この記事で紹介されている商品

ハンガーのおすすめ10選!洗濯に便利なものやピンチタイプなど人気アイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

衣類を保管したり乾かしたりするときに欠かせない「ハンガー」。かけた衣類がすべらないものや型崩れしないもの、ハンガーの跡がつきにくいものなど、工夫をこらしたアイテムが豊富に展開されています。そこでこの記事では、使いやすいハンガーの選び方とおすすめの商品をご紹介します。是非参考にしてみてください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

衣類の収納・洗濯に欠かせない「ハンガー」

衣類の保管や洗濯のために毎日のように使うハンガーですが、特にこだわりなく選んでいる方も多いのではないでしょうか。ハンガーにはさまざまな種類がありますが、用途に合わせたものを選ぶことで、よりキレイに衣類を収納することができ、さらに、洗濯も楽に行なえるという嬉しい利点があります。
衣類の型崩れを防いでくれるものや省スペースでたくさんの衣類を収納できるもの、厚手の服も乾きやすいように工夫されたものなど、機能的なハンガーが多く展開されています。どんな用途で使うかによっておすすめのアイテムは変わってくるので、ぜひ選び方のポイントを参考にしてくださいね。

ハンガーの選び方

ハンガーはさまざまなタイプのものが販売されていて、どのように選べばいいか迷ってしまいますよね。この記事では、ハンガーのタイプ、素材、機能の3つに分けて選び方のポイントをご紹介します。
まずはかける衣類によってハンガーのタイプを選びましょう。また、ハンガーに使われている素材は耐久性と価格にかかわる重要なポイントです。さらにプラスアルファの機能をチェックすることで、より使いやすいハンガーを見つけられますよ。

タイプで選ぶ

ハンガーを選ぶ際にまずチェックしたいのがハンガーのタイプです。タイプは主に3種類あり、かける衣類に合わせたタイプのものを選ぶことで、型崩れを防いでキレイな状態で衣類を保管できますよ。
薄手の衣類をかけるなら「シャツハンガー」、スーツやジャケットを保管するなら「スーツ・ジャケットハンガー」、ズボンやスカートをかけるなら「ボトムハンガー」を選ぶのがよいでしょう。

薄手の衣類をかけるなら「シャツハンガー」がおすすめ

薄手のシャツやブラウス、Tシャツなどをかけておくなら「シャツハンガー」がおすすめです。ハンガー自体に厚みがなくかさばらないので、クローゼットで場所をとらずにたくさんの衣類を収納できます。セット売りされているものも多く、コスパよく揃えられるのもポイントです。
一方、シャツハンガーは衣類がすべり落ちやすかったり、ハンガー跡がつきやすいというデメリットも。ハンガーの形状や素材を工夫することでそういったデメリットをおさえたアイテムもあるので、チェックしてみてくださいね。

PR
マワ ハンガー

商品情報

[サイズ]幅40.0×高さ22.0×厚み1.0cm
[重量]約76g
[材質]本体/スチール
[原産国]ドイツ
[セット内容] 10本組

厚さ1cmのスリムなシャツハンガーです。スチール製のハンガーにPVC樹脂で特殊コーティングを施すことによって、かけた衣類がすべり落ちないように工夫されています。また、肩先がゆるやかなカーブになっているので、ハンガーが衣類を引っ張って跡をつけてしまう心配も軽減できますね。

PR
三日月ハンガー

商品情報

サイズ:約 幅36cm×高さ18cm×薄さ10mm
重量:約 60g
フック:フック径:4cm 
材質:滑り止め特殊加工 PVC/ステンレス

衣類がすべり落ちづらいPVC加工が施されたシャツハンガーのセット。形状は肩の跡がつきにくい三日月タイプと、型崩れしにくいシルエットタイプの2種類が用意されています。カラーバリエーションも8色と豊富なので、部屋の雰囲気や好みに合わせて選べますよ。

スーツやジャケットをかけるなら「スーツ・ジャケットハンガー」がおすすめ

きれいなシルエットを保ちたいスーツやジャケットは、肩先に十分な厚みがある「スーツ・ジャケットハンガー」を使って保管するのがおすすめです。スーツ・ジャケットハンガーは肩のラインに合わせて湾曲するように作られていて、型崩れだけでなくシワも防いでくれますよ。
スーツやジャケットは重みがあるので、ハンガーの耐久性もチェックしておきたいポイントです。また、ボトムスやスカート、ネクタイも一緒にかけられるバーやピンチがついたアイテムなら上下セットで保管ができて便利です。

PR
Umi(ウミ) ハンガー

商品情報

材質 木材
商品の寸法 45W x 24H cm
特徴 回転
【人間工学設計 厚めの肩先】
【360度回転フック 防錆】
【滑り止め 多機能】

肩先にしっかりとした厚みのある木製のスーツ・ジャケットハンガーです。人の肩のラインに近い設計がされており、衣類の型崩れを防いでくれますよ。ズボンやネクタイをかけられるバーにすべり止め加工が施されているのも、使いやすいポイントです。

ズボンやスカートをかけるなら「ボトムハンガー」がおすすめ

「ボトムハンガー」はスラックスやズボン、スカートなどを保管するのに便利です。畳まず吊り下げることで衣類のシワを防いで収納できますよ。ボトムハンガーにはバーに引っかけるタイプと、ピンチで留めるタイプの2種類があります。
バータイプはズボンをかけるだけなので手軽にかけ外しができて便利ですが、ハンガーや衣類の素材によってはすべり落ちやすいので注意が必要です。また、ピンチタイプは商品によってはピンチの挟む力が弱いものもあるので、強度をチェックして選びましょう。

PR
MAWAハンガー K30D

商品情報

サイズ:幅30.5×高さ10.5×厚み2.5cm(1本)
本体重量:75g(1本)
材質:本体/スチール
原産国:ドイツ
セット内容:10本組

スカートやスラックスをかけておくのに便利なクリップタイプのボトムハンガーです。クリップ部分にはPVC樹脂の特殊加工が施されており、衣類をしっかり挟んでずれ落ちにくいのがポイント!厚みは2.5cmとスリムなので、省スペースでズボンやスカートを保管できますよ。

素材で選ぶ

ハンガーを選ぶときには、素材もチェックしておきたいポイントです。使われている素材によって、価格や耐久性が異なってきます。
主な素材は、水濡れに強い「ステンレス製」、軽くて安価な「プラスチック製」、耐久性が高い「木製」の3種類です。洗濯にはステンレス製、大量購入をするならプラスチック製、重さのある衣類をかけるなら木製を選ぶのがおすすめです。

洗濯時も使用するなら「ステンレス製」がおすすめ

衣類の保管時だけでなく洗濯物を干すときにも使用するなら、耐水性に優れたサビにくい「ステンレス製」のハンガーがおすすめ。ステンレスは水濡れに強い上、日光にあたっても劣化しにくいので、屋外で使うのに適しています。
ステンレス製のハンガーは軽量でスリムなものが多いので、収納時に場所をとらないのも便利です。また、見た目がスタイリッシュなので、どんな雰囲気の部屋にも合わせやすいですよ。

PR
Cozyone ステンレスハンガー

商品情報

色 ハンガー(シルバー10pack防風)
材質 ステンレス鋼
商品の寸法 41W x 19H cm
特徴 耐久

ステンレス素材のハンガー10本セットです。雨や汚れに強くサビにくいステンレス鋼製なので、丈夫で耐久性抜群!形状にもこだわって作られていて、肩部分には窪みがあり衣類のズレを防止してくれる工夫が施されています。先端の安全キャップや溶接部分の加工など、安全面の配慮もうれしいポイントです。

コスパを重視するなら「プラスチック製」がおすすめ

「プラスチック製」ハンガーの1番の魅力はコストパフォーマンスの高さ。低価格でまとめ売りされている商品が多く、衣類の量が多いクローゼットをすっきり整理整頓したい場合におすすめです。
また、プラスチックのハンガーは軽くて扱いやすいのもメリット。持ち運びも楽なので、洗濯用ハンガーとしても重宝します。ただ日光に当たると劣化しやすく、ステンレス製のものに比べると耐久性は劣ります。

PR
easylife-jp ハンガー

商品情報

【商品仕様】梱包内容:20枚セット サイズ:長さ:41cm 高さ:19cm 厚さ:0.5cm
【襟元保護】S型設計で襟が伸び伸びしません!

プラスチック製ハンガーの20本セット。軽量かつ丈夫な造りで、襟元が伸びないように設計されたS型の形状が特徴です。また、キャミソールなどをかけられるフックや洗濯物が飛ばされないよう留めておけるストッパーなど工夫が多く、洗濯用にも収納用にも使い勝手のよいハンガーです。

重さのある衣類をかけるなら「木製」がおすすめ

スーツやコートなど重さのある服をかける場合は「木製」のハンガーがおすすめです。木製のハンガーは厚みがあってしっかりとした設計のものが多く、重い衣類も型崩れを防いで保管できます。高級感のあるデザインも木製ハンガーならではの特徴です。
一方、木製ハンガーは水に弱く洗濯用ハンガーとしては使えないこと、ハンガー自体に重量がありかさばることがデメリットとされます。重さのある衣類のみをかける収納用ハンガーとして使用するのがよいでしょう。

PR
木製ハンガー N1

商品情報

ブランド PARACHASE (パラチェイス)
材質 木材
商品の寸法 45W x 24H cm
特徴 回転
個数 6

スーツやジャケットをかけるのにおすすめの木製ハンガーです。肩部分に厚みのあるしっかりとした造りで、重い衣類をかけても安定感抜群。360度回転するフックが付いているので、角度調整ができて収納時にも便利です。高級感たっぷりな風合いは、大切な一着をかけておくのにぴったりです。

機能で選ぶ

より便利な機能を備えたハンガーもたくさん販売されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。例えば省スペースでたくさんの衣類を収納できる「連結タイプ」や、衣類がすべらない「すべり止め加工」、厚手の服も乾きやすい「伸縮式」のものなど、さまざまな便利機能を備えたハンガーが展開されています。

省スペースで収納できる「連結タイプ」

クローゼットの収納スペースが限られている場合におすすめなのが「連結タイプ」のハンガーです。ハンガー同士を縦に連結させることで、クローゼットの縦の空間を有効活用して効率よく衣類を収納できます。
薄手の衣類や子ども用の服を省スペースで収納したい場合におすすめです。

PR
tkone ハンガー

商品情報

色 ブラック(20pack)
材質 プラスチック
商品の寸法 41W x 23H cm
特徴 軽量
【省スペース】
【高品質耐久性持ちハンガー 】

連結して使える省スペースなハンガーの20本セットです。ハンガー上部の側面にフックがあり、ハンガーを引っ掛けることで連結させられます。厚さは40mmとスリムで、狭いクローゼットでもすっきり収納できますよ。3か所にすべり止めがついており、衣類がすべり落ちにくいのもポイントです。

襟ぐりが広い衣類もすべらない「すべり止め加工」

ステンレス製やプラスチック製のハンガーは軽くて扱いやすいですが、衣類がすべりやすいのが難点ですよね。そんな問題を解決してくれるのが「すべり止め加工」が施されたハンガーです。
ハンガーの一部にゴムやPVC樹脂の特殊加工、起毛加工が施されているものを選べば、襟ぐりが広いカットソーなどもすべり落ちにくくなります。衣類とハンガーをしっかり固定したい場合は、ピンチやクリップがついたずれ落ちを防止してくれるアイテムがおすすめです。

PR
Umi.(ウミ) 衣類ハンガー

商品情報

【商品仕様】梱包内容:20枚セット サイズ:長さ:41cm 高さ:22cm 厚さ: 0.5cm 素材は高品質環境にいいABS樹脂で作れました。

プラスチック製ハンガーの20本セットで、肩部分とバーにすべり止めのゴムがつけられています。凹凸のあるゴムが、すべりやすい素材の衣類や襟ぐりの広いカットソーなどもしっかりホールド。さらに肩紐を引っ掛けられるフックもついているので、変形トップスもずれ落ちる心配なく保管できます。

厚手の衣類も乾きやすい「伸縮式」

洗濯用ハンガーの中には、衣類の乾きやすさに工夫を凝らしたアイテムも展開されています。特にパーカーやトレーナーなど厚手の衣類を干すときに重宝するのが「伸縮式」のハンガーです。
伸縮可能なアームを衣類のサイズに合わせることで、袖の下など乾きにくい箇所も乾かしやすくなります。また、肩幅をぴったり合わせられるので衣類の型崩れ防止にもつながりますよ。

PR
小久保工業所 NUEVO スライドプレーンハンガー

商品情報

【商品詳細】数量:5種類×2個、計10本 / 材質:ポリプロピレン / 耐冷・耐熱温度:-20度~120度 / 日本製 MADE IN JAPAN

スライド式のアームで肩幅を調節できる、プラスチック製のハンガーです。横幅は通常時が418mm、アームを最大限伸ばした時は544mmで、10cm以上の伸縮が可能。衣類のサイズに合わせてアームの長さを変えられるので、干すときに重なりがちな袖下も風通しがよくなりすっきり乾かせます。特に洗濯物が乾きにくい冬場にトレーナーやパーカーを干すときに重宝しますよ。

使いやすいハンガーで衣類をキレイに保とう

今回はハンガーの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。何気なく選んでしまいがちなハンガーですが、実はチェックすべきポイントがたくさん!かける衣類や使うシーンに合わせて、適した形状や素材のハンガーを選ぶことが大切です。ぴったりのハンガーを選べば衣類をキレイに保管できる上、クローゼットの省スペースや家事の負担軽減にもなりますよ。ぜひこの記事を参考にして、生活スタイルに合ったハンガーを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー