この記事で紹介されている商品
登山用の帽子のおすすめ11選!雨や汗、紫外線に強い登山用ハット・キャップ

登山用の帽子のおすすめ11選!雨や汗、紫外線に強い登山用ハット・キャップ

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

登山の必需品の「登山用の帽子」は、ノースフェイスなどのブランドからさまざまな種類が販売されておりどれを選ぶべきか迷いますよね。この記事では、登山用の帽子の選び方を解説します。おしゃれでかわいいデザインなうえに、雨や汗に強いモデルやUVカット仕様などの機能性に優れた商品もご紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

登山に帽子は必需品!そのメリットは

登山の際に帽子をかぶる最大のメリットは、紫外線を防げることです。一般的に表高が1,000m高くなると、UVインデックスが約10%増加するとされています。

UVインデックスとは、紫外線を浴びたことにより人体に及ぼす影響の度合いを示すための紫外線の強さを指標化したものです。頭部の日焼けは、頭皮や髪の傷みにつながる恐れもあるので、紫外線対策として登山用帽子は必須のアイテムといえます。

さらに、直射日光を防げるだけでなく、汗が乾きやすく熱がこもりにくい工夫が施されているものもあるので熱中症対策にもなりますよ。

また、登山では木の枝が顔や頭に当たってしまう危険性もありますが、帽子をかぶっていれば直接当たるのを防止したりクッションの役割したりと、ケガのリスクの低減も期待できます。防水素材の帽子は小雨程度なら防げるので、突然の雨にも対応可能です。

さらにつば付きなら、顔に雨が直接当たるのを防いでくれるので、雨天時の視界確保にもつながりますよ。寒い時期の登山では、暖かい素材の帽子を選び、頭部を風や冷気から守るための防寒の役割をしてくれるものもあります。

このようにさまざまなメリットがあるため、登山の際には帽子が欠かせませんね。

登山用の帽子の選び方

登山用の帽子を選ぶ際には、ポイントを押させておくことが大切です。「種類・特徴」「防水性」「速乾性」「携帯性」「紫外線対策」「風に飛ばされにくい仕様」「ムレにくさ・通気性」「デザイン」などの8つのポイントに注目すると、自分にあった帽子が見つかりやすくなりますよ。

1.種類・特徴で選ぶ

登山用の帽子は主に「キャップ」「ハット」「ニット帽」の3種類に分類されます。それぞれ用途や適したシーンなどが異なるので、それぞれの特徴から自分にあったものを選んでくださいね。

レインウェアとも相性が良い「キャップ」

キャップとは、一般的に正面のみにつばがある帽子のことです。正面から入る日射しを防げるうえに視界も確保でき、幅広いシーンで活躍します。帽子の上にフードやヘルメットをかぶることも可能で、レインウェアを着用した際もつばがあるためフードが顔にかからず、雨天時の視界確保に役立ちますよ。

ヘルメットを着用する際のインナーキャップとして使用する場合は、つばが短めのものや帽子の頭頂部にボタンが付いていないものを選ぶのがおすすめです。また、寒い時期には耳あて付きのキャップを選べば、防寒対策にもつながりますね。

特に夏におすすめ「ハット」

ハットタイプの登山用帽子は、つばが全周しており、キャップよりも紫外線を防げる範囲が広いのがメリットです。強い日射しも効率よく遮りまぶしさを緩和させたり、後頭部から首回りまで守って日焼け防止したりと夏に活躍しますよ。

冬は保温性の高い「ニット帽」

登山用のニット帽はビーニーとも呼ばれ、伸縮性の高い素材で作られておりフィット感がよいのが特徴です。主に防寒対策として使用されることが多く、気温が低くなる冬に保温の目的で使用されます。また、薄手のものならヘルメットのインナーキャップとしても使用可能です。

2.雨に強い?防水性をチェック

天候が変わりやすい登山では、雨が降ってきたときに備えて、防水性のある帽子を選ぶのがおすすめです。キャップやハットには撥水加工が施されている場合が多く、なかには防水素材を採用したものもありますよ。防水は水をほとんど通しませんが、撥水は水をはじく機能をあとから生地にプラスしたもので、商品によって耐水性は異なるので、購入前にチェックしておきましょう。

3.雨や汗で濡れた時は?速乾性をチェック

登山で帽子をかぶる理由は、雨や汗で濡れても顔にしたたり落ちにくくし、視界確保する目的があります。そのため、速乾性に優れた素材の帽子を選ぶことも大切ですよ。ポリエルテルやナイロンといった化繊素材を採用した帽子は速乾性に優れており、雨に濡れても汗をかいてもすぐに乾くので、長時間かぶっていても快適に過ごせるでしょう。

4.コンパクト収納可能?携帯性をチェック

荷物をなるべく軽くすることが求められる登山では、帽子の携帯性についても確認しておく必要があります。小さく折りたためて収納できるものなら、使わないときに邪魔になりにくいです。つばが柔らかいタイプや折りたたみ可能なタイプなどを選ぶと、ザックやポケットにも収納できますよ。

5.紫外線対策で選ぶ

登山用の帽子の紫外線対策を強化したい場合は、「UVカット率」や「つばの大きさ・形状」についても注目してみてください。それぞれ商品によって機能は異なるため、より紫外線を帽子する効果が高いものを選ぶのがおすすめですよ。

UVカット率

UVカット率は紫外線をカットする割合のことで、その数値が高いほど紫外線から受ける影響を防ぎやすくなりますよ。UVカット率は90%以上を目安にするとよいでしょう。

UVカット付きの帽子は、帽子の表面に紫外線を通しにくくする薬剤をコーティングしたタイプと、紫外線カットが期待できる素材を織り込んだタイプがあります。コーティングタイプは繰り返し使用しているとUVカットの効果が弱まる可能性があり、練り込んだタイプのほうが長持ちしやすいですよ。

つばの大きさや形状をチェック

つばの大きさや形状によって、紫外線を防止できる範囲に違いがあります。首の後ろまで紫外線対策をしたいのであれば、全周につばの付いたハットタイプがおすすめです。

つばの広さは7cm以上あると紫外線をよりカットしやすくなりますが、風の影響を受けたりザックの邪魔になったりすることもあるため、紫外線対策と使いやすさのバランスを取ることも必要です。

首元を紫外線から守るシェード付き

日射しが強いときは、首元まで紫外線から守れるシェード付きの帽子がおすすめです。帽子だけで首元まですべてをカバーするのは難しいですが、シェード付きなら紫外線を防ぐ範囲が広がりますよ。また、日射しを防ぐことによって、日焼け防止以外にも体温の上昇を抑えてくれるので熱中症対策にもつながります。

6.風に飛ばされにくいかで選ぶ

山頂付近では風が強くなるため、飛ばされにくい工夫が施されているものを選ぶのがよいでしょう。「あご紐付き」や「サイズ調節機能」などの登山用帽子は、頭部にフィットしやすくなるのでおすすめですよ。

あご紐付き

あご紐付きの帽子なら強風でも頭から外れにくいので、風に飛ばされにくくなります。山頂付近は風が強いことが多いため、つばが大きくあご紐がない帽子は飛ばされしまわないように片手で押えつけて登らなければならなくなるので、あご紐が付いているかどうかは重要なポイントです。

ただし、あご紐が長いと木の枝に引っかかる恐れもあるので、余分な部分は小さくまとめておくか、大きな負荷がかかったときに外れる仕組みになっているフック付きのものを選ぶのもおすすめです。

サイズ調節機能

登山の際には、サイズ調節機能が備わった帽子を選ぶのもおすすめです。ゆるいと風に飛ばされてしまう可能性あり、きついと窮屈で行動しにくくなるリスクがあります。ストレッチ素材やスナップやボタンが付いたもの、バックルやドローコードなどで無段階に調節できるものなど、フィット感を調節できるものが便利ですよ。

7.ムレにくさ・通気性をチェック

登山の際の運動量によっては、帽子の中に熱がこもったり汗でムレてしまったりする場合もあります。そのため、メッシュ素材が採用されていたり、通気性をよくするベンチレーション機能が付いていたりなど、ムレにくい工夫が施されているかをチェックしておくことも大切です。また、汗を吸収しやすい素材を採用した帽子もおすすめですよ。

8.おしゃれ・かわいいデザインで選ぶ

登山用の帽子は、登山に必要な機能を備えていることに加え、自分にあった色や好みのデザインを選ぶことも大切です。帽子の色やデザインでコーディネートの印象が大きく変わるので、服装にあったおしゃれでかわいいデザインを選べば気分もあがりそうですね。また、シンプルなデザインなら、普段使いもしやすくスタリッシュに決まりますよ。

登山用の帽子のおすすめ11選

ここからは、登山用の帽子のおすすめ商品をご紹介します。キャップタイプやハットタイプ、シェード付きなどさまざまな商品を厳選しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ザノースフェイス 帽子 ホライズンハット

商品情報

素材:<本体>NORTHTECH Cloth Eco(ナイロン100%)<メッシュ部>ポリエステル100%
サイズ:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
機能:ベンチレーションメッシュパネル、サイズ調整機能付き、取り外し可能なあご紐

ベンチレーションメッシュパネルを頭囲に配置したハットで、通気性に優れており、ムレにくく汗をかいても乾きやすい設計です。サイズ調整機能やあご紐も付いているので、強風のときも飛ばされにくくなっていますよ。カラーバリエーションやサイズも豊富なので、服装にあわせて好みのデザインを選べるのもうれしいポイントです。

ザノースフェイス 帽子 ゴアテックスハット

商品情報

素材:表側:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏側:ナイロン100%
サイズ:S、M、L、XL
原産国:インドネシア
機能:広めのバイザー、13mm巾のシームテープ  

13mm幅のシームシーリング加工を施したハットです。シームシーリングとは、縫い目部分に専用のシームテープで目止めし、縫い目の隙間から雨が入ってくるのを防ぐ加工で防水性を向上しています。ナイロン製ですがコットンライクな風合いに仕上げており、色合いもシックなカラーバリエーションのため普段使いしてもおしゃれに決まりますよ。

ミレー 登山用キャップ ランドネ メッシュ ワーク キャップ

商品情報

素材:本体/ポリエステル100%、メッシュポリエステル100%


サイズ:Free Size
原産国:中国
機能:インサイドメッシュライナー付き、フィッテインング調整仕様

 

濃淡の違う糸を組み合わせた杢素材は、独特な雰囲気を持ったカラーで、かぶっているだけで洗練された印象を与えます。バックサイドにはメッシュ素材を採用し、通気性を高めていますよ。また、生地はポリエステル100%で速乾性に優れているため、気温の高い季節にも使用しやすいキャップです。フィッティング調整仕様で、サイズを無段階に調整できるのもうれしいですね。

ミレー 登山用ハット ポケッタブル ハット

商品情報

素材:本体/H2OFF®ミニリップストップタフタ、ポリエステル100%、耐久撥水 UPF50+、メッシュ/ポリエステル100%


サイズ:Free Size
原産国:中国
機能:パッカブル、撥水、UVカット

 

収納性に優れたパッカブル仕様でコンパクトにまとまるので、ウエアやザックのポケットにも収納可能です。撥水性に優れた素材を採用しており小雨程度なら水をはじいてくれることや、UPF50+で紫外線耐性も備えています。ネックコードストラップは取り外し可能なので、登山以外の日は外しておけば普段使いもしやすいです。

ザノースフェイス ヴィンテージゴアテックスキャップ

商品情報

素材:表側:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏側:ナイロン100%
サイズ:F
原産国:中国
機能:パッカブル、撥水、透湿性、UVカット  

防水透湿素材である「GORE-TEX PRODUCTS素材」を採用したトレッキング用のベースボールキャップです。濡れても崩れにくい形状のラウンドしたつばは、雨の吹き込みを軽減します。また、13mm幅のシームシーリング加工が施され防水性を高めているなど、防水性に優れているのが特徴です。

カリマー トレッキングハット cord mesh hat ST

商品情報

素材:本体/ナイロン100%、パーツ/ポリエルテルメッシュ(ポリエステル100%)
サイズ:M、L
重量:70g
機能:ベンチレーション、ドローコード 

ベンチレーション機能が備わったトレッキングハットです。ナイロン100%素材の本体にメッシュ部分を設けることにより、帽子の中の換気が促されるため、長時間着用してもムレにくくなっていますよ。ドローコードが後頭部に配置されているのでフィット感も調整可能で、風が強い山頂付近でも使用しやすいですね。

ミレー 登山用ハット ベンチングハット

商品情報

素材:本体/ナイロン タッサー100% 耐久撥水、メッシュ/ポリエステル100%


サイズ:M、L
機能:ベンチレーション仕様 、ネックコードストラップ付き

ベンチレーション機能が頭部を囲むように配置されており、高い通気性を確保することで、暑さの厳しいシチュエーションでも着用しやすい仕様のハットです。柔らかく軽量で携帯性に優れていることや、撥水加工が施されているなど、幅広いアウトドアシーンに対応します。ネックコードストラップ付のため、突風が吹いても帽子が飛ばされにくいですよ。

カリマー トレッキングキャップ ventilation cap ST

商品情報

素材:本体/ナイロン100%、メッシュ:ポリエステル100%
サイズ:Free
原産国:中国
機能:ベンチレーション、UVカット  

「カリマー」で長年愛されている定番のキャップで、通気性をよくするベンチレーション機能が備わっています。UVカット機能も保持しているので、日射しが強まる夏にも使用しやすいですね。後頭部にはドローコードが配置されており、無段階に調整できるので自分の頭のサイズにしっかりフィットしますよ。

地厚で丈夫なツイル素材を採用しており、型崩れが起こりにくいハットです。シンプルながらスタイリッシュなデザインで、ファッション性にも優れています。広いつばで日射しを遮りやすく、裏地はメッシュ素材を採用しているため、気温の高い日でもムレにくいですよ。手洗い可能でお手入れしやすいのもうれしいですね。

ザノースフェイス 帽子 キャンプメッシュキャップ

商品情報

素材:頭頂部・前部/ナイロン90%・ポリウレタン10%、ツバ部/ナイロン100%、メッシュ部/ナイロン100%
サイズ:S、L
重量:約90g(Lサイズ)
原産国:中国

サイドから後頭部にかけてのメッシュ素材は、目の大きなメッシュを採用することで頭部がムレにくい仕様です。地厚なナイロンオックス素材をつば部分に採用しており、耐久性に優れているので型崩れしにくく長持ちしやすいという特徴もあります。スベリ部分には抗菌・防臭加工「ポリジン」が施されているので、ニオイも気になりにくいですよ。

ザノースフェイス 帽子 サンシールドキャップ

商品情報

素材:本体/ナイロン100%、メッシュ部/複合繊維(ポリエステル)60%、ポリエステル40%)、遮熱シート/LZ White
サイズ:M、L
原産国:ベトナム
重量:約100g(Lサイズ)
機能:シールド部分は取り外し可能、バイザー留め用スナップボタン、取り外し可能なあご紐 

首回りの日焼け防止におすすめのシールド付きのキャップで、本体のメッシュ部分とシールド部分には虫よけ加工が施されています。UVカットの機能も備わっているので、日射しが気になる夏にも使用しやすいですよ。シールドやあご紐は簡単に取り外せるので、登山以外に普段使いにも活躍します。

全11商品

おすすめ商品比較表

ザノースフェイス 帽子 ホライズンハット

ザノースフェイス 帽子 ゴアテックスハット

ミレー 登山用キャップ ランドネ メッシュ ワーク キャップ

ミレー 登山用ハット ポケッタブル ハット

ザノースフェイス ヴィンテージゴアテックスキャップ

カリマー トレッキングハット cord mesh hat ST

ミレー 登山用ハット ベンチングハット

カリマー トレッキングキャップ ventilation cap ST

コールマン アドベンチャーハット

ザノースフェイス 帽子 キャンプメッシュキャップ

ザノースフェイス 帽子 サンシールドキャップ

Amazonカスタマーレビュー
4.4711
4.4270
4.168
4.536
4.566
4.474
4.540
4.192
4.2375
4.330
3.934
最安値
タイムセール
¥4,457-34%
参考価格¥6,800
タイムセール
¥4,301-15%
参考価格¥5,060
タイムセール
¥5,599-15%
参考価格¥6,600
タイムセール
¥3,990-39%
参考価格¥6,490
タイムセール
¥3,117-40%
参考価格¥5,170
タイムセール
¥3,740-15%
参考価格¥4,400
タイムセール
¥3,752-32%
参考価格¥5,500
タイムセール
¥5,056-22%
参考価格¥6,500
購入リンク

登山用帽子で紫外線を防止し、登山を快適にしよう

登山用帽子は、紫外線から頭部を守る大切なアイテムです。頭皮や髪が傷むのを防いでくれるだけでなく、熱中症の予防にもつながります。また、雨や汗に強い素材や機能が備わっていれば、ムレにくく濡れてもすぐ乾くので、登山が快適に行えるでしょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー