この記事で紹介されている商品
味噌マドラーのおすすめ14選!選び方や魅力についても解説

味噌マドラーのおすすめ14選!選び方や魅力についても解説

適切な味噌の量を計量できる「味噌マドラー」。味噌ときしやすく、毎回同じ味のお味噌汁を作れるメリットがあります。この記事では味噌マドラーの選び方や魅力、使い勝手のよいおすすめの商品をご紹介します。ステンレス製やプラスチック製、食洗機対応の商品もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

味噌マドラーの選び方

味噌マドラーはさまざまな種類がありますが、選ぶときは「素材」「味噌のときやすさ」「計量」の3つのポイントに注目しましょう。 ポイントを参考に、使いやすい味噌マドラーを見つけてくださいね。ここからは味噌マドラーの選び方を解説するので、詳しく見ていきましょう!

素材で選ぶ

味噌マドラーの主な素材は、「ステンレス」や「プラスチック」があります。それぞれ特徴が違うので、自分に合った素材を選びましょう。 ここでは、味噌マドラーの素材について解説するので参考にしてみてくださいね。

ステンレス製

味噌マドラーの素材として使われることが多いステンレスは、耐熱性や耐久性に優れているのが特徴。錆や汚れに強く長く愛用できるのが魅力です。味噌マドラーの使用頻度が高いという方は、ステンレス製を選んでおくのがおすすめですよ。 また先端はステンレスで、持ち手部分は違う素材でできた製品もあります。オールステンレスでない場合は食洗機に対応していない可能性もあるので、確認してみてくださいね。

くるっと回すだけで簡単に味噌を取り出せるマドラーは、大さじ1と大さじ2を量れる便利な商品。すくったままそのまま鍋に入れて溶かすことができるので使い勝手がよく、簡単に一定の味付けに仕上げられますよ。先端の接続部分はナイロン製の中栓で密封されているため、洗浄後も水が溜まりません。

プラスチック製

プラスチック製は軽くて使いやすい素材。価格が比較的リーズナブルなので、安価な味噌マドラーを探している方にも最適ですよ。味噌マドラーを使う頻度が少ないという方は、まずはプラスチック製を使ってみてはいかがでしょうか。

味噌を量る、すくう、こすの3役ができる優れもの。スプーンは分解でき、一つで大さじ1、もう一つ使うと大さじ2まで計量できます。スプーンを閉じてそのまま鍋でこせるため、お玉、菜箸、味噌こしなどは必要なし。一つの器具で済むので、洗い物を減らせるのがうれしいですね。四角い形状は容器の角や底に合わせやすく、味噌を取り出しやすいですよ。

味噌のときやすさで選ぶ

味噌のときやすさで選ぶなら、先端の形状に注目してみてくださいね。さっそく味噌マドラーの主な形状をチェックしていきましょう。

・丸型:定番の形状で商品数が多い。味噌をとかしやすく容器を傷つけにくいのも魅力です。混ぜやすいので、味噌のほかにも卵を溶いたり調味料を混ぜたりとさまざまな使い方ができますよ。

・三角形:先端が三角形になっており、容器の底や角に残った味噌をすくいやすいのが特徴。調理中に一時的に立てかけられるので便利ですよ。

計量で選ぶ

味噌マドラーを選ぶときは、何杯分のお味噌汁を作りたいのか考慮することが大切!お味噌汁の一人前の分量は大体、だし汁160mlに対して味噌が約15g(大さじ1)必要です。味噌マドラーは大さじ1杯や大さじ2杯を量れる製品が多いですが、中にはレバーを調整して大さじ3杯まで計量できるものもありますよ。 また日によって作る量が変わるという方は、大さじ1杯と大さじ2杯の両方付いた製品がおすすめ。家族の人数や一度に作る量に合わせて、ベストな味噌マドラーを選んでみてくださいね。

味噌マドラーのおすすめ11選

ここからは、おすすめの味噌マドラーを11選ご紹介します。 耐久性の優れたステンレス素材、毎日使うのが楽しくなるかわいいデザイン、多機能で便利、料理初心者の方でも使いやすいレバー式、スタイリッシュでキッチンインテリアとしても活躍するものなど、素敵な商品がたくさんありますよ!

金属加工で有名な新潟県燕三条地域で作られるマドラーは、職人たちが丁寧に作り上げています。丸型の先端は約2杯分の味噌を計量でき、取り出しやすいのが魅力。すくった味噌はそのまま鍋に入れてくるくる回すと、溶けやすくなりますよ。美しいステンレス製の先端はにおいや色移りが少なく、長く使えるのも注目ポイントです。

京都匙亀 味噌マドラー 1人用

商品情報

メーカー ‎京都匙亀
サイズ 30×160mm
素材・材質 ステンレス
生産国 日本

燕三条で製造された味噌用マドラーです。お味噌汁の一人分の分量をさっとすくうことができるので一人暮らしの方にもぴったり。ドレッシングを混ぜる際にも使用できるので、キッチンでの多様な用途に対応します。日本製の品質で、キッチンでの日常使いに最適なアイテムなのであると便利ですよ。

持ち手に穴が付いたマドラーは、フックにかけると吊り下げ収納も可能。サイズ展開をしており大なら約大さじ3杯、中なら約大さじ2杯、小なら約大さじ1杯の味噌を量れるので、お好みのサイズを選びましょう。くるっと回して味噌を計量し、そのまま鍋で溶かせるので使い勝手がよいですよ。食洗機に対応しているのもうれしいですね。

より正確に味噌を計量したい方におすすめの商品。持ち手部分には大さじとグラムの目盛りがあり、レバーをお好みの箇所に合わせると先端の丸型の金具が移動し、上手に味噌を計量することができますよ。先端は細長い形になっており、混ぜやすいのもポイントです!

エコー金属 三角味噌マドラー

Amazonカスタマーレビュー

3.4

Amazonカスタマーレビュー

(14件)

>

商品情報

メーカー ‎エコー金属
サイズ 216x41xH41mm
素材・材質 ハンドル部:ポリプロピレン/金属部:ステンレススチール
生産国 日本

新潟県燕市に会社を構えるエコー金属株式会社は、金属のほかにキッチンツールや雑貨などの家庭用日用品なども製造しています。日々の暮らしがより快適になる利便性の高いグッズを作っていますよ。こちらの商品は三角形のマドラーで、味噌を取り出しやすいように設計されているのが特徴。プラスチック製の持ち手には穴が付いており、吊り下げ収納にも役立ちますよ。

スプーンと泡立て器が融合した万能アイテム。ワイヤー状のスプーンは食材がこびりつきにくく、粘度のある味噌やマッシュポテトなどもすくいやすいですよ。ほかにも、餃子の種やアボカドのディップ作りなどにも使えます。先端のワイヤーはクロス状になっているため洗いやすく、汚れが溜まりにくいのが特徴。完全密閉設計のグリップ部分は水が入らず腐食を防ぐので、長く愛用できますよ。

お味噌汁の味つけを一定に保ち、調理を簡単にする便利なアイテムです。ひとすくいで約2杯分のお味噌汁に必要な約大さじ2杯を計量することができます。そのまま鍋に入れて味噌を溶かせるので、使い勝手がよさそうですね。また、持ち手には穴が付いており、吊り下げ収納にも役立ちますよ。

丈夫な味噌マドラーが欲しい方にぴったりな商品。18-8ステンレス素材なので耐久性や耐蝕性が高く、長く愛用できますよ。先端は丸型になっており、二人分の味噌を計量可能。そのまま鍋に入れることができ、ゆっくり振り混ぜていくと味噌が溶け出していきます。味噌の計量のほかにも、調味料を混ぜたり卵を溶いたりと泡立て器としても使えますよ。

重厚感のあるブラックカラーがおしゃれな味噌マドラー。取っ手の樹脂部分には銀イオンが配合された抗菌剤が添加されており、衛生的に使えるのが魅力です。耐熱性の高い樹脂のため食洗機にも対応しており、お手入れが簡単!細長い形状の先端は味噌に差し込んでくるっと回すと簡単にすくえるので、使いやすいですよ。泡立て器としても活用しやすく、ドレッシングやソース作りなどで使うのにも向いています。

パール金属 みそ取りマドラー

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(3件)

>

商品情報

メーカー ‎パール金属
サイズ (約)全長20.5×幅4×高さ4cm
素材・材質 金属部/ステンレス鋼、ハンドル部/ポリプロピレン
生産国 日本

白を基調としたシンプルデザインのマドラーは清潔感があり、キッチンにもしっくりと馴染みやすいですよ。味噌は大さじ2杯が計量でき、約2杯分のお味噌汁を作ることができます。食洗機に対応していたり吊り下げ収納ができたりと、機能性が優れているのもポイント。つけ置き洗いをすると錆の原因になるので、水洗いをしたらすぐに乾燥してくださいね。

一人暮らしの方にぴったりなサイズのマドラーは、1回で約28gの味噌をすくえます。一定の濃さのお味噌汁を作れるので重宝しますよ。ステンレス素材のボディは耐久性がよく、丈夫な味噌マドラーが欲しい方にもおすすめ。洗うときはハンドル部分に水が溜まりやすいですが簡単に抜けるので、しっかり水を切って乾燥させてから保管してくださいね。

味噌マドラーはどこで買える?ニトリには売ってる?

お手頃な価格で良質な家具やインテリア用品などが揃う「ニトリ」にも味噌マドラーが販売されています。ここでは、計量味噌マドラーをご紹介するのでチェックしてみてくださいね。

ニトリの計量味噌マドラーは2種類のサイズがあり、大なら約二杯分、小なら約一杯分のお味噌汁の計量ができます。プラスチック製の取っ手は持ちやすく、穴が開いているので吊り下げ収納もできますよ。食洗機が使えるのもうれしいポイント!

味噌マドラーとは?本当に必要?

味噌マドラーは決まった量の味噌を量れる調理器具を指し、料理初心者の方や毎回同じ味のお味噌汁を作りたい方におすすめの商品です。 使うときは味噌が入った容器や袋に差し込んで回しながら引き抜くと、簡単に味噌を計量できるのがポイント。すくった味噌はそのまま鍋に入れて溶かせるので、マドラーとしても使えますよ。

味噌マドラーの魅力

味噌を量るのに便利な味噌マドラーですが、ほかにどのような魅力があるのでしょうか。 ここからは味噌マドラーの魅力を3つ解説するので、さっそく見ていきましょう!

お味噌汁の味が安定する

味噌マドラーは同じ分量の味噌を量れるため、毎回同じ味のお味噌汁を作れるのが魅力。味が濃かったり薄かったりする心配が少ないので、安定した味に仕上げられますよ。使い方が慣れてくると味見する手間も省けますね。

塩分調整にも役立つ

味噌マドラーは味噌の量を調節しやすいので、お味噌汁の塩分調整にも役立ちますよ。塩分ひかえめのお味噌汁を作りたい方は、ぜひ味噌マドラーを活用してみてくださいね。

1本で何役もこなす

味噌マドラーは、味噌を計量して溶かす以外にもさまざまな使い道があります。泡立て器のような形状なので、混ぜるときに便利!手作りのソースやドレッシングを混ぜるときに使ったり、天ぷら粉や小麦粉などの粉類を混ぜたりと、小さな泡立て器として活躍します。また、卵を溶いたりもできるので使い勝手がよさそうですね。 量る、溶く、混ぜるなどの役割を1本でこなせるので、ほかの調理器具を揃える必要がなく、洗い物が少なるのもうれしいポイントですよ!

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまでは味噌マドラーの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。さらに味噌マドラーを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

全13商品

おすすめ商品比較表

オークス レイエ 計量みそマドラー

貝印 Daily Plus 計量できる味噌こし

下村企販 ママクック みそが量れるマドラー

京都匙亀 味噌マドラー 1人用

パール金属 計量みそ取り

サンクラフト みそ汁上手

エコー金属 三角味噌マドラー

ののじ マルチワイヤースプーン

パール金属 ガジェコン みそ取り 中

ヨシカワ 料理のいろは お味噌はかりマドラー

下村工業 ヴェルダンブラック みそマドラー

パール金属 みそ取りマドラー

ナガオ 味噌とりマドラー

Amazonカスタマーレビュー
4.56,809
3.91,537
4.2693
-
3.913
4.099
3.414
4.4511
4.617
4.39
4.2665
4.23
4.3301
最安値
タイムセール
¥1,364-27%
参考価格¥1,870
タイムセール
¥578-19%
参考価格¥715

-

タイムセール
¥330-21%
参考価格¥418
タイムセール
¥1,400-36%
参考価格¥2,200
タイムセール
¥1,188-10%
参考価格¥1,320
タイムセール
¥352-7%
参考価格¥377
タイムセール
¥1,238-17%
参考価格¥1,500
タイムセール
¥941-10%
参考価格¥1,045

-

購入リンク

お気に入りの味噌マドラーを見つけよう!

味噌マドラーは、安定した味のお味噌汁を作れる便利なアイテムです。量る以外にも、調味料を混ぜたり卵を溶いたりと幅広く使えますよ。お気に入りの味噌マドラーを見つけて、おいしいお味噌汁を作ってみてくださいね。

こちらもチェック!
味噌のおすすめ8選!無添加や減塩タイプも!麹の種類や色、味の特徴を徹底解説

私たち日本人の食卓には欠かせない調味料の「味噌」。何となく選んでいるという方も多いかもしれませんが、味噌にはさまざまなタイプがあり、麹の種類や色味などで味わいも異なるんです。そこで今回は、おいしい味噌のおすすめの選び方について解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
味噌保存容器のおすすめ10選!使い勝手のよいガラス製やホーロー製などもご紹介

味噌を買ってきた容器のまま保管していませんか?味噌は「保存容器」に移し替えて保管することで、おいしさをキープすることができるんです。この記事では、おすすめの味噌の保存容器をご紹介します。ホーローやプラスチック、ガラスなどさまざまな素材の商品をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー