この記事で紹介されている商品

【2024年】油はねガードのおすすめ11選!ポイントをおさえてキッチンをきれいに保とう

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

キッチンの油汚れを防いでくれる「油はねガード」は、折りたたみや使い捨て、コンロカバータイプなど多くの種類があります。ニトリや山崎実業などのブランド、形状や使い方などもさまざまで、ひとつを選ぶのは難しいのではないでしょうか?そこで本記事では、油はねガードの選び方やおすすめの形状や素材、使いやすさなどを解説します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

キッチンの油汚れ防止には「油はねガード」が活躍

料理は好きだけど、油汚れが気になるため、揚げ物は避けたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そんなときは油はねガードを利用するのがおすすめです。調理中のコンロ周りに油がはねるのを防止してくれるため、キッチン掃除の手間を軽減する効果が期待できます。また、キッチンの見た目を気にしている方は、使うときだけ設置する折りたたみやおしゃれなタイプを選べば、キッチンの見映えが維持されますよ。油はねガードについて詳しく解説しながら、おすすめの選び方もご紹介します。

油はねガードの選び方

油はねガードは、形状やサイズ、素材などもさまざまです。そのため、用途や目的から適したタイプを選ぶのもよいでしょう。ここでは、選び方のポイントを3つご紹介します。

  • 油はねガードのタイプ
  • コンロのタイプやサイズ
  • 油はねガードの素材や加工

油はねガードのそれぞれの特徴から、適切な商品を選ぶポイントを詳しく解説します。

油はねガードのタイプで選ぶ

油はねガードは主に以下の6つのタイプに分類されます。

  • 折りたたみタイプ
  • スタンドタイプ
  • 排気口カバータイプ
  • 使い捨てタイプ
  • フライパン取り付けタイプ
  • 貼り付けタイプ

自宅のキッチンにはどれが適しているのか、またどのような使い方をしたいのかによって、適したタイプは異なります。目的に合った油はねガードを選ぶために、タイプ別に選び方のポイントを詳しくみていきましょう。

使いたいときだけなら「折りたたみ」が便利

折りたたみタイプは、コンロを使うときだけ使用したいという方におすすめです。調理が終わった後は、折りたためてコンパクトになるため収納にも困りません。自宅のコンロの大きさに合わせて適切なサイズを選べば、汚れを最小限に抑える効果も期待できます。ただし、コンロ周りに立てて使うため、商品によっては倒れやすい場合もあるため注意が必要です。そのため、購入前には安定感があるかどうかもチェックしてみるとよいでしょう。

PR
下村企販 レンジガード 油はねガード

商品情報

折りたたみ時/幅35.7×高さ28.5×厚さ2.6cm
本体重量(約):1.42kg
素材・材質:スチール鋼板(フッ素樹脂加工)
生産国:日本

コンロ周り全体をカバーして油はねを防ぐ商品です。コの字型で三方向をカバーしているため、キッチンに油汚れが少なくなります。パネルはスライド式で幅を変えられるため、1口コンロにも2口コンロにも対応可能です。お手入れの際には分解して洗えることやフッ素加工されているなど、汚れをしっかりと落としやすくなっています。

アイランドキッチンは「スタンドタイプ」がおすすめ

アイランドキッチンやカウンターキッチンにおすすめなのは、スタンドタイプです。脚台を置いてパネルを差し込むだけで簡単に設置でき、コンロ周りをおしゃれにカバーし、スタイリッシュな印象を与えます。コンロを隠してくれることから、部屋のインテリアにこだわりがある方やキッチンの見映えを意識している方などにも適したタイプです。

PR
池永鉄工 レンジガード ミストラル(曇りガラス) IR-800MT

商品情報

サイズ:700×506×300mm
重量:約5.0kg
素材・材質:強化ガラス(飛散防止フィルム付)
製造国:日本
耐熱温度:約200度

目隠しにもなるすりガラス製の商品です。金具にガラスを挟むだけで簡単に設置でき、キッチンの気になる部分も隠してくれます。L字型でコンロ周りをカバーするタイプですが、左右どちらにも取り付け可能なため、幅広い家庭に対応しやすいでしょう。また、生活感が出やすい油はねガードも、ガラス製ならおしゃれにカバーできます。ただし、比較的価格が高い傾向にあるため、予算と相談しながら選びましょう。

油汚れの侵入を防ぐ「排気口カバー」

排気口カバータイプは、コンロにあるグリルの排気口の中が汚れるのを防いで、面倒な内部の掃除の手間を減らしてくれます。コンロ周りではなく排気口のみを隠すもので、傾斜タイプやフラットタイプ、アルミタイプなどがあります。排気口を塞いでしまう形状の場合、グリルを使用するときには取り外す必要がありますので事前によく確認しておきましょう。

PR
山崎実業(Yamazaki) tower 排気口カバー ホワイト 2454

商品情報

サイズ:約W45~82×D8×H7.5cm
本体重量:約850g
対応サイズ:幅約43~80cmまでのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応

傾斜タイプの商品で、 伸縮するため排気口に合った幅に調整して使用できます。スチール製で油に強く、油汚れが付いてもサッと拭き取れるため、清潔さを保ちやすいです。魚焼きグリルを使用する場合には、カバーを後ろ側に倒すだけでいいため、取り外す手間がかかりません。

キッチンの掃除が楽になる「使い捨てタイプ」

使い捨てタイプは、汚れたら洗わずそのまま捨てられるため、お手入れが不要で楽ちんです。厚みや大きさはさまざまなため、自宅のキッチンで使いやすいものを選びましょう。しかし、使い捨てタイプはほとんどがアルミ製のため、生活感が出やすいというデメリットがあります。キッチンの見映えを気にする方には不向きでしょう。

PR
東洋アルミ そでがのびるレンジパネルでか シルバー

商品情報

サイズ:約縦38×横120~150cm
本体重量:約225g
材質:アルミニウムはく
原産国:日本

アルミ製でコンロに磁石で貼り付ける商品です。強力な磁石が付いているため、しっかりと貼り付き安定感があります。さまざまなコンロのタイプに対応しており、大きさに合わせて、パネルの大きさを調整できるので便利です。比較的安価で手に入るため、お手入れの手間を省くための使い捨て用として利用しやすいでしょう。

多用途に使える「フライパン取り付けタイプ」

フライパンに取り付けて使うタイプは、揚げ物のような油を使う調理をするときにフライパンに蓋をすることによって油がはねるのを防ぎます。揚げ物以外にも、揚げ焼きや炒め物の油はねを防いだり、湯切りに使用したりといった使い方も可能です。他のタイプと比べて小さいため、お手入れがしやすいというメリットもあります。

PR
NITORI(ニトリ) 油はね防止ネット 30cm

商品情報

材質 ステンレス鋼
ブランド NITORI
商品重量 189 グラム

直接蓋をして油はねを防ぐタイプです。スチール製の網で蒸気を通すため、少ない量の揚げ物をするときや油を使った料理にも役立ちます。また、湯切りするときは食材が落ちずにお湯だけを切れるので便利です。

壁の汚れを防止する「貼り付けタイプ」

貼り付けタイプは、壁に直接貼り付けて使用するため、キッチンが汚れるのを防止できます。油汚れは時間が経つと落ちにくくなりますが、貼り付けたシートなら剥がすだけで綺麗な壁が復活するので便利です。ただし、シートを交換するまでに、シート自体に付いた油汚れが気になる場合は掃除が必要になります。

PR
東洋アルミ キッチン壁用汚れ防止シート 透明 2829

商品情報

サイズ:25x45x0.125cm
本体重量:約100g
材質:ポリエステル
原産国:日本

キッチンの壁が汚れるのを防止するシートです。透明で貼ってあることが分かりにくいため、キッチンの美観を損ねません。縦45cm×横25cmのシートが3枚入りで、厚くてコシがあるため貼り付けるときに扱いやすいです。ただし、長期間経過してから剝がした場合、粘着剤の跡が壁に残ってしまうため、1年をめどに貼り替えることを推奨されています。

コンロのタイプやサイズに合った油はねガードを選ぶ

システムキッチンとガステーブルでは、設置する油はねガードの種類が異なります。基本の大きさは、システムキッチンのコンロが、横幅45cm、60cm、75cmの3種類です。これに対して、ガステーブルは横幅56cmと60cmの2種類あります。自宅のコンロはどちらのタイプなのか、横幅はどのサイズなのかを確認して、適切な大きさの商品を選びましょう。ここからは、「システムキッチン用」と「ガステーブル用」に分類してご紹介します。

システムキッチン用|コンロを使わないときはカバーとして調理スペースを確保

システムキッチン用の油はねガードは、コンロカバーと両用できるタイプがあります。その場合、コンロを使わないときに全体を隠せるため、調理スペースが少ないキッチンの作業台として役立ちます。コンロを使うときには立てかけて、油はねガードとして使用できるので便利です。ただし、ねじやシールで固定して使用するため、油がはねたときはお手入れを面倒に感じる場合もあるでしょう。できるだけ簡単に取り外せて、洗えるものにするとお手入れが簡単にできます。

PR
池永鉄工 コンロカバー ホワイト IK2-60W

商品情報

サイズ:‎57.2 x 65 x 7 cm
重量:2.5 kg
コンロを使わない時は調理スペース、使用時は油ハネガードに。
材質:スチール
生産国:日本

コンロと油はねの両方を汚れから守ってくれるカバーです。火を使わないときにはカバーを閉じて蓋をすると、コンロにホコリや汚れが入るのを防ぎます。調理するときには蓋を開けて、キッチンの壁やコンロ周りの油はねをガードしてくれるため、キッチンに汚れが付きにくいです。さらに、ビルトインのガスコンロとIHコンロのどちらにも対応しており、カバーは取り外して洗えるため衛生的に保ちやすくなっています。

ガステーブル用|コンロ周りをしっかりガード

ガステーブル用は、システムキッチン用よりも縦の長さが長めに作られています。ガステーブルはコンロ台を乗せているため、コンロと壁の間に隙間があり油が溜まりやすいですよね。ですが、油はねガードを使用すれば、コンロの後ろ側に油がはねないように防いでくれます。そのため、ガス管が汚れにくいのもメリットのひとつです。

PR
下村企販 レンジガードグレー 43154

商品情報

サイズ:幅/約36~65×奥行31×高さ47.5cm
素材・材質:スチール鋼板(フッ素樹脂加工)
生産国:日本
梱包重量:1.8 キログラム
‎ガステーブル用

ガステーブル専用の商品です。スライド式で自宅のコンロに合わせて幅を調整できるため、コの字型にぴったりと設置でき、コンロ周りに油がはねるのを防いでくれますそののため、キッチン掃除の手間を減らして楽になるでしょう。また、フッ素加工されており、サッとひと拭きするだけで油を落とせるのも魅力的です。

油はねガードのおすすめ素材・加工から選ぶ

油はねガードを付けることでキッチンの油汚れが少なくなり、掃除の負担が軽減されます。しかし油はねガードに汚れが付着するため、油はねガード自体のお手入れは必要です。そのため、素材や加工の選び方を工夫して、お手入れが楽になるアイテムを見つけるのがおすすめです。ここからは、比較的お手入れがしやすい素材や加工が施された商品について解説します。

耐久性が高い「ステンレス製」は繰り返し洗っても長持ち

ステンレス製は耐久性が高いため、繰り返し洗っても劣化しにくいという特徴があります。また、水洗いできるため比較的お手入れが楽な傾向にあり、衛生的に保ちやすい素材です。さらに、高温にも変形しにくい素材であるため、食洗機対応の商品も多くあります。

PR
オダジマ レンジガード コンロガード オールステンレス 1510220

商品情報

サイズ(約):幅33×奥行24.5×高さ29cm (組み立て時)
素材・材質:本体・芯棒/ステンレス鋼
生産国:日本
部品内容:正面板×1枚、側面板×2枚、芯棒×2本

オールステンレスの油はねガードです。油で汚れた場合でも丸洗いが可能な素材となっており、食洗器にも対応しています。そのため、比較的お手入れが簡単で自宅で取扱いやすです。また、使わないときにはたたんで収納できるため、キッチンをすっきり使いたい方におすすめですよ。

汚れが付きにくい「テフロン加工」はお手入れが簡単

フッ素加工が施されているものは、耐熱性や非粘着性が優れており、素材に油汚れがつきにくいという特徴があります。油はねガードにフッ素加工が施されていると、表面に油汚れが付きにくくなり、お手入れが簡単になるのがメリットです。また、フッ素加工が施されたものは耐久性も高く、繰り返し洗っても傷みにくいため長く使えます。

PR
高木金属 システムキッチンガード フッ素コート Lタイプ BC-KL

商品情報

サイズ(約):44×44×35cm
素材・材質:本体/鉄、表面加工/フッ素樹脂塗膜加工
フッ素コートで汚れもこびりつかず、お手入れも簡単
左右どちらでも使えるリバーシブルタイプ

表面にフッ素加工が施された商品です。汚れがこびり付かず水で流すだけでも落ちるため、お手入れの手間がかかりません。油汚れにも強く洗って繰り返し使えるため、コストパフォーマンスにも優れています。左右どちらでも使えるリバーシブルタイプで、様々なタイプのキッチンに合わせやすい設計です。

水で簡単に汚れが落ちる「ベラスコート塗装」

ベラスコート塗装とは、表面に親水性を持たせており、水だけで油汚れを落せるように作られた塗装方法です。ベラスコート塗装と汚れの間に水が入り込み、油汚れを浮かせて落とすため、洗剤を使わなくても汚れが綺麗に落ちます

また、耐摩耗性に優れているため表面に傷が付きにくく商品が長持ちしやすいのもポイント。さらに合成界面活性剤を使用しないことで、環境に優しいというメリットもあります。

PR
Belca 油はねガード ベラスコート ホワイト CHR-60W

商品情報

製品サイズ
(60cmコンロ使用時)幅66×奥行44×高さ35.3cm
(75cmコンロ使用時)幅88×奥行44×高さ35.3cm
材質 / 本体:亜鉛メッキ鋼板・塗装(ベラスコート)
シャフト:ステンレス

洗剤不要でお手入れが簡単な商品です。親水性により水が油汚れとの間に入り込んで、汚れを浮かせて落とすため、水拭きだけでも綺麗になります。さらに、折りたたみ式でコンロのサイズ合わせて調整しやすく、油汚れをしっかりガードしてくれるのも嬉しいポイントです。

調理器具の見直しも検討してみよう

油はねガードを使っていても、揚げ物を頻繁にするご家庭ではどうしても油はねが気になりますよね。そんなときは油がはねにくいタイプの揚げ物鍋を取り入れてみるのもひとつの手。油がはねにくい設計のものや少ない油で調理できるアイテムもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
揚げ物鍋のおすすめ10選!少ない油で揚げる・はねないなど選ぶポイントを紹介

揚げ物をカラッとおいしく仕上げるときにあると便利な「揚げ物鍋」。油がはねない構造になったものや、少ない油で揚げられる使い勝手の良いものを使えば、格段にフライ調理が楽になりますよ!この記事では揚げ物鍋を選ぶポイントや、素材による仕上がりの違いについても紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

油はねガードで油汚れが気にならないキッチンに!

油はねガードを使用すれば、ベタつきがちなコンロ周りの油汚れを減らして、キッチンを綺麗に保てます。油はねガードは、コンロに立てるタイプや壁に貼り付けるタイプ、フライパンに取り付けるタイプなどさまざまな種類があります。それぞれのキッチンに合うタイプや防げる汚れの範囲が異なるため、選び方を参考にして自宅のキッチンに合ったタイプを見つけてみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー