この記事で紹介されている商品
バイクにおすすめのボディバッグを知りたい!機能性の高い商品をご紹介

バイクにおすすめのボディバッグを知りたい!機能性の高い商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

バイクは、自転車とは違って荷物を乗せるかごなどの収納場所がない点がとても不便です。そこで、バイク乗りやライダーにおすすめしたいのがボディバッグです。今回は、バイク乗車時におすすめしたいボディバッグをいくつかご紹介していきます。防水性のあるバッグや革製のスタイリッシュなバッグなどを厳選しましたので、購入時の参考にしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ボディバッグとは

ボディバッグは、比較的少量の荷物を入れるのに適したコンパクトなサイズのバッグであり、斜め掛けのショルダーバッグに対してより小さく、よりスリムに、といった声から誕生したバッグです。

小ぶりな本体の上下に付いたベルトを斜め掛けすることで、バッグ本体がしっかり体にフィットするようになっているため、ショルダーバッグのように本体が揺れ動いたりズレたりすることなく携帯できます

そのため、バイクに乗っている時はずり落ちたりすることがなく、安全に持ち運べるバッグとして選ばれています。

リュックはよりカジュアルになりますが、ボディバッグは小ぶりでスタイリッシュに持つことができるため、ファッション性も高く幅広い年齢の方にも使いやすいのが魅力です。

バイク向けボディバッグの選び方

ボディバッグは、タウンユースできるものとして幅広い商品が販売されています。今回は、あえてタウンユースとしてではなく、バイクに乗る方におすすめしたいバイク向けボディバッグの選び方について解説します。

防水性で選ぶ

ライダーというと、雨の日も関係なく乗車する方も多いため、できるだけ防水性のある商品を選ぶと良いでしょう。防水加工が施してあるボディバッグならば、雨が降っても中の荷物がビショビショに濡れるような心配がありません。

PVC加工(ポリ塩化ビニル加工)されているものが防水性が高いですが、PU加工(ポリウレタン加工)のものであっても十分防水性を発揮できます。また、ファスナーは止水ファスナーを採用しているものを選ぶと、より中に水が浸入しにくいでしょう。

容量・サイズで選ぶ

バイクには、基本的に大きな荷物を載せることができないので、できれば容量の大きいものを持つのが便利ではありますが、そもそもボディバッグは小ぶりサイズのものがほとんどで、大容量の商品は販売されていません。

最低限、スマホや長財布などが入るようなサイズであれば特に問題ないでしょう。

また、水分補給したい方のために、ペットボトルが入るサイズもバッグもおすすめです。ただ、中にはノートパソコンやタブレットが収納できるくらいのサイズのものもあります。

また、サイズが大きなものではなくても、あえてポケットが多く付いているものを選ぶと、それだけ収納力が上がりますため、ポケットの数が多いものを選ぶこともポイントです。

デザイン性・素材で選ぶ

デザインは、大まかに分けると縦型のタイプのものと横型のタイプのものがあります。

縦型のタイプは、ペットボトルや折り畳み傘といったコンパクトで長い荷物をそのままサッと縦に収納できるためとても便利です。横型よりもサイズが大きめのものが多いので、収納力が高いものが良い人に縦型はおすすめです。

一方、横型のタイプは、縦型よりも深さが浅いため、中に入っているものを探しやすいといったメリットがあります。また、口が大きく開口する商品が豊富にあるため、中身を取り出しやすい点も特徴です。

素材としてよく使われているのは、ナイロンや革製のものです。革は、とても高級感があふれる見た目の商品が多いため、大人の落ち着いた雰囲気を演出することができ、シンプルなものが多いのでとてもスタイリッシュに見せることができます。

きれいめなスタイルに合わせたいという時にもしっくりきますし、ある程度年齢を重ねたシニア世代の方にもかっこよく見せることが可能です。

ナイロンの生地を使ったボディバッグは、とにかく軽量で持ち運びに便利な点が特徴です。持ちものは軽い方がいい、肩こりがひどいという方は軽さを重視してナイロンのものを選びましょう。ナイロンは、薄い生地に見えますが、耐久性も非常に優れているため丈夫でおすすめです。

カジュアルなファッションにも、スポーティーなファッションにも、ミリタリーファッションにも、あらゆるファッションに合わせやすい点も特徴です。革のものと違って、雨の日など水に濡れた時や汚れた時なども、ササっと拭くだけでお手入れも簡単な点も魅力の一つと言えるでしょう。

バイクにおすすめのボディバッグ6選

ではここで、バイクに乗る際に持つと便利なおすすめのボディバッグをいくつかご紹介していきましょう。

WPヒップバッグ RSタイチ
4.3

Amazonカスタマーレビュー(233件)

商品情報

容量5L
フロントポケット(非防水)
背面メッシュパネル底面クッション
梱包サイズ:33.0×20.0×11.0cm

こちらは、RSタイチのWPヒップバッグです。RSタイチは、オートバイ 用品を扱うライディングギアブランドであり、オートバイのアパレル製品も多く扱われ、ツーリングに役立つ商品も豊富です。

メイン気室はロールトップ式になっているため荷物の出し入れがしやすく、防水性が高くなっていて雨の日も荷物が濡れる心配はないでしょう。容量も5Lと大きめで収納力も抜群です。

デイトナDH-737 Henly Begins
4.1

Amazonカスタマーレビュー(683件)

商品情報

容量:4L

こちらの商品は、バイクウェアやバイクバッグを販売する・ヘンリービギンズのDH-737です。軽量かつシンプルなデザインですが機能性が抜群です。メイン気室の開口部がロールトップ式になっており、水の浸入しづらい構造です。

また、バッグフロントには非防水の2つのファスナーポケットが完備され、大きさもあるのであらゆる小物収納に役立ちます。肌に触れる部分は、メッシュのクッションにより蒸れの心配もありません。

RIDER'S HOLSTER BAG 2 ドッペルギャンガー
4.1

Amazonカスタマーレビュー(242件)

商品情報

サイズ:W23×L(D)23×H11cm(バッグ本体) W3.6×L(D)76-117cm(タクティカルベルト)
重量:310g、容量:1.5L
付属品:タクティカルベルト×1、カラビナ×2

こちらは、バイク用品を取り扱っているブランド・ドッペルギャンガーのバイク用ボディバッグです。

ウエストバッグのように見えますが、裾よりも下に装着できるホルスターバッグで、ウェアと干渉しないためにバイクウェアの防風性能を損なわないといったメリットがあります。

タクティカルベルトが付いているので、ヘルメットを脱いだ後に被るキャップなどを装着できるようになっており、収納も便利です。

こちらの商品は、防水材質を使用したボディバッグです。シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力で、タウンユースとしても使いやすい一品です。

面の生地は柔らかく滑らかなPU生地が採用されており、濡れても水滴を弾く撥水素材になっています。それ以外の部分はナイロンで作られているため、軽量で丈夫な点も魅力です。

ツーリングとしてはもちろんですが、見た目のクールさから、バイク通勤の際でも違和感なく携帯できるでしょう。

ローレライ スクエアボディ70502 UMBRO
4.2

Amazonカスタマーレビュー(138件)

商品情報

■サイズ:約W19×H35×D11(cm)※メーカー参照
■素材:ポリエステル
■重量:約500g
■ポケット:(外)×5(内)×2

こちらの商品は、イギリス発のサッカー、ラグビー用品のブランドとして知られるUMBROのボディバッグです。スクエア型のボディバッグで、素材にはポリエステルが採用されていて軽量で、背面には通気性の高いメッシュ素材が採用され、暑い夏も蒸れず快適に使えます。

シンプルなブランドネームとユニオンジャックのピスネームが付きます。開閉口は大きく開くため、出し入れはとてもスムーズです。

こちらの商品は、日本のメーカー雅革が手掛ける牛革のボディバッグです。1.5cmという圧倒的なスリムボディのため、軽量でバイカーにも負担がかからないバッグとなっています。質の高いナッパレザーを採用していて、キメが細かく柔らかい素材で高級感があふれる見た目や質感も魅力です。

天然牛革素材の特性により撥水性も良く、ちょっとした小雨くらいならすぐ水気を拭き取れば問題ありません。撥水スプレーなどで撥水加工を施すのもおすすめです。

全6商品

おすすめ商品比較表

WPヒップバッグ RSタイチ

デイトナDH-737 Henly Begins

RIDER'S HOLSTER BAG 2 ドッペルギャンガー

ボディバッグMR8408Muzee

ローレライ スクエアボディ70502 UMBRO

ボディバッグ 雅革

Amazonカスタマーレビュー
4.3233
4.1683
4.1242
4.0404
4.2138
4.1174
最安値
タイムセール
¥5,995-12%
参考価格¥6,820
タイムセール
¥3,524-25%
参考価格¥4,699
タイムセール
¥2,990-49%
参考価格¥5,900
タイムセール
¥7,900-27%
参考価格¥10,800
購入リンク

ぜひバイクのお供のボディバッグを見つけてください

今回は、レザーやナイロン、PU素材など機能性やデザイン、防水性などといった特徴を持つバイカーにおすすめのボディバッグをご紹介してきました。デザインや容量、用途なども含めて、ぜひお気に入りのバッグを見つけて手に取ってみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の乗り物カテゴリー

新着記事

カテゴリー