楽天モバイルの5G回線を徹底解説!通信エリアの確認方法や料金・端末情報

楽天モバイルの5G回線を徹底解説!通信エリアの確認方法や料金・端末情報

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

楽天モバイルの5G回線ですが、今後エリアが拡大して広いエリアでの通信が可能になっても、エリアが広がっていない現状でどのように対応したら良いのかについても課題となっています。

そこで本記事では、楽天モバイルの5G対応エリアが狭いという現状と今後の拡大予定を確認するとともに、楽天モバイルで発生する通信障害の原因や対処法を詳しく解説します。

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、2014年にMVNOとしてサービスを開始しました。MVNOとは、自前の通信ネットワークを持たずに、よその通信事業者が持つインフラを借りてサービスを提供する企業のことです。当初はMVNOとしてスタートした楽天モバイルですが、その後、独自の基地局を設置して楽天回線エリアを拡大し、独自のサービスをこれまで提供し続けています。

楽天モバイルは、大手キャリアに対して格安SIMという位置づけで低料金の無制限プランなど、独自の料金プランを実現したことで知られています。それまでは大手キャリアが圧倒的なシェアを誇っていましたが、このユーザーフレンドリーなプランを打ち出した楽天モバイルの登場によって、通信費を節約したいユーザーに魅力的な選択肢を提供するに至ったのです。

また、楽天モバイルは、カスタマーサポートにも力を入れています。大手キャリアに比べて実店舗数は少ないですが、電話やメール、チャットなど、さまざまな方法を駆使して、ユーザーの抱えるあらゆる問題に迅速に対応しています。

そんな楽天モバイルが、2020年9月30日に5G通信サービスを開始しました。この新しい通信規格は、これまでの規格である4Gと比べて、安定した高速通信が可能なのが大きな特徴です。楽天モバイルでも5Gに対応することで、ユーザーにより快適な通信環境を提供しています。

5Gとは

ところで、楽天モバイルが提供する5Gとはどのような規格なのでしょうか。これは、携帯電話やモバイルインターネットなどのワイヤレス通信における、新しい規格のことです。「5G」とは、「第5世代移動通信システム」を指します。従来の4Gや3Gよりも高速かつ非常に安定した通信を可能にし、加えて以前よりも格段に大容量のデータを送受信できるようになったことが大きな特徴です。

5Gの目玉とも言える特徴は、高速通信の実現によって大容量の動画などのデータをストリーミングする際にも、ほとんど待たずにすぐに視聴できるようになったことです。リアルタイムでのビデオ通話や高精細のオンラインゲームなども快適になります。

さらに、5Gは低遅延通信も提供します。これは、データの送信から受信までの時間が非常に短くなるということです。要するに、インターネット接続の応答速度が飛躍的に向上したのです。この技術を応用して、車の自動運転や遠隔医療などの分野でも大きな進展が期待されています。今後、5Gを利用した新たなサービスやアプリケーションが次々と生まれるでしょう。

5Gはまた、大容量のデバイス接続も可能です。これは、インターネットに接続されるデバイスの数が増えても、安定した通信ネットワークを提供できることを意味します。IoT(Internet of Things)デバイスやスマートシティのような大規模なデジタルインフラが実現する日もそう遠くないでしょう。

セキュリティとプライバシーの強化も5Gの重要なポイントです。5Gではより高度な暗号化技術や認証手法が導入されたため、ユーザーのデータ保護も以前より強化されています。

以上のように、5Gは高速通信や低遅延だけでなく、多数端末同時接続やネットワークの柔軟性、セキュリティの強化など、さまざまな側面で革新的な進化をもたらしています。

楽天モバイルでは、そんな5G通信を全ユーザーに対して、オプション料金なしで提供しています。楽天モバイルのプランは現在、「Rakuten最強プラン」「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の2種類のみです。対応デバイスを持っているユーザーであれば、5G対応エリアにいる限り、自由にこの先進的な通信規格を利用できます。

楽天モバイルの5G対応エリア

楽天モバイルが提供する5G通信の対応エリアについては、公式サイトで公開しているマップで確認可能です。このマップでは、比較的広範囲で利用可能でやや低速の通信「5G Sub6」の対応区域と、高速な通信が可能な「5G ミリ波」の対応区域が示されています。

なお、現時点で対応しているエリアは、東京、大阪、京都、名古屋、札幌といった大都市圏のほか、青森市、仙台市、金沢市、高松市、宮崎市、那覇市など、地方の都市部にも及んでいます。ただし、これらの都市部でも高速通信が可能な5G対応エリアは一部であり、実際に利用できる範囲は狭いのが実情です。

楽天モバイルの5G対応エリアは拡大する?

楽天モバイルは5Gネットワークの国内展開に積極的に取り組んでおり、将来的にはさらに多くの地域で5Gサービスを提供することを目指しています。特に、人口が密集している都市部やビジネス需要が高い地域では5G通信の需要が増えていくことが予想されるため、これらの地域でサービスの拡大を優先する可能性が高いです。

また、5G技術は新しいビジネスモデルや社会のデジタル化を加速するうえで重要な役割を担うと考えられており、政府や地方自治体からの支援も期待されています。インフラの整備や設備投資が促進されると、5Gエリアはさらに拡大していくでしょう。

楽天モバイルには、高速で安定した通信を提供する「ミリ波」エリアの拡大にも力を入れていくでしょう。ミリ波は特にデータ通信量が多い地域やイベント会場などでの利用が見込まれており、ユーザーの通信体験を向上させるためには欠かせない技術です。

結論として、楽天モバイルの5G対応エリアは、技術的な進展と需要の増加、さらには政府の政策などのさまざまな要因により、確実に拡大していくと見られます。

楽天モバイルの通信障害の原因

楽天モバイルの通信障害の原因は主に「設備の故障」「データセンター内通信師匠」「天候不良」が原因とされており、その改善に取り組んでいます

また、楽天モバイルのネットワークは日本では比較的新しいため、インフラの整備と安定化が進行中の状態です。急速なユーザー数の増加やデータ使用量の増大は、ネットワークに予期しない負荷をかけることがあり、これが通信障害の原因となることもあるでしょう。

楽天モバイルの通信障害の対処法

通信障害を認識したら、まず楽天モバイルの公式サイトやSNSをチェックして障害情報や対応状況のアナウンスがないか確認しましょう。

端末の再起動も対処法の一つです。再起動によって、一時的な通信障害やシステムの不具合が解消されることがあります。

障害が長引く場合は、楽天モバイルのカスタマーサポートに連絡して状況を報告し、アドバイスを求めましょう。

また、ユーザー自身のデバイスでネットワークの種類を変更することで、一時的に通信環境の改善が見込めることもあります。5Gでつながりにくい場合は、4Gに切り替えてみましょう。障害が発生していない別のネットワーク経由なら通信を継続することができるかもしれません。

楽天モバイルで購入できる5G回線対応の端末

楽天モバイルでは、公式サイトを通じて10機種以上の5G対応端末を販売中です。自社ブランドの「Rakuten Hand 5G」を始め、最新の技術を搭載した端末をラインナップしています。他社製の5G対応端末も幅広く取り扱っているので、自分に合う端末を選べるでしょう。

5Gエリア拡大が期待される楽天モバイル

対応エリアが狭いと言われている楽天モバイルの5G回線ですが、将来的には拡大し高速で安定した通信を利用できるようになる予定です。楽天モバイルは、通信障害への対応策も強化しており、ユーザーに快適な環境を提供するための努力を続けています。

5G対応端末のラインナップも増えているので、今後はよりユーザーのニーズに合わせて自由な選択ができるようになるでしょう。

  1. 【2024年】楽天モバイルで通信障害が起きている?対処法を徹底解説

※本記事に掲載している情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格やサービス詳細については各公式HPやメーカーにてご確認ください。

※記事経由で商品を購入すると、売上の一部がクラシル比較に還元されることがあります。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

楽天モバイル,楽天ひかりで通信費を節約!のカテゴリー

その他の楽天お得情報カテゴリー

新着記事

カテゴリー