この記事で紹介されている商品

コンソメのおすすめ9選!固形・顆粒・粉末、どれを選べばいい?減塩タイプなどもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

料理に加えるだけで手軽に旨味をプラスできる「コンソメ」。さまざまな用途に使える万能調味料ですが、ビーフコンソメやチキンコンソメなどの原材料によって味わいが異なります。そこで今回の記事では、コンソメのおすすめの選び方をご紹介します。固形や粉末など、形状ごとの特徴も併せてチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コンソメとは

コンソメは、自宅で手軽に本格的な味わいを実現できる調味料です。今や家庭料理に欠かせない調味料のひとつですが、まずはコンソメと混同しやすい「ブイヨン」についてもおさらいしておきましょう。

ブイヨンは、牛骨や鶏ガラ、香味野菜、スパイス、ハーブなどから取った洋風だしのことで、日本でいう「出汁」に当たるものを指します。

一方コンソメは、ブイヨンをベースに香味野菜などを加えてさらに煮込んだもの。アクを取りながら丁寧に煮込んだスープは濁りがなく澄んでいるのが特徴です。このように手間のかかる工程を凝縮し、お湯に溶かすだけで本格的な料理を作れることから、家庭でもよく使用されているんですね。ここからは、そんなコンソメの選び方について解説していきます。

コンソメの選び方

さまざまなレシピに記載されているコンソメですが、あらためて選ぼうとすると何を基準にしたらよいか迷いますよね。メーカーによる味の違いもありますが、ここでチェックしておきたいのは、コンソメの形状と、原材料の違いです。まずは、これらの違いについて、以下で解説します。

1.形状で選ぶ

コンソメは固形と顆粒が一般的ですが、粉末や液体タイプのものもあります。ここでは、形状別にその特徴と料理への使い分けをチェックしてみましょう。代表的な商品もご紹介するので、併せてチェックしてみてくださいね。

計量いらずな「固形タイプ」

固形コンソメの特徴は、計量要らずで決まった分量をサッと使えること。たとえば、毎回同じ人数分を作るスープなどは、水分とともに入れるだけで使えるので、とても便利です。徐々に溶けていくので、ビーフシチューやポトフなど、火をじっくり通す煮込み料理にもおすすめですよ。少量を使う場合や細かく計量して使いたい場合には、割ったり削ったりしなければならなくなるため、用途に合わせて選んでみてくださいね。

PR
味の素 味の素KKコンソメ 固形 30個入

商品情報

じっくり煮込んだお肉と香味野菜のコクがギュッとつまった洋風スープの素です。お好みの肉や野菜と一緒に煮るだけで、いつものスープや煮込み料理などが一層おいしくなります。

2人分のスープを作るのに便利な固形キューブタイプのコンソメです。300mlのお湯に対して1個を目安に、サッとお湯のなかに入れるだけという手軽さが魅力!牛肉のエキスも入っているので、高級感と奥深さのある旨味も感じられ、手軽に料理の味を決めることができます。ジッパー付きパッケージで、保存がしやすいのもうれしいですね。

サラサラと使いやすい「顆粒タイプ」

使う分量を調節しやすいのが顆粒タイプです。散らばりにくくサラサラとした質感で使いやすく、食材や水分とサッと馴染むので、煮込み料理だけでなくピラフなどの炒め物にも使えます。

PR
味の素 KKコンソメふりだしタイプ 470g

商品情報

原材料:食塩、乳糖、砂糖、食用油脂、野菜エキス、でん粉、香辛料、肉エキス(ビーフ、チキン)、しょうゆ、酵母エキス、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(小麦を原材料の一部に含む)

ボトルからパラパラと振り出すだけで手軽に使える、顆粒タイプのコンソメです。ビーフやチキン、野菜のエキスに加えて、しょうゆも入っているので、これ一つでしっかり味が決まりますよ!

いろいろな料理に使いやすい「粉末タイプ」

顆粒タイプ同様、使う分量を調節しやすい粉末タイプ。食材に馴染みやすい一方で、パウダー状の細かい粒子は湿気に弱く、固まってしまうと扱いづらいため、保管には注意が必要です。

PR
マスコット オーネ コンソメ 6g×5

商品情報

シンプルにコンソメスープとしてもお楽しみいただけるコクのあるコンソメ。ビーフやチキン、ポーク、白身魚、野菜料理等にお使いいただけます。

ビーフエキスに加えて、野菜やチキンエキスも入った、粉末タイプのコンソメです。コクと旨味のバランスがよく、煮込み料理をはじめとしたさまざまな料理に活用することができます。パウダー状なので、塩の代わりにフライドポテトの味つけとして活用するなど、ほかの形状のコンソメとは違った使い方もできますよ。

水にサッと溶ける「液体タイプ」

コンソメには「液体」タイプもあるんです。水分で水っぽくなってしまうため炒め物には向いていませんが、溶け残りがないので煮込み料理やスープにおすすめ。少量使いもしやすいため、唐揚げなどの下味をつけるときにも便利ですよ。

PR
光食品 光 チキンコンソメ 10g*8袋 ×2セット

商品情報

化学調味料・たんぱく加水分解物・酵母エキス不使用。素材の持つ旨みを大切にした、液体タイプのチキンコンソメです。

めんつゆやポン酢のような感覚で、気軽に調味に使えるのが、液体タイプのコンソメです。こちらの液体コンソメは、野菜は100%国内産有機のもの、食塩は沖縄県産塩シママースを使用するなど、原材料の産地にもこだわって作られているのがうれしいですね。

2.原材料で選ぶ

一言に「コンソメ」と言っても、ベースにしている材料によって、味わいや旨味もさまざま。ここからは「ビーフ」「チキン」「野菜」と、素材別にコンソメの特徴をご紹介します。「減塩タイプ」のコンソメについても併せて解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ビーフコンソメ

牛肉や牛骨と香味野菜をじっくり煮込んで作られた「ビーフコンソメ」。口に広がるリッチな味わいなので、ビーフストロガノフなどの煮込み料理におすすめです。旨味がしっかりしているので、濃厚さやコクを出したい料理に活用するとビーフコンソメのよさを活かすことができますよ!

PR
ネスレ マギー 無添加コンソメ ビーフ 300g

商品情報

オセアニア産牛のビーフエキスを使った、風味豊かなビーフコンソメです。
塩分控えめでコクのあるベースが手軽にできあがります。

こちらのビーフコンソメは、オセアニア産牛のビーフエキスをメインに、昆布エキスや魚醤などを加えた奥行きのある味わいが特徴です。コクがあるのに塩分は控えめなので、料理の塩味を強めることなく、旨味をプラスすることができます。

チキンコンソメ

あっさりとした味わいのなかに旨味を感じられる「チキンコンソメ」は、さまざまな料理に使いやすいのが特徴です。スープなどの味わいをしっかり決めることができる一方で、素材の味を楽しむような料理でも主張することなく、引き立て役として使うことができます。

PR
[前田家] 国産原料だけで作った 完全無添加 チキンコンソメ だし 100g

商品情報

【栄養成分】
・エネルギー:21kcal・たんぱく質:4.2g・脂質:0.1g・炭水化物:0.7g・食塩相当量:0.02g・カリウム:98mg 
※この表示値は目安です。

国産の鶏肉と野菜を使用した完全無添加のチキンコンソメです。食塩を使っていないため味つけの調整がしやすく、離乳食にもおすすめ。粉末タイプで使いやすいのもうれしいポイントです。

野菜コンソメ

さまざまな野菜から出た自然な旨味と甘みが感じられる「野菜コンソメ」。スープやポトフなど野菜を中心とした料理に使うことで、シンプルな野菜本来のおいしさを味わうことができますよ。

魚介コンソメ

魚介類をベースに作られたコンソメもチェックしておきましょう。魚介コンソメは「フュメドポワソン」とも呼ばれ、魚介類と香味野菜を煮込んで作られます。魚の骨やアラなどを使って作られるのが一般的で、魚介類を使った料理に活用すれば、味に奥行きを出してくれますよ。フランス料理には欠かせないだしのひとつなので、ぜひ押さえておきましょう。

PR
マスコット オーネ フュメドポワソン (6g×5袋)×5箱

商品情報

マスコットの定番「ヒュメドポワソン6gx5袋入り」のお得で便利な5箱パックです。

えびやかになどの甲殻類とあさりやホタテなどの貝類から抽出した旨味成分に、香味野菜を合わせて作られた、顆粒タイプのコンソメ。濃厚なクリーム系の料理とも、ハーブを使った爽やかな料理とも相性がよく、リゾットやブイヤベースに活用すれば、手軽にさまざまな魚介の旨味を足すことができますよ。

3.無添加タイプで選ぶ

無添加タイプのコンソメとは、食品添加物のひとつである「うま味調味料」を使用していないコンソメを指します。コンソメの選択肢としてぜひチェックしておきたいですね。

PR
マコーミック MC化学調味料無添加 コンソメ 90g

商品情報

原材料:食塩(国内製造)、乳糖、チキンエキスパウダー、酵母エキス調味料(食塩、酵母エキス、砂糖、香味油、粉末醤油、乳糖、粉末野菜、野菜エキス、果実粉末、香辛料)、酵母エキスパウダー、ビーフエキスパウダー、玉ねぎ調味料、野菜エキスパウダー、香辛料/加工デンプン、(一部に乳成分・小麦・牛肉・大豆・鶏肉を含む)

ビーフとチキンエキスの旨味がぎゅっと凝縮された無添加コンソメ。すっきりとした深い味わいが特徴です。顆粒タイプなので1人前から大人数の料理まで量を調節しやすくとっても便利ですよ。

4.減塩タイプで選ぶ

コンソメには「減塩」タイプのものもあります。塩分を控えている方はコンソメに含まれる塩分も気になるところですが、そんな方には旨味を残して塩分を控えた減塩タイプのコンソメがおすすめです。

PR
味の素KK コンソメ〈塩分ひかえめ〉固形15個入箱×4個【減塩】

商品情報

「味の素KKコンソメ」〈塩分ひかえめ〉固形15個入箱×4個は、じっくり煮込んだお肉と香味野菜のコクがギュッと詰まった、味の素KKコンソメのおいしさはそのままに、塩分を40%(※)カットした洋風スープの素です。(※「味の素KKコンソメ」比、食塩相当量)。

知らず知らずのうちに摂ってしまいがちな塩分をカットした、減塩タイプのコンソメです。減塩と聞くと物足りなそうな印象がありますが、こちらの商品は、塩分をカットしつつもコクや旨味をしっかり残して作られているんです。固形タイプなので、いつも作る汁物などにも取り入れやすいのが魅力ですね。

Amazonで人気のコンソメをチェック!

ここまではコンソメの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにコンソメを探したい方は、Amazonで売れ筋のコンソメをチェックしてみてくださいね。

コンソメは作る料理に合わせて選ぼう!

意外と奥深い「コンソメ」の選び方を解説しましたが、いかがでしたか?形状や原材料の違いなど新たな発見があったのではないでしょうか?料理に合ったコンソメを選ぶことで、旨味をプラスできたり、素材の味を引き立てたりすることができます。ぜひ調味料まで吟味して、普段の料理をワンランクアップさせてみてくださいね!

こちらもチェック!
市販の万能調味料のおすすめ9選!これ一本で味が決まる人気商品をご紹介

これ一本で味が決まる、料理に便利な「万能調味料」。スーパーや食品専門店などでもさまざまな万能調味料が販売されています。万能調味料があれば、簡単に味付けができるため、手作りのおかずを作り置きするときにも便利です。今回は、市販のおすすめの万能調味料とスパイスをご紹介します。ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

こちらもチェック!
だし用昆布のおすすめ10選!離乳食としても使える!使い方も解説

味噌汁や佃煮、煮物などの料理をやさしくて親しみのあるおいしい味わいに仕上げてくれる「だし昆布」。出し汁と調理の両方に使える欠かせない食材です。今回はだし昆布の選び方とおすすめの商品をご紹介。昆布の種類ごとの味わいの違いや使用後の活用方法についても解説しています。離乳食のだしにも使えるので試してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー