この記事で紹介されている商品

手動コーヒーミルのおすすめ10選!おしゃれな日本製など人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「手動コーヒーミル」は、ゆったりとコーヒータイムを楽しめるアイテムです。高級感があふれるおしゃれなデザイン、プロも使いたくなるようなクオリティの高い日本製、初心者の方でも扱いやすい製品など、種類が豊富で選ぶのに迷いますよね。この記事では、手動コーヒーミルの選び方やおすすめ商品をご紹介するので、ぜひご覧ください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

手動コーヒーミルの魅力!電動との違いは?

コーヒーミルとは、焙煎した豆を挽くための道具。自分の好みに豆の粗さを調節できるので、味わいを自分好みにカスタマイズできますよ。豆を挽く音や香りなど、コーヒーを作る工程を楽しめるのも魅力です。

またコーヒーミルには手動と電動の2つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。
手動ミルのメリットは豆を挽いている時間を存分に楽しめ、ゆったりとコーヒーに向き合えることです。おしゃれなデザインが多いので、ほかのインテリアとも合わせやすいですよ。

ただし、一度に挽ける量は限られているため、時間がかかるというデメリットも。手早くコーヒーを飲みたい方にはおすすめできません。

一方電動ミルはボタン一つで一度に多くの豆を簡単に挽けるため、複数人にコーヒーを淹れたいときにもおすすめ。その分サイズがやや大きくなるので、設置スペースを確保する必要がありますよ。

手動コーヒーミルの種類

手動コーヒーミルは大きく分けて、「卓上・据え置き型」と「持ち運び型」の2種類があります。それぞれ作れる容量や特徴が異なるので、利用するシーンに合わせて選びましょう。
ここからは、手動コーヒーミルの種類を解説します。自分に合った手動コーヒーミルを見つけてくださいね。

卓上・据え置き型

卓上・据え置き型は、接地面が大きく安定していて挽きやすいのが特徴。3~4人分の豆を挽ける製品もあるので、ちょっとした来客時に挽きたてのコーヒーを淹れたいときにも重宝しますよ。またクラシックなデザインが多く、おしゃれなコーヒーミルが欲しい方にもおすすめです。

ただパーツを分解できない製品があり、お手入れに手間がかかるというデメリットもあります。気になる方はパーツを分解できるかどうかも確認してみてくださいね。

持ち運び型

持ち運び型はコンパクトな製品が多いため、収納スペースを抑えたい方にもぴったり!持ち運びもしやすいので、キャンプやバーベキューなどアウトドアシーンでも活躍しますよ。またパーツが分解でき、お手入れしやすいモデルが多いのも魅力です。

一度に挽ける量は少ないため、複数人のコーヒーを淹れたいときには向きません。挽くのに少しコツがいる製品もあるので、しっかり取扱説明書を読んでくださいね。

手動コーヒーミルの選び方

手動コーヒーミルはさまざまな種類がありますが、選ぶときは「ミル刃の素材」「挽き目調節機能」「サイズや容量」「お手入れのしやすさ」「おしゃれなデザイン」の5つのポイントに注目することが大切です。
ここでは、手動コーヒーミルのおすすめの選び方を解説するので詳しく見ていきましょう!

ミル刃の素材で選ぶ

ミル刃の素材は「金属刃」や「セラミック刃」などがあり、豆の挽き方やお手入れ方法が異なります。どちらもメリットとデメリットがあるので、自分にとって使いやすいミル刃を選びましょう。
ここからは、ミル刃の素材について解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

金属刃

金属刃の手動コーヒーミルは種類が豊富で、さまざまなブランドから販売されているのが特徴。切れ味は比較的よいですが、高価なものになるとさらに切れ味がよくなり、軽快に豆を挽くことができます。アンティークやクラシックなどのデザインもあるので、おしゃれなコーヒーミルが欲しい方にもおすすめですよ。

ただお手入れを怠ると、豆に金属臭が移る恐れもあります。刃に挽いた豆を付けた状態で放置していると酸化を引き起こすため、しっかりお手入れをすることが大切。水洗いすると錆びたり切れ味が悪くなったりするので、ブラシを使って汚れをかき出し清潔な状態を保ちましょう。

セラミック刃

セラミック刃は水で洗えるため、清潔な状態を維持しやすいというメリットがあります。比較的耐久性もよいので力を入れてしっかり洗えますよ。静電気が発生しにくく、ミルに豆が付着しにくいのもうれしいポイント!お手入れを楽にしたい方は、セラミック刃を検討してみてはいかがでしょうか。

切れ味に関しては、金属刃よりもやや劣ることを覚えておきましょう。どの製品を購入しても機能面に大きな差はないので、セラミック刃は手動コーヒーミルをこだわって選びたい方には向かないかもしれません。

刃の種類も一緒に確認しよう!

手動コーヒーミルの刃の種類は、「プロペラ式」「臼式」「コニカル式」の3つがあります。それぞれどのような特徴があるのか、さっそく見ていきましょう!
プロペラ式

プロペラ状の刃を高速回転させ、豆を粉砕するスタイル。シンプルな構造でお手入れが簡単なので、初心者の方にもおすすめですよ。挽きムラが出やすく、味にばらつきが出やすいというデメリットもあります。
臼式

横向きになった円盤型の刃で、豆を潰すように挽いていきます。摩擦熱が少なく豆本来の味わいや香りを楽しめるので、本格的なコーヒーを飲みたい場合に最適ですよ。お手入れに時間がかかり、プロペラ式よりもやや高価です。
コニカル式

回転刃と円錐刃を使って高速回転させながら豆を挽いていくタイプ。均一に豆を挽け、細かいエスプレッソ用を挽くこともできます。臼式と同様でメンテナンスに時間がかかり、やや高価です。

挽き目調節機能をチェック

安定した味わいに仕上げたい方は、挽き目調節機能があるのかどうかもチェックしておきましょう。挽き目調節の目盛りがあると、毎回同じ細かさに挽けるので便利ですよ。製品によって調整は10段階程度や、中には60段階程度細かくできるものもあるのでチェックしてみてくださいね。

目盛りの使い方は、本体を固定しネジを回すだけでよいので簡単です。一番細かい挽き目に合わせてから目盛りをいくつ動かしたか覚えておくと、同じ挽き目になるので安定した味のコーヒーを作れますよ。

サイズや容量で選ぶ

手動コーヒーミルは、飲みたい容量に応じてサイズを確認することが大切。サイズを確認せずに購入すると容量が足りず、2回に分けて豆を挽く場合もあるため注意が必要です。
1~2人ならコンパクトな持ち運び型でも充分ですが、3~4人になると据え置き型を選んでおくと安心でしょう。5人以上になる場合は一度では挽ききれないため、電動タイプを検討してみるのがよいかもしれません。

アウトドア用ならコンパクトサイズを

キャンプやバーベキューなどアウトドアで挽きたてのコーヒーを淹れたい方は、持ち運びしやすいコンパクトサイズの手動コーヒーミルがおすすめ。リュックにすっぽりと入るので、荷物の邪魔になりにくいですよ。
アウトドアでは不安定な場所で豆を挽く場合もあるため、自分の片手で本体を覆えるサイズを目安に選んでおくと安心です。

お手入れのしやすさで選ぶ

手動コーヒーミルを頻繁に使う方は、洗いやすさを重視するのもポイント。コーヒーミルは使用後、豆の油分や細かいコーヒーの粉が付着します。そのときに形状がシンプルでパーツが分解できるものなら、お手入れがしやすく手間もかかりにくいです。

また、先ほど解説したように刃はセラミック製にすると、水を使えるので洗いやすいですよ!
お手入れのしやすさで選ぶなら、形状やパーツが分解できて水洗いできるのかどうかなどにも注目してみてくださいね。

おしゃれなデザインで選ぶ

手動コーヒーミルは高級感あふれるおしゃれなデザインがあり、置くだけでインテリアになる商品も多いです。おしゃれなデザインのミルで豆を挽くと気分も上がり、コーヒータイムをより一層楽しめますよ。機能面をふまえて迷った場合は、見た目のデザインで選ぶのもよいですね。

【種類別】手動コーヒーミルのおすすめ10選

ここからは、手動コーヒーミルのおすすめ商品を「卓上・据え置き型」と「持ち運び型」の2つのジャンルに分けてご紹介します。
スタイリッシュなデザイン、プロも愛用したくなるような機能性のよい商品、アウトドア用におすすめの商品など、素敵なものばかりなのでぜひご覧ください!

卓上・据え置き型

まずは、卓上・据え置き型の手動コーヒーミルを5選ご紹介します。
蓋付きで衛生的に豆を挽ける、良質な日本製、伝統技法を受け継ぐドイツ製、切れ味の優れた刃、高級感あふれるデザインなど、おしゃれで機能性のよい商品が勢揃いですよ。

PR
カリタ Kalita コーヒーミル

商品情報

ブランド カリタ(Kalita)
色 マルチ
材質 鉄
商品の重量 0.87 キログラム
容量:ホッパー 25g 粉受け/30g

豆を入れる部分に蓋が付いたコーヒーミルはホコリが入りにくく、挽いているときに豆が飛び散らないのが魅力。下側は安定しやすい箱型のため、豆を挽くときに支えやすいです。硬質鋳鉄製の臼歯を使っており、丈夫で切れ味が長持ちしやすいのが特徴。調節ネジを右へ回すと細挽き、左へ回すと粗挽きにできるので、お好みの挽き具合を楽しめますよ。

PR
HARIO (ハリオ) 手挽き コーヒーミル スタンダード MCS-1

商品情報

ブランド HARIO(ハリオ)
材質 セラミック
商品の重量 608 g
コーヒー粉 10g

日本製の手動コーヒーミルが欲しい方におすすめ!ハリオは日本の老舗耐熱ガラスメーカーで、グラスやコーヒーサイフォンのほかにコーヒー関連道具なども手がけています。生活に彩りを添えられる一品を作るために努力を続けている会社ですよ。こちらの商品はセラミック製の臼歯を使用。摩擦熱が生じにくく、熱によるコーヒー粉へのダメージを防いでくれる優れものです。

PR
ザッセンハウス(Zassenhaus) 手挽き ミル MJ-1302

商品情報

ブランド ザッセンハウス(Zassenhaus)
材質 マホガニー
商品の重量 800 グラム

ドイツの老舗「ザッセンハウス」のコーヒーミルは、伝統技法を受け継いだ素晴らしい商品。フラットに豆を粉砕する硬質な刃は、すりつぶさず摩擦熱も抑えられるため、コーヒー豆本来の味わいを保てます。良質な一杯を作り出せるので、よりコーヒーライフを楽しみたい方にもぴったり。シックで落ち着いた色合いの本体は、空間を彩るインテリアとしても使えますよ。

PR
香りを最大限に引き立てる
プジョー PEUGEOT コーヒーミル 手挽き

商品情報

ブランド PEUGEOT(プジョー)
色 ウォールナット
材質 ブナ、鉄、ステンレス
商品の重量 907 g
引出部分の容量 25g

フランスの象徴的ブランド「プジョー」は200年以上の歴史を持つ老舗店で、のこぎり刃から始まりコーヒーミル、ペッパーミル、自転車など、さまざまなジャンルの製品を作っていますよ。こちらの商品は金属製の螺旋刃を使い、強靭かつ絶妙な切れ味で豆を均一に挽くことができます。じっくりと時間をかけてハンドルを回し、至福のコーヒータイムを楽しみましょう。

PR
メリタ (Melitta) コーヒーミル 手挽き

商品情報

ブランド メリタ
サイズ 幅195×奥行150×高さ238mm
重量 1.1kg
材質 木、鋳鉄、真鍮
容量 ホッパー/60g、引き出し/50g

おしゃれさが際立つコーヒーミルは、個性のある天然のブナ材を使用。蓋部分は艶のあるイエローゴールドにコーティングされており、高級感があふれます。コーヒー好きの方へのプレゼントにはもちろん、インテリアとして置いておくのもよいですね!刃の素材は硬質特殊鋼が使われているため、熱を溜めにくくきれいに挽けるのがポイント。箱部分は重量感があるので、力を入れなくても安定して豆を挽けますよ。

持ち運び型

次に、持ち運び型の手動コーヒーミルを5選ご紹介します。
ハンドルを分解できて持ち運びしやすい商品がたくさんあります!挽き目調節機能が搭載されている商品ばかりなので、屋外でもおいしいコーヒーを淹れられますよ。

TIMEMOREタイムモア コーヒーミル 手動

コンパクトなボディはダイヤモンドグリッド加工が施されており、握りやすいのが特徴。ステンレスの臼刃は豆の風味を損なわないように、挽き具合を均一に仕上げてくれます。下側には挽き目調節機能が搭載されており、お好みでコーヒーの粒の大きさを変えられるので味わいの変化を楽しめますよ。パーツは分解できるのでお手入れがしやすく、専用の掃除ブラシが付いているのもうれしいですね。

CIRCLE JOY コーヒーミル 手動

持ち運びしやすいコーヒーミルはハンドルを分解でき、カバンの中にもすっぽりと入りやすいですよ。人間工学に基づいたグリップ設計は、力を入れなくても簡単に豆を挽けます。鋭いステンレス製の刃はコーヒー豆を素早く粉砕し、味や香りをしっかりキープ!豆の挽き具合を調整できるので、手入れコーヒーはもちろんエスプレッソなども作れますよ!

PR
珈琲考具 KOGU 下村企販 コーヒーミル

商品情報

容量 9.2 オンス
色 ブラック
材質 プラスチック
商品の推奨用途 グラインド
商品の重量 260 グラム

透明デザインで見やすいコーヒーミルは、浅煎りと中煎りの分量の目安となる目盛りが付いています。お好みの豆を目盛りまで入れ、粗さを調整してハンドルをクルクルと回すだけなので初心者の方でも使いやすそうですね。ハンドルは取り外してバンドで固定するとよりコンパクトになるので持ち運びがしやすく、キャンプやバーベキューなどの屋外でもおいしいコーヒーを淹れられますよ。

VKCHEF 手挽きコーヒーミル

抽出器具に合わせて、6段階の挽き具合に調節できる優れた商品。エスプレッソ、モカポット、ドリップ、フレンチプレス、水出しなどさまざまなコーヒーを作れます。シンプルなデザインなので使いやすく、クリーム色のボディもかわいいですね。セラミック製の刃は摩擦熱を抑え、コーヒーの風味を保てるのが注目ポイント!お手入れするときは刃を水洗いできますよ。

1Zpresso X-Pro S手挽きコーヒーミル

ステンレスボディとブラウンカラーがスタイリッシュなコーヒーミル。上部のダイヤルを回すと極細挽きから粗挽きまで調整でき、理想の挽き具合でコーヒーを淹れられます。折りたたみ式のハンドルはスペースを取らないため、持ち運びするときにも便利。本体は分解しやすく、付属のミルブラシを使うときれいにお手入れができますよ。水に弱いので、できるだけ乾燥した環境で保管してくださいね。

コーヒータイムをより楽しめる手動コーヒーミル

手動コーヒーミルは豆を挽くのに少し時間がかかりますが、コーヒーを淹れるまでの工程を存分に楽しめますよ。据え置き型や持ち運び型があるので、利用するシーンに合わせて選ぶのがポイント!手動コーヒーミルを使って、おいしいコーヒーを淹れてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー