この記事で紹介されている商品

焚き火グローブのおすすめ17選!キャンプやバーベキューにも便利な人気アイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「焚き火グローブ」は火傷や怪我から守ってくれる耐熱性の高い手袋状のアイテムです。アウトドアやキャンプでのバーベキューなどで重宝しますが、種類が多く購入時に迷ってしまう人も多いでしょう。
そこで今回は焚き火グローブの選び方やおすすめ商品をご紹介します。おしゃれなものもピックアップしたのでチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

焚き火の際は専用の耐熱グローブを使おう!

焚き火を皆で囲んだり、バーベキューを楽しむのがキャンプの醍醐味ですよね。「火」の使用が欠かせないキャンプにおいて重要なのが「焚き火グローブ」です。
焚き火グローブがあれば火の付いた薪を触ったり、熱い鉄板や食材を掴んだりできます。安全で効率のよいキャンプを楽しむためにも用意しておくとよいでしょう。
とはいえ油断は禁物です。焚き火の温度は1,000℃以上になることもあるため、グローブをしているから絶対に安心とは限りません。焚き火グローブを活用しながらも火傷には十分な注意が必要です。

焚き火用耐熱グローブを選ぶ2つのポイント

焚き火グローブを選ぶ際のポイントは「素材」と「長さ」をチェックすることです。素材には牛革やアラミド繊維があり、長さも千差万別。使用するシーンに合わせて適切なグローブを選ぶのがポイントとなります。
ここからはそれぞれの特徴について詳しく解説します。焚き火グローブを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

【1】素材で選ぶ

まずは焚き火グローブの「素材」をチェックしましょう。焚き火グローブの素材は主に「牛革製」と「アラミド繊維製」の2種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、各タイプの特性を理解した上で、使用シーンに合った焚き火グローブを選ぶのがポイントですよ。

愛着を持って使うなら牛革製グローブ

愛着を持って長く使いたいなら「牛革製」のグローブがおすすめです。
牛革のメリットは使い込むほど手に馴染んでいくこと。天然素材ならではの色や質感の経年変化も楽しめるでしょう。使い込まれた牛革のグローブを持っているだけで、キャンプ上級者と一目置かれる存在になれますよ。
その一方で耐熱温度が120℃程度と低いのが牛革の難点です。ただし、燃焼中の火の中や薪・炭などに直接触ることさえしなければキャンプでも十分に活躍します。内張りに厚手素材が用いられていれば高温環境もある程度カバーできるので、耐熱性も重視する方は内張りの素材もチェックしてみてくださいね。

耐熱性が良く手ごろ!アラミド繊維製グローブ

耐熱性の高さを重視するなら「アラミド繊維製」のグローブが最適。牛革の耐熱温度が120℃程度に対し、アラミド繊維製の耐熱温度は500℃もあり、実際に消防士や警察官、宇宙飛行士の服にも用いられています。
その反面、アラミド繊維製のグローブを使う際は変色や色移りに要注意。長時間日光に当てると変色したり、水に濡れたまま放置すると色が移ったりする恐れがあります。また、牛革製のようにおしゃれなデザインは少なめです。ただし、無骨でそっけない雰囲気が却ってスタイリッシュでよいとキャンパーから注目を集めています。

【2】長さで選ぶ

焚き火グローブを購入する際は「長さ」も確認しましょう。長いほど安全性は高まりますが、長ければよいというわけではありません。使用シーンに合わせた長さを選ぶのがポイントとなります。
ここからは安全性の高いロングタイプと扱いやすいショートタイプの2つの特徴を詳しく解説します。

安全性に優れたロングタイプ

ロングタイプは肘の近辺までをカバーしてくれる形状をしており、メリットは安全性に優れていること。火の近くで作業をしていて火の粉などが腕に飛んできても火傷の心配が少なく済みます。例えばピザ窯を使って本格的なピザ作りに挑戦したいときも重宝するでしょう。薪を大量に運ぶ際も、腕に木のささくれが刺さる心配もありません。
ただし、ロングタイプは長さがある分、持ち運びに不便さを感じたり着脱に手間がかかったりするのもデメリットといえるでしょう。

作業用として便利!扱いやすいショートタイプ

ショートタイプは手袋と同じような長さで手首までをカバーしてくれます。着脱が楽に行えて、上着やズボンのポケットに入れて持ち運べるのがメリットです。最近はガスコンロでも調理が行えるため、焚き火をしないキャンプではショートタイプのグローブでも事足りるでしょう。
とはいえ、ショートタイプでも注意が必要です。焚き火の際は火の粉が飛んでくる可能性があるのはもちろん、ガスコンロでも火傷の恐れは十分にあります。心配な人はロングタイプとの併用がおすすめですよ。

おすすめの焚き火用耐熱グローブ17選

ここからはおすすめの焚き火用耐熱グローブを全17選ご紹介します。スタンダードな「牛革製」をはじめ、耐熱性に優れた「アラミド繊維製」、肘回りまでカバーしてくれる「ロングタイプ」の3つのカテゴリに分けて厳選したので、焚き火用グローブ選びの参考にしてみてくださいね。

「牛革製」焚き火グローブ

まずはスタンダードな「牛革製」の焚き火グローブから見ていきましょう。キャプテンスタッグやロゴス、スノーピークなどのアウトドアの有名ブランドのほか、匂いや蒸れを軽減できるタイプや柔軟性が高く実用性に優れたアイテムをご紹介します。

PR
キャプテンスタッグ ソフト レザーグローブ UM-1913

商品情報

材質 レザー
ブランド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
サイズ M
色 イエロー
特徴 耐火

ソフトレザー仕様の焚き火用グローブです。焚き火で暖を取りたいときはもちろん、ダッチオーブンやスキレット使用時などさまざまなシーンで活躍するでしょう。指先の素材は柔軟性が高く、力に自信がない人でも握りやすい作りになっています。
内側に綿生地を採用しているのも魅力のポイント。肌触りがよく、グローブにありがちなゴワゴワ感もほとんど気になりません。

PR
キャプテンスタッグ アウトドアソフトレザーグローブUM-1919/UM-1920

商品情報

製品サイズ:(約)全長275mm、中指の長さ90mm、手の平まわり240mm
※フリーサイズ
材質:本体/牛革
原産国:中国

こちらの焚き火用グローブは、使用シーンに合わせて2つのタイプから選べます。
「握りやすい・面ファスナー付き」は握りやすい作りで手にフィットします。「厚手・裏布付き」は内側に優しい素材の生地を使い、快適性がアップ。いずれも柔らかい牛表革を使用しているのも大きな魅力です。サイズもフリーサイズなので、幅広い世代の手に馴染みますよ。

PR
東和コーポレーション EXTRAGUARD TAKIBI EG-012

商品情報

用途:アウトドア キャンプ 日曜大工 土木・建築業 園芸・造園業 溶接業 鉄鋼業 造船業等

耐熱性はもちろんのこと、耐摩耗性も高いアイテムです。キャンプなどのアウトドア以外にもプロの現場でも大活躍間違いなし。手首までカバーしてくれるセミロング丈で安全性にも配慮されています。
内側には匂いや汗による蒸れを防ぐ加工済みで、汚れが気になった際は家庭での洗濯も可能です。劣化しやすい親指と人差し指の「水かき」部分には黒銀付きで、長く愛用できるでしょう。

PR
ロゴス ナバホレザーグローブ M 81090951

商品情報

総重量:M(約)210g
サイズ: [長さ]M(約)24cm [手囲い]M(約)24cm
主素材:牛革(床面)

普段使いもできる革製グローブを探している方におすすめ。ブラウンの優しい色合いは普段着にもマッチしますよ。裾に施されたクリスマス調のデザインがおしゃれのポイント。
優しい手触りの裏地付きで防寒対策にも役立ちます。アウトドア以外のシーンでも使えるグローブを探している人は要チェックですよ。

PR
スモア レザーグローブ

商品情報

【サイズ(cm)】20cm
【重量】200g
【材質】牛革
【生産国】CHINA

手首の部分にマジックテープが施されており、自分で簡単に強弱の調節ができる焚き火グローブ。ずり落ちが気になる方にはうれしいですね。厚手素材の牛革を使っているため、アウトドアの焚き火や調理シーンに大活躍間違いなしです。
カラーバリエーションは全部で3色。悪目立ちしないスタイリッシュなデザインで、自動車整備や日曜大工、土木作業にも使いやすいですよ。

PR
スノーピーク ファイヤーサイドグローブ UG-023BR

商品情報

アウターグローブ:スエード革(ケブラー糸使用) インナーグローブ:ポリエステル×コットン(表地難燃繊維使用)

スノーピークのロゴが配されたおしゃれな焚き火グローブです。厚手で耐久性に優れており、ダッチオーブン調理時や焚き火で暖を取りたいときに最適。加熱後のダッチオーブンをテーブルに運びたいときにも重宝するでしょう。
裾部分には便利なループ付きで、使わないときはハンギングラックに掛けて保管できますよ。

PR
ノルディスク トーデングローブ 149034

商品情報

カラー:ブラウン/ブラック
素材:本革
サイズ:フリーサイズ
重さ:370g

こちらの焚き火グローブは断熱素材を裏地に採用しており、調理後のオーブンや薪を触っても熱が伝わりにくく、安全性に配慮されています。包丁を使っての作業時も皮膚を守ってくれますよ。
ブラウンとブラックの切り替えデザインが斬新で魅力的。ノルディスクの白熊マークがプリントされており、遊び心も感じられるアイテムです。

PR
Kinco GlovesCowhide Driver Gloves #50

商品情報

材質:牛革
サイズ:Mサイズ
全長:約24cm
中指長さ: 約9cm
手のひら幅:約12cm (平置採寸)

機能性や安全性、耐久性のすべてにおいて申し分なし。手首の部分は絞り加工が施されているため、作業中にずり落ちる心配もありません。適度なきつさで防寒対策にも役立ちますよ。
サイズはS・M・LのほかにXLやXXLからも選べます。さらにキッズ用サイズも展開されているため、親子でお揃いのキャンプアイテムを楽しみたい人にもおすすめですよ。

PR
チャムス Leather Gloves 2022年モデル CH09-1271

商品情報

牛革を使用した本格派!作業用レザーグローブ表生地に牛革を使用した作業用グローブ。キャンプでの薪割やテント設営など、幅広く活躍。

こちらの作業用レザーグローブは、表生地に牛革を使用しています。厚みのある素材で安全面にも配慮されているため、キャンプでの薪割やテント設営など幅広いシーンで活躍しますよ。ブービーロゴの刻印がさりげないワンポイントになっている上、カラーはイエローとブラックの2色から選択可能です。
内側にはコットン生地を採用し、着用時のゴワつきも気になりにくく、作業に集中できますよ。

「アラミド繊維製」焚き火グローブ(手袋)

続きまして「アラミド繊維製」のグローブをご紹介します。アラミド繊維製は耐熱性が高いため、本格的なキャンプを楽しみたい方や、牛革製では耐熱性が物足りないと感じている人に最適です。

PR
福徳産業 耐熱パイル手袋L240

商品情報

●色:オレンジ●サイズ:L●厚さ(mm):3●ゲージ数:7●リストカラー:オレンジ●全長(cm):22.5●手のひら周り(cm):20.0

耐熱性と難燃性の2つの機能をあわせ持つグローブです。炎や熱にも着火せず、キャンプでのバーベキューや焚き火、焼き芋作りにも最適ですよ。厚みのあるパイル手袋となっており、業務用や工業用にも重宝するでしょう。バーナー作業や陶芸の窯出しなどのアウトドア以外で使えるグローブを探している人は要チェックです。
手首が二重編み仕様で締め付けることもなく、優しく手に馴染みますよ。

PR
富士商 耐熱グローブ1双 -m F5201

商品情報

片手/26*20*1.5㎝
片手/80g
外側/ノーメックス・ケブラー 内側/コットン

耐熱温度は350℃。その秘密はDupont社の登録商標になっている素材にあります。素材自体が耐熱性や難燃性を備えた繊維のノーメックス70%、強力で軽量なケブラー30%を使用しているため、幅広いシーンで大活躍間違いなしです。
伸縮性も高く個々の手のサイズにフィットする上、指先も動かしやすい作りなので作業もスムーズに進められますよ。

PR
吉野 アラミドパワー手袋 YST3L

商品情報

• サイズ:フリー
• トワロン100%紡績糸とPANOX100%紡績糸の撚糸

バージン繊維100%を採用した焚き火グローブです。ゴワつきが気になりにくく、しなやかさに長けているのがポイント。アラミド繊維と空気中で燃えにくい耐炎繊維を本体に編み込んでいるため厚みのあるグローブに仕上がっています。
手首の上までカバーしてくれるミドル丈デザインで、火の粉が飛んでも安心。価格もAmazonで1,000円台とお手頃価格でまとめ買いにも最適です。

PR
キャプテンスタッグ 難燃グローブ UM-1922

商品情報

• 製品サイズ:(約)全長/250mm、中指の長さ/85mm(※許容範囲±5%)(フリーサイズ)
• 製品重量:(約)120g
• 材質:表生地/炭化繊維・パラ系アラミド繊維50%、裏生地/綿100%

フリーサイズで性別や世代問わず使用できます。炭化繊維とパラ系アラミド繊維を50%ずつ採用しており、焚き火や調理の際に大変便利です。2枚重ねて使えば、持ち手が熱くなりやすいスキレットも楽にテーブルまで運べますよ。
裏地には綿を用いているので、手触りがよく防寒対策にもピッタリです。

「ロングタイプ」焚き火グローブ

ここからはロングタイプの焚き火グローブを4選ご紹介します。ロングタイプのメリットは肘近辺をしっかりカバーしてくれること。安全面を重視する人や、薪を抱えて持ち歩く機会が多い人に最適です。
キャプテンスタッグやヴァストランドなどの有名メーカーをピックアップしたので、チェックしてみてくださいね。

PR
キャプテンスタッグ レザーグローブ UG-3279/UG-3280

商品情報

• 製品サイズ:(約)全長400mm※フリーサイズ
• 材質:牛革
• 備考:ロングタイプ・ループ付き
• 原産国:中国

全長は40cmと、肘周りをガードしてくれる焚き火グローブです。バーベキューのような網の近くで安全に調理をしたいときにも安心。熱や怪我から手指をしっかりと守ってくれますよ。
素材は牛革を使用しており、ループ付きなので未使用時は引っ掛けて保管しておけます。ショートタイプも展開されているため、使用シーンに合わせて使い分けが可能ですよ。

PR
ヴァストランド 耐熱グローブ VL-GFA

商品情報

• 火の取り扱い時に適した「耐熱グローブ ロングタイプ」です。表生地に牛革を使用することで、炭や薪を掴める「耐熱性」を備えました

熱が伝わりやすい指先や手のひらなどには牛革を二重にして耐熱性を強化。小指側の手首部分が接触しやすいスキレットの持ち運びも安心です。肘の近くまで覆ってくれるため、薪ストーブへの薪入れにも便利でしょう。
縫製糸にはパラ系アラミド繊維を採用しているのもポイントです。長く愛用でき、キャンプ上級者や焚き火を中心としたアウトドアを楽しみたい方にもおすすめですよ。

PR
ロゴス たき火ロング耐熱レザーグローブPRO L 81090931

商品情報

総重量:(約)280gサイズ:L(長さ:約 39.5cm)主素材:牛革●耐熱性に優れた牛革を使用したBBQやたき火のための耐熱グローブ

耐熱性の高い牛革を使用しています。手のひらや指の部分には革を重ね貼りし、さらに耐熱性の高い作りになっています。
肘付近までカバーしてくれるロングタイプですが、手首の辺りには絞り加工が施されているのも魅力のひとつ。火の粉が飛んできてもグローブの中に入りにくい仕様です。また、ずり落ちる心配も少なく、作業に集中できますよ。

PR
ユニフレーム キャンプグローブロング 665459

商品情報

• 【カラー】ブラック
• 【サイズ】約450mm

大きめの焚き火グローブを探している方におすすめ。長さは45cmもあり成人男性が着用しても肘まですっぽり覆うサイズとなっています。ゆったりとした作りで窮屈さも気になりにくいですよ。ユニフレームのロゴ入りがさりげないおしゃれに。
焚き火で焼き芋を作りたいとき、薪ストーブに薪を補充したいときはもちろん、調理後のダッチオーブンをテーブルに運びたいときに重宝するでしょう。

焚き火用グローブで、アウトドアを安全に楽しもう!

キャンプやバーベキューの際は焚き火用グローブを使うことをおすすめします。火傷や怪我から守ってくれるため、熱くなったお皿を運んだり、焚き火に薪を足したりしたいときに便利ですよ。
焚き火用グローブはスタンダードな牛革、耐熱性の高いアラミド繊維製の2つのタイプから選びましょう。その上で持ち運びに便利なショートタイプか、肘まで覆ってくれるロングタイプかを選択するのがポイントとなります。デザインなども考慮しながら、キャンプの気分を盛り上げてくれるグローブを見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー