナンスのしやすさにもこだわって選んでみてくださいね。

ステンレス

衝撃や熱に強く、サビにくいのが魅力のステンレス製。耐久性に優れているので、丈夫なものを長く使いたいという方におすすめです。水切れがよく通気性もよいので、衛生的にも安心して使用できます。ただし、水垢が目立ちやすくワイヤーの溶接部分に汚れが溜まりやすいので、複雑な構造のものはこまめな掃除やお手入れが必要です。

スチール

リーズナブルな価格の水切りラックを探している方は、スチール製がおすすめです。素材そのものに重量があるので、安定感があり丈夫なのが魅力!表面に、サビ防止のための粉体塗装が施されているものが多いのも特徴です。カラーバリエーションが豊富なので、インテリアに合わせて好みのものを選べますよ。

プラスチック

軽量なプラスチック製は、水切りラックを移動させながら使いたい方におすすめです。おしゃれなデザインのものも多いので、キッチンの雰囲気にこだわりたい方にもぴったりですよ。カビやヌメリが発生しやすい素材ではありますが、軽量で掃除しやすいので定期的なメンテナンスも手軽に行うことができます。

便利な付属品で選ぶ

水切りラックをより便利に使いたい場合は、付属品をチェックしておきましょう。包丁立てや箸立て、布巾かけ、まな板立てなどの付属品があると、小物を整理できて便利ですよ!

とくに、散らばりやすいカトラリー類は、ワイヤータイプだと抜け落ちてしまうため、サイドポケットや専用のボックスがあると安心です。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは水切りラックの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらに水切りラックを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

ご家庭に合った水切りラックを選んで、キッチンを快適な空間にしよう!

素材や設置方法など、種類が豊富な水切りラック。箸やスプーンなどを収納できるカトラリーポケットがついているものなら、キッチンをすっきりと片付けられるのでおすすめです。ご家庭に合った水切りラックを選んで、キッチンをより快適な空間にしてみてくださいね!

こちらもチェック!
キッチンタオル掛けのおすすめ12選!マグネットや吸盤タイプなどご紹介

キッチンでのふきんやタオル収納に便利な「タオル掛け」。引き出しに掛けるタイプやマグネットタイプ、吸盤タイプなどさまざまな種類があります。本記事では、キッチンタオル掛けのおすすめ商品をご紹介します。キッチンタオル掛けの選び方についても詳しく解説するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

こちらもチェック!
調味料ラックにこだわっておしゃれなキッチンに!選び方のポイントについても詳しく解説

こまごまとした調味料をしまうのに役立つ「調味料ラック」。木製でおしゃれなものからスリムなもの、大容量のものまで、さまざまな種類があり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、特徴や用途に合わせた調味料ラックのおすすめの選び方について解説します。吊り下げタイプや突っ張りタイプなどの商品も必見です。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー